Japanese

News provided by PR Newswire

  • 中国のライセンエネルギーがEBRDとマンデートレターに調印、カザフスタンの63MW太陽光発電プロジェクトへの資金調達で
    【寧波(中国)2018年5月25日PR Newswire=共同通信JBN】 *ライセンエネルギーがカザフスタンでソーラーパネル工場を建設する初の中国企業に 中国の大手ソーラーパネルメーカー、ライセンエネルギー(Risen Energy Co., Ltd)は、欧州復興開発銀行(EBRD)との間で、ヨルダンで2018年5月10日に開かれた第27回EBRD年次会合の間に、カザフスタンにおける63MW太陽光発電プロジェクト建設への資金調達のためのマンデートレターに調印した。 グリーンフィールドの63MW太陽光発電プロジェクトの建設は9月に開始し、2019年6月に完成する予定で、操業開始後には年平均電力容量は10万8719MWhに達すると予測されている。 EBRDとライセンエネルギーは今年初め、同じくカザフスタンにおけるライセンエネルギーの40MW太陽光発電プロジェクトへの資金調達のための別のマンデートレターに調印した。EBRDとの協力は、ライセンエネルギーがカザフスタンの太陽光発電市場に進出し、同国で太陽光発電施設を建設する中国初のPV企業となることを支援している。 マンデートレターに調印するライセンエネルギーとEBRDの代表 ライセンエネルギーのプロジェクト資金調達・投資担当ディレクターのチャン・ジエリン氏は「EBRDとの提携はライセンエネルギーの国際プロジェクト資金調達計画に新たな章を開くものであり、これは当社の国際拡大戦略における質的な飛躍と重要な一歩の両方を示している。EBRDのような国際的な多国間組織との提携は、当社に国際プロジェクトの開発、資金調達、技術サービスにおける能力と戦略を高める貴重な機会を提供する」と述べた。 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20180516/2134841-1
  • Venus MedtechがKeystone Heartへの戦略投資で大脳塞栓症予防市場への技術的対応を深化
    【杭州(中国)2018年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】中国のVenus Medtech (Hangzhou) Inc.はKeystone Heartとの戦略投資と権利取得の提携契約を発表した。この契約によりVenus Medtechは中国と他のアジア主要市場で第3世代TriGUARD 3(TM)と次世代大脳塞栓症予防装置を独占的に開発、製造、販売する権利を取得する。Venus Medtechは2017年3月、同社の経カテーテル大動脈弁置換(TAVR)システムVenusA-ValveをKeystone Heartの第1世代TriGuard(TM)大脳塞栓症予防装置と組み合わせて中国と他のアジア主要市場で販売促進する提携契約を発表した。今回の新契約は、Venus Medtechが大脳塞栓症予防市場での技術的対応をさらに深化させ、Keystone Heartとの戦略的協力を強化することを示す。 神経科学研究団体のNeuroARCは2017年2月、血管臨床試験の評価項目の標準規格を設定した。この指針はJournal of the American CardiologyとEuropean Heart Journalで公表されており、経カテーテル大動脈弁置換(TAVR)や他の心臓血管手術を受けた患者に「退行性」脳損傷が起こっている兆候が多いことを示している。この問題は過去5年で特に目立つようになった。米国と欧州で実施された13件の研究は、TAVR後に約80%の患者が脳損傷を起こすことを示している。NeuroTAVRの研究では、TAVR後の94%の患者に新たな脳障害があり、22.6%の患者はTAVR後に新たな神経損傷、41%に30日以内に神経認知障害を起こしたことを示した。 Venus Medtechのエリック・チー共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は「Venus Medtechは経カテーテル弁製品だけに注力しているわけではない。TAVR処置全体、合併症、患者の生活の質全体を気に掛けている。Keystone Heartとの提携はVenus Medtechを包括的なTAVR分野で『大脳塞栓症予防-バルーン-弁』を含む全体的治療法の唯一の提供者にする。さらなる協力は総合的ソリューションを提供する決意を確認し、革新的技術の利用に自信を表明するものだ」と語った。 Keystone Heart, LTDのクリス・リチャードソン社長兼CEOは「中国の一流の心臓弁企業との提携強化により、この重要な地理的市場の患者はKeystone Heartの革新的で次世代の大脳塞栓症予防技術へのアクセスを保証される」とコメントした。 経カテーテル大動脈弁置換(TAVR)は大動脈弁修復で実施される最小侵襲処置である。高齢者の弁の退行性障害が増えており、大動脈弁硬化狭窄症は高年齢層に一般的な心臓弁疾患となってきた。この年齢層は症状が重く、手術後の回復が遅く、死亡率が高い。中・高度のリスクまたは手術禁忌の患者には、TAVRは最小限の外傷と急速な回復という明らかな利点があり、効果的な治療法として利用できる。伝統的な開胸手術や心肺バイパス法のリスクを回避し、TAVRはこの年齢層の患者に回復の希望を与えることができる。 中国はTAVR処置の新興市場である。Venus Medtechが独自に研究・開発したVenusA-Valveは2017年4月に国家食品薬品監督管理総局(CFDA)の登録証明書を取得した。これは、中国での商業利用が認可された初の経カテーテル大動脈弁移植で、画期的出来事だった。専門家らは、2020年までに1万件以上のTAVR手術が実施されると推定している。全体的市場は年間30-50%の成長が予想される。 ▽Venus Medtech (Hangzhou) Inc.について Venus Medtechは2009年創業で杭州にあり、心臓弁疾患の最小侵襲ソリューションの技術開発と商業利用にコミットしている。Venus Medtechは研究・開発に全力で取り組んでおり、2つの世界的一流技術を誇りにしている。事前装填(そうてん)経カテーテル弁システムと自己拡張経カテーテル肺動脈弁システムである。同社は多くの革新的な研究と実験を実施し、経カテーテル弁分野の臨床研究の先頭に立ち、欧州で中国製心臓弁装置の移植と試験を実施し、中国で心臓弁研究所を設立した。詳細はhttp://www.venusmedtech.com/ を参照。 ▽Keystone Heartについて Keystone Heart Ltdは、心臓血管処置に伴う脳の損傷によって引き起こされる脳卒中、神経認知低下、認知症のリスクを減らす大脳塞栓症予防装置を開発、製造する医療機器メーカーである。イスラエルに本社を置くKeystone Heartは革新的な技術と臨床研究を通じて患者ケアを前進させることに専念している。詳細はwww.keystoneheart.com を参照。 ソース:Venus Medtech (Hangzhou) Inc.
  • AllSparkがホワイトペーパーを発表
    【上海2018年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】 *AllSparkは、コンテンツクリエーター、広告主、ソーシャルメディアユーザーのための新しいブロックチェーン・エコロジー AllSparkはブロックチェーン・テクノロジーを使って、コンテンツ制作、デジタルメディア、マーケティングの世界を融合することを目指す全く新しいエコロジーを開始した。 AllSpark releases white paper ▽ブロックチェーンを使ってコネクティビティーの新時代をもたらす インターネット・テクノロジーの質が飛躍的に向上したにもかかわらず、ソーシャルメディア時代の大半のコンテンツクリエーターやコミュニケーターはしかるべき利益を得ることができていない。その間、広告主マーケティングのコストはますます高額になっている。 今日のデジタルメディア業界が直面する問題を改善するため、AllSparkはWanchainコードに基づく非営利業界チェーンを導入する。これはWanchainによってすでに実装されているトランザクション・プライバシー保護とEthereum(イーサリム)スマートコントラクト機能を備え、向上したDPOS方式を活用する。 AllSparkをその他の業界関連ブロックチェーンと差別化するのは、広告主、コンテンツクリエーター、セルフメディアの完全な互恵関係を形成する能力である。チェーンでの各トランザクションで生じる配当の一部は、スマートコントラクトに明示された具体的な条件に従って、プロダクション関係にあるそれぞれの当事者に割り当てられる。 AllSparkチェーンの設立によって、当初はユーザーの利便性のために一般的なスマートコントラクト・テンプレートが作成される。AllSparkエコシステムが成長するにつれ、プロフェッショナルDAppは収益を上げることができる関連テンプレートを提供するので、スマートコントラクトの実用性および複雑性が着実に増す環境をつくり出す。 さまざまなコンテンツの保存に関して、AllSparkはIPFS分散ストレージコントラクトを導入する。ユーザーは気軽にローカルサーバー、クラウドサーバー、第3者DAppサーバーにコンテンツを保存できる。これはコンテンツクリエーターの著作権を保護する分散型ストレージメカニズムがあるからである。さらに、Ethereum/Wanchainと同様のスマートコントラクトはコンテンツクリエーター、流通チャンネル、アドバイザー、コンテンツ消費者をサポートし、AllSparkチェーンでの権利や不自然な配信の確認に対処するので、すべての関係者の利益を守ることになる。 AllSparkがさまざまな国の法令を順守することを保証するため、初期段階に提供されるAIはすべての着信コンテンツを監視するために使用される。このようにして、AllSparkプラットフォームは世界中のオープンコンテンツのレビューおよびコントロールに関する法律を完全順守する。 ▽個人のクリエーティビティーとコミュニケーションを全面支援 AllSparkの運営原則は、コンテンツと情報の供給・需要関係を実現し、バリューとの安定した関係を築き、ブロックチェーンのすべてのステップの安全性と正当性を保証することにある。 ▽広告主の資金のスマートかつ有効な活用 広告主とパブリッシャーとの管理者が存在しない従来の関係は、ブロックチェーンが介在する絶好のチャンスを提供する。ROIの監視は完全に透明であり、キャンペーンの成功と失敗を測定することはさらに容易になる。 ▽DAppに関して ネットワーク開発の初期段階で、AllSparkはウォレット機能、許諾アップロード機能、コンテンツ評価機能、トランザクション確定、データクエリー機能など標準的な機能をサポートする汎用DAppを提供する。エコロジーの成長に伴い、AllSparkはエコロジー利害関係者を支援するとともにより多くの利害関係者を招き入れて、ユーザーによりパーソナライズ化したDAppを提供する。 ▽エリートチームが世界のメディアリソースを統合 AllSparkの中核チームは世界のデジタルメディア運用で豊富な経験を誇り、中国ではバイドゥ、テンセント、Google、Facebookなどのプラットフォームのエージェントを務めている。AllSparkは9万以上のセルフメディアと緊密に協力し、さまざまなプラットフォームで毎日7000のコンテンツを公開している。AllSparkはまた、Twitter、マイクロソフト、シトリックス、iQiyiなど企業から移籍した企業専門家とコンサルタントから成るエリートチームを擁している。 AllSparkはその優れた強みを生かし、WANFund(Wanchainの投資ファンド)、Leading Capital、Lianmeng Investment Groupなど多数の大手投資家からの称賛を獲得した。 https://t.me/allsparkchat https://twitter.com/allsparkchain https://www.facebook.com/allsparkchain https://www.allsparkchain.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141216-1 ソース:AllSpark
  • SuningとMGMが5つ星のべラージオ・ホテルを上海で6月8日に正式開業
    【上海2018年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】 *新たなべラージオはラスベガスのオリジナルに続く海外初展開 *正式開業はSuningのハイエンドな高級さにおける専門知識を反映 *Suningはアールデコなデスティネーションを共同運営 中国の大手商業企業Suning Holdings Groupの子会社、Suning Real EstateとMGMは新たなBellagio Shanghai(べラージオ上海)を2018年6月8日に正式開業し、ラスベガスの有名なBellagio Towers(べラージオ・タワーズ)に続く最初の海外展開となる。 Bellagio Shanghaiの外観 蘇州河のほとりという理想的な位置にあり、アールデコに着想を得たBellagio Shanghaiは、未来的な浦東のスカイライン、外灘の有名なウォーターフロントの遊歩道および陸家嘴金融貿易区のパノラマ景観を誇る。世界最大の繁華街の1つである南京路および中国で最も高い建築物である632mの上海タワーなどが近くにあり、このホテルは中国最大の都市でエリート顧客層にとって申し分のない位置にある。 Bellagio Shanghaiのデカダンなロビーと壮麗な大階段 Bellagio Shanghaiのデザインの特徴の1つは、LEDスクリーンを備えた4階まで吹き抜けのアトリウムで、ラスベガスのべラージオの前にある世界的に有名な噴水の蜃気楼を映し出す。 Bellagio Shanghaiの事業オーナーとして、Suning Real EstateはMGM Resorts Internationalの中国部門であるDiaoyutai MGM Hospitalityと共にホテルの運営を管理し共同経営を行う。今回の開業は、中国最大の非国営企業の1つであるSuningが多様な消費のシナリオおよび高級体験スペースの新たな章に踏み出しつつあるという重要性を反映している。 Suning Holdings Groupのチャン・ジンドン会長は「べラージオを中国にもたらすことはSuningの専門知識と熱意が一般小売業にとどまらず、世界で最も卓越したブランドとの提携を通じ、よりトレンディーでハイエンドな商品とサービスを提供することによって消費者にユニークな体験を創出することを示すものだ」と述べた。 Suningは中国でのハイエンドな消費を成長させるという大きな熱意を持つ。ホテル分野ではSuningの不動産部門はさらに100の高級ホテルを開業しホスピタリティー業界において中国の未来の主力事業者になることを目指している。べラージオの他に、同社は同国内のいくつかの1級および2級都市に展開する著名ブランドと提携し、既に数十のハイエンドホテルを開業している。 ホテルのロケーションを反映し、インテリアは流麗で洗練されアールデコをアクセントとしている。広々として美しくしつらえられたゲストルームは、世界一流のホスピタリティー業デザインコンサルティング会社の1つであるWATG and Wimberly Interiorsの作品である。広大なプライベート・テラスを目玉とする部屋もあり、スイートではパーソナルバトラーのサービスを受けられる。 広々とした、美しいしつらえのゲストルーム MGM Asia Pacific社長でDiaoyutai MGM Hospitalityのエグゼクティブディレクター兼ゼネラルマネジャーのウィリアム・M・スコットIV氏は「われわれは、ラスベガスでの伝説の始まりから受け継ぐ魂と精神と共にべラージオを持ち込む。今やゲストは上海でべラージオの最もユニークで重要な感覚と趣向を体験できる。これは、最高の品質と最良のサービスへの同じコミットメントを共有するMGMとSuningの協力により実現した」と付け加えた。 米国で最高の料理の才を持つ人物の1人とされる受賞歴のあるシェフ、ジュリアン・セラーノ氏は、ラスベガスの自身のイタリアンレストランLAGOをBellagio Shanghaiで出店し、ゲストに現代のイタリアの味覚を提供する。さらに地元の味を求める人々には、Mansion on Oneが上海および広東料理を専門とする。これらの世界の一流レストランの到来は、地元のレストラン分野に新たな水準を設けることを期待されている。 受賞歴のあるシェフ、ジュリアン・セラーノ氏が自身のイタリアンレストランLAGOをBellagio Shanghaiに出店 その他のハイライトは、自然採光で無柱式、7メートルの天井高の大広間を含む。さらに、広範な機能、接待および会議スペース、およびゲストにくつろぎと若返りを提供する高級な設備をそなえたスパおよびフィットネスセンターがある。 Bellagio Shanghaiの詳細および画像はhttp://www.bellagioshanghai.com を参照。 ▽Suningについて 1990年に創設されたSuningは中国の主要な商業企業の1つで、それぞれ中国と日本に上場企業がある。Suning Holdingは2017年、中国の民間企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は657億米ドル(4129億5000万元)。「すべての人のために一流の質の生活を創造することにより、業界全体のエコシステムを主導する」との使命を持って、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Media &Entertainment、Sports、Investmentの8つの垂直事業を通じてコアビジネスを強化、拡大している。このうちSuning.comは、2017年フォーチュン・グローバル500社リストに入った。 詳細はwww.suningholdings.com を参照。 ソース:Suning Holdings Group Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141221-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141221-1-bPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141221-1-c Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141221-1-d
  • Honor 10の世界販売100万台超に
