Japanese

News provided by PR Newswire

  • Red Boxが次世代の音声キャプチャープラットフォームを発売、リアルタイムのエンタープライズ音声自由へのゲートウエー提供
    【ロンドン、ニューヨーク2020年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】音声専門企業のRed Box(レッドボックス)は18日、世界初の完全にオープンなマイクロサービスベースかつクラウドにとらわれないエンタープライズ音声プラットフォームConversaの発売を発表した。これは、聴く能力、共有する自由、エンタープライズ全体のオーディオおよびメディアデータに基づいて決定を下すインサイトを組織に提供するものである。     ユニークかつ画期的なイベント駆動型で、さらにグローバルスケールのほぼ無制限の能力を備えたステートレス・アーキテクチャーによって、Conversaはエンタープライズ全体で行われるあらゆる会話の高品質オーディオとリッチメディアをキャプチャーするとともに、複数レベルのレジリエンシーを確保する。Conversaは、市場をリードする総所有コスト(TCO)によって、オンプレミス、クラウド、あるいはハイブリッドのデリバリーにとらわれないプラットフォームになるように徹底的に構築されている。 フリーでオープンなREST APIは、これらの極めてリッチだが、センシティブなデータセットへのリアルタイムアクセスとコントロールを保証するとともに、事実上、全てのアプリケーションに対する「AI対応」のオーディオ、ビデオ、リッチメタデータ、トランスクリプトのデリバリーをサポートする。これは、AI、アナリティクス、CRM、BI、コンプライアンスツールを最善に組み合わせた広大なエコシステムへのアクセスを組織に提供し、顧客および雇員の体験、セールスパフォーマンス、オートメーションにおいて変形力に富んだ営業成績を推進する。 Red BoxのRichard Stevenson最高経営責任者(CEO)は「組織は分散した従業員をサポートするとともに、デジタル変革を通じて差別化を推進するという高まるプレッシャーを受けており、組織にとって最もリッチかつ最も強力なデータセットの1つである顧客および従業員の音声の支配権を保持することはかつてないほど重要である。Conversaは、組織がエンタープライズ全体のオーディオ、メディアの中のリッチなインサイトを引き出すとともに、市場をリードするインフラストラクチャーから利益を享受することを支援する」とコメントしている。 このプラットフォームは当初、限定リリースで発売され、開発とサポートが継続されている現行のRed Boxプラットフォームとともに利用可能である。 ▽Red Box(レッドボックス)について Red Box(レッドボックス)は業界をリードする音声専門企業であり、各組織がエンタープライズ全体の持つ音声価値を捉え、保護し、収益機会にできるよう30年以上にわたって支援してきた経験を有している。Red BoxのConversaは、次世代かつ最初の完全にオープンなマイクロサービスベースのエンタープライズ音声プラットフォームである。これは、画期的なイベント駆動型かつ世界に拡張可能なアーキテクチャー、市場をリードするインフラストラクチャーTCO、無限の水平方向のスケーラビリティーを提供する。 あらゆる会話、あらゆる場所、あらゆるプラットフォームのリッチで高品質な音声データおよびメディアのミッションクリティカルかつレジリエントなキャプチャーを提供するConversaは、エンドツーエンドのデータ支配権と、優れたAI音声テクノロジーの世界で最も広範なエコシステムへのオープンなアクセスを顧客に提供する。 Red Boxは金融サービス、コンタクトセンター、政府、公共安全部門の主要組織(世界のトップバンク6行、グローバル・インターディーラーブローカーの85%、1700のコールセンター、英国警察の80%以上を含む)から信頼されており、世界中の3500を超える顧客のために毎日何百万ものコールをキャプチャーし、保護している。 詳細はウェブサイトwww.redboxvoice.com を参照。 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1276240/Conversa_Logo.jpg?p=medium600 Related Links :http://www.redboxvoice.com
  • 国際テニス連盟、フェドカップの歴史的な商標変更を発表。当女子団体トーナメントを「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ」と改名
    ロンドン, 2020年9月18日 /PRNewswire/ -- 国際テニス連盟(ITF)は、テニスの女子ワールドカップであるフェドカップを「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ(Billie Jean King Cup by BNP Paribas)」と改名したことを今日発表しました。   The ITF has today announced that Fed Cup, the women’s world cup of tennis, has been renamed the Billie Jean King Cup by BNP Paribas.   主要な世界団体選手権大会に女性の名前が付けられたのは史上初のことであり、当トーナメントの新しい時代の幕開けとスポーツ史上画期的な変化が到来したことを意味します。 コート上ではチャンピオン、コート外ではパイオニアであるビリー・ジーン・キング氏は、グローバルに平等を訴えるキャンペナーであり、あらゆる差別を撤廃するための戦いに人生を捧げてきました。キング氏が体現する価値観は、女子スポーツ界最大の年次国際団体選手権大会となるまでに成長を遂げたフェドカップの理念を表すものです。 この改名は、首位12ヵ国がブダペストで1週間にわたり世界首位を競うというファイナルズの新たな形態の導入に続いて実施されます。2021年以降、ビリー・ジーン・キング・カップのファイナルズは女子チームスポーツで最大の賞金額を毎年授与することになります。 ITFデビッド・ハガティ会長:「第一回フェドカップで米国チームのメンバーとして勝利を勝ち取り、女子テニス協会を創設し、米国史上で初めて女性として大統領自由勲章を贈られるなど、ビリージーンキングさんは次から次へと新境地を切り開いてこられました。そして今日、彼女が達成した数々の記録に、『史上初』の偉業がまた新たに加わることになります。この改名は彼女が成し遂げてきたあらゆる功績にふさわしい賛辞を表するものであり、将来の世代の選手の心に光を灯し続けるものであるはずです。」  キング氏のフェドカップとの絆は、1963年の初回トーナメントの際に始まり、以降40年にわたり両者のゆるぎない関係が築かれました。初出場後、キング氏は選手とキャプテン両方の立場で史上最多の合計10回トロフィーを掲げました。2019年にキング氏は当大会初のグローバルアンバサダーに任命されました。 ビリー・ジーン・キング氏:「自国をチームの一員として代表する気持ちはほかに比べようがないもので、だからこそ私にとってこの大会は本当に特別で大切なのです。テニスの女子世界選手権に自分の名前が付けられるのは名誉なことであり、それが意味する自身の責任を、私は軽く受け止めてはいません。私達の任務は、このビジョンを将来の世代の少女たちと共有することです。なぜなら、人間にはビジョンを目にすれば、それを体現する力があるからです。」 Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1275760/itf_billie_jean_king_cup.jpg?p=medium600      Related Links :https://www.itftennis.com
  • Vortex Energyが365MWの英国内太陽光ポートフォリオの経営権を5億ポンドでTNBに売却
    ロンドン, 2020年9月18日 /PRNewswire/ -- この取引が投資価値を生み出すVortex Energyの実績をさらに強固にし、世界的クリーンエネルギー・プラットフォームであるVortex IVの開始計画に道を開く。     EFG Hermesの未公開株部門子会社Beaufort Investments S.ar.l (以下、「Beaufort」)が運営するグローバル再生可能エネルギープラットフォームのVortex Energyは、2017年にTerraForm Powerから買収した365MWの太陽光発電(PV)ポートフォリオVortex Solar(「Vortex III」)の支配・経営権を5億英ポンドの企業価値で売却完了した。 この支配株は既存株主で世界的な設備容量約15GWの東南アジア最大級の公益事業であるTenaga Nasional Berhad(「TNB」)の完全子会社TNB International Sdn Bhdに売却された。Vortex IIIは英国最大級のスタンドアローンポートフォリオで、6年の平均資産寿命、欧州の大手エネルギー・公益企業の電力購入契約(PPA)、魅力的な再生可能エネルギー割当証書(ROC)制度、サンタンデール、RBS、INGなどの大手金融機関からの長期借入パッケージがある。このポートフォリオは2019年に約3900万ポンドの利払い前・税引き前・減価償却前利益(EBITDA)を達成、EBITDAマージンは84%で予算を上回り、株主に魅力的な直接利回りを提供した。2020年も世界的な問題にもかかわらず、目標を達成し続けている。 EFG HermesのKarim Moussa未公開株・資産管理責任者は「Vortexにとって大きなマイルストーンだ。Vortex IIIの退場は株主にキャッシュオンキャッシュ・マルティプルで1.5倍の投資回収率をもたらし、内部収益率(IRR)は約14%だった。当社は資金調達の全サイクルを追求する能力を示し続け、戦略的に投資し、大口の再生可能エネルギーポートフォリオから撤退する。2015年にVortexを開始して以来、実質822MWの優良資産を統合し、先進国市場でこの部門に13億ユーロ以上を投資してきた。資産をまとめ、拡大し、次いで再生可能エネルギー資産の戦略的長期保有者にポートフォリオを売却することで、株主とパートナーに一貫して魅力的な利回りをもたらしている。今回は、昨年にJPモルガンが管理するファンドに1GWの風力発電ポートフォリオの当社の持ち分49%を売却したのに続く、大きな撤退である」と語った。 EFG Hermes Private EquityのBakr Abdel-Wahabエネルギー責任者は「この取引は、大規模ポートフォリオと企業の一流投資・資産運用企業としてのBeaufortの手腕を示している。英国の資産を買収して以来、大規模な借り換えを通じて収益と資本構造を改善し、すべての重要ポートフォリオ契約を手直しし、Lightsource BPと提携し、強力なロンドンの資産運用チームを確立した。この積極的な運用戦略によって、3つのVortex Energyのプラットフォーム全体で開始以来、投資家利益を生み出すことができ、実質年平均5%の直接利回り、キャッシュオンキャッシュ・マルティプル1.4倍、IRR13%を実現した。今後もVortex Energyのフットプリントの成長、世界的なエネルギー転換事業・ポートフォリオへの投資の継続を期待している」と述べた。 Beaufortのチームは現在、世界的な発電・蓄電・配電・技術事業を目標とする再生可能エネルギープラットフォームであるVortex IVの設立を計画している。Moussa氏は「われわれは将来の再生可能エネルギーの世界的な機会とより広範なクリーンエネルギー空間に張り切っている。次の事業Vortex IVにすでに関心を強めているアンカー投資家がおり、2020年末までに資金調達の取り組みを始めたい」と締めくくった。 ▽Vortex Energyについて Vortex Energyは2015年、世界的に再生可能エネルギー投資を推進するためルクセンブルクを拠点とするBeaufort Investmentsを通じてEFG Hermesの未公開株部門が資金提供して、投資プラットフォームとして設立された。Beaufort Investmentsとその子会社から、国際的インフラストラクチャーと再生可能エネルギーの広い経験のあるインフラと未公開株の専門家15人がチームを組み、Vortex Energyのすべての投資とイニシアチブを管理している。 Vortexは2018年末現在、英国、スペイン、フランス、ポルトガル、ベルギーで約13億ユーロに達するさまざまな投資で買収した822MWの風力・太陽光発電資産のポートフォリオを持つ。同社は現在、ロンドンを拠点とするフル稼働の資産運用チームを擁する。詳細はwww.vortexenergy.ae を参照。 ▽EFG Hermesについて 現在は4大陸に進出しているEFG Hermesはエジプトで始まり、35年にわたる成功で成長し、新興・フロンティア市場にアクセスする主要金融サービス企業になった。証明済みの実績と5500人以上の有能な従業員のチームを使って、当社は中東・北アフリカ地域全体に投資銀行、資産運用、証券ブローカー、調査、未公開株を含む広範な金融サービスを提供している。 EFG Hermesは2015年、EFG Hermes Leasing、Tanmeyah Microfinance、割賦販売サービスのvalU、EFG Hermes Factoringを通したノンバンク金融分野の活動を監督するNBFIプラットフォームのEFG Hermes Financeを立ち上げた。これは、商品多様化と中東・北アフリカ以外の市場への地理的拡大(パキスタン、ケニア、バングラデシュ、ナイジェリア、ベトナム、英国、米国への進出につながった)の2本柱に注力する戦略の一環である。 詳細はwww.efghermes.com を参照し、以下で当社のフォローを: Twitter: https://twitter.com/efghermes You Tube: https://www.youtube.com/user/EFGHermesHoldingLinkedIn: https://www.linkedin.com/company/efg-hermesFacebook: https://www.facebook.com/EFGHermes/ ▽問い合わせ先 EFG Hermes Media media@efg-hermes.com May El GammalGroup Head of Marketing & Communications melgammal@efg-hermes.com+20 1001330480 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1275854/Vortex_Energy_Logo.jpg?p=medium600    Related Links :https://www.vortexenergy.ae/