    【深セン(中国)2018年5月24日PR Newswire=共同通信JBN】 *Honor 10の購入が間もなく他市場でも可能に 若く楽しく革新的なスマートフォンeブランドであるHonorは23日、新たに販売を開始した旗艦モデルHonor 10が、中国での最初の販売開始からわずか1カ月、ロンドンでのグローバル発表から1週間で100万を超える販売台数を記録したと発表した。 Honor 10の販売100万台超に この記録的な販売台数は、5月15日のグローバル発表後、直ちに購入可能となった市場だけで達成された。英国でHonor 10は、simフリー電話部門でAmazon UKの新発売ベストセラーになった。ロシアでは約500人のファンと顧客が雨の中、最新機種を手に入れようとHonorストアの外にまで列を作った。 Honor 10を手にするロシアのファン さらに、Honor 10の第1週のグローバル販売台数は、Honor 9が作った記録の倍だった(https://www.hihonor.com/global/products/mobile-phones/honor10/index.html)。もう1つのオンライン購入チャンネルであるHonorの公式ウエブサイトHihonorでは、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインの購入可能な5カ国すべてで、用意した在庫が販売開始後1週間で完売した。 今後数日間あるいは数週間で、Honor 10は中東欧、北欧および中東を含む他の国・地域で購入可能となる。東南アジアのいくつかの国でも今週、販売開始となり、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピンでもまもなく販売が始まる。乞うご期待、Hihonor(https://www.hihonor.com/global/products/mobile-phones/honor10/index.html)を訪れてあなたのHonor 10を手に入れよう! ▽Honor 10の主な特徴 【AI 2.0カメラ】 *2400万画素 + 1600万画素のリアカメラは、単独で組み込まれたNPUプロセッサーと業界初のSemantic Image Segmentation(セマンティック・イメージ・セグメンテーション)技術によりサポートされている。 *2400万画素のフロントカメラも、AI 2.0技術にサポートされている。 【アバンギャルドなデザイン】 *背面は15層の3Dガラス製で、このデザインは自然な光と影の中で、あらゆる角度からカラフルな輝きを見せてくれる。 *Honor 10は、ユーザーにファントムブルーとファントムグリーン(注1)という驚くべきカラー・コンビネーションを届ける。この2つの象徴的かつ画期的なカラーは、Honorのエンジニアとデザイナーの創造性と熱意を現実化させるParis Aesthetics Centerで生み出された。 【その他】 *ディスプレー下に超音波指紋センサーを内蔵 *5.84インチのFullView FHD +の画面比率は19:9、ベゼルレスディスプレー *4GBのRAMと64GB/128GBのROM *Honor Super Charge(注2)5V/4.5Aと3400mAh(標準値)のバッテリー *Android 8.1をベースとするEMUI 8.1 ▽Honorについて Honorは、ファーウェイ・グループ(Huawei Group)傘下の主要なスマートフォンeブランドである。同ブランドは、「For the Brave(勇者のために)」というスローガンに従い、優れたユーザー体験を提供し、行動を促し、創造性を育成し、若者に夢をかなえる力を与える、インターネットに最適化された製品を通じてデジタル世代のニーズを満たすために作られた。そのためHonorは、他と違う事をし、最新の技術とイノベーションをユーザーに提供するのに必要なステップを踏むための勇気を示すことによって、他社とは一線を画している。 詳細については、www.hihonor.com でHonor onlineを参照するか、以下のフォローを。 https://www.facebook.com/honorglobal/https://twitter.com/Honorglobalhttps://www.instagram.com/honorglobal/https://www.youtube.com/honorglobal (注1)ミッドナイトブラックとファントムグレーも入手可能(注2)Honorの研究所の試験に基づく Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141270-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180523/2141270-1-b ソース:Honor
  • YourTV - ベトナムの新興企業は世界展開を目指す
    【シンガポール2018年5月24日PR Newswire】 *ベトナムをリードする技術・デジタルコンテンツ企業YourTV Groupは、グローバルなプレゼンスの構築を目指す YourTVのフー・ハイ・ハン創業者兼最高経営責任者(CEO)は、世界展開に向けた第一歩として、YourTV Group本社をベトナムのハノイからシンガポールへ移すと発表した。Han氏は「我々の狙いは、シンガポールの戦略的立地を活用し、多くの重要市場との関係性を築くことだ」と述べた。シンガポールYourTV新本社のグランドオープンは2018年5月中旬予定。 Mr. Han (right corner, in red tie) in the Finale of ‘Vietnam’s Talent Tour 2017’ – an original gameshow produced by YourTV   YourTV Groupは、ハン氏の親友で才能あるエンターテイナーを支援したいとの思いから、パフォーマンス映像を販売する事で経済面及びキャリアを援助する目的で2013年、ベトナムに設立。当初は主に、ベトナムのパフォーミングアーティスト、エンターテイナー、コンテンツ代理店、製作会社、ストリーミングメディアとビデオオンデマンドに力を注いでいた。 各コンテンツのクリエーターまた組織は、YourTVプラットフォームのyourtv.vnにチャンネルを1個から数個保有し、かつYourTVチームのサポートを受けながら彼ら独自のビデオコンテンツを独占的に放映出来る。ユーザーは1日当たり2000ドン(約0.088米ドル)で好きなチャンネルから動画を無制限に視聴できる。ベトナム大手複数の通信会社とのパートナー契約により、モバイルSMS(ショートメッセージサービス)経由でアクセスが途切れることなくチャンネルを楽しむ事が出来る。またスマートフォンで動画を視聴すると、3G/4Gデータが無料で提供される。事業の発展と共に、YourTVはコンテンツを充実させる為、内容の幅を広げ教育、旅行、スポーツ等、他の生活に関連する側面に注目、またYourTVオリジナルのゲームショーやコンサートをプロデュースした。2017年にはアドバタイジングライブストリームチャンネル(広告を挟む事で無料視聴が出来るサービス)のアップデートを発表した。 長年の努力の末、YourTVはベトナムのビデオオンデマンド業界に独自の基準を作り上げた。同社は今、ベトナムで起こした現象を世界で起こそうとしている。ハン氏は「私たちは常に世界に順応・適応する事を意識し、コンテンツクリエーターとエンドユーザーの間の国際的ピアツーピア・ビデオプラットフォームを目指している。言葉を理由に障壁を作らず、世界の有能なコンテンツクリエーター・組織にとって実りのある協力関係を結び、国境を越えて通信・決済会社と戦略的パートナーシップを結びたいと考えている。力を合わせる事が出来れば、世界に通用する」と語った。 ▽問い合わせ先Huu Hai Hanceo@yourtv.vn Nguyen Thanh Thanhthanh.nguyenthi@yourtv.vn Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180515/2129960-1 Logohttps://photos.prnasia.com/prnh/20180511/2129960-1LOGO (日本語リリース:クライアント提供)
  • トリナ・ソーラーがNclaveの買収完了
    【常州(中国)2018年5月24日PR Newswire】Trina Solar Limited(以下、「トリナ・ソーラー」または「当社」と表記)は、世界有数のソーラートラッカー(追尾式太陽光発電)システム・メーカーで、スペインに拠点を置くNclave Renewable S.L.(以下、「Nclave」と表記)の買収を成功裏に完了した。 これは中国のソーラー企業が国内市場以外でソーラートラッカー・メーカーを買収した初のケースで、トリナ・ソーラーの、太陽光発電(PV)製品のトップサプライヤーからグローバルなスマートPVソリューションプロバイダーへの戦略的転換を加速させるものである。今回の買収は、トリナ・ソーラーが、IoTエコシステムと連動する代替・再生可能エネルギーソリューションの開発に焦点を当てた企業に戦略的変容を遂げていく新たな一歩を記すものでもある。 この買収で、トリナ・ソーラーの最新のTrinaProスマートPVソリューションが、Nclaveのトラッカー製品とエンジニアリングデザインを直接組み込む一方、Nclaveの最先端技術もトリナ・ソーラーのスマートソリューションに完全に統合されることになる。 NclaveはClavijo家によって設立され、2017年にファンドのQ-Growthの融資を受けMFV社と合併した。Nclaveは12年以上にわたる再生可能エネルギー分野での経験を持ち、世界中に2.5GW(ギガワット)以上を供給してきた。本社はマドリード(スペイン)、5大陸に営業所を置き、ナバラ(スペイン)に製造施設がある。 Nclaveは、あらゆる基礎ソリューションの測定、実装を含む固定式架台と太陽光発電ソーラートラッカーの開発、設計、製造、設置、メンテナンスの有力企業である。Nclaveは市場に最も幅広い製品を提供しており(固定式架台と短軸・複数列トラッカー)、稼働、メンテナンスだけでなく最小限の投資コストでのソリューションを通じ、あらゆる種類のプロジェクトに適応可能である。主要パーツと架台の設計は、多くの国際特許を取得している。 ▽Trina Solar Limitedについて 1997年に設立されたTrina Solar(トリナ・ソーラー)は、2017年末時点で、太陽電池モジュールの累積出荷量32GW以上を達成し、世界1位にランクされました。大規模発電所及び商業・住宅向けソリューション、蓄電システム、太陽光発電モジュールを世界中に提供しています。 世界トップの総合太陽エネルギーソリューション・プロバイダーとして、トリナ・ソーラーは、エネルギーIoT企業への転進の先導的な役割を担い、この新たに発展していく分野でのグローバルリーダーになるべく取り組んでいます。 ソース:Trina Solar
  • アモイ航空がボーイング737 MAXを初受領、航空機の体制を200機に拡大
    【シアトル、アモイ(中国)2018年5月23日PR Newswire=共同通信JBN】5月22日(現地時間)、アモイ航空はシアトルで最初のボーイング737 MAXを受領した。これにより航空機200機を擁する体制へと拡大し、世界最大の航空会社の一員へと正式に加わった。 Xiamen Airlines takes delivery of its first Boeing 737 MAX, expanding the fleet to 200 airplanes 737 MAXはボーイングの歴史でベストセラーの民間航空機で、卓越した性能、柔軟性、効率性がその特徴である。737 MAXは乗客により広くて快適なフライト体験を提供する。ウイングレットや最新のエンジンといった幾つかの最新技術を備えた737 MAXは、飛行性能、環境保護、信頼性で前世代のモデルを上回っている。 この航空機が加わったことで、アモイ航空は航空機200機を保有する規模になり、重要なマイルストーンを超えることになった。アモイ航空は2013年に最初のマイルストーンである100機を超え、毎年約20機を加えて成長を続け、5年以内でその規模は2倍になった。この期間中にアモイ航空の営業利益も毎年増加し、粗利益は100億元(約15億米ドル)を計上している。アモイ航空は31年連続で利益を出しており、中国の民間航空産業の急速な成長を反映している。 アモイ航空のチャ・シャンルン会長は、同社の急速な成長は、大きくは中国の改革開放ならびに中国全土の一貫した生活水準の向上による経済的な要因によるものであり、それが航空機での旅行ニーズの大きな高まりへと結びついたことを明らかにした。この5年の民間航空の旅客数で、米国、欧州、中国はそれぞれ平均約4%、6%、10%の年間成長率を記録したが、それに対してアモイ航空の平均成長率は15%だった。 2013年に航空機が100機の体制になった後、アモイ航空は国際市場への参入を加速した。同社は最初のボーイング787 ドリームライナーを2014年8月に購入し、2015年7月にはアモイとアムステルダム間で初の大陸間航路を開設した。同社はその後2年で、ロサンゼルス、メルボルン、ニューヨーク、シアトル、シドニー、バンクーバーといった欧州、北米、オセアニアの都市を網羅する10の大陸間航路を開設した。現在、国際線航路のすべてでボーイング787型機が就航している。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180521/2138615-1
  • BIGOがCube TVを開始、eスポーツアリーナでゲーマーを支援
    【シンガポール2018年5月23日PR Newswire=共同通信JBN】 *拡大戦略の一環としてBIGOはCube TVを開始する。このアプリはモバイルゲームのライブストリーミングとeスポーツアリーナに特化し、ゲームショッピングモールが自慢だ。ユーザーのプロ転向を後押しする狙いがある。 新たなサービスはモバイルゲームのライブストリーミング、eスポーツアリーナおよびゲームショッピングモールに特化し、ゲーマーのニーズと要求に応える。 Mr. Samuel A. Pangerapan, General Director of Applied Information (Ministry of Communication and Information of Republic of Indonesia) “BIGO LIVE has the best AI monitoring technology and the government would like to adopt BIGO’s AI monitoring technology in support of Internet Positive program in Indonesia.” ライブストリーミング・アプリのBIGO LIVEを擁しシンガポールを本拠地とするBIGOは、CUBE TVの開始を発表した。このサービスはジャカルタで行われるモバイルゲームのライブストリーミングに対するゲーマーのニーズを満たすことを目的とする。彼らは地元のコミュニティーと共にラマダンを遵守し、文化の違いに敬意を表す。このアプリは東南アジアで発売し、その後段階的に全世界で販売する予定である。 アプリは、ブルーレイ技術によってユーザーがライブストリーミングおよび動画をブルーレイで視聴することが可能となることも強みである。8Mブルーレイに続き20MフルHDを動画およびライブストリーミング向けに発売する。 Mobile Legend. Mr. Caya Yan, Operational Director of Mobile Legend “Mobile Legend will partner Cube TV to roll out its esports activities and promotion in Indonesia and more to come.” 2nd right Professional gamer Micheal Souw and most right Mr. Fearus) Cube TVマーケティング責任者のアスウィン氏は「背景にある意図は、われわれがユーザーにゲーミング・アリーナで相互交流をする機会を提供する活気に満ちたゲーミング環境を創出することだ。彼らが社交の輪を広げ、似た考えを持つ人々と関心を共有できるようはからうことである。ショッピングモールは、ゲーミング製品を求めるゲーマーのニーズに応え、彼らが収入を得る助けにもなる。われわれはeゲーミングの場において貢献し、アジアのゲーマーの機会を促進していきたい。マイケル・ソウ、アフィフ、ラーマド各氏のようなプロフェッショナルと契約しており、より多くのプロを目にすることを期待している」と述べた。 BIGOのジェームズ・ワン・バイスプレジデントは「Bigo Liveは2017年の収益が3億ドルで既に利益を上げており、Cube TVはさらなる拡大路線上にありユーザーの要望を満たす当社最新の製品である。ユーザーが対価を支払う用意があるコンテンツを提供することがライブストリーミングの最も持続可能なビジネスモデルである。この新たなビジネスを成長させることに注目している。Cube TVは、東南アジア、中東、南米およびロシアで公式開始前に月間200万人を超すアクティブユーザーを持つ」と述べた。 Cube TV Idonesia team sealing partnership with Mobile Legends together with professional Micheal Seouw (2nd from left) and Mr Fearus (4th from right) KOMINFO(インドネシア情報通信省)のサイバー犯罪捜査担当のテグ・アリフィヤディ副局長は「BIGOはインドネシアのライブストリーミング業界において模範的なロールモデルであり、相互訪問を通じてライブストリーミング慣行および規制の標準化を助けた。これまでもBIGOは常に並外れて先を見越しており、直ちにサイバー犯罪と闘う支援を提供してきた」と語った。 Mobile Legendsのカヤ・ヤン運営部長は「BIGOはわれわれの最も重要なパートナーの1つであり、eスポーツの試合を開催しアプリ内プロモーションを推進するためにCube TVと提携できることは非常にうれしい。Mobile Legendsは、当社の集中を高め資源を増加してインドネシアのゲーミング市場を推進し、両社に一層のユーザーベネフィットをもたらすためにCube TVとの協力をさらに深化させ続ける」と述べた。 BIGOはシンガポールを拠点とするAI(人工知能)テクノロジーの研究開発の取り組みを続け、BIGO LIVE、Cube TV、LIKE(短編動画アプリ)およびHello Yo(無料サービスのボイスチャットルーム・アプリ)の全アプリケーションにおいてユーザーに一層の恩恵をもたらす。 ▽BIGO LIVEについて BIGO LIVEは2016年3月に設立され、シンガポールに本社を置く。ライブストリーミング技術およびプラットフォーム・サービスに特化したモバイルインターネット企業で、一流の世界的ソーシャルビデオ配信コミュニティーの構築に専念している。BIGO LIVEは20を超す国・地域に世界2億人を超すユーザーを持ち、現在この業界のマーケットリーダーである。世界で最も急速に成長しているライブ配信プラットフォームでもある。詳細はwww.bigo.tv を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180522/2138606-1-aPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20180522/2138606-1-bPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20180522/2138606-1-c ソース:BIGO Technology Pte. Ltd.