  • ZTEとオムディアが5G 世界におけるセキュリティーの透明性と保証に関するホワイトペーパーを公開
    【深セン(中国)2020年9月18日PR Newswire】モバイルインターネット向け通信、エンタープライズ、消費者向け技術ソリューションの大手国際プロバイダーZTE(ZTE Corporation)(0763.HK / 000063.SZ)はこの程、世界的テクノロジー調査会社であるオムディア(Omdia)と共同でホワイトペーパー「5G 世界におけるセキュリティーの透明性と保証(Security Transparence and Assurance in a 5G World)」を公開しました。 ZTEとオムディアが5G 世界におけるセキュリティーの透明性と保証に関するホワイトペーパーを公開 このホワイトペーパーは、IoT機器から5Gネットワーク、また規制から運用まで、5G時代のエコシステム全体にとってセキュリティーの総合的な安全確保が絶対不可欠であるとしています。真に有効なセキュリティー保証には、全当事者の連携と調整の他、世界展開する5Gがもたらす問題の変化への取り組みなどの定期的評価が必要なのです。 ZTEは長年、先を見越したサイバーセキュリティー・ソリューションの研究に取り組んできました。同ホワイトぺーパーは、ZTEの既存のセキュリティー能力、経験、ロードマップが、今後の5G世界のセキュリティーリスクや問題に対応する際の連携、透明性、情報公開のメカニズムを示すのだと指摘しています。 また、ZTEの製品研究開発とサービス提供にとってサイバーセキュリティーが最優先事項であることも詳細に述べています。ZTEは、法と基準に従って総合的サイバーセキュリティー保証を確立しました。その一方で、3つのディフェンスラインモデル、製品セキュリティー・インシデント対応チーム(PSIRT:Product Security Incident Response Team)、サイバーセキュリティーラボ、セキュリティー評価など、一連のサイバーセキュリティー対策を取り入れています。 2020年8月、ZTEは自社の5G 開発とライフサイクルプロセスでGSMAのNESAS監査に合格しました。 オムディアのサイバーセキュリティー担当シニアリサーチディレクター、マクシーン・ホルトは、次のように語っています。「長年にわたってデジタル化が行われており、総合的セキュリティー保証はリスク選好に沿って行う必要があります。多くの企業が人、プロセスや、情報CIAと呼ばれる機密性(confidentiality)、完全性(integrity)、可用性(availability)を守る技術のデジタルリスクを検討するようになるでしょう。サイバーセキュリティーは、安全で信頼性の高い高性能5Gネットワークの実現および維持に向けて全関係者が尽力すべきグローバルな課題です」 ZTE副社長兼最高セキュリティー責任者の鐘宏氏は、「ZTEは準備万端です。お客様や業界関係者と協力して、待ち受けるセキュリティーの課題に取り組みたいと考えています。誰もがより良いデジタル生活を送れるように、安全で信頼できる5Gネットワークを構築するつもりです」と述べました。 ZTEは今後も透明性と開示性を維持し、製品ライフサイクル全般のセキュリティーを管理するリスクベースの方法を取り入れます。さらには、規制要件や技術基準に準拠し、評価を実施、顧客や規制当局が求める認証を取得します。 以下のリンクからホワイトペーパー「5G 世界におけるセキュリティーの透明性と保証」にアクセスしてください: https://www.omdia.com/resources/product-content/2020/09/01/14/22/security-transparence-and-assurance-in-a-5g-world  ZTEとオムディアは、グローバルオンラインセミナー「総合的セキュリティー保証は5G 時代に絶対不可欠(Comprehensive Security Assurance Is Essential in the 5G Era)」を共同開催します。 https://www.lightreading.com/webinar.asp?webinar_id=1691&webinar_promo=5621  ▽メディア関係問い合わせ先  Margaret Ma  ZTE Corporation  Tel: +86 755 26775189  Email: ma.gaili@zte.com.cn   ソース:ZTE Corporation 画像添付リンク: Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371532 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200915/2917281-1?lang=0 Related Links :http://www.zte.com.cn
  • Xinhua Silk Road:CEISが2020年の中国・ロシア経済貿易指数リポートを公表
    【北京2020年9月18日PR Newswire】2020年中国・ロシア経済貿易指数リポート(China-Russia Economic and Trade Index Report (2020))が16日、中国経済情報社(China Economic Information Service 、CEIS)により公表された。 リポートは、中国およびその地方とロシアとの間の貿易量を反映するもので、定量化可能な指数システムの構築を通じ、両国間貿易の発展レベルやトレンドを科学的にモニターした。 指数の結果によると、中国・ロシア貿易指数は2019年、着実な上昇傾向を示し、2018年に比べ12.66%上昇した。 毎月の中国・ロシア経済貿易指数によると、COVID-19により世界の貿易が急激に縮小したにもかかわらず、中国・ロシア2国間貿易は両国間の経済貿易協力の大きな復元力と潜在力を反映して上昇傾向を維持した。 貿易補完性指数に基づけば、中国の対ロシア輸出のうち貿易補完性の強い製品は、原材料、機械、輸送機器に分類される完成品と、食品、繊維、鉄鋼、機械を含むその他さまざまな完成品である。ロシアの対中国輸出のうち食用でない原材料、化石燃料および潤滑剤は、補完性が非常に高い。 産業内貿易指数は、中国とロシアが食品産業で、次いで加工製造業で、最も高度な分業を享受していることを示している。消費財小売業界における分業は一段と最適化されつつある。 リポートの結果は、両国間の経済貿易協力の規模と質が継続的に改善し、将来が有望であることを完全に反映している。 中国黒竜江省の省都であるハルビンは、ロシアとの貿易において地理的に有利である。ハルビン市放射線指数(Harbin City Radiation Index)の発表は、ロシアとの協力の地域センターとしてのハルビンの発展のための意思決定支援を提供することが可能である。 ハルビン市放射線指数は2019年に149.46ポイントで終了し、前年比13.01%上昇した。 中国・ロシア経済貿易指数の最初のリポートは、2019年6月に正式に発表された。 中国経済情報社(CEIS)は、新華社の経済情報ビジネスの統合的管理・運営を担う中核組織である。CEISの国家金融情報プラットフォームである「Xinhua Finance」は、中国の経済発展と金融セキュリティーに役立っている。中国の全ての分野における最初で唯一の指数サービス機関である「Xinhua Indices」は、資本市場、産業、都市開発、ブランド構築における多くの影響力のある指数商品を育成している。 オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/316240.html を参照。 ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • Bitumina Industries LtdがNynas ABの大株主になる
    ロンドン 2020年9月18日 /PRNewswire/ -- Bitumina Industries Ltd(Bitumina)は17日、Nynas AB (ニーナス)の発行済み株式資本の50%(注1)をNeste ABから買収し、この結果としてBITUMINA Industries LtdがNynas ABの単独筆頭株主になると発表した。 Nynas ABはナフテン系特殊油のグローバルリーダーで、欧州ではビチューメン(歴青)の優良パートナーである。ドイツのハンブルグ、スウェーデンのニュネスハムンとヨーテボリ、英国のイーストハムの4カ所に製油所を持つ。イーストハムはシェルとの合弁事業だ。 BituminaのBernd Schmidt執行会長は「NesteからNynasの株式を取得できたのは大きな誇りであり、この一歩がNynasとそのすべての利害関係者にとって繁栄の未来へ道を開くと確信する」と述べた。 NynasはBituminaのポートフォリオの自然な拡張であり、グループは欧州のビチューメン市場でトップの地位に上り、中南米での強い基盤をさらに補完する。この買収はBituminaの世界の顧客に対する製品とサービスにおける垂直統合の成功に合致するものだ。 Bitumina Groupは専門企業であるBitumenが世界的に垂直統合されたもので、同時にオランダの完全子会社DenimoTech A/Sを通じて、ビチューメン加工工場の生産と処理に携わっている。BituminaはドイツのAsphaltファミリーに由来し、現在は第3世代が経営する。世界規模で事業拡大に成功し、事業展開する市場ではディスラプターになっている。 現在Nynasは組織再編の途上にある。Bituminaはすべての主な利害関係者と自主的な組織協定を結ぶべくかかわっており、この目標でタイムリーな取引ができるよう多額の資金支援を得ている。 AXIS Strategic Partnersとその専門バンカーチーム、英国のReedSmith LLPとスウェーデンのDELPHIの2法律事務所がこの取引でBituminaに助言している。 (注1)数字は小数点以下を丸めている   Related Links :http://bitumina.com
  • 長城汽車がピックアップトラック「Pシリーズ」のグローバル展開計画を発表
    【保定(中国)2020年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】 *この新シリーズは国際市場における同自動車ブランドの大躍進の象徴 世界に名だたるSUV・ピックアップメーカーGWM(長城汽車)(601633.SS/02333.HK)は、同社のピックアップトラック「Pシリーズ」のグローバル展開計画を発表した。安全性に関する一連の規制と排出ガスの世界基準に完全に準拠し、インテリジェント製品を生み出すという使命に従いグローバル市場向けに設計された生産システムである同自動車メーカーの新しいP71プラットフォーム上で開発された同シリーズは、GWMの最新ラインナップである。 GWMがピックアップトラック「Pシリーズ」のグローバル展開計画を発表   GWMがピックアップトラック「Pシリーズ」のグローバル展開計画を発表 Pシリーズは、インテリジェント機能と安全機能を兼ね備えた次世代のピックアップトラックで、同社の23年間の国際販売の歴史において最も重要な製品アップデートである。GWMが国際競争力を高め、主要なピックアップ市場に参入するのに役立つと期待されている。同シリーズが海外市場で採用する正式名は、後日発表される。 GWMインターナショナルのTony Sun副ゼネラルマネジャーは「ピックアップは、日常の仕事や生活で広く使われており、グローバル市場で最も人気のあるモデルの1つだ。新たな技術で世界が変わりつつあり、自動車産業が変革期にある現在、インテリジェント技術、コネクティビティー、電動化は今後のピックアップ部門の開発トレンドだと考えている。新技術が進化する中、この新たなラインアップは、われわれが描き直そうとしている未来のピックアップ部門の象徴だと考えている」と語った。 基本積載量を維持しつつ、安全機能、インテリジェント技術の適用、様々な地形でのナビゲーション機能、ドライバーの作業、旅行、日常活動など、様々な点で車両性能が向上する。真の多目的ピックアップは、運転の快適さ、余暇の運転体験、積載量、オフロード性能の4分野での優越性が期待されている。GWMの多目的ピックアップは、運転体験のあらゆる側面でインテリジェントかつ安全な設計が採用されており、ドライバーに新たな付加価値体験を届ける。 Pシリーズは、新技術を搭載した最新のP71プラットフォーム上で開発された最初のモデルである。GWMの最先端技術とSUVモデルの革新的R&D機能、および23年間のグローバル経験に基づき、GWMはハイエンドSUVの最新技術を初めてピックアップに適用することで、新しいグローバル競争力のあるピックアップシリーズを生み出すことに全力を尽くしている。 インテリジェントな安全設計はPシリーズ・ピックアップの中核で、GWMの新技術適用の象徴である。このピックアップシリーズは、大幅な技術的アップグレードが行われている現在のピックアップトラック部門の延長線上にある。GWMは、同シリーズを展開することでグローバル市場でさらなる成長を遂げるとともに、世界中の顧客に新たな体験を届けていきたいと考えている。 自動車業界が急速に変化する中、新たな技術が次世代ピックアップに道を開いている。GWMは、製造品質と業界をリードする技術に焦点を当て、この変化をリードしていこうとしている。中国を拠点とする自動車会社からグローバル・モビリティー・テクノロジー企業への移行を発表して以来、GWMはインテリジェント技術、コネクティビティー、自動運転技術に投資をし、既存のグローバルピックアップ市場を破壊するほどの確固たる地位を手に入れつつある。 ▽GWM(長城汽車)について GWMは世界に名だたるSUVとピックアップのメーカーである。同社は、2003年に香港証券取引所、2011年に上海証券取引所に上場した。HAVAL、WEY、ORA、GWM Pickupの4つのブランドを持つ同自動車メーカーは、従来型の車と新エネルギー車の両方を生産、SUVとピックアップトラック部門に注力している。GWMには、エンジンやトランスミッションなどのコアパーツの独立したサポート機能がある。2019年末現在、GWMには80を超える子会社があり、世界中で6万人近いスタッフを雇用している。GWMは2019年、44億9700万元(約6億6300万米ドル)の純利益を上げた。GWMの総資産は2019年末現在、最大1130億元(約167億米ドル)である。2019年のGWMの新車販売台数は前年比1.43%増の105万8648台で、4年連続で100万台を超えた。 詳細については、https://www.gwm-global.com/ を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200917/2920654-1-a?lang=0 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200917/2920654-1-b?lang=0 Related Links :https://www.gwm-global.com
  • SubexがPartner Ecosystem Managementプラットフォームを立ち上げ
    - このクラウド対応プラットフォームにより、サービスプロバイダーはデジタルパートナーシップを通じた複数ドメインにまたがる新しいサービスの立ち上げを加速し、5820億ドルの潜在市場に対処することができる ベンガルール(インド) 2020年9月18日 /PRNewswire/ -- 「Digital Trust(デジタルトラスト)」のパイオニアであるSubexは、CSP(顧客サービスプロバイダー)がデジタルサービス・ポートフォリオの拡大を加速できるようにするPartner Ecosystem Management(パートナーエコシステム管理)プラットフォームの立ち上げを発表した。このプラットフォームにより、CSPは価値主導のパートナーエコシステムを創出し、多様なパートナーを特定して迅速にオンボードすることで新しいサービスの市場投入の時間を大幅に改善することができる。また、透明性のあるパートナーエコシステムを生み出すことにより、CSPおよびそのパートナー間のデジタルトラストを実現する。 通信業界では、デジタルサービスの採用増に伴い、消費者行動に変化が生じている。ある報告書は、一部の事業者の収益の20-50%は従来とは異なるサービスによるものであると指摘した。これは間違いなく通信会社を、エコシステムで強力であり、収益を強化する新しいパートナーシップに開放している。SubexのPartner Ecosystem Managementは、コンテンツ、ゲーミング、IoT、5G、ヘルスケア、製造のパートナー、およびディーラーやリセラーなどの内部エコシステムパートナーとシームレスに協力するため、ドメインにとらわれないプラットフォームをCSPに提供する。CSPはさまざまなKPIに基づいてパートナーにスコアを付け、パフォーマンスを全体的に監視することができる。このプラットフォームにより、ビジネスの可視性、リポートへのリアルタイムアクセス、およびダッシュボードが増大し、外出先で情報に基づいた意思決定を行うことができる。 SubexのPartner Ecosystem Managementは、CSPが企業部門と消費者部門の両方の需要増大に対応するのを支援する。CSPは今や、既存の収益源をより有効に活用しつつ、新しい収益源を生み出すことを目指すことができる。Subexは、旅の途中にあるどのCSPもDigital Service Providers(デジタルサービスプロバイダー)となることを可能にする。 Subexの戦略・製品責任者Rohit Maheshwari氏は今回の立ち上げにコメントし「Partner Ecosystem Managementプラットフォームの立ち上げにより、顧客が現在のサービス提供を強化し、また5G時代に移行していく中で、当社は変化する市場力学と顧客のニーズに対処してきたと考えている。組織だけではデジタル化が約束するサービスを提供するために必要なインフラストラクチャー、スキルおよびリソースを持っていない可能性があるため、堅固なデジタルパートナーエコシステムを創出することが必要である。Subex Partner Ecosystem Managementにより、CSPは一連の適切なパートナーとの有益なパートナーシップを促進することができる。このプラットフォームにより、企業はシームレスな顧客体験を保証しつつ、より新しいサービスと技術を立ち上げることが可能になる」と語った。 SubexのPartner Ecosystem Managementプラットフォームは、オンボーディングから請求および決済までのパートナーのエンドツーエンドのプロセスを管理する。このスイートは、Partner Lifecycle Management、Contract Lifecycle Management、Digital Services Billing、Enterprise Billing、Wholesale Billing & Routing、Roaming Settlementsなどさまざまなソリューションで構成されている。 SubexのPartner Ecosystem Managementプラットフォームは、IoT、M2M、コンテンツ、ホールセール、音声、SMS、データなどのデジタルおよび従来型サービスを管理するように設計されている。 ▽Subexについて Subexは、世界中のビジネスのためにDigital Trust(デジタルトラスト)を実現するパイオニアである。 1994年に創設されたSubexは、25年以上にわたりグローバルな通信サービス事業者の収益と収益性の最大化を支援してきた。ビジネスの最適化と分析のための世界クラスのソリューションを通じて市場に貢献してきたレガシーを擁するSubexは、顧客のビジネスエコシステムでオールラウンドなデジタルトラストを実現することにより、業界を先導している。プライバシー、セキュリティー、リスク軽減、予測可能性、およびデータの整合性に注力しているSubexは、企業がビジネス環境のディスラプションを受け入れ、デジタルトラストで成功することをサポートする。 Subexは、収益保証(Revenue Assurance)、不正管理(Fraud Management)、ネットワーク分析(Network Analytics)、パートナー管理(Partner Management)などの分野で受賞歴のある製品ポートフォリオを、IoT SecurityやInsightsなどのデジタルソリューションとともに活用している。Subexは、スケーラブルなマネージド・ビジネスコンサルティングサービスも提供している。Subexは90カ国以上に300超の施設を置いている。 Logo: https://mma.prnasia.com/media2/1224279/Subex_Logo.jpg?p=medium600  
  • メゾン・マーテルがラトリエ・マーテル深センのオープンを発表
    世界初の専門店   2020年9月17日中国、深セン /PRNewswire/ -- メゾン・マーテルは、テイスティング、探索、製品の独占提供に取り組む専門店として、ラトリエ・マーテル深センを正式にオープンしました。コニャックの町と深セン市の間の生中継による革新的なオンラインイベントで、オープニングセレモニーが行われました。全世界での展開に向けたメゾンの新しいリテールコンセプトを初めて示すラトリエ・マーテル深センでは、お客様に最先端のインタラクティブで接続型の体験を通じて、メゾン・マーテルの世界をご堪能いただけます。 Maison Martell Announces The Opening of L'Atelier Martell Shenzhen マルチメディアのニュースリリースはこちらをご覧ください。:  https://www.multivu.com/players/uk/8775551-maison-martell-opening-latelier-martell-shenzhen/ 「本日、300年におよぶハウスの歴史において新たな出来事を祝賀します。ラトリエ・マーテルは革新的なコンセプトであり、コニャックによりお客様をもてなすというビジョンを反映しています。ラトリエ・マーテルにより、探求、集中、熱中する新たな手段がお客様にもたらされます。わたしたちの伝統やノウハウ、そしてかつてないコニャックに出会えるユニークな経験をお届けします。」  — メゾン・マーテル会長兼CEO、セザール・ジロン 単なるストアを超えた必見の場 ラトリエ・マーテルは、ノウハウ、デジタル技術、独自の製品とサービスを結合する、必見の場となるようにデザインしました。新たなリテール・コンセプトであるメゾン・マーテルの場に深セン市を選んだのも当然のことです。深セン市はダイナミズム、現代性、最先端技術で名高く、メゾン・マーテルと同じく明るい未来が待ち受けています。 メゾン・マーテルの寛容の精神に忠実に、ラトリエ・マーテルではお客様を、コニャックの町から直接運ばれた本物らしさを備えた暖かく豪華な雰囲気でお迎えします。    その名は   「職人の作業場」を意味するフランス語に由来し、アトリエ・オブ・マーテルのセラーマスターからデザインのヒントを得ています。とりわけ、200本以上のモントル(ガラス製の試飲ボトル)を見事にディスプレイし、コニャックの イメージを 演出しています。  さらに、 マーテルの樽製造所で製作されたオーク製の樽を使った壁や、保管庫から厳選したパーツは、ハウスの伝統的職人技の結晶です。これらを際立たせているのが木材や銅などの素材であり、コニャック製造の過程が垣間見えます。これらは、独自で現代的な方法で解釈され、メゾン・マーテルがいかに大胆に伝統を変化させているかを示しています。  グローバルコンセプト 地元との深いつながり 地元の文化は、ラトリエ・マーテルのグローバルコンセプトの基礎になっています。そのため、面積160平米の新店舗は、メゾン・マーテルと  深セン市の間に強いつながりを作ることを目的としています。街の地平線が、ラトリエ・マーテル深セン限定のコレクターエディション、マーテル・ノブリージュに映り込み、鮮やかな色のコニャックが、都市の活気を反映しています。またメゾン・マーテルは、地元のアート集団ジウ・ソサエティ(Jiu Society)に、創設者のジャン・マーテルハウスの肖像画を素晴らしい形で再解釈して大胆なビジョンを表現するように依頼しました。 年間通して、アトリエ・マーテル深センは、最先端のライフスタイル、料理、ファッションのコラボレーションをはじめ多様なプログラムを予定しています。 限定サービス と革新的体験 ラトリエ・マーテルのコンセプトは、お客様一人一人に合わせた素晴らしいサービスを経験していただけるように最大限に表現し、お客様を最も大切にもてなしています。見どころの一つには、キャスクからのコニャック体験があります。この中には、マーテルのセラーマスター、クリストフ・ヴァルトーがアトリエ・マーテル深センのために特別に創ったVSOPが含まれています。深セン限定エディションは、繊細でスパイシーな余韻を持つ洗練されたブレンドで、中国に敬意を表したものであり、中華料理と理想的にマッチします。お客様はコニャックから運ばれた樽から直接ご自分のモントルボトルにそそいで、   ご自分で選んだ コルク と   ハンドプリントのラベルでカスタマイズしていただけます。アトリエ・マーテル深センでは、エングレービングのカスタムサービスもご提供しており、お客様にはハウスの象徴となるマーテル・コルドンブルーにご自分で選んだモチーフとメッセージをつけてパーソナライズする特別な機会もお楽しみいただけます。 もう一つの  ここだけのオリジナル 体験  では、コニャックを感覚的に発見することをお勧めしています。お客様が陶器製のドームを持ち上げると、弊社の象徴的なマーテルのコニャック4種、マーテル・ディスティンクション、マーテル・ノブリージュ、マーテル・コルドンブルー、マーテルXOのうち一つが入った  小型の ボウルが現れます。陶器製のドームによって濃縮された、それぞれのコニャックの独自のアロマを鑑賞したり、ピペットを使って2、3滴手首に落としたりしてお楽しみいただけます。4つのコニャックは、アトリエ・マーテル深セン限定のマーテル・ミニチュアコレクションの一環として、後ほどご購入いただけます。  アート オブ  ブレンディング エリア では、参加型のテイスティングテーブルで、マーテルのブランドアンバサダーが専門的なブレンドセッションを開催します。VSOPブレンディング体験では、違う種類のお酒がコニャックのアロマに与える効果について参加者が じかに 体験しながら、ご自分だけのブレンドを作ることができます。 一方、エクストラオールド・ブレンディング体験では、  テロワール  の 影響を示して、2つの 有名な クリュである ボルドリーとグランド  シャンパーニュの独自の特徴にハイライトを当てます。 最後に、他にはない素晴らしいテイスティングセッションは見逃せません。こちらは、コニャックの町からクリストフ・ヴァルトーが実況中継で行い、限定された参加者しか参加できない年に一度のセッションです。 デジタルと実際を統合した顧客体験 ラトリエ・  マーテル  深セン  は、幅ひろいデジタル機能を組み合わせて顧客体験を高めます。まずは、  ファサードにある双方向性の画面で、ハウスにまつわる魅力的なコンテンツを上映し、お客様に中に入るように促します。 店舗の中では、伝統とノウハウに焦点を置く、参加型のテイスティングテーブルに加え、シャントループにあるマーテルの歴史的シャトーを映し出す360度ツアーをお楽しみいただきます。革新的な「オーディオ・テイスティング」では、新たな方法でマーテルのコニャックをご堪能ください。 ラトリエ・マーテルのコンセプト全体が、完全な体験を生み出すことを目的にしており、その中ではお客様と一緒にメゾン・マーテルを探索できるように、現実とデジタルの世界が自然に統合されています。このように、ラトリエ・マーテル深センがご提供するパーソナライズ・サービスは、WeChatのミニプログラムでデジタル形式でご覧いただけますし、  ご来店前、ご来店後の店内での体験をさらに印象深いものにしています。 アトリエ・マーテル深セン 営業時間: 週7日、午前10時から午後10時 所在地: L123 store, L1 floor, Tower 1, One avenue, No. 348, Fuhua Road, Futian District, Shenzhen City, Guangdong Province, China メゾン・マーテルについて 1715年にジャン・マーテルが設立した最古のコニャックハウスであるメゾン・マーテルは、コニャックの繊細さと優雅さで世界中にその名が知られています。これは、9代にもわたって受け継がれてきたノウハウの成果です。職人技への情熱と、テロワール(生育地の地理、地勢、気候による特徴)に対する深い愛着で、メゾン・マーテルは、1912年のアイコン的なマーテル・コルドンブルーから、現代の先駆的なマーテル・ブルーに至るまで、新たな表現のコニャックの世界を切り開き、その大胆な姿勢が特徴となっています。 写真提供: https://mma.prnasia.com/media2/1274782/l_atelier_martell_shenzhen.jpg?p=medium600  ロゴ: https://mma.prnasia.com/media2/1041130/Martell_Logo.jpg?p=medium600  メディア窓口 Maison MartellGaëlle Marcel, gaelle.marcel@pernod-ricard.com