  • IoTやAI向けのプログラム可能な電子組み立てブロック・プラットフォーム
    【深セン(中国)2018年5月22日PR Newswire=共同通信JBN】 *MakeblockがNeuron Creative Labキットを発売 STEAM教育ソリューション・プロバイダーであるMakeblockはこのほど、IoTおよびAI教育を推進するため、同社のプログラム可能な電子組み立てブロック・プラットフォームNeuronの最新バージョンであるCreative Labキットを発売した。 Makeblock Neuronは、STEAM教育向けに設計されたプログラム可能な電子組み立てブロック・プラットフォームである。この最新キットは、Neuronシリーズの中で最も強力な機能と幅広いブロックを提供する。このキットは100以上の相互作用効果を発揮する30の異なる電子ブロックを備えている。 このキットはNeuron App、mBlock5などのプログラミング・ソフトウエアをサポートするだけでなく、AI、IoT、Google Deep Learningなどの最新テクノロジーを日常生活にもたらす。キットは学校でMaker Spaceを構築し、教室でインテリジェントなプログラミングを開発し、STEAM教育を標準化および体系化に導くことを支援する。 Makeblock Neuronは2017年に発売されて以来、世界的な評価と称賛を受けて7つの国際的な賞を獲得してきた。その中には、2018 Gold Edison Award、2018 CES Design Award、2018 German iF Product Design Award、2018 German Red Dot Award、2017 U.S. IDEA Gold Award、2017年日本グッドデザイン賞、2017年韓国K-Design Awardなどがある。 Makeblock NeuronはこれまでにInventor KitとCreative Lab Kitの2つのキットを発売した。それぞれのブロックは、store.makeblock.comで注文すれば入手できる。Creative Labは、モジュラーデザイン、特許保有のマグネットコネクション、カラフルな外観、耐久性を備えた音響的、光学的、動的な相互作用様式に及ぶ20以上の電子ブロックを提供する。 Creative Labは、オンラインおよびオフラインのプログラミングをサポートする。教師は使い勝手のよいプログラミング・ソフトウエアのNeuron Appやブロックベースないしはテキストベースのプログラミング・ソフトウエアのmBlock5から選択し、異なる年齢グループの学生の必要性に応えることができる。 Neuron Creative Labモジュールと国際的な賞 Makeblockの王建軍・創設者兼最高経営責任者(CEO)は「Makeblockはより標準的で系統的、かつ包括的で高度なSTEAMソリューションを学校および教師に提供することと、中国のSTEAMを促進することを目指している。われわれはプログラミング、メーカースピリット、ロボット教育をより多くの学校に提供し、学生がイノベーションの過程を楽しむことを支援している」と語った。 Makeblock Creative Labは学校や教師が特注のSTEAMカリキュラムを提供できるようにカスタム化される。カスタム化され差別化されたSTEAMソリューションによって、教師はブロックの種類や量に関して、組み立てオプションを選択でき、教室の異なる要求にも対応する多様な組み合わせを提供する。Makeblockは20以上の刺激的な授業を提供し、STEAM教育探求を通じてイノベーションおよび指導で教師を支援する。 Neuron Creative Labをオーダーするにはウェブサイトhttp://store.makeblock.com/makeblock-neuron-creative-lab-kitを参照。 ▽Makeblockについて 2013年に創立されたMakeblock Co., Ltdは、STEAM教育ソリューションの大手プロバイダーである。Makeblockは学校、教育機関、家庭向けのSTEAM教育・娯楽市場を対象に、テクノロジーと教育の融合の深化を目指し、最も総合的なハードウエア、ソフトウエア、コンテンツ・ソリューション、一流のロボットコンペを提供している。詳細はFacebookの@Makeblock(https://www.facebook.com/Makeblock/ )、Twitter(https://twitter.com/makeblock )、ウェブサイトwww.makeblock.comを参照。 ソース:Makeblock 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20180521/2138538-1
  • XCMGの純利益が急増、世界の景気回復で建設機械需要増加
    【徐州(中国)2018年5月22日PR Newswire=共同通信JBN】世界の大手建設機械メーカーXCMG(000425.SZ)は、世界の景気回復が持続し、中国におけるインフラ投資により掘削機、ローダー、フォークリフトトラックなどの機器への需要が増大したことから、昨年の利益が約4倍増となった。中国最大の建設機械の輸出メーカーである同社は、米中間の貿易摩擦増大にもかかわらず世界市場の継続的改善を背景に2018年は堅調な成長を遂げると予測している。 XCMG's Profit Surges as Global Economic Recovery Boosts Demand for Construction Machinery. 2017年の純利益は10億2000万人民元と前年の2億860万人民元から389.31%増となり、前年決算にある72.46%の売上高の伸びをはるかに上回った。2018年の売上高は前年比26.3%増の368億人民元と予測している。 XCMGのワン・ミン社長は「保護主義の高まりと中米摩擦の増大が世界経済に暗い影を落としているものの、グローバル化の流れは不可逆的であり、XCMGの世界的な拡大継続を可能にしている。国内市場では、製品品質と販売チャネルの強みを活かして市場シェアを拡大し、テクノロジーや社員に投資することで『スマートな製造業者』となることを目指している」と語った。 中国の建設機械メーカーは、業界規模がピーク時から3分の2縮小した2011年から2016年の5年間の下降期からの回復の恩恵を受けている。2017年は中国のインフラ投資が加速し、景気は安定して同業界に勢いをつけた。 昨年のXCMGの卓越した業績は、同社の市場における地位を強化した業界統合によって支援されたが、明るい点は海外での強力な成長である。 XCMGは2017年、アジア太平洋地域に対する売上高が71%増加し、同地域への中国最大の建設機械輸出業者となった。一方で、南米8カ国向け輸出は1.6倍に増え、現地化は南米大陸に定着し、同社は現地で掘削機に関する研究開発を開始した。欧州ではXCMGのクレーン製品がドイツで好評を博した。 XCMGの海外販売は、中国とユーラシア諸国を結ぶ現代の「シルクロード」沿いの地域におけるインフラ投資を増加させている中国の「一帯一路」構想から引き続き利益を得るだろう。 XCMGは、主要地域をターゲットにし、グローバルな調査とサービスへの投資を強化し、欧州と北米のトップエンド市場でブレークスルーを目指すことにより、世界市場シェアの拡大を続ける。 クレーントラックや頑丈なロードローラーの世界最大のメーカーである同社は、中核的競争力を強化するとともに、環境保護などの新産業における機会も探っている。さらに、XCMGは、「スマートな製造業者」への進化戦略の一環として、次世代情報技術に多額の投資を行う方針だ。 ▽XCMGについて XCMG(000425.SZ)は74年の歴史を持つ多国籍の重機械メーカーである。同社は現在、世界の建設機械業界で6位にランクされている。同社は世界の177以上の国・地域に輸出している。 詳細はwww.xcmg.com を参照、またはFacebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、InstagramでXCMGのページのフォローを。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180521/2138569-1
  • GAC MotorがInternational Companyを設立、海外ビジネス基盤を展開
    【広州(中国)2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】中国の最速成長の自動車メーカーGAC Motorは、同社の海外事業を管理運営するGAC Motor International Company(以下「International Company」)の設立を発表した。協力を強化し、競争力を拡大し、世界市場での販売拡大の可能性を向上させることは、同自動車メーカーのグローバルな拡大戦略の重要な部分である。 Yu Jun, president of GAC Motor, Introduces the Company’s Global Expansion Strategy International Companyは、GAC Motorに、米国の子会社を含むすべての国際子会社および地域事務所を統括し、組立工場を管理するための統合プラットフォーム(基盤)を提供する。また、GAC Motorが組織体制や人材・人事面の強みをさらに向上させるのをサポートする。また、同社の輸出事業の国際取引プラットフォームとしてGAC Motor International (HK) Ltdも設立される予定である。これにより、事業ポリシーの実行と市場キャンペーンのサポートが容易になろう。 GAC Motorのユー・ジュン社長は「International Companyは、世界クラスのブランドを構築するというGAC Motorの目標を支援することになる。われわれは未来のための長期計画を作成し、ディーラーとのオープンで包括的で相互利益的な提携関係を楽しみにしており、それによりわれわれは幅広いグローバル市場を開拓し、より美しい新たな青写真を描くことが可能となろう」と語った。 GAC Motorは現在、14カ国・地域で営業活動をしており、GS4 やGS8などの複数の評価を得た高級車モデルが世界的に発売されている。同社は2018年末までに海外市場向けにGS3、GS7、GA4、GM8の4つの新モデル車種を発売し、18カ国に進出する計画である。 Yu Jun Awards “2017 the Best Sales Performance” to GAC Motor’s overseas Distributor 地元のディストリビューターとの事業展開をよりよくサポートするために、必要に応じ中東、アフリカ、南米、その他の地域に地域事務所を設立する予定。また、ロシアの子会社が近く運営を開始し、さらに東欧市場にも進出する。 製品開発の強化とそれによる車種の拡大に加え、GAC Motorは著名な国際オートショーで積極的に同社の技術と高品質でトレンドセッティングな製品を提示している。NAIAS(北米国際オートショー)と NADA(全米自動車販売店協会)ショーでの展示成功を受け、GAC Motorは今年後半にパリ・モーターショー、ロサンゼルス・オートショー、モスクワ国際オートショーに出展し、ブランドイメージをさらに持続的に強化する方針である。 GAC Motorは既に、グローバルな研究開発(R&D)ネットワークを構築する上でいくつかの成果を上げている。同社のシリコンバレーR&Dセンターは現在、人材を集め、先端技術を統合し、国境を超えた協力を強化するためのプラットフォームとしての機能を果たしている。すでに創設されているGAC Los Angeles Advance Designセンターは未来を見据えた車両デザイン、インタラクティブ機能、市場関連ブランドの開発を担当するとともに、デトロイトR&Dセンターは現在準備段階にあり、北米市場向けの車両と技術の開発に専念する予定である。 GAC Advanced Design Center in Los Angeles GAC Motorのグローバル人材サーチ・イニシアチブはまた、同社のグローバル拡大戦略の不可欠な要素でもある。GACは今年6月、シュツットガルト、ミュンヘン、パリを含む欧州の諸都市で3回目の海外人材リクルートツアーに着手し、R&D、スマートテクノロジー、車両デザイン、生産管理、マーケティングの分野の英才を募集する予定だ。 ユー・ジュン社長は「未来のモビリティーの発展に貢献する世界クラスのブランドかつグローバル企業となることがわれわれの目標だ。われわれは引き続きグローバル市場を開拓し、パートナー、サプライヤー、ディストリビューターと協力してわれわれの事業の発展をサポートしていく」と述べた。 ▽GAC Motorについて 2008年に創設されたGuangzhou Automobile Group Motor CO., LTD(GAC Motor)は、Fortune Global 500で238位にあるGAC Groupの子会社である。同社は高品質の車両、エンジン、部品、自動車用アクセサリーを開発、製造している。GAC Motorは、J.D.パワー・アジア・パシフィックのChina Initial Quality Study SM(IQS)で5年連続して中国ブランドのトップにランクされ、革新的な研究開発(R&D)、製造からサプライチェーン、販売・サービスに至る同社の品質本位の戦略を実証した。 詳細は以下を参照。 Facebook: https://www.facebook.com/GACMotor Instagram: https://www.instagram.com/gac_motor Twitter: https://www.twitter.com/gac_motor ▽メディア問い合わせ先 Sukie Wong+86-186-8058-2829GACMotor@126.com   ソース:GAC Motor Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180518/2137683-1-aPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20180518/2137683-1-bPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20180518/2137683-1-c
  • ハイセンスが新たな80インチレーザーテレビの世界販売を発表
    【北京2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】 *この次世代テレビで急速な成長を見込む 2018年FIFAワールドカップ(2018 FIFA World Cup(TM))の公式スポンサーのハイセンス(Hisense)は5月17日、北京で、80インチL5レーザーテレビを新発売した。手頃な値段設定のため、中間所得層の世帯でも手が届く新商品となっている。ワールドカップを間近に控え、中国では家庭のリビングで本格的なホームシアター革命が始まっている。 Hisense announces global availability of 80-inch 4K laser TV テクノロジーは生活を一変させる力がある。今まで、レーザーテレビの普及には2つの足かせがあった。画像の輝度の不足と高額であることだ。新たに発売されたL5レーザーテレビはこれら2つの問題を解決した。このモデルは既存のレーザーモデルのすべてを大きく上回る400ニットの輝度と、デンマーク製で特注の新世代DNP高利得・反光ハードスクリーンのため、周囲がどれほど明るくても鮮明な画像表示が可能となった。ホームシアターの中心的存在となる超大型スクリーンは、カーテンを閉めたりシャッターを下ろしたりしなくても快適な鑑賞が可能だ。このテレビはまぶしさを感じさせず目に優しい反射光源を装備、高さ80インチにもかかわらず、3メートル(約10フィート)の近さからでも心地よく見ることができるスクリーンのため、ホームシアターの鑑賞エリアとして確保しなければならない居住スペースを大幅に減らすことができる。レーザーテレビ購入の第2の障壁についても取り除かれた。1万9999元(約3140米ドル)という価格は、レーザーモデルが「第一候補にとってかわる」ことを可能にし、ハイセンスの大型スクリーンテレビ市場への包括的な参入を感じさせるものとなった。 ワールドカップ・ロシア大会が間もなく開幕する中、大型スクリーンの高画質スマートテレビの需要は急増している。ハイセンスL5レーザーテレビに装備される最新のVIDAA AIシステムは自動スポーツモードやスター選手認証、すばらしい瞬間を共有するスクリーンショットといった機能を備えており、試合観戦の最適な仲間となるだろう。 ハイセンスL5レーザーテレビの発売は、中国の世帯がテレビの大型化に向けて大規模に移行するトレンドの先駆けになるとみられている。ハイセンスはレーザーテレビが2018年ホームシアター市場の大きなディスラプターになることを期待している。 ソース:Hisense Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180517/2136359-1
  • GCL SIがSNEC期間中に新しい高効率モジュールをリリース
    【蘇州(中国)2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするクリーンエネルギー複合企業GCL Groupの子会社であるGCL System Integration(GCL SI)(002506.SZ)は、5月末に上海で開かれる年に一度のSNEC PV Power Expo(SNEC)に様々な新しいモノ・マルチ高効率モジュールを展示する。 SNECでGCL Groupは、ホールE1「ソーラーセルとシステムプロジェクトとアプリケーション国際ブランドホール」内の968平方メートルのブースを占有し、太陽光発電(PV)技術アプリケーションの統合、スマートエネルギー産業チェーン、スマートホーム、太陽光・熱利用の統合を含むPV業界のあらゆる面をカバーする最新の製品を展示する。最も期待されているのが、GCL SIの革新的なFBR + CCz技術と、同社の貧困緩和プロジェクト向けに設計された幾つかのモデルを含む様々な高効率モノ・マルチモジュールである。GCL SIのエリック・ルオ社長は、GCLは今後も研究・開発に力を入れ、顧客により大きな価値を提供していくと語った。 GCL SIは現在、約6GW(ギガワット)のモジュール生産能力を有しており、2017年の出荷量は4.84GWに達し、世界のトップサプライヤーの1つにランクされた。同社の高性能多結晶ブラックシリコンPERCセルの平均効率は20.8%、最大効率は21.3%に達している。同社の多結晶60セルモジュールの出力は300W(ワット)を超えており、GCL SIを多結晶モジュールの性能では絶対的な業界トップ企業に押し上げている。GCL SIは、同社の高効率製品を携え、長冶市と銅川市の2つの最有力プロジェクトの入札に参加している。 今後数年間、太陽光発電市場は着実な成長を遂げるであろう。特に、海外の新興市場における太陽光発電の需要は、さらに拡大するだろう。GCL SIは高効率製品の研究・開発を一層力を入れ、主力事業である太陽光発電を強固なものにし、海外事業の比率を高めることに重点を置いていく。2017年、GCL SIの国際事業は前年比20%増加し、総事業の26.37%を占めた。海外事業のシェアは2018年には50%に達する見込みである。 GCL SIは、市場の要求に応じて、世界中のさまざまな環境向けの上質かつ高効率な製品を提供している。同社の高効率セル、MBBモジュール、両面二重ガラス製品は、中国の最有力プロジェクトおよび海外市場のニーズに合致している。モジュラー統合パッケージの開発を通じて、国内外の顧客のカスタマイズされたニーズにも対応できる。加えて、GCL SIはスマート製造の推進を継続しており、製造の自動化、デジタル化への進化と、インターネットやインターネット・オブ・シングスといった情報技術の製造工程への統合の加速に役立てている。同社の無駄のない生産とスマート製造は、製品の質と効率を向上させ、GCL-SIが目指す上質な発展の達成を下支えしてくれるだろう。 ▽SNEC PV Power Expoについて 今年で12年目を迎えたSNEC PV Power Expo(SNEC)は、Asian Photovoltaic Industry Association(アジア太陽光発電産業協会、APVIA)、China Renewable Energy Society(中国再生可能エネルギー協会、CRES)、そしてChinese Renewable Energy Industries Association(中国再生可能エネルギー産業協会、CREIA)により創設され、US Solar Energy Industry Association(米太陽エネルギー産業協会、SEIA)など19の国際機関・組織が協賛している。世界最大の新エネルギー展示会で、大企業の先進技術製品展示の重要なプラットフォームであるSNECは、太陽光発電システム製造装置、材料、セル、アプリケーション製品、モジュール、太陽光プロジェクト、システムを展示の目玉とし、太陽光産業チェーンのあらゆる側面をカバーしている。 ▽GCL-SIについて GCL System Integration Technology Co., Ltd.(002506.SZ)は、GOLDEN CONCORD Group (GCL)の1部門である。GCL-SIは、ワンストップ、最先端の統合エネルギーシステムを提供し、世界をリードする太陽エネルギー企業になることを約束している。 ソース:GCL System
  • China-ASEAN Architectural Decoration Industry Cooperation Committeeが正式に設立
    【深セン(中国)2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】2018年5月11日、第14回China (Shenzhen) International Cultural Industry Expo(ICIF、中国(深セン)国際文化産業博覧交易会)Grandland Venueが開場した。ICIF Grandland Branchの開場式典では、Consensus on Strengthening China-ASEAN Architectural Decoration Industry Win-Win Cooperation(中国-ASEAN建築裝飾産業の共栄協力強化に関する合意)が正式に発表され、「China-ASEAN Architectural Decoration Industry Cooperation Committee(中国-ASEAN建築裝飾業協力委員会)」が正式に設立された。これは、建築装飾産業において中国とASEAN諸国の間に緊密な連携をもたらし、双方の深い交流と長期的発展を促進する上で積極的な役割を確実に果たすことを示す。同委員会の中国側主席はChina-ASEAN Business Council(中国-ASEAN商務理事会)のシュウ・ニンニン執行理事長が務め、中国側執行主席はShenzhen Grandland Group Co., Ltd.のファン・チクァン議長および、Shenzhen Decoration Industry Associationのガオ・ガン会長が務める。 中国-ASEANのリーダーおよびゲストの集合写真   フォーラムのゲストの集合写真 Grandland Group(広田集団)は、China-ASEAN Architectural Decoration Industry Cooperation Committeeの中国側執行主席部門として、中国-ASEAN協力および発展機会の共有の実践者かつ積極的な推進者となることにコミットし、中国-ASEAN建築装飾産業がより広域、大規模でより高水準の協力を実現するよう推進することに努め、互恵的で共栄をもたらす協力と発展の新たな1章を共に記す。 開幕日の午後に開催された「China-ASEAN: Cooperation, Innovation, Win-Win Summit Forum(中国-ASEAN:協力、革新、共栄サミットフォーラム)」では、中国およびASEAN諸国の商工会議所、建築、エンジニアリング契約および建築装飾企業の代表者が一堂に会し、各国の建築産業および建築装飾産業の現状について意見を交換し、共栄ある発展を実現するために中国-ASEANの建築装飾産業の協力を強化する方法について議論した。各方面からのゲストによる徹底的な議論において、英知の火花が絶え間なくぶつかり合い、双方の建築装飾業の協力、革新および共栄に向けた堅固な基盤を築く。 ソース:Grandland Group Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180517/2136297-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180517/2136297-1-b
  • MSCIがTunghsu Optoelectronicを主要株価指数に組み入れへ
    【北京2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な株価指数プロバイダーであるMSCIは、中国A株のTunghsu Optoelectronic(000413.SZ)など234銘柄を6月1日にMSCI Emerging Markets Index(MSCI新興市場指数)に組み入れると発表した。 MSCI China Index(MSCI中国指数)は中国株式の動向を追跡するためMorgan Stanley Capital International(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)が集計する指数である。MSCIは最近、MSCI China A Inclusion IndexおよびMSCI China Indexを含むMSCI Equity IndexのMay 2018 Semi-Annual Index Review(2018年半期指数レビュー)をリリースした。中国の大手ハイエンド・スマート製造企業であるTunghsu Optoelectronicは中国A株234銘柄に含まれている。 Guoyuan Securities (Hong Kong) Limitedの投資マネジャーは「ある銘柄がMSCI中国A株指数の構成銘柄になると、パッシブファンドだけでなく大規模ファンドからも注目を集めることになる。MSCI中国A指数に加えられることはその銘柄にとり良いニュースであることは間違いない。投資家の注目を集め、取引高が増える可能性は高い」と語った。 Tunghsu Optoelectronicは世界の大手オプトエレクトロニクス・ディスプレー供給元である。同社は現在、液晶ガラス基板メーカーとして中国では首位、世界では4位だ。加えて、Tunghsu Optoelectronicは、新エネルギー車の研究開発と製造、グラフェンの工業化・応用、ハイエンド機器製造など、さまざまな事業に従事している。2017年の営業収益は前年比127.15%増の173億4000万人民元に達した。親会社の所有者に帰属する純利益は17億4000万人民元で、前年比33.75%増加した。 MSCIのリサーチベースの各指数と分析は、世界の大手投資家がより良いポートフォリオを構築・管理するのをサポートする。最近のMSCIの中国A株の組み入れは、外国の機関投資家を引き付けて、中国のA株市場に広く参加させることになろう。 ソース:Tunghsu
  • Changzhou Institute of Intelligent Roboticsがオープン
    【常州(中国)2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】Changzhou Institute of Intelligent Robotics(常州知能ロボット工学研究所)が17日、中国科学院自動化研究所(Institute of Automation, Chinese Academy of Sciences)の後援で、常州国家ハイテク産業開発区(Changzhou National Hi-Tech District)のAirwheel Innovation Center for Artificial Intelligenceにオープンした。常州市常務委員会委員兼組織部長のジョウ・チャンミン氏と中国科学院自動化研究所副所長のジャン・カオ氏が設立式典に参加した。 The Changzhou Institute of Intelligent Robotics of the Chinese Academy of Sciences inaugurated Changzhou Institute of Intelligent Roboticsは、常州国家ハイテク産業開発区管理委員会、中国科学院自動化研究所、Changzhou Airwheel Artificial Intelligence Incubator Co., Ltd.により共同で設立された科学研究施設である。この施設は、人工知能(AI)における自動化研究所の全国的指導力を活用して、学際的な統合、需要主導のアプローチ、および同部門全体で起きつつあるダイナミックな変化と急速な成長の受容を踏まえ、 伝統産業がAIを生産工程に採用するニーズに焦点を当てつつ、ビッグデータ、スーパーコンピューティングセンター、ディープラーニングなどの最先端AI技術の研究開発に従事する。この研究所の任務は、遠隔医療ロボットを中核的特徴とする伝統的産業の変革を促進し、新しいアイデア、モデル、テクノロジーを開発、新しいエコシステムを創出することとみられる。究極の目標は、長江デルタ地帯における新しい経済モデルの確立を促進し、AI産業のクラスター開発をリードすることである。 Airwheel Artificial Intelligence Incubatorは2017年5月17日、常州国家ハイテク産業開発区で設立された。研究所設立に伴い、同社はAirwheel Innovation Center for Artificial Intelligenceと改名された。同センターは蓄積された経験に基づき、Changzhou Institute of Intelligent Roboticsを最初のパートナーとして、ハイエンドAI研究施設の指導力を活用する方針である。その目的は、クラウドコンピューティング、ビッグデータ収集とマイニング、スーパーコンピューティングセンター、およびディープラーニング・アルゴリズム訓練など、AI部門の研究である。同センターはインテリジェント・ロボットに焦点を置き次世代ロボットの主要なジェネリック技術を核とする最先端の基盤技術で、産業、サービス、特殊目的のロボットを開発し、伝統産業の変革、およびAI技術に重点を置いた産業クラスターの設立を支援することにコミットする。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180518/2136385-1   ソース:Changzhou National Hi-Tech District
  • 新エネルギー車の増加でアルミ合金の需要が急増、アルミニウム・チャイナ2018
    【上海2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】新エネルギー車用の軽量素材の利用が増え、中国や世界中でアルミニウム合金の需要を刺激している。最近のAuto Chinaだけでも主要ブランドは174の新エネルギーモデルを展示、中国の新エネルギー車の台数は2020年までに200万台に達すると予測されている。生産と販売のこの急速な成長は、政府の政策と市場の高い需要に支えられている。 上海で7月11-13日に開催される「アルミニウム・チャイナ2018」(Aluminium China 2018)は、新軽量素材の拡大する領域の主要な国際的プラットフォームと生産ソリューションを提供する。とりわけ、この行事では新エネルギー自動車産業の未来にアルミニウムが果たす極めて大きな役割を際立たせる。 アルミニウム・チャイナは新エネルギー自動車産業のソリューションがハイライト 中国で2017年、新エネルギー車関連の政策32件が開始された。新エネルギー車を購入した消費者に対する税還付措置は3年延長される。さらに、中国の「中国製造2025(Made in China 2025)」戦略は新エネルギー車をその未来ビジョンの中心に置き、「電気・燃料電池自動車開発の支援、低炭素排出技術とスマート自動車技術の奨励」にコミットしている。 電気駆動技術、スマート技術とともに、軽量デザインが今後10年の新エネルギー自動車産業の特徴となるだろう。CPCA(中国乗用車協会)の統計によると、売上高による中国の新エネルギーブランド上位はBYD、ZD、BAIC New Energy、Chery New Energy、SAIC Roweで、バス製造業者も新エネルギーの波に乗りつつある。 アルミニウム・チャイナのクリス・ザン・プロジェクトマネジャーは「新エネルギー車へのアルミニウム利用の増加は軽量デザインのトレンドを促進し、アルミ業界の成長を加速している。新エネルギー車のニーズを理解するための詳細な市場調査の裏付けを得て、アルミニウム・チャイナはこれらの刺激的な新市場への事業の拡大を手助けするだろう」と語った。 今年の行事では「Get to Know Automotive Manufacturers(自動車メーカーを知ろう)」プログラム、Auto Buyers' Exchange Day(自動車バイヤー交流日)、Thai Market Themed Conference(タイ市場をテーマにした会議)などのサイドイベントが特徴である。アルミニウム・チャイナとともに、Lightweight Asia 2018も開催され、新エネルギー自動車産業向けのさらに多様な素材、ソリューションを提供する。 ▽展示会に関するお問合せReed ISG Japan(株)TEL : 03-6261-2996EMAIL : hiranos@reedexpo.co.jp Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180514/2132000-1 ソース:Aluminium China
  • 中国のクロスボーダーeコマース事業者、NetEase Kaolaが中国での日本製品の販売を促進
    【杭州(中国)2018年5月21日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手クロスボーダーeコマース事業者であるNetEase Kaolaは最近、Tenga、サスティ、新谷酵素、スパトリートメント、美ルル(belulu)、ピュアヴィヴィ(Purevivi)、ルルルン(LuLuLun)、ドッカンアブラダスなどいくつかの日本を本拠とする最高級ブランドとの間で戦略的協力契約を結んだ。今回の契約は、昨年発表されたNetEase Kaolaの「メード・イン・ジャパン(日本製)」戦略の一環で、同社は中国国内市場で5000億円(約45億米ドル)をかけ、より多くの日本製品を展開するため方針だ。 NetEase Kaolaは市場シェアで、2年連続でアリババグループのTmall GlobalないしJD.comのJD Worldwideを抜き、この分野で中国最大のオペレーターとなった。 米国の「ブラック・フライデー」と「サイバー・マンデー」を合わせたような中国のショッピング・イベントである昨年11月11日の「独身の日」の直前、NetEase Kaolaのチャン・レイ最高経営責任者(CEO)は日本訪問中に「メード・イン・ジャパン」戦略を発表するとともに、NetEase Kaolaの商品構成を一層多様化し、中国人買い物客の間で増大する高品質を求める声に応えるため、日本の6つの大手ブランドとの契約に調印した。 NetEase Kaolaのチャン・レイCEOが昨年10月の日本訪問中に5000億円の買い付け計画を発表 日本の6つの大手ブランドは中国消費者の間に既にファンを獲得している小林製薬、専門美容ブランドのEarth、名声が確立した化粧品チェーンストアのキリン堂、スキンケアブランドのナリス化粧品、プロの美容・スキンケアブランドのスパトリートメントである。スパトリートメントは、NetEase Kaolaの大きな販売実績を背景に、NetEase Kaolaとの戦略的パートナーシップの拡大を決め、契約を更新した。 NetEase Kaolaは楽天の中国での最大の販売チャネルとなる 日本製の化粧品および、パーソナルケア、マターナル、チャイルドケア、家庭用製品が中国で求められているため、日本はNetEase Kaolaの最大の輸入市場である。2015-2017年に日本製品はNetEase Kaolaに最も貢献した。中国人の買い物客が自分の好みや、購入する商品から期待するものに対し相当程度目が肥えてきたため、買い物客は価格よりも品質をより重視している。 日本の文化が職人技を認める価値は、消費者に高品質の製品を提供するというNetEase Kaolaのコミットメントに沿ったものである。 クロスボーダーeコマースの急速な成長は、海外ブランドが中国市場の巨大な潜在性を認知するのを助け、中国のクロスボーダーeコマース事業者とのパートナーシップへと導く。だが、そのようなパートナーシップの結果は様々である。社内で100%扱われるベンダー支援サービスと組み合わせたNetEase Kaolaのダイレクトソーシングは、海外のベンダーの不安を取り除き、利益を最大限に引き出すこと保証する。 日本最大級のeコマース・プラットフォームである楽天は、2016年6月にNetEase Kaolaと契約し、中国の消費者が様々な日本製品を比較的低価格で便利に購入できるようにした。楽天は、衣料品、マターナル・チャイルドケア製品、手頃な贅沢品、スポーツやアウトドアレクリエーション用品、アクセサリーなど、NetEase Kaolaに400以上の人気のある日本ブランドを販売しており、月間総取扱高(GMV)は31.6%増加した。NetEase Kaolaは、中国における楽天の最大の販売チャネルになっている。 NetEaseのウィリアム・ディン会長兼CEOが楽天幹部の高橋宙生氏と戦略的協力契約に調印 楽天のクロスボーダー・トレーディング・ビジネスのシニアマネジャー、高橋宙生氏は、日本製品の多くは自国市場では非常に人気があるが、中国では未だに全く知られていないと述べた。楽天は、中国の買い物客が手頃な価格で商品にアクセスできるようにしたいと考えており、これがNetEase Kaolaとの協力の核心的な動機となっている。 楽天は、自社プラットフォームの主要なターゲット・オーディエンスである女性客に特に人気がある。高橋氏は、この2つのプラットフォームの主要なオーディエンスが類似していることが、パートナーシップが成功した主因の1つであると指摘した。提携により、楽天の中国での旗艦店は、2017年に前年比で4倍の売上高を達成した。 高橋氏は「中国と日本のクロスボーダーeコマース市場の見通しは引き続き有望だ。豊かな消費者が増えている。当社は市場の需要が強いことが今後の協力の拡大につながるとみており、NetEase Kaolaは強力な戦略パートナーである」と語った。 日本のフェースマスク最大手ルルルンの売上高は、NetEase Kaolaプラットフォーム上のプロモーションに参加後、わずか2日間に300%急増した。 最近の日本の花見シーズンに日本のブランド数社が実施したプロモーションでは売上高は軒並み40%超急増した。参加したブランドの中で、NetEase Kaolaとの契約に調印した日本の有名なフェースマスク製造元ルルルンの売上高は2日間に300%超増え、NetEase Kaolaとの提携の結果として最初のマイルストーンを示した。 昨年11月11日の「独身の日」に先立ってNetEase Kaolaとの協力を開始した日本の最高級スキンケアブランドTHREEは、最近、杭州にあるNetEase Kaolaの本社、NetEase Buildingに新しい春コレクションを展示した。これには新シリーズの活性化スキンケア製品、2018年春/夏の新メイクアップ製品、中国市場向け専用の限定版3.3春桃花メイクアップ製品などが含まれている。 THREEの創設者、石橋寧氏が杭州のNetEase Buildingでのローンチイベントで新製品を紹介 日本を本拠とするアクロの化粧品・スキンケアブランドであるTHREEは2009年にアクロの創設者、石橋寧氏が立ち上げた。台湾、香港、タイでメイクアップの流行に火をつけたTHREEは、日本のオンラインショッピング代理店のマストバイ・リストに載っており、毎年日本のCosme Grand Prize(コスメ大賞)から強く推薦されている。石橋氏はローンチイベントで新製品をそれぞれ中国の消費者に紹介した。同氏は、eコマース・サイトのNetEase Kaolaを信頼しているため、THREEはNetEase Kaolaを通じた中国市場への参入を選択したと述べた。 THREEの広報担当者は、同ブランドがNetEase Kaolaで新製品を発売することを選択したのは、NetEase Kaolaが本物の商品と消費者体験の質を重視し、中国のクロスボーダーeコマース・プラットフォームの優れた代表者であるからだと語った。信頼性が高く、ユーザーの間で最も高いレベルのロイヤルティーが確立されているため、THREEはNetease Kaolaを中国における同社の最良のパートナーとみている。権威ある第三者分析企業iiMedia Research Groupが2018年5月発表した最新データによると、NetEase Kaolaの2018年第1四半期の市場シェアは26%で、同社はクロスボーダーeコマース・プラットフォームの首位を5年連続で保っている。iiMediaの過去のデータによると、NetEase Kaolaは純正品販売に関して38.8%の信頼性レベルを保ち、クロスボーダーeコマース・プラットフォームの中で首位である。 THREEの広報担当者は、THREEは製品に使用されている成分の85%以上が天然で、植物抽出で有名な最高級ブランドであると述べた。THREEは現代のテクノロジーと日本の職人技を組み合わせることで、消費者が安全で有用なスキンケア製品を選ぶ際の一番人気となっている。THREEは、信頼できるベンダーの選定プロセスの一環としてNetEase Kaolaの品質管理プロトコルに沿って、安全で健康的でファッショナブルな製品を中国の消費者のための積極的なショッピング体験とともに提供する十分な資格を有すると判定された。 ▽問い合わせ先 Pei Guo +86-189-5800-7980 guopei@corp.netease.com ソース:NetEase Kaola Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180511/2131014-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180511/2131014-1-b Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180515/2131014-1-c
  • Roadstar.aiがシリーズAラウンドで1億2800万米ドルを調達し、第1世代製品「Aries」を発表
    【深セン(中国)2018年5月18日PR Newswire=共同通信JBN】世界屈指のレベル4自動運転テクノロジーのパイオニアであるRoadstar.aiは15日、シリーズA資金調達で1億2800万米ドルを確保したと発表した。Wu CapitalとShenzhen Capital Groupが主幹事を務め、Yunqi Partners、CMB International CapitalおよびVision Plus Capitalが参加した。 Silicon Valley and Shenzhen Based Autonomous Driving Start-up Roadstar.ai raises $128M in Round-A investment Roadstar.aiは資金調達の発表とともに、同社初の自動運転テクノロジー・キットである「Aries」(アリエス)も公開した。これは中国製の最も費用対効果が高いライダー(LiDAR)を搭載した最初のワンケーブル自動運転ソリューションである。 Roadstar.aiの創設者兼最高経営責任者(CEO)であるトン・シェンチャオ氏は「Ariesは異なるブランドおよびタイプのセンサーと互換性がある。これによりレベル4パフォーマンスを車両1台当たり5万人民元(8000米ドル)未満のコストで実現することが可能になる」と述べた。 Roadstar.aiが米国と中国の両方で公道テスト走行を実施した後、中国のメディアは「Aries」をRoadstar.aiを量産態勢へ近づける主要なステップであると報じ、効率に優れ安全な自動運転のソリューションが競合他社よりはるかに低コストであることは、今後数年間Roadstar.aiが巨大な市場を発展させる助けとなるとみている。 2017年5月に中国・深センを本社に設立されたRoadstar.aiは、深センと米シリコンバレーに2つの研究開発センターを開設した。現在Roadstar.aiは、同社が独自に開発した2つのコア技術であるHeteroSyncおよびDeepFusionを強みに世界的なティア1および自動車メーカーと正式なパートナーシップを構築した、中国唯一の自動運転テクノロジーのスタートアップ企業である。 わずか1年前に設立されたRoaadstar.aiは、既に業界のいくつかの主要なベンチマークを達成した。Cityscapesデータセットのコンピュータビジョンのベンチマークで1位を獲得しKITTIの3D検知データセットでトップ3に入った。 Roadstar.aiチームには、Google、テスラ、Apple、NvidiaおよびBaidiu USAなどトップクラスの自動運転企業出身のエンジニアを含む極めて優れた人材が名を連ねている。2020年の彼らの野心的な目標は、自動運転車両の安全性ドライバー介入率を走行1000km当たり1回にまで低減することである。Roadstar.aiは今年、中国で新たな自動運転車両を50台導入する予定で、2019年には200台、2020年までに1500台に拡大する計画である。 トン氏は「Roadstar.aiは、インテリジェントで効率的かつ安全な未来のモビリティー体験に向け、完全自動運転のロボタクシー・サービスを提供する。しかし、安全で快適な自動運転の世界に足を踏み入れる前に、人工知能(AI)テクノロジーが完璧でなくてはならない」と述べた。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180517/2135486-1 ソース:Roadstar.ai
  • 『レディ・プレイヤー1』『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』の熱気を受け継ぐ、ビッグな5月の新作4DX映画!