  • AppGalleryがUltimate Guitarとともに独占的ベネフィットを提供
    *30カ国のUltimate Guitarユーザーは、AppGalleryの3カ月間の無料プレミアムサブスクリプションを楽しむことができる 深セン(中国) 2020年9月17日 /PRNewswire/ --  140万以上のタブラチュアおよびコードの有力なオンライン・タブラチュアアーカイブであり、急成長するギタリストコミュニティーでもあるUltimate Guitarは16日、AppGalleryとの3カ月長期キャンペーンの開始を発表した。この強化されたパートナーシップは、30カ国(注)にある2つのコミュニティーでユーザーの拡大とブランド認知を促進するのが狙い。9月から12月まで展開される今回のコラボレーションは、独占的ベネフィットとプレミア体験をAppGalleryユーザーに提供する。 ▽世界のファーウェイ・ユーザーに恩恵をもたらす 今回のコラボレーションの一環として、Ultimate Guitarは同社のプレミアムサブスクリプションサービスUltimate Guitar Proの独占的な3カ月無料トライアルをAppGalleryユーザーに提供し、これによって30カ国のAppGalleryユーザーはギター練習に役立つTempo Control、Tab Playbackなど、より多くの機能にもアクセスできる。 Ultimate GuitarのJonathan Kehl副社長(グローバルビジネス開発担当)は「われわれはファーウェイ(Huawei、華為技術)とこのキャンペーンで提携できたことを大変うれしく思う。われわれがHMS統合プロセスで受けたサポートは大変素晴らしく、ユーザーが期待し、相応しい素晴らしいアプリ体験を開発者が生み出すことを支援するというファーウェイのコミットメントを明確に示している。当社は世界で10億人のミュージシャンを生み出すという大胆な目標の実現を目指しており、ファーウェイとの協力関係を拡大するとともに、より多くのAppGalleryユーザーをわれわれのロックンロールコミュニティーに迎え入れていきたい」と語った。 ▽HMS Coreによる技術サポート Ultimate Guitarはファーウェイおよび今回の提携への信頼の証しとして、6つのHuawei Mobile Services(HMS)Coreキットを同社アプリと統合した。Ads Kit、Analytics Kit、Push Kitsなど実装されたツールキットによって、Ultimate GuitarはAppGalleryを通じてよりスムーズでセキュアな体験をギタリストに提供することができる。 パートナーシップ責任者であるSasha Smirnova氏は「ファーウェイと協力することは、当社チームにとって素晴らしい体験だった。われわれは、表面化した問題解決を支援し、プロジェクト全体を通じてガイダンスを提供するAppGallery技術サポートを受けた。HMS Core統合プロセス全体は当社チームとスムーズに進み、予定よりもほぼ1週間早くパブリッシュすることができた」と語った。 ▽AppGallery-世界でトップ3のアプリマーケットの1つ 170以上の国・地域で開始されたAppGalleryは、4億9000万以上のアクティブユーザーの多様であるが集中的なニーズに応えることにコミットしている。このアプリマーケットプレースは世界および地元の開発者とのパートナーシップを積極的に追求し、参加を求めている。これによって、AppGalleryはあらゆる人々が利用できるオープンで革新的なプラットフォームになっている。 AppGalleryは開発者の重要性と貢献を高く評価し、開発者の成功に全面的に専念している。AppGalleryはあらゆるサポートと、いくつかの開発者中心のイニシアティブを世界の開発者に提供し、開発者がアプリ開発でさらなるイノベーションを発揮することを支援している。 詳細はHuawei Developerウェブサイトhttps://developer.huawei.com/consumer/en/ か、Huawei Developer Forum(https://forums.developer.huawei.com/forumPortal/en/home )を参照。 (注)デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ポーランド、トルコ、イスラエル、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、南アフリカ、フィリピン、ロシア、コスタリカ、メキシコ、パナマ、アルゼンチン、チリ、ドミニカ共和国、ホンジュラス、パラグアイ、ボリビア、コロンビア、エクアドル、グアテマラ、ペルー、エルサルバドル、ウルグアイ  
  • スロベニアが自転車レースの世界の頂点に立つ理由
    中央ヨーロッパの緑豊かな自転車スポーツ天国:世界最強のサイクリストを生む世界屈指の多様なサイクリングルートの地スロベニア リュブリャナ(スロベニア), 2020年9月17日 /PRNewswire/ -- 緑の美しさと社会の安全が世界有数であり、「Green & Safe」認証ラベルを誇るスロベニアは、アクティブな国民性とヒーロー的な超一流スポーツ選手を輩出していることで知られています。世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスにおけるスロベニアの自転車選手たちの歴史的な勝利以来、人口がたった200万人の国がそのような成功を収められるのはなぜかを問う声が少なくありません。理由はたくさんあります。その大半は元をたどれば、 @rogla (プリモシュ・ログリッチ選手)と @TamauPogi (タデイ・ポガチャル選手)の個人的な努力とスキルによるものですが、そのほかの理由を以下に紹介します。 Roglič and Pogačar: Slovenian Cycling super-heroes   スロベニア国民のDNAに刻まれたスポーツ愛 スロベニアでは変化に富む自然環境の中で、ありとあらゆるアウトドア活動が体験できます。ヨーロッパの魅力が詰まった「ポケット」ともいえるでしょう。都会と田舎の比率は約半々なので、ほとんどの国民にとって大自然は身近な存在です。快適な気候も魅力である世界有数の絶景に恵まれたサイクリングルート を求めて、年中ほとんど絶え間なく圧倒的な数の自転車スポーツ愛好者が訪れます。  ありとあらゆる観光スポットに近接しており、ヨーロッパ各地域からアクセスしやすい距離に位置していることも人気の理由に数えられます。山に向かえば初心者から世界級の自転車選手まで、全レベルに合った マウンテンバイクルートが数限りなくあります。マウンテンバイクライダーには、アルプス山脈の牧歌的な雰囲気と岩の多い山道を求める人もいれば、緑の丘陵を楽しみたい人もいます。スロベニアでは、その両方が体験できます。クランスカゴーラ (Kranjska Gora) やソカバレー (Soča Valley) があるジュリア・アルプス山脈や北東部のコロシュカ(ケルンテン)地方は、世界屈指の息を呑む景観のマウンテンバイクのホットスポットです。一方で、ログラ(Rogla)、マリボルスコ・ポホルジェ(Mariborsko Pohorje)、ズレチェ・ポホルジェ(Zreško Pohorje)は、あらゆるロードサイクリストにとって夢の地であり、アスリートの夏期トレーニングに絶好なマイクロクライメイト(その地域だけの周囲と異なる特殊な気候環境)を提供します。 スロベニア 横断ルート(TRANS Slovenia Route)はマウンテンバイク(MTB)愛好者の間で最も人気があるルートです。スリルを求めるマウンテンバイクライダーは、多種多様なMTBパークで興奮を満喫することができ、中でも特に人気が高いのは大木が生い茂るコチェーヴィエ(Kočevje)などです。 ほかにも、スロベニアの街の自転車巡り や ワインぶどう畑の丘陵地帯を自転車で走り、スロベニアの伝統料理のグルメを堪能することもできます。お一人ひとりの個性次第でどのような冒険も可能ですが、スロベニアの数え切れないスポットは誰でも何かしら楽しめる魅力を提供します。 スポーツはスロベニアで特別な意味を持っています。今年の9月23日、スロベニア国民は新たな祝日である「スロベニアスポーツの日 (Day of Slovenian Sport)」を祝います。 詳細はこちらをご覧ください。 写真はこちらよりご覧ください。   公式SNS: Facebook | Twitter | Instagram | LinkedIn 写真 - https://mma.prnasia.com/media2/1275601/roglic_pogacar_slovenian_cycling_super_heroes.jpg?p=medium600Related Links :https://www.slovenia.info
  • HMSエコシステムが開く新境地でグローバル開発者によるデジタルの未来の創造が可能に
    【深セン(中国)2020年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)は16日のファーウェイ開発者会議2020「Together」で、ファーウェイモバイルサービス(HMS)エコシステムのアップデートを発表した。ファーウェイ・コンシューマー・ビジネスグループ・消費者クラウドサービス部総裁のZhang Ping'an氏は「HMSで一緒に遊ぼう」と題した基調講演を行い、2020年の成果を強調、HMSエコシステムの登録開発者が180万人とファーウェイ開発者会議(HDC)2019当時の倍になったと発表した。 「HMSで一緒に遊ぼう」と題し基調講演を行うファーウェイ・コンシューマー・ビジネスグループ・消費者クラウドサービス部総裁のZhang Ping'an氏 Zhang氏は「HMSエコシステムは世界で3番目に大きくなり、HMS coreは驚異的な改善を成し遂げた。われわれは多くのファーウェイチームと力を合わせ、この1年で不可能を可能にした」と語った。 ▽HMS - 世界で3番目に大きなエコシステム 2020年8月時点で、HMS Coreには9万6000のグローバルアプリが組み込まれている。HMS Appsは引き続き世界中でリリースされており、HUAWEI Music、HUAWEI Video、HUAWEI Themes、HUAWEI Reader、HUAWEI GameCenterといったコンテンツアプリがさまざまな国や地域で主役になりつつある。 HMSエコシステムへのグローバル開発者登録が急増 AppGalleryには現在、昨年の6000を上回る7万3000の海外アプリがあり、世界中で7億人のユーザーに利用されている。ローカルのアプリやサービスも、AppGalleryの「グローバル+ローカル」戦略に沿って毎日追加され続けており、消費者にオールシナリオ体験を届けている。2020年1月から8月までで、トップ3のアプリストアであるAppGalleryのアプリは、2610億回配布された。 HMS電話は世界中の消費者の間でますます人気が高まっている Zhang氏は「HMS携帯電話のグローバル販売は、開発者、パートナー、とりわけ世界中の消費者の強力な支持により、今年の5月から急速に伸びている。これを受けて、当社の完全にオープンな機能を使って皆さんのイノベーションを実現させ、より多くの消費者にメリットがもたらされるよう、より多くの開発者やパートナーに積極的な参加を呼び掛けている」と語った。 ▽HMSが5つの基本サービスエンジンを紹介 ファーウェイは、検索、マップ、決済、ブラウザ、広告の5つの基本サービスエンジンをグローバル開発者に紹介した。 5つのHMS基本サービスエンジンがグローバル開発者のイノベーションを促す HMS検索エンジンは、世界中の170以上の国と地域で利用できる。アプリ、スポーツ、金融など20を超える垂直産業で革新的かつ多様な検索体験を提供、50以上の言語をサポートしている。 HMSマップエンジンは、1億8千万以上の見所(POI)情報を収集し、経路計画、ドラッグアンドドロップ3Dシーンレイアウト、フルシーンの空間計算機能、精密なARウオーキングナビゲーションなど11の機能が利用できる。現在、2000以上の海外アプリがHMSマップエンジンに組み込まれている。 HMS決済エンジンは、グローバルでローカライズされたモバイル決済機能を開発者に提供し、開発者がビジネスの成功を達成するのを支援する。HDC 2019以降、アプリ内購入(IAP)サービスに組み込まれた海外アプリの数は619%増えた。 Huaweiブラウザは、インテリジェントで正確かつ高品質のウェブブラウジングサービスを提供するとともに、Quick App配布をサポートする。 HUAWEI Adsは、さらなる商業的成功を達成するため、開発者に効率的なトラフィック収益化サービスを提供する。グローバル市場に進出する開発者に、効率的なトラフィック収益化サービスを提供する。HUAWEI Adsに紐付けされた3100を超える海外アプリで、グローバル開発者は商業的成功を加速させている。 ▽HMS Core 5.0:全てのイノベーションを実現しよう HMS Core 5.0はHDC.2020で正式にリリースされ、アプリサービス、グラフィックス、メディア、AI、スマートデバイス、セキュリティー、システムの7つの主要分野のオープン機能をカバーしている。 HMS Core 5.0で7つのサービス分野にまたがる56のキットと1万2981のAPIが利用可能に  グラフィックスの場合、Computer Graphics KitがGPUテクノロジーを中心としたオープンな機能を提供、高性能のレンダリングフレームワークと一連のレンダリングプラグインでゲーム画面のレンダリング効率を向上させることでゲーム開発者をサポートする。ゲームアプリは、HMS Coreのコンピューターグラフィックキットを組み込むことで、平均フレームレートの向上と平均消費電力の削減の両方で11%近い数字を達成した。 AI分野では、ML Kitは豊富なテキスト、音声、言語、画像、顔や体の検出サービスを提供、開発者の容易かつ効率的なAIアプリづくりを支援する。現在、この機能は中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語の6言語でサポートされている。ML Kitに組み込まれたアプリは、全てのプラットフォームと全てのデバイスを簡単にカバーできる。 Huawei VRオーディオビジュアルプラットフォームは、破壊的かつ革新的なオーディオビジュアル体験を消費者に届ける、包括的技術プラットフォームを開発者に提供する。 Image KitはHUAWEIテーマの機能を活用、アニメーション効果や既製のテンプレートを提供することで、開発者がクリエーティブなコンテンツを素早く作成できるようにする。以前はこうした効果を得るには数千行のコードが必要だったが、組み込み後は2-3行のコードだけで済み、シンプルなパラメーターの設定でより優れたクリエーティブ効果を実現できる。 ファーウェイは、AppGallery Connect(AGC)を通じて、グローバル開発者にワンストップの非常に効率的な運用サービスを提供している。これには、HDC 2019から27のサービスを加えた68のサービスが含まれている。AGCを使用するアプリの数は90%増えた。 ファーウェイモバイルサービスは、6つの地域センター、7つのDIGIXラボを設置、各地域の技術専門家と運営スタッフが担当地域の開発者とパートナーにサービスを提供している。ファーウェイは、全ての地域の開発者のイノベーションを支援し、フルサポートを提供することで、彼らがローカルイノベーションをグローバルステージにもたらす手助けをし、同時にHMSエコシステムの成功を可能にしている。 HMS:われわれの暮らしを明るくするインスピレーションの火花 Zhang氏は「スターは未来を明るくする。われわれはこの1年で、世界で3番目に大きなエコシステムに成長した。世界中のスター開発者との協力を継続し、イノベーションの火を輝かせていく」と付言した。 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20200916/2919082-1-a?lang=0写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20200916/2919082-1-b?lang=0 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20200916/2919082-1-c?lang=0写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20200916/2919082-1-d?lang=0 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20200916/2919082-1-e?lang=0写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20200916/2919082-1-f?lang=0Related Links :http://www.huafans.cn
  • QuectelがSA800U-WFプレミアムスマートモジュールを発表、Android OSデバイスでのコンピューティングとマルチメディアアプリケーションを実現
    【上海2020年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】Quectel Wireless Solutions(https://www.quectel.com/ )は、組み込みのAndroid 9.0または10.0オペレーティングシステム(OS)を搭載したSA800U-WF(https://www.quectel.com/product/sa800uwf.htm )プレミアムスマートモジュールを発表した。新しいモジュールは、高性能、低消費電力の64ビットオクタコア・アプリケーションプロセッサーなどさまざまなマルチメディア機能に加え、内蔵Wi-FiとBluetoothを実装しており、強力なコンピューティング機能、マルチメディア機能、高度なデータスループットを必要とする産業用および民生用アプリケーションの両方にとって理想的になる。 このモジュールの高性能コンピューティングパワーによって、ビデオ対応の在庫管理、ビデオ会議、リモート学習、リモートビデオ診断を含む幅広いプロセッシング集約的なアプリケーションに適したものになる。さらに、マルチメディア機能とコンピューティングパワーを組み合わせることにより、モジュールは、ロボティクス、拡張現実、無人自動運転車両(UAV)、豊富なゲーミングなどの新しいアプリケーションの要求に対応できる。 SA800U-WFは最大4台のカメラをサポートし、2つのUSB 3.1インターフェースを提供し、毎秒60フレームで4Kビデオの録画と再生、および2 LCDでの最大4K解像度を可能にする。モジュールの豊富なメディア機能と高解像度イメージング機能は、オブジェクトの3Dスキャンにも適用できることを示している。タッチパネル、PCIe、UART、USB、I2C、SPIなどの完全なインターフェースセットは、高いコンピューティングパフォーマンスと強力なマルチメディア機能を必要とする幅広いユースケースにモジュールの適合性を拡張する。その可能性のある用途をいくつかあげると、ビデオ会議システム、ライブストリーミングデバイス、AI対応ロボット、スマートホーム、拡張現実および仮想現実システム、3Dスキャナー、スマートホームゲートウエー、自動販売機などがある。 QuectelのDoron Zhang最高執行責任者(COO)は「マルチメディア機能と高いデータレートを必要とする幅広いアプリケーションに最適な、この多用途で高性能モジュールを発売できたことをうれしく思う。組み込みのAndroid 9.0 / 10.0を備えたSA800U-WFは、高性能コンピューティング機能とマルチメディア機能を必要とするデバイスに最適なソリューションだ」と述べた。 ▽Quectelについて よりスマートな世界へのQuectelの情熱は、われわれにIoTイノベーションを加速するよう駆り立てる。高度に顧客中心の組織である当社は、傑出したサポートとサービスによって支えられる優れたセルラーおよびGNSSモジュールを開発している。当社の拡大し続ける専門家2000人以上のグローバルチームは、IoTモジュール業界では世界最大であり、当社が最初に市場に出し、開発のペースを設定し続けることを保証している。上海証券取引所(603236.SS)に上場されている当社の国際的リーダーシップは、世界中でIoTを推進することに専念している。 詳細な情報は以下を参照。 http://www.quectel.com LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/quectel-wireless-solutions )Facebook(https://www.facebook.com/quectelwireless )Twitter(https://twitter.com/Quectel_IoT ) ▽問い合わせ先 Ashley Liumedia@quectel.comRelated Links :http://www.quectel.com
  • Xinhua Silk Road:中国北部の霊丘県、貧困削減のために有機農業を探求
    【北京2020年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】中国北部の山西省霊丘県はこれまで、貧困削減のために有機農業開発を探る努力を続けてきた。 霊丘の取り組みは、大同市で9月12日に始まった第7回International Forum of Organic Agriculture(有機農業に関する国際フォーラム)で参加者らから幅広く称賛された。 中国農業大学のHu Yuegao教授は、世界は産業文明からエコロジカル文明への移行過程にあると指摘した。有機農業は農村地域の活性化という目標を達成し、そうした移行を促進するための優れた手法である。 フォーラムで専門家らは、有機農業は食品の安全性問題を効果的に解決し、資源利用を向上させ、究極的には持続可能な農業開発を達成させることができると指摘した。 山西省北東部に位置する大同市霊丘県は、豊富な天然資源に恵まれ、農業生産の長い歴史を有している。総人口は25万人で、このうち20万人が農業生産に携わっている。 霊丘県は貧困削減と生態系保護の両方を達成するために、2013年以来、有機農業をエコロジカルな貧困削減を進めるための効果的な手段としてとらえてきた。 有機農業とエコツーリズムによって、同県では貧しかった1万4547人が貧困状態から抜け出した。 霊丘は近年、有機農業を発展させ、地元のエコロジカルな環境を保護するために多岐にわたる措置を講じてきた。 同県は計画面積が1185平方キロに及び、208村の4万6000人の農民が関与する有機農業団地を立ち上げた。有機農業プロジェクトを積極的に活発するために146平方キロの地域に広がる有機農業の実証ゾーンも区域に建設された。 一方、霊丘は有機農業と優美な田園風景、エコツーリズムの組み合わせを特徴とする開発モデルも取り入れた。有機農業を中心とする6つのコミュニティーが建設され、新たな観光名所となった。 一例を挙げれば、6つのコミュニティーの1つであるChehe (チューフー)有機コミュニティーは、2014年の設立以来、42万人の観光客を受け入れた。このコミュニティーには総額3億8000万元(約5601万米ドル)が投資された。(https://en.imsilkroad.com/investment/index.html ) 霊丘における有機農業の総生産額はこれまで、農業の総生産額の約3分の1を占めている。そこでは20の有力農業産業化企業が操業している。 オリジナルリンク: https://en.imsilkroad.com/p/316219.html ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • 世界初のレベル4完全自動車両パーキングシステムがHuman HorizonのHiPhi Xに搭載
    【上海2020年9月17日 PR Newsiwre】中国のスマートモビリティーと自動運転研究の大手企業であるHuman Horizonsは、HiPhiXの生産車に世界初のレベル4自動バレーパーキング(AVP)システムが搭載されることを発表した。この発表は上海研究センターにおける開発と試験を成功裏に終えたことを受けたもので、最先端の自動運転技術研究にマイルストーンを記すものである。 世界初のレベル4完全自動車両パーキングシステムがHuman HorizonのHiPhi Xに搭載 Human Horizonsの創立者兼最高経営責任者(CEO)、Ding Lei氏は「Human Horizonsは、当社のプロジェクトではユーザーの安全を優先しながら運転の体験と効率性を向上するテクノロジーを活用する。当社はこれを念頭に置いて自動運転を促進し、大量消費市場に投入する体制が整ったV2Xテクノロジーを発表する」と言及した。 この新たに開発されたAVPは車両と道路を統合した技術のインテグレーションをベースにした最先端のレベル4自動運転体験をもたらす。レーザー、レーダー、通信デバイスといった駐車場の固定センサー機器は車両と障害物の位置特定と追跡が可能で、車両にこの情報を5Gで送り、安全な駐車スペースへと導く。ドライバーは駐車場のどこでも車から降車し、自動的に駐車することを車に任せることができる。帰るとき、ドライバーはモバイルアプリを使って自分の現在位置まで車を呼び出し、そのまま運転できる。 このAVP統合システムはGPS信号が届かない地下駐車場、ブラインドスポット、狭い曲り角などで自動運転車両が直面する困難を克服できる。これにより、HiPhi Xはこの分野における産業リーダーになっている。 HiPhi Xはこのテクノロジーを搭載し、2020年北京モーターショーでデビューしてレベル4の完全自動パーキングを達成した世界初の大量生産スマート電動車両になる。 AVPシステムの他、HiPhi Xで新たに導入されたオートパイロットシステムも開発の前面にユーザーの安全を位置付けたものだ。このシステムは航空機の安全設計と同じ原理を用い、バックアップコンポーネントとして二重冗長性システムを使用し、1つのコンポーネントが故障したときでさえシステムの信頼性を確保する。このシステムは静止状態から時速130キロの速度範囲で車両の発進、停止、ターン、運転が可能である。これにより、ドライバーは自分の足、手、目、注意を道路からはずすことができる。それを可能にするのは車全体に配置された24のセンサーである(スマートフロントビュー、周囲ビューカメラ、ミリ波レーダー、超音波レーダー、ドライバーの状況検知DMSカメラなどを含む)。これが高精度マッピング技術と一体になってHiPhi Xのレベル4自動パーキングを実現したことで、中国でこれを達成した初の生産車になった。 2019年、Human Horizonsはスマート車両、スマート道路、スマートシティーのエコシステムの戦略的青写真の一環として、江蘇省塩城市にV2X運転が可能な世界初のスマート道路を構築した。また、このチームは5G車両・道路・都市統合実証プロジェクトを上海のZhangjiang Artificial Intelligence Park(張江人工知能パーク)に立ち上げた。AVP、そして駐車場とハイウエーにおけるその応用を開始することで、コネクトされ、自動的でスマートなモビリティーというHuman Horizonsのビジョンが一歩近づいた。 ▽HiPhiについて HiPhiはHuman Horizonsが創出し、同社のユーザーによって強化される高級ブランドである。HiPhi Xは軽量のハイブリッド・アルミニウム構造で、かつ持続可能な植物由来のレザーとリサイクル可能な素材を使用した電気自動車(EV)であり、持続可能性を高めている。 ▽Human Horizonsについて Human Horizonsは、革新的で優れたインテリジェントモビリティー技術、ならびに未来志向のスマート車両の工業化を研究・開発する目的で設立された。さらに、Human Horizonsはスマート輸送技術を構築してスマートシティーの開発に貢献し、人間のモビリティーを再定義する。 ドライバーは自分の足、手、目、注意を道路からはずすことができる。それを可能にするのは車全体に配置された24のセンサーである(スマートフロントビュー、周囲ビューカメラ、ミリ波レーダー、超音波レーダー、ドライバーの状況検知DMSカメラなどを含む) ソース:Human Horizons
  • DoubleVerifyが世界中の広告主向けに正確で関連性の高い広告配信を行う カスタムコンテクスチュアルターゲティングのベータ版をローンチ