    5月18日、『ランペイジ巨獣大乱闘』4DX公開 - 「ストレスを吹き飛ばせ! 最高の巨大怪獣パニック・アクション!」 破壊・怪獣・4DXという美味しいとこ取りの必見映画! 5月19日、『仮面ライダー』シリーズ史上初の4DX版公開! 乞うご期待! 【ソウル(韓国)2018年5月18日PR Newswire】現在、日本全国で4DX『レディ・プレイヤー1』、『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』、『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』が絶賛上映中だ。そんな中、本日(5月18日)、ストレス発散に最適な極上怪獣映画、4DXで観るとますます迫力満点な映像体験になること間違いなしの『ランペイジ巨獣大乱闘』4DXがいよいよ公開される。また、明日(5月19日)にはシリーズ史上初の4DX映画として話題を集めている『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』4DXも公開が予定されている。幅広いレパートリーで、「5月の4DX映画ブーム」の突風はますます強く吹きそうだ。 4DXボックスオフィスヒット 4DX映画とは、映画のシーンに合わせて座席が前後・左右・上下へと激しく動き、風や水分が吹きつけられるなど五感を刺激するエフェクトが連動される新しいプレミアムな映画体験である。そして、『ランペイジ巨獣大乱闘』は、破壊・怪獣・4DXという映画ファンの心を熱くする要素を組み合わせ、4DXを堪能できる大作怪獣映画と評判高い。『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』などの記録的興行成績を打ち立てたロック様ことドウェイン・ジョンソンが主演、そして想像をはるかに超える巨獣たちが暴れる度胆を抜くアクションシーンは、様々な特殊エフェクトがふんだんにかかり、観客の五感を刺激して止まない。特に『ランペイジ巨獣大乱闘』最大の見所である巨獣たちが大乱闘シーンでは、4DXモーションチェアや多彩な特殊エフェクトによって映像そのままのスリルと緊張感を体験できる。巨獣がシカゴの高層ビルを破壊するシーンなど、迫力満点な巨獣たちの動きは、20種類以上の特殊な4DXエフェクトにより再現された。 『ランペイジ巨獣大乱闘』と4DXによって織りなされる特別な体験、特にゴリラのジョージ・オオカミのラルフ・ワニのリジーなど、超巨大化した巨獣たちのアクションシーンのスケールは、すでに世界中の観客から爆発的な好評を獲得している。同じくリアルなアクション体験として現在上映中の大ヒット4DX映画『レディ・プレイヤー1』、『アベンジャーズインフィニティ・ウォー』、『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』とはまた別のタイプの快感を味わえること間違いなしで、「怪獣映画」と4DXとの相乗効果は、映画にまた新しい楽しみ方をもたらすことだろう。 5月18日の『ランペイジ 巨獣大乱闘』4DX公開につづき、翌日の5月19日にはシリーズ史上初の4DX映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』4DXが公開される。4DX映画は、日本の55か所の映画館を含めて全世界49か国・516か所の映画館で上映中だ。 メディアコンタクト LEE、BUMYONG李範龍(イボンヨン)CJ 4DPLEX TEL +82-2-371-5931 | MOBILE +82-10-6633-7305 | E-MAIL: bumyong.lee@cj.net Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180516/2135075-1 (日本語リリース:クライアント提供)
  • 日中、農業分野の協力が開花、「北海稲之道」に期待高まる
    【札幌2018年5月17日PR Newswire】 日本の食料基地と呼ばれる北海道は、長年稲作に不向きとされたが、品種や栽培方法、肥料の改良を重ねることにより、イネの環境適応能力の抜本的に向上させることができた。高品質なお米の栽培に適するという特性を生かすことに加え、現在、ゆめぴりか、ななつぼし、ななつぼし、ふっくりんこなど、いずれも食味ランキング特Aを誇る話題のお米の生産を実現している。 中国の金正大グループ(以下“金正大”と略する)は北海道の稲作のノウハウを導入し、稲の栄養士とも呼ばれる水稲用肥料「北海稲之道」を開発した上で、その普及を見据えて、中国、北海道ともに試験事業を行っている。結果として、「北海稲之道」は、活着が良く、丈夫でしっかりとした稲を作ることができるため、良質米の生産に役立つことが分かった。「北海稲之道」の開発に成功したことで、提携の成果の見える化が徹底される他、日本の最新農業技術も大いにアピールされているのだ。   最近、日中間で相互に前向きな機運が高まっていることがきっかけで、農業分野での協力において成果が創出されつつある。金正大が導入した「北海稲之道」を始め、日本の最先端の農業技術がもたらす成長には期待が寄せられる一方、両国の友好関係や親近感を深める主役として大切にされていくに相違ない。
  • Venus MedtechがDCP Capitalの株式出資を受け、心臓弁の技術開発と国際的な商業化を加速
    【杭州(中国)2018年5月17日PR Newswire=共同通信JBN】Venus Medtechは、DCP Capitalと正式な出資契約を締結したと発表した。出資金は、Venus Medtechが既存のバルブ製品のアップグレードと国際化を加速し、同社が迅速に新たな僧帽弁/三尖弁疾患治療技術の臨床研究段階に入ることを支援し、同社が国際的な心臓弁市場に全面的に参入に当たって確固たる基盤を築くのを支援するために使われる。 経済成長と高齢化に伴い、老人性石灰性大動脈弁疾患が増加しており、間もなく中国における弁膜疾患の主な原因になるであろう。現在、大動脈弁置換術(SAVR)の外科手術が広く用いられているが、外科的外傷リスクは高く、術後の回復は遅い。高齢の患者のほとんどは、その様な手術に耐えられない。16年間で急速な進歩を遂げた経カテーテル大動脈弁置換(TAVR)技術は、徐々に世界の大動脈弁疾患治療の主流になってきた。現時点で、TAVRが望ましい患者が中国に少なくとも50万人いるが、大多数が病院に入院しての治療を受けていない。大動脈弁疾患に加え、僧帽弁および三尖弁疾患もまた、よくみられる弁膜心疾患である。重度の僧帽弁逆流(MR)および三尖弁逆流(TR)の患者数は、中国に1000万人超いると推計されているが、外科的治療の割合は2%未満。この分野の治療市場は特に有望である。 Venus Medtechは、心臓弁疾患用の医療機器の研究、開発および商業化を長年にわたり継続してきた。同社は世界中で300以上の弁技術の特許を取得しており、知的所有権を完全かつ厳格に保護してきた。同社の第1世代TAVR製品であるVenusA-Valve経皮介入性大動脈弁システムは、2017年4月に中国国家食品薬品監督管理局によって承認された初の介入人工弁製品であり、中国における介入性心臓学の新時代を作り、中国で生まれたハイエンドの革新的医療機器の先例となった。 Venus Medtechは、心臓弁疾患治療の分野で深く包括的な位置を占めている。経カテーテル肺動脈弁製品であるVenusP-Valveは世界初の自己拡張型肺動脈弁であり、20近い国・地域の27施設で178件の移植が実施されている。同社の中国登録調査も完了、欧州連合(EU)登録調査は間もなく完了する。中国と欧州は2019年に同社の上場を承認する見込みである。加えて、Venus Medtechは今回の新たな出資金を使い、僧帽弁と三尖弁の置換装置の開発を加速させる。2019年に臨床試験段階に入ることが期待されており、5年後の心臓弁ビジネス成長のための永続的な開発モメンタムが積み重ねられることになる。 Venus Medtechのエリック・ジー共同創業者兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは、DCPが長期的な付加価値パートナーとなってくれたことを非常に喜んでいる。この協力は、デビッド・リュー氏率いるDCPチームが25年間、中国において投資で成功してきた経験から利益をもたらしてくれるだろう。特に、われわれはDCPの重要な投資/買収経験とポートフォリオ管理能力を活用し、Venus Medtechの拡大を加速させることを期待している」と語った。 DCPのデビッド・リュー執行会長は「DCPは、Venus Medtechに投資する機会を持てたことを喜んでいる」と述べ、「われわれは、同社の優れた経営陣、強力な技術力、深い業界知識に大変感銘を受けている。当社のネットワークと専門知識をフルに活用し、Venus Medtechが次の発展段階に進んでいけるよう支援するのを楽しみにしている」と続けた。 DCPのウエイン・ワン社長は「Venus Medtechは、グローバルなビジョンと強い社会的責任感を持った経営陣に率いられており、そのような会社とパートナーシップを結び、グローバルな医療機器メーカーに成長していくのを支援するのは光栄だ」と付言した。 収益は、Venus Medtechの急速な発展を支援するため、同社の研究・開発、生産、販売ネットワークの拡張に投資される。 Haoyue Capitalがこの取引の専属財務アドバイザーだった。 ▽Venus Medtechについて Venus Medtechは、中国有数の心臓弁開発会社である。同社は杭州国家ハイテク開発区にあり、国際的にも先進的な商用人工心臓血管弁システムの研究・開発に注力、中国、全世界の両方でそうした製品の開発に成功してきた。 Venus Medtechは研究・開発に専念しており、これまでに2度、新しいバルブシステムのモデルの生産を他に先駆けて始めた実績がある。事前装填(そうてん)経カテーテル弁システムと自己拡張経カテーテル肺動脈弁システム(VenusP-Valve)である。2013年以来、Venus MedtechはQiming Venture Partners、Sequoia China、ゴールドマン・サックスからの出資を受け入れている。 追加情報については、http://en.venusmedtech.com を参照。 ▽DCPについて DCP Capital(以下、「DCP」)は、中華圏にフォーカスした有力プライベートエクイティ企業である。DCPチームは以前、中国におけるKKRとモルガン・スタンレーのプライベートエクイティ事業を主導、複数のサイクルにわたる優れた長期的実績がある。過去25年間以上、DCPチームは多くの成功した取引を主導し、Ping An Insurance(Group)Company Of China、China Mengniu Dairy Co、Qingdao Haier Co、China International Capital Corp、China Modern Dairy Holdings、United Envirotech、China Cord Blood Corp、Fujian Sunner Development Co、Far East Horizon、Hengan Group、Belle International Holdings、Fujian Nanping Nanfu Battery Co、COFCO Meat Holdings、Yongle Appliance、Asia Dairy、Uxin Group、Tarena International Incなど、数多くの業界リーダーを育成してきた。世界的な投資見通しと広範なローカルネットワークを組み合わせ、DCPチームは深い業界知識と強力な運用能力を蓄積してきた。長期的なバリュー投資家として、DCPはポートフォリオ企業との長期的で共に利益となるパートナーシップを構築し、価値創生 ソース:Venus Medtech(Hangzhou)Inc.
  • 栄養に対し明確な目的をもって前進するアプローチが、ハーバライフ・ニュートリションの東南アジア・メンバーに地元コミュニティーで違いを生むよう鼓舞
    【シンガポール2018年5月17日PR Newswire】「世界をより健康に、ハッピーに」することをミッションとするグローバルなニュートリション・カンパニーであるハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition)は、東南アジアのメンバーのコミュニティーのための教育・トレーニングの年次イベントであるエクストラバガンザ(Extravaganza)を終了した。シンガポールエキスポ(Singapore Expo)で開催された、この3日間のイベントは5月11日、ハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition)のリーダーシップ層が1万1000を超すメンバーを集め、より健康でハッピーな暮らしのために前向きな栄養摂取に取り組むよう鼓舞することによって、それぞれの地元コミュニティーにおいて違いをもたらすよう呼び掛け、開幕した。 1万1000を超すハーバライフ・ニュートリションのメンバーがシンガポール エキスポに集結し、前向きな栄養摂取およびライフスタイルの変革を通じて世界をより健康でハッピーにすることへの情熱を共有した。 ハーバライフ・ニュートリション・アジア・パシフィックのマネージングディレクター兼上級副社長であるスティーブン・コンチー氏は「高い肥満率、急速な高齢化、公的医療費の増加および起業への関心の高まりが世界的なトレンドとなっている中、すべての人々にとってより良い未来を築く助けとなる実際的な解決策を提供する上で、当社は一層大きな役割を担うことができると信じている、エクストラバガンザは、われわれのメンバーを集め、東南アジアをより健康にするための知識を授けるのに最適なプラットフォームである」と述べた。 ハーバライフ・ニュートリションのメンバーは、栄養に関する対話の最前線に立つために研修を受け準備を整え、パーソナライズされた栄養およびフィットネスのサービスを消費者に提供する。このパーソナライズされた対面式のアプローチにより、メンバーは特定の栄養プログラムを個々人にカスタマイズすることができ、消費者の栄養ニーズに応え、それぞれの健康とウエルネスの目標に向けて勢いを与えることができる。 コンチー氏は「当社の製品は、教育とトレーニングを受けたメンバーと共に、消費者の栄養およびウエルネスの目標に対して効果的でパーソナライズされた解決策を提供する」と付け加えた。 3日間のイベント期間中、ハーバライフ・ニュートリションのメンバーは、栄養の専門家およびハーバライフ・ニュートリションのリッチ・グッディス最高経営責任者(CEO)の話を聞く機会を得た。同CEOは、世界をよりハッピーで健康なものにするというビジョンと能力でメンバーを力づけるために示唆に富む基調メッセージを寄せ、メンバー・コミュニティーに目的意識を植え付けた。 コンチー氏はまた、東南アジアのメンバー・コミュニティーが、彼らの周囲の人々が前向きな栄養およびライフスタイルの変革を実現するための適切なモチベーションとサポートを提供することによって、それぞれのコミュニティーにおいて実質的な違いを生むというビジョンの概要を述べた。 ▽ハーバライフ・ニュートリション(Herbalife Nutrition)について ハーバライフ・ニュートリションは、世界を、より健康に、ハッピーにすることを目的とした世界的なニュートリション・カンパニーである。当社は、1980年の創業以来「素晴らしい製品とそのプログラムを通して人々の生活を向上させる」という栄養に関わるミッションに取り組んできた。栄養不足や肥満、高齢化に伴う医療費負担の増加、また起業したいと思う人々の増加など、われわれは世界を取り巻くそのような問題や状況に対するソリューションをハーバライフ・メンバーと共に提供している。科学に基づく自社製造の高品質な製品やハーバライフ・メンバーによるコーチングを提供し、ヘルシーでアクティブなライフスタイルが根付くコミュニティー作りを今後もサポートする。 ハーバライフ・ニュートリションの提供するソリューション別の栄養補助食品、ウエイト・マネージメント、エナジー&フィットネス、パーソナル・ケア製品は、90カ国以上に広がるメンバーのネットワークを通じて独占的に販売されている。ハーバライフ・ニュートリションは企業としての社会的責任を果たす取り組みの一環として、ハーバライフ・ファミリー・ファンデーション(HFF)と同ファンデーションのカーサ・ハーバライフ・プログラムをサポートし、世界各国で子供たちにバランスの良い栄養を提供する活動を行っている。また、クリスティアーノ・ロナウド選手やロサンゼルス・ギャラクシー、多数のオリンピック代表チームなど、世界を舞台に活躍する190を超えるアスリート、チーム、イベントを支援している。 ハーバライフ・ニュートリションは世界各地で従業員8000人以上を擁し、ニューヨーク証券取引所に上場しており(NYSE: HLF)、2017年度の純売上高は約44億米ドルだった。詳細な情報は、Herbalife.com またはIAmHerbalife.com を参照。 ▽メディア問い合わせ先 Daliea Mohamad-LiauwVP, Corporate Communications, Herbalife Nutrition Asia PacificDID: +852-3589-2643Email: dalieal@herbalife.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180514/2131928-1 ソース:Herbalife Asia Pacific (日本語リリース:クライアント提供)
  • 「ScreenX」ハリウッドのメジャースタジオ ワーナー・ブラザースと手を握り、新作ラインナップ発表
    『Aquaman』『Shazam!』『The Nun』など 5本のワーナー・ブラザース作品、「ScreenX」で披露予定 【ソウル(韓国)2018年5月17日PR Newswire】CJ 4DPLEX(代表取締役チェ・ビョンファン)が今年、ハリウッドのメジャースタジオ「ワーナー・ブラザース」と手を握り、「ScreenX」制作を本格化すると発表した。 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』「ScreenX」での上映決定!3面マルチ上映スクリーンで巨獣ゴリラ、オオカミ、ワニたちが暴れまくる! © 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC (1)   映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』「ScreenX」での上映決定!3面マルチ上映スクリーンで巨獣ゴリラ、オオカミ、ワニたちが暴れまくる! © 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC (2) 『Aquaman』『Shazam!』『The Nun』などを含めて、今後5本のワーナー・ブラザース作品を「ScreenX」で披露予定である。 CJ 4DPLEXチェ・ビョンファン代表取締役は、「これから当社とワーナー・ブラザースとの協力システムをさらに強化していく予定」とし、「ワーナー・ブラザースとのコラボレーションを通じて、「ScreenX」が映画観覧の版図を変える新技術としてしっかり定着することを期待する」と述べた。 ワーナー・ブラザースのトーマス・モルト海外配給総括EVP(Executive Vice President)は、「映画の未来を応援する場所で、ワーナー・ブラザース期待作の「ScreenX」制作確定をお知らせすることができて、とてもうれしく思う」とし、「観客が映画に没頭することができる最高のストーリーとフォーマットを探すことが私たちの仕事であり、「ScreenX」が映画の没頭感を更に一層高めることができる機会を設けた」と述べた。 昨年、ワーナー・ブラザースとの最初のコラボレーション作として、『キングアーサー:帝王の剣』を「ScreenX」でグローバルに開封して、観客から熱い呼応を受けた。今年、巨大怪獣ブロックバスター『ランペイジ』「ScreenX」が韓国を含み世界7カ国で順次開封され、日本ではユナイテッド・シネマ(United Cinema)アクアシティお台場で5月18日(金)に公開予定である。先の2作品のグローバル開封の成功で、両社は「ScreenX」フォーマット制作に対する相互の信頼関係を築き、さらに年間ラインナップを確定して、今後、作品の企画段階から「ScreenX」フォーマットについて一緒に考えることができる基盤を作った。 ・『ランペイジ巨獣大乱闘』「ScreenX」予告編。まるで映画の中に引きずり込まれるような臨場感を「ScreenX」で!(C)2018WARNER BROS.ENTERTAINMENTINC。https://youtu.be/CWYtSU4HWP8 一方、「ScreenX」は2012年にCJ CGVが世界で初めて披露した多面上映特別館で、2015年には米国ラスベガスのシネマコーン(CinemaCon)でグローバルデビューを飾った。2016年には優れた技術力を認められて、科学技術情報通信部主管パイロットプロジェクトに選定された。現在、国内をはじめアメリカ、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコ、日本など、世界8カ国141スクリーンを運営している。(終わり) メディアコンタクト LEE、BUMYONG李範龍(イボンヨン)CJ 4DPLEX TEL+82-2-371-5931|MOBILE+82-10-6633-7305|E-MAILbumyong.lee@cj.net  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180516/2134977-1-aPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20180516/2134977-1-b (日本語リリース:クライアント提供)
  • XGIMIが新しいスクリーンレステレビのZ6とH2国際版をリリース
    【成都(中国)2018年5月16日PR Newswire=共同通信JBN】中国大手の家庭用プロジェクター・メーカーであるXGIMIは成都で15日、H2、H2 Slim、Laser TV LUNE(中国語版)の3種の新たなスクリーンレステレビを発表した。また、XGIMIはZ6とH2の国際版製品2種もリリースした。15日の発表のもう1つのハイライトは、XGIMIが将来発展のための2つの大きな戦略を発表したことだった。バイドゥ(Baidu)とAIスクリーンレスの研究所を設立すること、そして国際市場への参入を加速することである。 XGIMIが新しいスクリーンレステレビのZ6とH2国際版をリリース スクリーンレステレビのトレンドは、すでに国際市場で人気を呼んでいる。XGIMIのスクリーンレステレビは高性能LEDプロジェクター、カスタマイズされたハーマンカードン(Harman Kardon)のステレオとAndroidシステムを1つの小さなボックスへと革新的に統合し、消費者に新鮮な視聴コンセプトと自宅のデザインを再び生き生きとさせる魅力的なオプションを提供する。 Z6はコストパフォーマンスに優れた1080pのスクリーンレステレビで、そのミニマリストのデザインは2018年レッドドット賞(Reddot Award)を受賞した。ビルトインされたハーマンカードンのステレオは上質な音を生みだし、白い壁を1秒で180インチスクリーンへと変える。XGIMIは今年3月、JD.comクラウドファンディング・プラットフォームでZ6(中国語版)の事前注文を募集した。わずか7日間で予約は20万ユニットを超え、同プラットフォームの最高記録になった。 H2は1080pスクリーンレステレビのアップブレード版で、輝度、映像の品質、没入体験が大きく向上している。H2は2017年CESイノベーション賞(CES Innovation Award)、iFデサイン賞(iF Design Award)、レッドドット賞を受賞したH1のデザインを引き継いでいる。H2は2年にわたって競争力を高めた結果、その性能と使いやすさは大きく向上した。さらに優れた熱放散効率、4チャンネル光学経路設計、1350ANSIルーメンに達する輝度は類似製品に見られる明るさの阻害要因を克服し、周辺光に影響されない視聴体験をもたらす。さらに、これによってユーザは昼夜に関係なく大画面エンターテインメントを楽しむことができる。 国際市場に関しては、XGIMIは米州、アジア、欧州の市場のオンラインとオフライン両方のチャンネルを積極的に拡大し、世界中の消費者に大画面エンターテインメントを届ける。 この新しい国際版製品は、間もなくAmazon.comとAliexpress.comで前売りが開始される。Z6は6月上旬、H2は7月中旬に出荷される見込みである。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180515/2133583-1 ソース:XGIMI Technology 
  • Honorが2018年の旗艦モデルHonor 10を399.99ポンドで発表
    【ロンドン2018年5月16日PR Newswire】 *比類のないスマートフォンAI写真と絶妙なオーロラガラスデザイン Honorは15日、2018年の旗艦スマートフォンHonor 10をロンドンで発表した。この発表により、「AIの美しさ」というコンセプトが現実のものとなり、2つの画期的かつ業界をリードするスマートフォン技術がユーザーに提供されることが明らかになった。 Honor 10: Beauty in AI 1つ目は高度なAI 2.0技術で、主にスマートフォンのデュアルレンズカメラに応用されている。2つ目はHonor 10 CMF(注1)デザインで、3Dガラスの背面には15層の光沢カラーから成る驚くべきナノスケール光学コーティングが施されている。Honor 10は、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインをはじめとする選ばれた市場のHihonor(https://www.hihonor.com/global/index.html )で、5月15日の午後4時(英国夏時間)から399.99ユーロで購入でき、その後、他の市場も続く。 Honorのジョージ・チャオ社長によると、2016年以前は、ほとんどの電話が黒、白、ゴールドの3色だけだった。Honorは2016年にファントムブルー、2017年にはファントムグレー、そして今、スマートフォンのデザインにおける真のブレークスルーである絶妙なオーロラを導入した。 Honorのジョージ・チャオ社長は「われわれは、成功のレシピはシンプルだと考えている。ユーザーに本当に良い製品を提供する!それこそが、われわれがHonorで毎日、努力していることだ」と語った。「しかし、われわれは良い製品を作るだけにとどまらない。世界中の若者と共に、新しいライフスタイルを創造したい。彼らの声に耳を傾け、アイデアをやり取りし、彼らを応援する。彼らはわれわれにひらめきを与えてくれる」。 革新的なデバイスと正確なターゲティング戦略により、Honorは中国でナンバーワンのスマートフォンeブランドとして中国市場で業界をリードし続ける一方、海外にも急速に展開している。ブランドは海外市場に進出以降、100%の成長を達成している。英国では、Honor View10が Stuff、ガーディアン、T3、Recombuから5つ星の評価を得た。製品が賞を獲得したことと、通信会社、オープンマーケットの両方での幅広いパートナーシップが相まって、同国では200%の成長率を達成することができた。ロシアでは、サムスン、Appleと接戦を演じ、11カ月連続でトップ3にランクインした。インドでは、依然として最も成長スピードの速いスマートフォンブランドであり、トップ5に入っている。 ▽Honor 10の主な特徴 【AI 2.0カメラ】 *2400万画素 + 1600万画素のリアカメラ Honor 10の2400万画素 + 1600万画素デュアルレンズAIカメラは、Kirin 970チップセットに搭載されたNPUプロセッサーで開発、サポートされた。つまり、22のカテゴリーの500以上のシナリオをリアルタイムで認識する。空、植物、人物あるいは滝といった、周囲のさまざまな被写体の輪郭を正確に捉えて、その位置を即時に特定することができる。 この機能は、業界初のSemantic Image Segmentation(セマンティック・イメージ・セグメンテーション)技術によりサポートされており、Honor 10が1つの画像の中にある複数の被写体を認識することを可能にしている。これは、Honor 10がその他の製品よりひときわ優れている点である。こうした業界初のHonor 10の諸機能は、写真を撮る際にリアルタイムで各写真にシーン固有のパラメーターを適用、ワンクリックするだけで、撮影するすべての写真をプロのショットにしてくれる。 *2400万画素のフロントカメラ リアカメラがAI 2.0技術にサポートされているだけでなく、Honor 10の2400万画素のフロントカメラは、あなたのインテリジェントな自撮りのお供だ。3D顔認証をサポートしており、顔の細部を最適化し、ピクセルレベルの精度で100以上の顔のポイントを検出する。 Honor 10のフロントカメラは、幅広いライティングコンディションに対応したスタジオ・ライティング効果もサポートしている。高度で正確な顔認識によって正確なぼけ味を実現、「グループ自撮り」の時でも、すべての人の顔の微妙な特徴を捉えることができる。 【アバンギャルドなデザイン】 *オーロラガラス、あらゆる角度からの輝き Honor 10のミニマリスト仕上げを達成するために取られたプロセスは単純ではなかった。最大限の正確性とデリケートさが要求される、ワールドクラスの工業技術と洗練されたエンジニアリング・プロセスがもたらした成果だった。Honor 10のガラスデザインは、背面の15層の3Dガラスで造形されており、このデザインは自然な光と影の中で、あらゆる角度からカラフルな輝きを見せてくれる。 *Paris Aesthetics Centerがデザインしたシックでスタイリッシュなカラー 芸術の歴史とデジタルワールドの洗礼を受けたHonor 10は、ユーザーにファントムブルーとファントムグリーン(注2)という驚くべきカラー・コンビネーションを届けた。この2つの象徴的かつ画期的なカラーは、Honorのエンジニアとデザイナーの創造性と熱意を現実化させるParis Aesthetics Centerで生み出された。 *トレンディーなキャラクターのオールインワン:HonorのFullViewとディスプレー下の超音波指紋センサー Honor 10は、業界で初めてディスプレー下に超音波指紋センサーを内蔵、5.84インチのFullView FHD +の画面の比率は19:9、ベゼルレスディスプレーで画面占有率は86%。 *アップグレードされた親密体験 Honor 10は、単独で組み込まれたNPUプロセッサーによって駆動する。4GBのRAMと64GB/128GBのROMは、ギャラリー、アプリ、ファイルに記録されたあなたのエキサイティングな瞬間をすべて収納するのに十分な空き容量をもたらしてくれる。Honor 10には、Honor Super Charge(注3)5V/4.5Aと3400mAh(標準値)のバッテリーが付属しており、25分以内に50%の再充電が可能である。 Honor 10は最新のEMUI 8.1をベースにしており、ソフトウエアの機能と性能の全体的なアップグレードを実現している。特にEasy Talk機能を使用すると、路上でのハンズフリー通話など、風の強い環境下でバックグラウンドノイズを低減する。また、ひそひそ話の際には、ささやき声の音量を上げてくれる。 ▽Honorについて Honorは、ファーウェイ・グループ(Huawei Group)傘下の主要なスマートフォンeブランドである。同ブランドは、「For the Brave(勇者のために)」というスローガンに従い、優れたユーザー体験を提供し、行動を促し、創造性を育成し、若者に夢をかなえる力を与える、インターネットに最適化された製品を通じてデジタル世代のニーズを満たすために作られた。そのためHonorは、他と違う事をし、最新の技術とイノベーションをユーザーに提供するのに必要なステップを踏むための勇気を示すことによって、他社とは一線を画している。 詳細については、www.hihonor.com でHonor onlineを参照するか、以下のフォローを。 https://www.facebook.com/honorglobal/ https://twitter.com/Hororglobal https://www.instagram.com/honorglobal/ https://www.youtube.com/honorglobal (注1)工業デザインにおけるカラー、製造、仕上げ(CMF) (注2)ミッドナイトブラックとファントムグレーも入手可能 (注3)Honorの研究所の試験に基づく Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180515/2133700-1 ソース:Honor
  • APCSCRM(GaN、AlN、BN、Ga2O3、ZnO、ダイヤモンドなど)への論文提出を呼び掛け
    【北京2018年5月16日PR Newswire=共同通信JBN】Innovation Association of Wide Bandgap Semiconductor Technologyが主催するAPCSCRMはアジア太平洋地域におけるSilicon Carbide and Related Materials(シリコンカーバイドと関連材料)に関するハイレベルな会議となる。会議は、ワイドバンドギャップ半導体材料の成長、デバイス準備、パッケージングおよび、デバイスモジュールアプリケーションの分野における理論、テクノロジー学習、コミュニケーションを促進するため、論文交換を行い、ワイドバンドギャップ半導体材料・デバイスの国内外の大学、研究機関、企業、およびアプリケーション分野の専門家や技術者がこの論文交換に参加し、貢献するのを歓迎する。APCSCRM2018に提出される厳選された論文は、Materials Express、Diamond and Related Materials、Journal of Crystal Growth、physica status solidi (a)ないしMaterials Science Forumで公表される。非常に優れた論文の著者には会場でプレゼンテーションを行うチャンスがある。 I.トピックス ワイドバンドギャップ材料、パワーエレクトロニクス、パッケージモジュール、システムソリューションまたはアプリケーションのすべての側面を扱う技術論文は歓迎する。 II.原稿の要件 1.英文原稿のみを受け取る 2.オリジナルで未公表の研究結果、テクニカル・レビュー、作業経験要約ないし技術進歩リポート 3.論文の長さには制限なし(一般的なテンプレートはhttp://www.apcscrm2018.iawbs.com でダウンロード、提出) III.SCI/EIインデックス検索 両方 IV.提出手順 1.APCSCRMウエブサイト経由で原稿を提出(提出手順:http://www.apcscrm2018.iawbs.comでダウンロード、提出) 2.要約提出期限:2018年6月15日 3.全文提出期限:2018年7月5日 4.論文の審査ステータスに注意を(APCSCRMオンライン提出システム) V.関連コスト 1.論文料金 ジャーナル編集部がそれぞれ請求するレイアウト料金および審査料金を含む。情報問い合わせ先を参照。 2.支払い方法 (1)銀行振り込み 口座名義:Innovation Association of Wide Bandgap Semiconductor Technology 銀行名:BEIJING RURAL COMMERCIAL BANK CO., LTD. 銀行住所:3F., ShiNong Building, No.9 TianRong street, DaXing District, BeiJing China 口座番号:0905000103000006397(送金ノートに「APCSCRM、料金カテゴリー、送金元/著者名」を記載) (2)オンラインバンキング、WeChatないしAlipayのオンライン決済(会議ウエブサイトに決済リンクあり)(決済時に「APCSCRM、料金カテゴリー、送金元/著者名」を記載) 3.2018年6月9日より前に支払いを(割引は利用可能) ▽問い合わせ先  Miss LiTelephone: +86-10-6125-6850-668Mobile: +86-189-1080-7823Email: liyaping@tankeblue.com
  • 香港証券取引所がMSCI Asia ex Japan指数先物を6月11日に取引開始
    【香港2018年5月16日PR Newswire=共同通信JBN】 *香港証券取引所(HKEX)が初の地域株式指数先物 香港証券取引所(Hong Kong Exchanges and Clearing Limited=HKEX)がHKEXとして初の地域株式指数先物として「MSCI All Country(AC) Asia ex Japan Net Total Return Index(MSCI AxJ) Futures」の導入を計画している。当局の認可を得て、2018年6月11日(月曜日)に取引を開始する。 HKEXのMSCI AxJ先物は、この指数に連動して取引されるアジアの取引所で初の先物商品になる。 MSCI AxJ指数は確立された指標であり、11カ所のアジア株式市場の動きを追い、香港と米国に上場した中国本土株を含んでいる。純トータルリターンの特性は、税引き後の純配当に相当する。 MSCI AxJに連動する上場投資信託(ETF)は11種類あり、その一つは香港に上場している。 HKEXのリー・ガン市場開発共同部長は「MSCI AxJ指数は世界の資産運用家にとって重要指標であり、アジアで初めてMSCI AxJ先物を提供する取引所になることに、われわれは大きな期待を抱いている。われわれのMSCI AxJ先物は流動性提供者に支えられ、ファンドマネジャーやその他の投資家がリスク管理などの目的で、アジア株に迅速かつ効果的に投資することを可能にする」と述べた。 同氏は「中国本土や国際的な関連のある株式とFICC(債券、通貨、商品)を提供することで、価値ある提案を広げて深めるというわれわれの使命に基づき、この商品が企画された」と付け加えた。 MSCIアジア太平洋商品管理グループのセオドア・ニグリ共同代表は「HKEXがMSCIを選択し、MSCI AC AxJ指数に基づく新しい株式指数先物を導入することは喜ばしい。この指数は重要な旗艦指数で、ファンドのベンチマークやさまざまな上場取引商品の基準として、世界中の投資家に利用されている。HKEXはアジアで有数のデリバティブ取引所であり、その持続的成長を支援できることはうれしい」と語った。 ▽HKEXのMSCI AxJ先物の主な特徴 基準指標: MSCI All Country Asia ex Japan Net Total Return Index 取引通貨: 米ドル 取引単位: 指数1ポイント当たり100米ドル 最低値幅: 0.01インデックスポイント(もしくは1米ドル) 先物取引限月: 3カ月先ごとの5カ月 取引時間(香港時間): 8:30 am -- 4:30 pm(日中取引)5:15 pm -- 1:00 am(時間外取引) 最終取引日: 毎月第3金曜日(その日が香港の法定休日に当たる場合は、その1営業日前) 最終決済価格: 基準指数の第3金曜日の公式終値 証拠金率は今後発表する MSCI AxJの詳細はHKEXのウェブサイトにある広報資料で得られる。 MSCI AxJ指数の詳細はMSCIウェブサイトのファクトシートを参照。(https://www.msci.com/documents/10199/27561c18-c30e-4d12-9321-5c83094e0d65) ソース:Hong Kong Exchanges and Clearing Limited
  • UnionPay(銀聯)が米国で卒業シーズンの特別オファーを開始