    グローバル調査により69%のユーザーは閲覧中のコンテンツと文脈的に関連する広告に関心を示す可能性が高いことが明らかになりました。 東京2020年9月17日/PRニュースワイヤー/ - デジタルメディア測定、データおよび分析のソフトウェアプラットフォーム大手のDoubleVerify(以下、DV)は、カスタムコンテクスチュアルターゲティングのベータ版ローンチを発表しました。  本機能により、広告主はキャンペーンでコンテクスチュアルターゲティングができるようになるほか、ヨーロッパでのEU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA:California Consumer Privacy Act )といったグローバルにおけるプライバシー保護の枠組みを遵守することができます。また、ChromeやSafariなどブラウザでのCookie廃止措置をうけて、Cookieトラッキングではなく、カスタムコンテクスチュアルターゲティングによるユーザーの興味や意図に基づく効果的なオーディエンスターゲティングを実現することで、マーケターのニーズに応えます。 「ポストCookie時代におけるメディアパフォーマンスの向上は、当社にとって引き続き最重要課題です。」とDoubleVerify CEOのマーク・ザゴルスキー氏は述べています。「DVは2020年のはじめにAuthentic Performance(TM)をローンチしました。これは、キャンペーンのパフォーマンスを向上させるため、広告表現による反応からユーザーエンゲージメントの主要な指標に至るまで、広範囲の予測データをリアルタイムに提供する市場初のソリューションです。現在、カスタムコンテクスチュアルターゲティングで、キャンペーンの関連性の大幅改善とユーザーのプライバシー対策に広告主が対応できるよう設計された高性能なソリューションを追加しています。」 DV独自のコンテクスチュアルターゲティングセグメントで、閲覧中のコンテンツの関連性に基づいてユーザーにリーチできるようになり、キャンペーンのパフォーマンスが改善されます。カスタムコンテクスチュアルターゲティングのもう1つの大きな利点は、複数の買付プラットフォームやキャンペーンにおけるコンテクスチュアルコントロールの設定およびメンテナンスに伴う管理時間や複雑さを削減できることです。カスタムコンテクスチュアルターゲティングの設定は当社のサービスおよび分析の統合プラットフォームであるDV Pinnacle(R)で一元管理されており、このプラットフォームを介してパートナーのDSPに同時に反映されます。 ユーザーは文脈的に関連している広告をより受け入れている DVの最新のグローバル調査結果では、コンテクスチュアルターゲティングの影響が強調されています。 69%のユーザーは関連するコンテンツの側に配信された広告に反応する可能性が高い。 44%のユーザーは過去数ヶ月、閲覧したコンテンツの側にある関連広告をみたことにより、新しいブランドを試そうとしたことがある。 (1) この調査はSapio Research とDoubleVerify共同で2020年5月から6月にかけてオンラインを使って実施されました。フランス(2000人)、ドイツ(2022人)、イギリス(2000人)、スペイン(2000人)の10,025人のユーザーが調査の対象となりました。 「我々のデータはユーザーが広告を受け入れていることを示していますが、大多数(69%)はブランドのオンラインプロモーションがすでに閲覧したことがあるコンテンツに関連しているとき、より好意的であることがわかりました。カスタムコンテクスチュアルターゲティングは、将来に備えた広告エコシステムの必要不可欠なパーツです。」とDoubleVerify チーフプロダクトオフィサーのジャック・スミス氏は断言します。 どのようにDVのカスタムコンテクスチュアルターゲティングが動作するのか セマンティック技術はカスタムコンテクスチュアルターゲティングの中核となります。オントロジーと機械学習を活用してページレベルでの正確なコンテンツ分類を行い、最も深くて最も正確なカバレッジを保証します。熟練した言語学の専門チームがDVのコンテンツとコンテキストのセマンティック技術を44の言語で微調整します。  広告主はDV Pinnacle(R)から、430以上のIABカテゴリはもちろんのこと、季節性カテゴリ、行動カテゴリ、カスタムカテゴリに基づいたターゲティングセグメントを構築できます。セグメントはサイト、アプリ、言語のインクルージョン/エクスクルージョンリスト、そして特定のヘッドラインキーワードリストを含めるよう調節できます。未分類コンテンツを含める機能や、サイトやアプリの例外リストといった高度な設定により、ブランドの幅広いスータビリティ(適合性)制御から特定のサプライソースを除外することで、キャンペーンの規模拡大が可能となります。ページレベルで分類されているコンテンツのみを含めるといった拡張機能は、より正確なターゲティングに役立ちます。 「ユーザー、プラットフォーマー、規制機関のどれもが、これまでのCookieに基づいたターゲティングの枠組みから変革する時であることを示しています。」とスミス氏は説明します。「我々のカスタムコンテクスチュアルターゲティングは、正確さ、透明性、可測性のマーケターのニーズを犠牲にすることなく、まさにこれを実施します。新しいソリューションは、広告主が関連性のあるユーザーに、正しい場所と適切なタイミングでリーチする手助けをすることになるでしょう。」 現在はベータ版をご利用いただけます。完全版は年内に公開される予定です。詳細についてはprogrammaticsales@doubleverify.comにご連絡ください。 DoubleVerifyについて DoubleVerifyはデジタルメディア測定、データおよび分析の大手ソフトウェアプラットフォームです。DVのミッションは、世界最大のブランド、パブリッシャー、デジタル広告プラットフォームのためのデジタル広告の品質と有効性に関する透明性とデータドリブンなインサイトの最も信頼できる情報源になることです。DVの技術基盤は、品質を最大限に向上させるために利用できる一貫性のある公平なデータと分析を広告主に提供し、デジタル広告投資に利益をもたらします。DVは2008年より、より良い業界の構築を支援するデジタル広告のエコシステムに、クラス最高のソリューションを提供することによって、フォーチュン500の数百社がメディア出資から最大の利益を上げることを支援してきました。詳細はwww.doubleverify.comをご覧ください。 (日本語リリース:クライアント提供) Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200623/2838527-1logo?lang=0Related Links :http://www.doubleverify.com
  • Xinhua Silk Road:中国東部の寧波市がスマート都市建設を加速
    【北京2020年9月17日PR Newswire】一帯一路(https://en.imsilkroad.com/ )構想(BRI)(https://en.imsilkroad.com/z/200424-7/index.shtml )の重要な貢献者であり、中国の製造業部門をさらに発展させるための国家戦略計画の実行を主導している中国の都市の1つである中国東部の寧波市は、スマート都市建設を加速している。 2020年9月11日、中国東部の浙江省寧波での第10回Smart City and Intelligent Economy Expo(スマート都市・インテリジェント経済展示会)で5G対応デバイスを用いてVRゲームをするビジター 寧波は今年6月5日、2020-2022年の期間中の新しいインフラストラクチャー建設を推進するための行動計画を発表し、都市ガバナンスと公共サービスをよりスマートにするため、ガバナンス、ヘルスケア、産業経済などの分野でクラウドコンピューティング、ビッグデータ、インターネット・オブ・シングス、5G、人工知能、ブロックチェーンの技術を使用すると指摘した。 この沿海都市は8月8日、4億6000万元の投資(https://en.imsilkroad.com/investment/index.html )によって、都市ブレーン・プロジェクトを開始した。行政サービス、法執行機関の監視、社会ガバナンス、人々の福祉向上のためのサービスのデジタル化を優先する同プロジェクトは、寧波のデジタルかつインテリジェント、スマートなガバナンスの中心的インフラストラクチャーと見なされている。 同市はスマート都市建設の基盤である5Gネットワークの構築を特に重視している。第10回Smart City and Intelligent Economy Expoの会議で、Ningbo Municipal Economic and Information Technology Bureau(寧波市経済・情報技術局)の当局者であるChen Chenghai氏は、今年8月末現在、9458の5G基地局が寧波で建設されており、5G信号は同市の主要な市街地、港湾をカバーしている、と語った。 寧波は、5Gにインテリジェント港、インテリジェント運転、スマート文化・観光、インテリジェント製造、産業インターネットを加えた幾つかの典型的な応用実証事例を構築した。例えば、中国で最も出入りの多い港である寧波舟山港(Ningbo Zhoushan Port)は4月からクレーンを制御するために5G技術を使い始めており、これは同国では今までに類をみないものである。 Chen氏は、次のステップでは、寧波はスマート都市建設を強化するため、5Gネットワークの展開を加速し続ける、と語った。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/316215.html  ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • WeLab BankがSolaceと提携してデジタルバンキングの野望を達成
    【香港2020年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】地場のバーチャル銀行WeLab Bank(WeLab Bank )は、マルチクラウド・ベンダーコミュニケーションを確立するため、テクノロジーアーキテクチャーのコアコンポーネントとしてSolaceを選択した。WeLab BankはSolace PubSub+(Solace PubSub+ )を使用してインフラ全体を複数のクラウド上で稼働させ、顧客情報が確実に保護され、安全が確保されるようにする。SoLabとの提携を通じて、WeLab Bankは革新的かつ画期的な金融サービス商品を全ての顧客に提供し続けることもできる。 Solaceのテクノロジーは、WeLab BankがTemenos Cloud Core BankingやFast Paymentなどの主要なバックエンドシステムを接続して、リアルタイムのデータフローにとって重要なイベント駆動型マイクロサービスを実現するのに役立つ。これにより、WeLab Bankは重要なビジネスイベントに迅速かつ効率的に対応し、顧客にシームレスなバーチャルバンキング体験を提供できるようになる。加えて、バーチャル銀行のインフラ全体を、高い拡張性をサポートする堅固な基盤を備えたクラウドに置くことで、次世代デジタルサービスを24時間365日顧客に提供することができる。 WeLab BankのKenneth Chau最高技術責任者(Kenneth Chau )は「Solaceは、地域の有力バーチャル銀行になるという当社のビジョンをサポートするのに必要な拡張性を提供してくれる。WeLab Bankはマイクロサービスアーキテクチャーを通じて、GoSaveや、アジア初のナンバーレス・デビットカードの1つ、WeLabデビットカードといった革新的製品を生み出し、展開することができる。Solaceの安全で拡張性の高いメッセージングバックボーンは、WeLab Bankが現在および将来のデジタル銀行サービスの、市場投入までの時間を短縮するのに非常に役立っている」と語った。 SolaceのSumeet Puri最高技術ソリューション責任者(Sumeet Puri )は「Solaceは、WeLab Bankと協力して次世代バンキング体験を実現することで、香港のデジタルバンキング革命に参画することを誇りに思う。差別化を図り、急速に進化する金融サービス部門で成功を望む金融機関は、リアルタイムデータを活用して革新的サービスを提供する新たな方法を模索すべきだ。さもなければ、取り残されてしまう恐れがある」と語った。 ▽WeLab Bankについて WeLab Bank Limited(「WeLab Bank」または「Bank」)は、香港金融管理局(「HKMA」)の認可を受けた地場のバーチャル銀行である。金融とテクノロジーの専門家チームにより設立されたWeLab Bankの使命は、顧客のニーズを理解し、顧客が自分の資産を管理し増やすのに役立つ個別化されたフルサービスのバンキング体験をデザインすることである。WeLab Bankは、シンプルで直感的、かつ顧客主体の100%デジタルバンキング体験を代表する。WeLab Bankは、いずれも顧客体験とデータセキュリティーにこだわってデザインされた強力なモバイルアプリとナンバーレス・デビットカードに注力している。WeLabBankは、アジアの大手フィンテック企業WeLab Holdings Limited(「WeLab」)の完全所有子会社である。 詳細については、www.welab.bank を参照するか、Instagramでwelab.bank(welab.bank )のフォローを。 ▽Solaceについて Solaceは、大企業が事業活動と顧客とのやり取りをイベント駆動型にするのに必要な全てを提供することで、大企業が最新かつリアルタイムとなることをサポートしている。市場初で唯一のイベント管理プラットフォームPubSub+で、同社はイベントを生み出し、文書化、発見、ストリーミング化してイベントの発生場所から消費する必要のある場所まで、安全、確実、迅速、そして保証する包括的な方法を提供している。Solaceのテクノロジーの背後には、資本市場、リテール、ゲームから宇宙、航空、自動車に至るまで、様々な業界でグローバル企業が非常に困難な課題を解決する手助けを20年近くしてきた経験のある、世界をリードするデータ移動の専門家グループが控えている。SAP、バークレイズ、カナダロイヤル銀行といった名門企業、ルノー、グループPSAなどの多国籍自動車メーカー、Jioなど業界の創造的破壊者は、Solaceのイベントブローカーテクノロジーを利用してレガシーアプリを最新化、最新のマイクロサービスを展開、イベントメッシュを構築し、自社のハイブリッドクラウド、マルチクラウド、IoTアーキテクチャーをサポートしている。 詳細については、https://solace.com を参照。 ▽メディア関係問い合わせ先 RICE for Solace solace@ricecomms.com +65 3157 5685 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1142738/Solace_Logo.jpg?p=medium600Related Links :https://solace.com/
  • 『ディズニー ポップタウン』 祝1周年!前夜祭キャンペーンが本日スタート!