    【上海2018年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】卒業シーズンが近づくにつれ、米国で学ぶ多くの中国人学生の家族は、米国での卒業式に出席する計画を立てている。銀聯国際(UnionPay International)は、これらの家族に対して、米国でのより良い体験を提供するため、5月11日から6月末まで、最大20%割引の特別オファーを米国で提供する。 Institute of International Education of the US(米国際教育研究所)が発表したOpen Doors Report (2017)によると、米国で学んでいる中国人学生の数は35万1000人に達し、海外からの学生の約3分の1を占めた。中国は過去8年間、米国留学生の最大の出身国である。卒業シーズンが近づくと、中国人学生の家族の多くは、米国での卒業式に出席することになる。 銀聯国際(UnionPay International)は現在、米国で、主にニューヨークとロサンゼルスの2都市で特別なマーケティング・キャンペーンを開始している。この2都市は中国人学生と旅行者の両方から最も人気のある目的地だ。学生たちの家族はレストラン、ホテル、免税店、娯楽施設、レンタカーなど様々なタイプのオンラインおよびオフライン加盟店で最大20%の割引を受けることができる。 学生たちの家族はHotels.comでUnionPay(銀聯)オンライン決済を使って米国のホテルを予約すれば10%の割引を受けることができる。また、ニューヨークのMegu、ロサンゼルスのFig & Olive Melroseなどの洗練されたレストランで食事をした時UnionPay(銀聯)カードで支払いをすれば、料理や飲み物の無料サービスを受けることができる。ロサンゼルスのSouth Coast Plaza、Citadel Outlet、ないしジョン・F・ケネディ空港のInternational ShoppesでUnionPay(銀聯)カードで決済をすれば、金券ないしギフトカードを手に入れることができる。自分で車を運転することを計画している人は、Hertzやエイビスでレンタカーを利用すればその場で割引ないし割り戻しを受けることができる。 UnionPay(銀聯)は現在、中国本土以外で2300万超の加盟店と164万台のATMで利用できる。銀聯国際(UnionPay International)は、広範囲にわたるネットワークを生かし、海外で学ぶ中国人学生向けサービスをより充実させている。オンライン、オフラインの授業料支払い、現金引き出し、毎日の支払い、旅行の支払い、現地でのカード申請などのUnionPay(銀聯)サービスは、米国、英国、カナダ、オーストラリアなど学生の主要な留学先で利用可能だ。 米国では、学生はUnionPay(銀聯)カードを使い、FlywireおよびWestern Unionのオンラインプラットフォームを通じて学費を支払うことができる。この2つのプラットフォームは、米国の何千もの大学やカレッジをカバーしている。一方、ほとんどすべての現地のATMは、現金引き出しでUnionPay(銀聯)カードを受け入れ、80%以上の店舗がUnionPay(銀聯)クレジットカードを使うことができる。南カリフォルニア大学、コロンビア大学、ニューヨーク大学、ボストン大学など多くの中国人学生を抱える米国の20以上の大学でUnionPay(銀聯)クレジットカードをキャンパスの書店で使用することができる。学生はAmazonやeBayなどのeマーチャントでもUnionPay(銀聯)カードで書籍や生活必需品を購入することができる。 ソース:UnionPay International
  • 2018江西観光振興会議が撫州で開かれる
    【撫州(中国)2018年5月15日PR Newswire=共同通信JBN】 *Four Colors of Jiangxi (江西省の4つのシンボルカラー)が海外からの参加者たちの注目を集める Unique Landscape in Jiangxi 2018 Jiangxi Tourism Promotion Conference(「江西におけるユニークな景観」2018江西観光振興会議)が7日、江西省撫州の資渓で開催された。中国国際放送局(CRI)が会議に参加した。以下は当初、中国語で発表された文書である。 Jiangxi Tourism Development Committee(江西観光発展委員会)ディレクターのオウヤン・クアンフア氏が会議を主催し、ウー・ジョンチオン江西省副省長が江西省の観光資源を推進する演説を行った。 撫州には詩情あふれる風景 廬山は中国で最も快適な山、三清山は最も美しい山、龍虎山は最も比類がない山といわれる。歴史上、この3つの山のように、江西省の美しい風景を賛美する数多くの詩があり、これらの詩は江西省の最高の広告である。 会議で展示されたFour Colors of Jiangxi(江西省の4つのシンボルカラー)は大きな注目を集める ウー・ジョンチオン江西省副省長は「観光定番の盧山-景徳鎮では、磁器の街、景徳鎮の磁器の歴史について学び、世界各地の陶芸家と磁器を作る。別の定番である婺源-三清山-龍虎山では、中国で最も美しい村、婺源の魅力を満喫し、世界自然遺産である三清山の奇岩を眺め、龍虎山の古代の懸墓遺跡群を発見する。また別の定番の、村落-寺院-窯-円楼-塔では、古代の村や郡、伝統的な窯、客家の円楼、古代の学校、中国の儒教、仏教、道教の先祖からの文化を学ぶことができる」と語った。会議中に放映されたビデオクリップにある緑、赤、金、青の4色は、江西省の革命の歴史、磁器文化、自然景観、ヒューマニティーを象徴している。 会議に出席した海外からの代表たちは、自らが見て、経験したことを様々なソーシャルメディア・プラットフォームを通して収録した。 Jiangxi Tourism Development Committee(江西観光発展委員会)ディレクターのオウヤン・クアンフア氏は「江西省は2018年、江西省観光産業の国際的な顧客市場を拡大するために、中国周辺の国・地域の顧客市場、および「一帯一路」ルートに沿った国・地域の市場を中心に、観光資源推進を開始する」と述べた。 ソース:CRI
  • 中国四川省が山梨県で観光文化資源を売りこむ
    【甲府(日本)2018年5月14日PR Newswire=共同通信JBN】色彩豊かなパンダ人形が中国と日本の友好の場面に立ち会い、山梨県の知事が四川省の観光振興のためパンダの目に最後の筆を入れた。 Sichuan Tourism Development Committee(四川省観光開発委員会)による中国四川省観光促進活動「美しい中国、パンダだけじゃない」の開会式が、山梨県の県民ひろばで開かれた。活動の目的は四川省の観光資源を総合的に売り込み、より多くの日本の観光客を四川省に呼び込み、四川文化の振興を図ろうというものだ。 着物姿の色鮮やかなジャイアントパンダ人形が四川省人民政府からの贈物として山梨県の知事に手渡された。尹力四川省長と山梨県の後藤斎知事がイベントに参加、中日友好のシンボルとしてパンダの目に最後の仕上げを施した。彩色されたジャイアントパンダは山梨県に展示される。 尹力四川省長と山梨県の後藤知事がジャイアントパンダの目に最後の仕上げを施す 尹力四川省長は四川の美しい景色を日本の観衆に紹介し、四川料理を試すよう勧めた。おおいしくて風味豊かな料理は瞬く間に出席者の間で人気を博した。 四川料理試食イベント 山梨県の後藤知事は「四川にはパンダがいて、美しい景色、おいしい料理がある。これらすべては日本の観光客をさらに四川に引き寄せるだろう」と述べた。 山梨県での観光振興イベントでは、パンダを題材にしたフラッシュモブやパンダの絵付け、四川の文化観光資源のすばらしい写真展、四川料理体験イベントなどのさまざまな四川観光活動が展開され、独特の雰囲気を創り出した。山梨県民への四川観光の総合的なプレゼンテーションである。 パンダがテーマのフラッシュモブ 観光促進イベントはUTYテレビ山梨がライブ中継するなど日本のメディアが広く報道した。 ソース:Sichuan Tourism Bureau  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180511/2128548-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180511/2128548-1-b Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180511/2128548-1-c
  • ファーウェイが固定型スイッチのIDN対応クラウドデータセンター・ネットワーク構築でサイバーエージェントを支援
    【深セン(中国)2018年5月11日PR Newswire=共同通信JBN】Huawei Global Analyst Summit 2018(HAS 2018)で、日本のインターネット企業サイバーエージェント(CyberAgent, Inc.)はファーウェイ(Huawei、華為技術)とともに以下を発表した。ファーウェイのCloudFabricソリューションを使って、サイバーエージェントは、Intent-Driven Network(IDN)機能を備えた固定型スイッチで全面的に構成されるクラウドデータセンター・ネットワーク構築に成功した。この次世代クラウドデータセンターの構築はメディア、インターネット広告、ゲーミングなどの分野におけるサイバーエージェントの高まる要望に効果的に対処し、同社のビジネスバリューを最大に引き上げる。 サイバーエージェントは日本でよく知られているインターネット企業である。同社はオンラインコミュニティー、ビデオオンデマンド(VOD)、ゲーミング、広告、インターネットベンチャーキャピタルなど多数の分野でサービスを提供している。2018年の収益は、38億米ドルを超えると予想されている。クラウドコンピューティング、AI、ビッグデータが世界規模で発展するにつれ、迅速なサービスの変化はより大きな要件をデータセンターに突き付けている。さらに、サイバーエージェントが至急克服しなければならない主要な課題の1つは、IDNへのスムーズな進化を達成しながら高可用性と高スケーラビリティーを備えるデータセンター・ネットワークの構築方法であった。 サイバーエージェントのチーフネットワークアーキテクトである澤田石朋彦氏は「サイバーエージェントのビジョンは、21世紀をリードする企業を設立することである。このビジョンを支える中核となる基盤の1つは、高可用性、高スケーラビリティー、インテリジェンスおよびオートメーションに向けた一貫した進化を備えるクラウドデータセンターである。総合的評価に基づき、ファーウェイのIntent-Driven CloudFabricは高水準のソリューションおよびデバイスを提供し、当社の次世代クラウドデータセンター建築の要件を満たしている」と語った。 ファーウェイのデータセンター・ネットワーク・ドメインのゼネラルマネージャーであるレオン・ワン氏は「サイバーエージェントが次世代クラウドデータセンター構築で当社を選択してくれたことに感謝する。業界は現在、デジタル・トランスフォーメーションの後半段階に入ろうとしている。企業のデータセンターはもはや単にビジネスサポートセンターだけではなく、価値創造センターになった。ファーウェイは顧客中心の原則を忠実に守り、金融やインターネットなどの業界をリードする世界中の顧客の要望に応え、AIおよびビッグデータ・テクノロジーを備えたネットワーク・オートメーションおよびインテリジェンスを向上させて業界の発展を一貫してリードしていく」と語った。 ファーウェイのCloudFabricはこれまでの基準を打ち破り、全体が固定型スイッチだけのネットワークを建設する。このソリューションは主流のスパイン&リーフ型アーキテクチャーを使用してEVPN、VXLANなどのテクノロジーをサポートし、サードパーティーのオートメーション管理ツールに組み込むことができる。これは次世代のデータセンター・ネットワークを構築する際に中小規模の企業にとって最適なソリューションである。このソリューションの主な機能は以下の通り。 1.高帯域相互接続と大容量バッファアクセス スパインノードとして使用されるCE8800シリーズ・スイッチは業界で最も高密度の64の100GEポートを提供する。リーフノードとして使用されるCE6800シリーズは100GEアップリンク・ポートを提供し、データセンター内部で100GE相互接続を提供する。 2.ネットワーク全体で高い信頼性がサービス中断なしを実現 業界で最も包括的なデバイス間リンクアグリゲーション・テクノロジーを備えるこのネットワークはスイッチのアップグレードの際にアクティブ・アクティブサーバー・アクセスと中断なしを実現し、年中無休のサービス利用を可能にする。 3.コンパクトで容易な管理がCAPEXとOPEXを軽減 CE8860シリーズはスペースを2Uだけしか必要とせず、異なるインターフェース速度(10GE、25GE、40GE、100GE)のサーバーの高密度アクセスを実現し、機械室のスペースを節約する。デバイスはAnsibleなどのサードパーティー・ツールに組み込み、統合されたネットワークおよびIT管理を実装できる。 ファーウェイのCloudFabricは120カ国以上の2800の企業でサービスを提供してきた。特に、CloudFabricは金融、インターネット、メディア&エンターテインメント(M&E)、クラウドサービスプロバイダー、通信キャリアなどの業界で大規模に商用利用されてきた。CloudFabricはIDNアーキテクチャーを使用して、より多くの企業がデータ処理を中心とする次世代ネットワーク・プラットフォームを構築することを推進する。 ソース:Huawei
  • ファーウェイがHuawei Asia Pacific ISP Summit 2018でインテリジェント社会発展を推進する新ソリューションを公開
    【香港2018年5月10日PR Newswire=共同通信JBN】9日香港で開催されたHuawei Asia Pacific ISP Summit 2018(2018年ファーウェイ・アジア太平洋地域サミット)には東南アジアの150を超えるISPと業界専門家が集まり、ISP業界がアジア太平洋地域のデジタル経済を成長させるためにデジタル・トランスフォーメーションを推進し、新しい機会を切り開く方法を話し合った。このサミットは「Leading New ICT - Achieve and Accelerate Digital Revolution with ISP(新しいICTをリードする-ISPとともにデジタル革命を達成し、加速する)」をテーマに掲げ、タイのUnited Information Highway Company Limited(UIH)などの業界リーダーが参加した。ファーウェイはサミットで、東南アジアの大規模データセンター向けの次世代FusionServer V5プラットフォーム・ソリューション、CloudCampusソリューション、FusionPower5000-S無停電電源装置(UPS)ソリューションを発表した。これらのソリューションはISPのデジタル・トランスフォーメーションを促進し、サービスを充実させてデジタル経済の成功を実現する。 ASEANのデジタル統合は、デジタル経済と安全でスマートな生活の急成長を推進し、国家の経済発展に拍車をかけるとともにインテリジェント社会の発展の機動力になる。デジタルが人々に生活の変化をもたらすことに伴い、アジア太平洋地域のISPは事業を発展させ、ASEAN全域での電子商取引、ソーシャルネットワーキング、モバイルゲーム、モバイル決済の革新的なテクノロジーをさらに促進する。 ISPがデジタル成熟度を加速する堅ろうなICTインフラストラクチャーに向けて動き出すことは極めて重要である。ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループのマーケティング&製品ソリューション販売部門担当のバイスプレジデントであるクイ・レイ氏は開幕講演で「われわれはクラウド・パイプ・デバイス(cloud-pipe-device)シナジーを伴う革新的なワンストップICTハードウエアおよびソフトウエア・インフラストラクチャーを提供してオープンで弾力性があり、柔軟でセキュアなデジタルプラットフォームを構築することによって、ISPのデジタル・トランスフォーメーションを支援し、デジタルサービスの充実させることにコミットしている。『Platform + Ecosystem(プラットフォーム+エコシステム)』戦略に沿って、われわれはパートナーと協力して、迅速なサービス展開、弾力的なリソースリリース、ビッグデータ分析を求める顧客の要望を満たし、ISPがデジタル・トランスフォーメーションを達成しデジタル時代に競争力を保つことを可能にする」と語った。 従来のISPは、クラウド、ビッグデータ、人工知能(AI)テクノロジーなどの新しいICTの急進展をはじめ、分散型リソースおよびバックアップの需要、クラウドサービスを利用する多くの企業に促されて、デジタル・トランスフォーメーションを実施している。ISPは事業推進のためにクラウドサービスを採用し、ICTアーキテクチャーを従来のIDCからクラウドデータセンターに移行している。 ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネス・グループのマーケティング&ソリューションセールス部門のウィン・キン・レオン最高技術責任者(CTO)は「クラウドサービスおよびインフラストラクチャーのプロバイダーでありイノベーターであるファーウェイは、ISPが統合クラウド管理、アプリケーション・アクセラレーション、アジャイル・プロビジョニング、エネルギー節約を伴うクラウドデータセンターの構築によって迅速に変化することを支援している」と語った。 UIHのサンティ・メダビクル最高執行責任者(COO)兼マネージングディレクターは「ファーウェイはクラウド・プラットフォームとDWDMテクノロジーを提供し、当社が高帯域、大容量、高信頼性を伴うクラウドサービスを提供できるように支援してくれている」と語った。 ファーウェイの最新のソリューションはISPのデジタル・トランスフォーメーションを加速 ファーウェイは今回のサミットで、企業が業務およびインフラストラクチャーを再構築し、デジタル・トランスフォーメーションを加速することを支援する最新ソリューションを展示した。 FusionServer V5プラットフォーム・ソリューション:この最新のソリューションは業績を30%向上させるとともに、迅速な展開、システムの信頼性、迅速なサービス提供、スケーラビリティーを実現する。システムの信頼性のために、革新的なSmart Fault MGM機能は93%のシステム障害を防止する。Smart Fault MGM機能はシステムの電力消費を93%軽減し、維持管理(O&M)を容易にしてOPEXを軽減する。 CloudCampusソリューション:従来のネットワークは低い展開効率、複雑なネットワーク管理、高額なO&Mコストを伴う。CloudCampusソリューションは、企業ユーザーが新しいクラウド管理サービスを通じて職場で無線ネットワークの企画立案、展開、O&M管理を遂行し、ネットワークデバイスのプラグアンドプレイを可能にする。このソリューションはキャンパスネットワーク展開期間を数日に短縮し、OPEXを80%以上軽減して、スマートキャンパスのROIを増大させる。マネージドサービスプロバイダー(MSP)向けに、このソリューションは数百万のデバイスを管理できる「自動」クラウド管理プラットフォームを提供し、分散型のWiFiネットワークを「One WiFi」に統合する。教育分野、小売業界、ショッピングモールに応用できるこのソリューションは、MSPが完全な自動管理だけで収益を上げることを可能にする。CloudCampusソリューションは香港にあるファーウェイのパブリッククラウドですでに利用可能であり、xSPがアセットなしで、かつ低いテクノロジーハードルで、極めて効率的なキャンパスネットワーク事業を開発することを可能にする。 FusionPower5000-S UPSソリューション:このシリーズは配電とUPSを統合し、UPSあたり1200kVAの最大限の容量拡大をサポートする。ホットスワップ可能なモジュールによって、この製品は狭い面積を必要とし、インストールも容易である。メインテナンス時間も5分以内である。障害が起きても、ユーザーはオンラインメインテナンスが可能であり、システム可用性を大幅に向上させる。ファーウェイは50カ国以上の1000社を超えるインターネット企業、データセンター・サービスプロバイダーにこのソリューションを提供し、企業が事業とインフラストラクチャーを再構築することを支援してきた。Huawei Asia Pacific ISP Summitに関する詳細はウェブサイトhttp://e.huawei.com/topic/asia-pacific-isp-summit2018-en/index.html を参照。 ソース:Huawei
  • 環境に優しいブロックチェーン計画「SEED」がスタート、炭素排出量を減らし地球を救う
    【ソウル(韓国)2018年5月10日PR Newswire=共同通信JBN】 *地球にとって重要な2℃の気候変動防止に参加しよう 国籍や収入に関係なく、誰もが気候変動の防止に貢献することができる。環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトのSEED(http://seedfoundation.io/ )(Sino Eco Energy Development、最高経営責任者(CEO)兼創立者:ユァン・ウェイ・ソン(Yuan Wei Song)氏がシンガポールで開始された。このプロジェクトに参加する方法は2つあり、環境に優しいエネルギー事業プロジェクトに直接参加するか、あるいは炭素排出量を減らす行動をしていることを証明することである。 気候変動に関する政府間パネル(https://www.ipcc.ch/report/ar5/ )(Intergovernmental Panel on Climate Change)が発行の第5次評価報告書によると、2℃の上昇は人類にとって深刻な脅威である。同報告書は、もしそれが現実になった場合、地球の生態系は回復不能な道をたどることになる。多くの動植物は海面上昇と平均気温の変動で存在できなくなる。 SEEDでは、すべての個人が小さな投資で大規模なエネルギー事業に参加することができ、参加者が運転の代わりにウォーキングをするといった環境にやさしい方法を選んだことを証明する「フィジカル・エコ・プルーフ・オブ・ワーク」を通して褒賞を受けることができる。 最初のプロジェクトでジャカルタに建築予定の55階建て多用途複合ビルのSEED International Centerは2019年に開始予定だ。同センターは自然エネルギー設計を利用する。太陽光パネルと地中熱は発電に使われ、雨水貯留、屋上ガーデン、緑路、生態学的な水路によって炭素の排出を最小限にする。 ユァン・ウェイ・ソン氏はHong Jian Zhangの最高技術責任者(CTO)に任命された。Hong Jian Zhangは4億5000万人の若者の環境保護と教育の関心を高める目的で、政府軍事戦略顧問のグオ・ウェイ・タオ(Guo Wei Tao)氏によって2015年に創設された。 CROD GroupとBund Holding Groupを預かるザオ・ユン(Zhao Yun)氏はSEEDの顧問を務める。 ユァン・ウェイ・ソン氏は「2015年パリ協定(Paris Agreement)および気候変動に関する国際連合枠組条約(UN Framework Convention on Climate Change)の下、2020年までに気温上昇を2℃以内に保つため、各国は様々な方法を講じた。しかし2℃が意味することについての世界への説明が十分ではない。人々は、どうやって炭素の排出を抑えるかについて知らないのだ。SEEDは利益率の高い、環境に優しいエネルギー事業への投資機会を万人に向けて開くことを目指している。以前まで、これは機関投資家か潤沢な財政手段を持った個人に限られたことだった。SEEDでは、すべての個人が参加して、投資と(あるいは)環境に優しい習慣を通して利益を得ることができる」と述べた。 ソース:SEED
  • 「ブランドの都市・青島」で世界市場プロモーション
    【青島(中国)2018年5月9日PR Newswire=共同通信JBN】 *「メード・イン・チャイナ」計画で世界の投資家に好機 「ブランドの都市」として知られる青島は、貨物量に関して世界第7位の活況な港である。青島は中国への投資を主導する都市であり、中米、中英の現地レベルでの経済通商協力の最初のモデル都市の1つである。産業の変革と改善を促進し、外国貿易と品質を向上させるため、青島市商務局(Qingdao Municipal Bureau of Commerce)は、世界の20カ国以上から約1000のバイヤーを集めた第123回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Commodities Fair (Canton Fair))の期間中に「ブランドの都市・青島」と題し、青島の主要な企業と製品に関して3つの世界市場プロモーション活動を行った。 「ブランドの首都・青島と貿易を」のグローバル・マーケティング・プロモーション 今年は中国の改革開放40周年である。青島は第13回5カ年計画の期間中に1000億米ドル規模の商品を輸入し、300億米ドルに上る外国投資を引き付け、200億米ドルを海外に投資する見通しである。国境を越える旅行者の総数は500万人に達すると予想されている。青島は世界に向けて開かれた中国の最初の沿岸都市の1つとして、今後もさらに多くの外国投資家に向けて機会を拡大する。「ブランドの都市・青島」と題した世界市場プロモーションは企業のブランドイメージを高め、さらなる受注を呼び込み、新たな可能性を開き、それによって企業は競争力を一層強化し、外国貿易の改善・開発の新たな局面で市場機会をつかむことができる。 歴史的に見れば、イノベーションに基づく産業の改善は中国における貿易開発の将来的トレンドであり、中国のトップブランドは「メード・イン・チャイナ」ブランドを促進する上で重要な役割を果たすことになり、国際市場において中国の信頼性を示し、世界の産業開発を主導するだろう。 ▽情報問い合わせ先Yating Song+86-532-8585-2331 ソース:Qingdao Bureau of Commerce
  • Nexteer Automotiveが中国で生産目標を達成
    【蘇州(中国)2018年5月9日PR Newswire=共同通信JBN】 *1000万の電気式パワーステアリングシステムを製造 Nexteer Automotive(https://www.nexteer.com/ )は8日、中国にある同社の製造施設が2018年5月8日に電気式パワーステアリング(EPS)システム1000万の生産目標に到達したと発表した。 Nexteer Reaches New EPS Production Milestone in China   NexteerのEPSシステムは全ての走行条件の中で信頼できるステアリング制御を提供し、一方で、燃料消費を削減し、全体の燃料効率を最大6%、二酸化炭素(CO2)排出量を1キロメートル当たり最大8グラム改善する。NexteerのEPSは、安全かつ直感的なステアリング制御における業界トップのイノベーションを考えれば、自動運転の将来にとってのゲートウエー技術である。 Nexteer AutomotiveグローバルEPS製品ライン部門副社長のスティーブ・スパイサー氏は「当社は、より大きな燃料効率、状況に応じた運転体験、並びに拡張性のある先進運転支援システム(ADAS)の機能を提供する横方向制御システムを引き続き供給しており、当社の生産の進展を喜んでいる。当社のEPSシステムは、最良のステアリング制御、手動および自動走行モードの間の安全かつ円滑な移行を提供するように設計されており、小型車から大型トラックまでさまざまな車に利用することでき、その一方で、車の二酸化炭素排出量を最小限に抑えられる」と語った。 世界的にはNexteerの24の工場で5000万以上のEPSシステムが製造された。この目標を達成するのに貢献したのは、自動車産業における設計・製造への最も先進的、全体的、総合的なアプローチの1つであるNexteerのDigital Trace(TM) Manufacturing(https://www.nexteer.com/release/nexteer-launches-digital-trace-manufacturing-a-holistic-approach-to-integrating-manufacturing-design/ )である。このシステムにより、Nexteerは1つの共通のグローバルアーキテクチャーの下で展開することが可能となり、高品質の製品性能を提供し、価値を向上させ、世界的な生産能力を最大限にすることができる。 スパイサー氏は「Nexteerは、何をするかということだけでなく、それをいかにするかということにおいても、技術的な指導力を発揮している。当社はインハウスの設計、検証、製造および運動制御の技術において秀でている。当社は、より高い生産性と品質を達成するため、引き続き生産システムとプロセスの技術革新を行っている」と語った。 Nexteerは現在、EPSおよびドライブラインシステムに関して、中国では重慶と武漢での2つのEPS合弁事業も含め、8つの製造施設と1つの技術センターを運営している。世界で3番目に大きなステアリングのサプライヤーとして、ラックアシストおよびシングルピニオンアシストのEPSシステムでは世界トップのサプライヤーとして、中国での1000万番目のEPS生産の目標達成は、市場のEPSの利点に対する需要の高まりに対応するとともに、軽量・低燃費で環境に優しく、ADAS実現可能なステアリング技術を顧客に提供するというNexteerの目的をあらためて確認するものである。 ▽NEXTEERについて 直感的運動制御のリーダーであるNexteer Automotiveは数十億ドル規模の世界的なステアリングおよびドライブライン企業であり、電気式・油圧式パワーステアリングシステム、ステアリングコラム、ドライブラインシステム、並びに先進運転支援システム(ADAS)、自動運転技術をOEMメーカーに供給している。同社は世界で1万3500人以上の従業員を擁し、世界の主要地域の顧客50社以上に製品を提供している。同社は、南北米州、欧州、アジアに24の製造工場、3つの技術センター、14の顧客サービスセンターを戦略的に配置している。Nexteer Automotiveの顧客には、BMW、フィアット・クライスラー、フォード、GM、PSAグループ、トヨタ自動車、フォルクスワーゲン、並びにインド、中国の自動車メーカーが含まれている。www.nexteer.com https://photos.prnasia.com/prnh/20180508/2127092-1 https://photos.prnasia.com/prnh/20171115/1993765-1LOGO ソース:Nexteer Automotive
  • 英プレミアリーグ優勝のマンチェスター・シティがトロフィーを掲げ、Nexen Tireが祝福
    【ソウル(韓国)2018年5月9日PR Newswire=共同通信JBN】世界的な大手タイヤメーカーNexen Tireは、長年のパートナーであるマンチェスター・シティFC(Manchester City Football Club、Manchester City)が5月6日に英プレミアリーグ(EPL)2017/18年シーズンの優勝トロフィーを贈呈されたことを受け、プレミアリーグ・チャンピオン(Premier League Champions)の公式パートナー(Official Partner)であることを祝福している。 英プレミアリーグ優勝のマンチェスター・シティがトロフィーを掲げ、Nexen Tireが祝福 Nexen Tireのトラビス・カン最高経営責任者(CEO)は.「マンチェスター・シティが英プレミアリーグのトロフィーとカラバオ・カップ(Carabao Cup)を獲得したことは、同クラブのパートナーであるNexen Tireにとって、もう1つの偉大なシーズンを記すものだ。われわれは、世界でより多くのファンを獲得し、ブランド認知を推進するため、マンチェスター・シティとの戦略的パートナーシップが継続することを期待している」と語った。 ソース:Nexen Tire Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180508/2127148-1  
  • 23人のヒーローそれぞれに専用のエフェクトを用意した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX、本年度の日本国内最高記録を更新中
    【ソウル(韓国)2018年5月9日PR Newswire】 2018年における公開初週末の4DX興行収入3部門(客席稼働率、観客動員数、BOX OFFICE(興行収入))で日本国内最高記録を達成! 4DX映画の歴代世界記録を塗り替え、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX、大ヒットの勢いが止まらない! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX 23人のヒーロー1人1人に専用エフェクトが用意され、史上最高の4DX映画との呼び声高い『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX。2018年、最も期待を集めている作品というだけあって、世界中で公開週の歴代興行収入ランキングを塗り替える驚異的な新記録を樹立しており、4DX映画の新しい歴史を更新しつづけている。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXは、日本でも2018年度公開初週末の興行収入において3冠(客席稼働率、観客動員数、BOX OFFICE(興行収入))を達成し、快進撃を続けている。 マーベルヒーローのための4DX映画、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が最高記録を連日更新! 2018年4DX公開初週末の最高記録を更新! ゴールデンウィークの家族連れに、4DXの人気沸騰中! 4DX映画の最大ヒット作間違いなし! 公開以来、世界中で歴代最高記録を連日塗り替え続けている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、4DXにおいても新記録を達成した。4DXの公開初週興行収入の史上最高記録を達成し、事前予測通りの圧倒的な興行成績を生み出し続けている。日本では、2018年の公開初週末の3部門(観客動員数、客席稼働率、BOX OFFICE(興行収入))において最高記録を更新した。ゴールデンウィークを迎え、家族連れの観客に4DXチケットが大人気を博しており、今後の最高興行成績更新にもさらに拍車がかかりそうだ。 4DXは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』によって日本記録だけでなく、世界記録も更新した。4DX映画において史上最高のオープニング興収や公開初週末の興行成績はもちろん、公開1週目の歴代最高記録まで更新した。公開初週末に450万ドルの興行収入を達成し、スイス、スペイン、ノルウェー、メキシコ、クウェート、カタールなどでは客席稼働率95%を超えるオープニング全席売り切れを記録しており、世界的なセンセーションを巻き起こしている。アメリカやヨーロッパなど世界中の59か国で順次公開されている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXは、史上最高クラスのオープニング記録とともに公開1週目の週末平均客席稼働率82%というダントツの興行成績を達成しており、加えて5月11日には中国での公開も控えており、よりいっそうの興行成績を上げることが期待される。 全世界で驚異的な記録を打ち立てつづけている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXでは、マーベルヒーロー専門の4DXプロデューサー複数人が各キャラクターに合わせた演出を考案し、23人のヒーローたちの個性を十分に生かしたと高く評価されている。アイアンマンの飛行アクションを最大限に実感させる4DXモーションチェアエフェクト、スパイダーマンのウェブアクションとエアショットの完璧なマッチなど、各キャラクターの特性を最大限に引き出す4DX演出が観覧客から爆発的な好評を博している。4DXで観覧した観客からは「衝撃的だった」「歴代最高の4DXエフェクト」「アクションの現実感がワンランクアップした」「最初から最後まで驚きっぱなし」「マーベル映画はやっぱり4DXじゃないと!」などと賛辞の声が続出している。『アベンジャーズ4』(タイトル未定)につながる驚くべき展開、予測不可能な独特のユーモア、各シーンのはざまに潜められている伏線など、映画の面白さをさらに引き出す多彩な4DXエフェクトに、リピート客が相次いでいる。 また、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXは、ゴールデンウィークの爆発的な興行成績に引き続き、家族連れや子どもの観覧客から圧倒的支持を得ており、驚異的な興行成績も継続される見込みだ。マーベル・スタジオ作品の中でも歴代最高クラスの評価を集めて圧倒的な口コミを維持していることはもちろん、4DXに不慣れな観客にとっても、スクリーンを最大限に活用する4DXエフェクトを通じて実際にアベンジャーズの一員になったようなリアルな躍動感を体感できると大好評だ。このように、各方面より人気を集めている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXは、家族連れや子どもの観覧客にとってはテーマパーク以上のスリルとアクションを感じられる、今月最高の4DXヒット作になることだろう。 映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は今年で10周年を迎えたマーベル・スタジオの作品で、今までとは違う組み合わせに分かれたアベンジャーズメンバーと、最強のラスボス・サノスの対決を描いた映画だ。さらに、今までにない観覧環境を提供するため急成長している4DX映画は、世界59か国・515か所の映画館で上映されており、次世代のプレミアムフォーマットとして脚光を浴びている。歴代最高の4DX映画興行収入を連日更新し続け、爆発的な興行成績を打ち立てている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXは、日本では4DX映画館55館にて絶賛上映中である。 4DXでは現在、 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 公開記念4DXエフェクト投票キャンペーンを実施中! 4DX JAPAN公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーンサイトから『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXで体感したいエフェクトに投票すると、抽選でオリジナルグッズが当たります。詳しくは http://4dxjapan.jp/avengers-iw/ 4DXに関する詳しい情報はこちらCJ 4DPLEX公式ホームページhttp://www.cj4dx.com/jp/ 4DX JAPAN公式Twitterhttps://twitter.com/4DX_JAPAN ▽問い合わせ先 Lee, Bumyong, bumyong.lee@cj.net  (日本語リリース:クライアント提供)
  • VTechがパイオニアからマレーシアの子会社のオーディオ製造施設を取得
    【香港2018年5月8日PRNewswire=共同通信JBN】VTech Holdings Limited (香港証券取引所HKSE: 303)は4日、同社がパイオニアの子会社Pioneer Technology (Malaysia) Sdn.が所有するマレーシア施設を買収する契約をパイオニアと締結したと発表した。 製造施設の買収は、その固定資産に加え、DJ、プロデューサー、アーティストらが自らの作品とパフォーマンスをひらめくように設計された高性能オーディオ機器を製造する事業も含まれている。これによってVTech Contract Manufacturing Services(CMS)は、プロフェッショナル向けのオーディオ機器メーカーのリーダーとしての地位を強化する。同社は拡大を見込んで、製造能力を25%増強する。 Contract Manufacturing Servicesのアンディ・レオン最高経営責任者(CEO)は「この買収は、プロフェッショナル向けオーディオ機器におけるVTech CMSの専門知識をさらに強化する。戦略的イニシアチブの一環として、中国国外の製造施設を加えることは、当社の世界的な事業展開を広げ、当社顧客のニーズにより一層応えることができる」と語った。 VTechは、社内リソースを通じて取引の資金を手当てする。取得は2018年第3四半期に完了予定であり、契約の中の一定の取引完了条件に準ずることになる。 ▽VTechについて VTechは、乳幼児から2-4歳までのよちよち歩きの小児や幼稚園児までの電子教育製品の世界リーダーであり、コードレスフォンの世界最大手メーカーでもある。同社はまた、極めて好評の委託製造サービスを提供する。VTechは1976年に設立以来、電子的教育玩具カテゴリーのパイオニア企業である。高度な教育上の専門知識と最先端のイノベーションによって、VTech製品は世界の子供に楽しみと学習を提供する。コードレスフォンでの数十年の成功をもとに、VTechの多様な通信関連製品は最新の技術と設計を通じて、家庭と企業双方のユーザー体験を高める。世界をリードするエレクトロニクス製品サービスプロバイダーの1つとして、VTechは多数の製品カテゴリーで、顧客に世界クラスの全面ターンキーサービスを提供する。グループのミッションは、環境に与える影響を最小限に抑える方法で革新的かつ高品質な製品を設計、製造、供給するとともの、関係者とコミュニティーのために持続可能な価値を生み出すことである。 詳しい情報は http://www.vtech.com を参照。 Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20151203/8521508294LOGO ソース:VTech