    |弾けるポップ!広がるタウン!夢と魔法の世界で街づくり! |『ディズニー ポップタウン』サービス1周年記念に新規コンテンツをアップデート! |サービス1周年に向けて前夜祭イベント開催! 【ソウル(韓国)2020年9月17日PR Newswire】 株式会社SundayToz(本社:韓国Gyunggi-do、代表取締役社長:キム・ジョンソプ。以下SundayToz)は、ディズニーのキャラクターを使用したパズルゲーム『ディズニー ポップタウン(Disney Pop Town)』(以下、ディズニー ポップタウン)において、2020年10月23日にサービス1周年を迎えることをお知らせします。 これを記念して、2020年9月17日(木)よりサービス1周年を記念した前夜祭キャンペーンを開催いたします。 下記イベント詳細をご参考の上、ぜひ『ディズニー ポップタウン』で1周年前夜祭キャンペーンをお楽しみください! ディズニー ポップタウン |「祝1周年!前夜祭キャンペーン」概要 キャンペーンその1! 『ライオン・キング』イベント! -イベント期間中、パズルをプレイすると『ライオン・キング』スペシャルミッションが発生するよ! -ミッションクリアで獲得した「貝殻」を集めて『ライオン・キング』のコスチュームをゲットしよう! -イベント期間:2020年9月17日(木)から2020年10月1日(木)まで キャンペーンその2! いつもの2倍!デイリーBOX! -イベント期間中、一日一回ショップでもらえるデイリーBOXのアイテムが2倍になるよ! -ルビー最大10個獲得できるビッグチャンス! -イベント期間:2020年9月24日(木)から2020年10月5日(月)まで キャンペーンその3! 毎日ログインで「幸運のチケット」ゲット! -イベント期間中、一日一回15時~18時にログインすると、ガチャが回せる「幸運のチケット」がもらえるよ! -期間中は毎日ガチャを回して、かわいいコスチュームをゲットしよう! -イベント期間:2020年10月1日(木)から2020年10月5日(月)まで キャンペーンその4! Twitterリツイートキャンペーン! -イベント期間中、『ディズニー ポップタウン』のTwitter公式アカウントをフォローしてイベント内容をリツイート! -リツイート数が一定数を超えると、もらえるアイテムが増えていくよ! -さらに、リツイートしてくれた方の中から抽選で20名様に幸運のチケット100枚をプレゼント! -イベント期間:2020年9月22日(火)から2020年10月5日(月)まで その他にも「JOYのロケット集め」や「ルーレットイベント」等、アイテムがもらえるイベントが盛りだくさん! |大型アップデート「シーズン2」 のお知らせ! 2020年10月6日(火)、『ディズニー ポップタウン』では大型アップデートを予定しています! 遊び方が広がる新規コンテンツの追加や、1周年記念スペシャルイベントも開催予定! 2020年9月17日(火)より、順次新規コンテンツの情報を公開していきますので、 ぜひこの1周年にご期待ください! ■『ディズニー ポップタウン』概要 【価格】 基本プレイ無料、一部アプリ内課金 【対応端末】 Android:Android OS 5.0以上 メモリ(RAM)1.0GB以上 iOS:iOS 10以上 iPhone 6S、iPad Air 2、iPad mini3以降 【配信地域】 アジア地域(※中国と韓国及び一部地域を除く) ■ゲーム公式サイト https://poptown.sundaytoz.com/ ■「SundayToz」LINE公式アカウント @sundaytoz ■ゲーム公式Twitter https://twitter.com/poptown_jp ■『ディズニー ポップタウン』ダウンロードはコチラをタップしてください▼ ・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sundaytoz.line.joy ・App Store:https://apps.apple.com/app/id1471067625 ■コピーライト (C)Disney (C)Disney/Pixar ■問い合わせ先:pr1@sundaytoz.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200915/2910014-1?lang=0Related Links :http://www.sundaytoz.com
  • easyMarketsがレアル・マドリードと3年間のスポンサー契約
    リマソル(キプロス) 2020年9月16日 /PRNewswire/ -- easyMarketsは、世界で最も有名なチームの1つで、2020年のLa Liga Championであるレアル・マドリードとの将来的なパートナーシップを発表できて興奮している。 easyMarkets Signs a Three Year Sponsorship Deal with Real Madrid 同社は、2020/21シーズンの始まりから今後3年間クラブのOfficial Online Trading Partnerとなることを発表した。これには、easyMarketsのブランディングの取り組みに素晴らしい価値を与え、確立された金融サービス企業にこれまでにないレベルの評判をもたらす可能性がある。 最高マーケティング責任者(CMO)であるOhad Golan氏はスポンサーシップについて「easyMarketsは、すぐ認知され、豊かな歴史があり、忠実で熱心なファン層を持つチームとの提携を目指していた。」 「われわれは、試合ごとに数百万人が注目する世界的に魅力のある組織との契約を求めていた。そして、レアル・マドリードはその明確な選択だった。」 「今後もレアル・マドリードの絶大な人気と世界的な魅力を戦略的に活用できるのを楽しみにしている」とコメントした。  レアル・マドリードのInstitutional Relations Director、Emilio Butragueno氏は「レアル・マドリードとeasyMarketsはどちらも各業界のリーダーであり、共通の価値観を持つ。20/21シーズンから、Official Online Trading Partnerとして彼らと一緒に仕事を始めるのが楽しみだ」とコメントした。 ▽easyMarketsについて easyMarketsは、全ての市場へのアクセス、革新的な取引プラットフォーム、簡単な取引と価格透明性へのコミットメントを持つ受賞歴のある世界的なブローカーである。 easyMarketsは取引の民主化というアイデアの下に創設された。当社の目的は、望む人には誰でも市場へのアクセスを提供することだった。結果として、当時Forex(外国為替)しか提供していなかったオンライン取引業界を根本的に変えた。2001年、当社は25ドルから最初の入金を受け付け、手間のかかる銀行送金(振込)ではなくクレジットカードを用いてオンラインで処理した。顧客の忠誠心が当社の成長につながった。 長年にわたり、当社はグローバル・インデックス、エネルギー、金属などを含めCFD製品を拡大してきた。2016年には、easy-forexからeasyMarketsにリブランディングした。当社は取引を民主化し、より簡単にアクセスできるようにしたが、当社が新たに顧客に提供できるものは常にもっと存在している。 当社は、投資した額より大きな損失が出ない真のオンライン取引プラットフォームを初めて提供した。無料のストップロス保証、insideViewer、Freeze Rate、そして少額の手数料で1時間以内に損失の出た取引を取り消すことができる当社の最も革新的なツールのdealCancellationなど、価値ある取引ツールと条件を提供して革新を続けている。 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1274917/easyMarkets_Logo.jpg?p=medium600 Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1274915/easymarkets_realmadrid.jpg?p=medium600     
  • マンチェスターシティとネクセンタイヤがパートナーシップ延長
    マンチェスター(英国), 2020年9月16日 /PRNewswire/ -- *発表は2015年に開始されたパートナーシップの第3期入りを意味 *ネクセンタイヤは男子/女子チームの全試合、男子トレーニングキット、マンチェスターシティeスポーツチームの公式スリーブパートナー *パートナーシップはサッカーと大胆なデジタルマーケティング・キャンペーンを通じて、青少年を力づけることに重点 マンチェスターシティ(Manchester City)は韓国の大手タイヤメーカー、ネクセンタイヤ(Nexen Tire)との戦略パートナーシップを更新したと発表、複数年の新契約によって提携は第3期に入った。パートナーシップは2015年に始まり、男子/女子チーム、エリート育成チーム、eスポーツプレーヤー、また、デジタルコンテンツ・キャンペーン、世界の草の根サッカープログラムを含むところまで成長した。 The Manchester City team sporting the official 20-21 kit with Nexen Tire, their official sleeve partner パートナーシップは2017年3月、スリーブパートナーを発表した初のプレミアリーグクラブという歴史を作り、2017/18シーズン入りを期してネクセンタイヤのブランドをユニフォームに付けるようになった。ネクセンのスリーブパートナーシップは2020/21シーズンのスタートからシティ女子チームの国内全試合、男子チームのトレーニングキット、マンチェスターシティeスポーツチームに拡大され、ネクセンタイヤは一貫してチームと試合全体のスリーブパートナーになる。 ネクセンタイヤのプレゼンスはピッチ外でも一軍バス、および、シティ・フットボール・アカデミー(City Football Academy)とエティハドスタジアムを結ぶネクセンタイヤ橋などエティハドキャンパス各主要地点のブランディングで広がる。 パートナーシップは草の根サッカー支援に与える影響、青少年の生活を向上させるプラットフォームとしての利用でも重要である。これらのプロジェクトの中で最も注目すべきは、イーストロサンゼルスにあるシティ・フットボール・ファンデーション(City Football Foundation)のコミュニティーピッチである。それは地元の子どもが遊んだり、交流する安全な場所を提供し、ネクセンタイヤが全米最大級の青少年サッカー大会、ネクセン・マンシティ・カップ(Nexen Man City Cup)の主催パートナーになっている。 ネクセンタイヤはマンチェスターシティとのパートナーシップを活用して、ネクセンタイヤ主要市場・消費者の多数が関与する一連の大胆なデジタルマーケティング・キャンペーンにも着手した。これは今後数カ月に刺激的なコンテンツシリーズを開始し、次期パートナーシップでも引き続き焦点になる。 シティー・フットボール・グループ(City Football Group)のFerran Soriano最高経営責任者(CEO)は「マンチェスターシティはネクセンタイヤと協力して多くのマイルストーンを経験しており、スリーブパートナーを始めた初のプレミアリーグクラブになったあと、スリーブ上のネクセンタイヤとともに相次いでプレミアリーグのタイトルを祝福できて喜んでいる。われわれは、ネクセンタイヤが刺激的なデジタルコンテンツ・キャンペーンをつくり出す熱意、また、世界中の若者に好きなスポーツをプレーする機会を提供するシティの情熱を共有していることに感動している。ネクセンタイヤはわれわれとマンチェスターシティの一部になるまで成長し、成功しているパートナーシップが3期目に入ることを楽しみにしている」と語った。 ネクセンタイヤのTravis KangグローバルCEOは「われわれは2015年、その無限の可能性と今後の多くの機会をみて、マンチェスターシティと初めて提携した。われわれの関係は過去5年ますます強力になり、グローバル市場の自社プレゼンスを押し上げることもできた。このパートナーシップ延長を使い、戦略パートナーとしての相乗効果を構築し続け、デジタルキャンペーン・シリーズと刺激的な青少年プログラムの展開によって企業価値を共有する」と語った。 ▽マンチェスターシティフットボールクラブ(Manchester City Football Club)について マンチェスターシティFCは、1880年にマンチェスターのセントマークス・ウエストゴートン(St Mark's West Gorton)として結成された英国プレミアリーグのクラブである。1894年に正式にマンチェスターシティFCとなり、それ以来4回のプレミアリーグタイトル(2012年、2014年、2018年、2019年)、6回のFAカップなど欧州大会を制している。マンチェスターシティFCはシティー・フットボール・グループ(City Football Group)の10チームのうちの1つで、ニューヨークシティFCとメルボルンシティFCなどが姉妹クラブである。 世界サッカー界で最も評価の高い監督の1人であるペップ・グアルディオラ(Pep Guardiola)監督の下、2003年から5万5000人収容のエティハドスタジアムをホームとして、国内リーグとUEFAチャンピオンズリーグに参戦している。スタジアムは今日、イーストマンチェスターの中心にある最先端トレーニング・青少年育成施設、シティ・フットボール・アカデミー(City Football Academy)を擁する広大なエティハドキャンパスの一部をなしている。シティ・フットボール・アカデミーには7000人収容のアカデミースタジアムがあり、そこではマンチェスターシティ女子サッカークラブとエリート育成チームが日々トレーニングをこなし、ホームグラウンドで試合をしている。 詳しい情報はhttp://www.mancity.com/ を参照。 Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1274845/nexen_man_city.jpg?p=medium600
  • Jim Murray's Whisky Bible 2021:ロッキー山脈は高いが、インドのDram-A Sutraも登場
    ノーサンプトン(イングランド), 2020年9月16日 /PRNewswire/ -- *Jim Murray's Whisky Bible(ジム・マレー・ウイスキーバイブル)は「猛烈に美しい」カナダのチャンピオンを歓迎する *米国は5年ぶりにWorld Whisky of the Yearトップの座を失う *インドは「完璧に近い」作品で3位以内に帰還 ロッキー山脈から水を引くカナダのライ・ウイスキーは、世界の全ウイスキーの頂点と認定された。 ウイスキーの権威、Jim Murray氏は、著書のWhisky Bible 2021でAlberta Premium Cask Strengthに「完全に世界レベル」という地位を与え、World Whisky of the Yearに指名した。誰もが望むトップの賞を勝ち取ったのは、これが初めてだ。 ライ麦芽とライの混合から作られたAlberta Premium Cask Strengthは、極めて高いアルコール度数65.1%で計算され、100点中97.5点を記録する。 前回カナダの作品がJim Murray's Whisky BibleでWorld Whisky of the Yearを獲得した時、酒飲みたちが棚に残っていた最後の1本をめぐって争ったためにトロントの警察が呼ばれた。 2020年に単独で1、2、3位で圧勝した後、ケンタッキー州の蒸留所、Sazerac Companyは2021年に「ココア、ダークリコリス、豊富な温かみ」の感じられる後味を誇るBuffalo Traceステーブルから出た新たなバーボン、「極めて刺激的な」Stagg Jr Barrel Proofで次点という結果に甘んじなければならなかった。 しかし、最も目を引く3位入賞は、インドの小さなゴア州にあるPaul John蒸留所のMithunaだ。10年以上ぶりに初めて南アジアのウイスキーがトップ3の勲章を得た。 Jim Murray氏は、チョコレートとスパイスの驚くべき複雑さを試飲することは「愛し合った直後に、自分の感覚が普通の状態に戻るまで話したり動いたりできないようなものだ」と述べる。 影響力のあるこの著名ウイスキー・ライターは、2021年版Whisky Bibleのため、新たに1252杯も試飲した。 Jim Murray氏がMoray蒸留所の「並外れた独自の魅力」を称賛し、SpeysideのクラシックGlen Grantは、Aged 15 Years Batch Strength 1st EditionでScotch Whisky of the Yearを獲得した。 その他の部門の勝者には次が含まれる: Ballantineの30年物(ブレンデッド・スコッチ)、Annandale(スコッチ10年物とそれ未満)、Midleton Barry Crockett Legacy(アイリッシュ)、Thomas H Handy Sazerac(アメリカン・ライ)、Nikka Whisky Single Malt Yoichi Apple Brandy Wood Finish(日本)、PUNI Aura Italian Single Malt(ヨーロピアン) ▽編集者注意 Jim Murray's Whisky Bible 2021は、約4500種の飲料についての試飲記録を含む。 2020年9月16日よりwhiskybible.com にて入手可能。価格は14.99ポンド。 ▽メディア問い合わせ先 Vincent Flint-Hill +44 (0)117 317 9777 vincent@whiskybible.com Related Links :https://www.whiskybible.com
  • For Moments Like No Other
    Natural Diamond Council、初のキャンペーンセレブリティにアナ・デ・アルマスを起用 天然ダイヤモンドの多様な美しさをアピール 【東京2020年9月16日PR Newswire】Natural Diamond Council(以下、NDC)は、女優のアナ・デ・アルマス氏を起用した初めてのセレブキャンペーンを通じて、天然ダイヤモンドの魅力を発信します。 Natural Diamond Council、初のキャンペーンセレブリティにアナ・デ・アルマスを起用 デ・アルマス氏は今もっとも勢いのあるハリウッドスターのひとりです。彼女は最近、「Knives Out」でゴールデングローブ賞にノミネートされ、間もなく公開予定のジェームズ・ボンド映画「No Time to Die」への出演も予定しています。そんなデ・アルマス氏は、本キャンペーンでも一層の輝きを放っています。本キャンペーンは、天然ダイヤモンドの限りない輝きと、境界を越えたつながりをクリエイティブに表現し、NDCのデジタルプラットフォーム「Only Natural Diamonds (https://onlynaturaldiamonds.com.cn/ )」の認知向上のために開発されました。NDCは、世界をリードする7つのダイヤモンド生産者を代表しており、そのすべてがグループの倫理規定に従い、持続可能な採鉱とダイヤモンド採掘コミュニティの女性、そしてその家族の支援に重点を置いています。「Only Natural Diamonds (https://onlynaturaldiamonds.com.cn/ )」は、天然ダイヤモンドの世界を知る入口となります。 本キャンペーン映像は、マヌ・コス(Manu Coss)氏監督し、カミーラ・オクランス(Camilla Åkrans)氏によってポルトガル沿岸にて撮影されました。2020年9月21日に、初のバーチャル開催となるエミー賞授賞式の中で公開されます。 デ・アルマス氏は、穏やかさと現代的な美しさを放ち、自由な思考を持った次世代を代表する存在として今回のキャンペーンに起用されました。彼女の優雅で快活な姿勢は、ダイヤモンドが単に伝統的な慣習にならって身につけたり交換したりするだけのものではなく、より開かれた場にこそあるべき存在だという、天然ダイヤモンドの歴史の新たな時代の幕開け示しています。映像では、香り高いブドウ畑での素足のパーティー、ポルトガルの海岸沿いの美しい夕陽、ダイヤモンドのバゲットが、太陽が地平線に差し込むみ輝く光を捉えて拡散します。本キャンペーンでは、天然ダイヤモンドがもっとカジュアルで楽しく、エネルギッシュであり、そして何よりも、人と人とのつながりとそれにまつわる体験が大切であることを現しています。数カ月離れていた愛する人との再会に向かうか、長い一日の終わりに一杯のワインを楽しむために親友に会いにいくか、それともパートナーと夕暮れ散歩をするか、すべての瞬間は自分自身のためであり、他とは比べようもない貴重な瞬間なのです。 「ダイヤモンドは、私たちの人生のどんなに小さな個人的な瞬間さえも特別なものだと思わせてくれます。それはダイヤモンドが、喜びとあたたかさ、そして美の象徴だからではないでしょうか」とデ・アルマス氏は語っています エミー賞授賞式で流れる予定の30秒のキャンペーン映像は、様々な人間関係にスポットをあててた内容になっています。デ・アルマスは友人や両親、パートナーと屋外でリラックスしている様子は、新しく開かれたNDCのビジョンが強調されています。天然ダイヤモンドは、ロマンティックな瞬間や伝統的な儀式だけのためのものではありません。天然ダイヤモンドは、様々な絆や繋がりの象徴なのです。 本キャンペーンは、我々にいくつもの"初めて"をもたらしました。初めてハリウッドセレブリティを起用したことだけでなく、ダイヤモンド業界団体としても(ブランド単体ではなく)初めてセレブリティを全面的に起用したキャンペーンであり、世界中のおよそ1,000万人の生活をサポートする業界に大きく貢献するものでもあります。これはNDCのデジタルプラットフォーム「Only Natural Diamonds (https://onlynaturaldiamonds.com.cn/ )」に特化した最初のキャンペーンでもあり、NDCによる非常に現代的なアプローチで天然ダイヤモンドを扱う様々なジュエリーデザイナーを紹介する最初のマーケティング活動でもあります。 「今回、アナを起用したキャンペーンが日本で展開されることを非常に楽しみにしています。アナは天然ダイヤモンドへの鋭い洞察力を兼ね備えており、彼女の情熱は、撮影中に様々なインスピレーションをもたらしてくれました。本キャンペーンは間違いなく、日本の消費者を感動させ、天然ダイヤモンドの美しさを十分に伝えてくれるでしょう」と、NATURAL DIAMOND COUNCIL, Greater ChinaのManaging Director マーベル・ウォン・マコーミック(Mabel Wong McCormick)は語っています。本キャンペーンは、天然ダイヤモンドが、人々の様々なつながりを祝福するものであることと表わしています。それは、ダイヤモンドの夢へのより現代的なアプローチであり、夢の大小にとらわれず、とても意味のある瞬間であることを示しています。」 エミー賞授賞式での映像放映に続いて、本キャンペーンは数カ月にわたり様々なメディアで紹介されます。またNDCは、撮影の舞台裏映像やデ・アルマス氏へのインタビューのほか、ブランドやデザイナーに関する包括的な情報などをウェブサイトやその他のチャネルを通じて展開します。本キャンペーンは、米国、英国、インドなど、グローバルに展開されます。 地球をリードする7つのダイヤモンド生産者を代表して、Natural Diamond Council(NDC)は具体的で魅力的な情報とトレンドレポートを公開し、Only Natural Diamonds(https://onlynaturaldiamonds.com.cn/ )の6つの柱「#Epic Diamonds」、「#Hollywood & Pop Culture」、「#Love & Diamonds」、「#Style & Innovation」、「#Diamonds 101」、「#Inside the Diamond World」について、この素晴らしい天然資源の究極の不朽性に関する情報を消費者に提供することで、ダイヤモンドへの関心・親和性を高めることを目指しています。またNDCは、天然ダイヤモンド産業の完全性と透明性を提供し、倫理と持続可能性とその進化に常に配慮していきます。
  • Prodigy Technovationsが次世代車載ネットワークデバッグアプリケーション向けの100BaseT1車載Ethernetプロトコルアナライザーを発表
    ニューヨーク 2020年9月16日 /PRNewswire/ -- インド・ベンガルールを本拠とするProdigy Technovations Pvt. Ltd(www.prodigytechno.com )は、車載Ethernetプロトコルアナライザーの課題に対処する100BaseT1車載Ethernet プロトコルアナライザーを発表した。PGY-100BASET1-PA(https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )は、業界初のパッシブタップ・スタンドアローン車載Ethernetプロトコルアナライザーである。 jwplayer.key="3Fznr2BGJZtpwZmA+81lm048ks6+0NjLXyDdsO2YkfE="   jwplayer('myplayer1').setup({file: 'https://mma.prnewswire.com/media/1274728/Prodigy_Tap_100BASE_T1.mp4', image: 'http://www.prnasia.com/video_capture/3125369_JA25369_1.jpg', autostart:'false', aspectratio: '16:9', stretching : 'fill', width: '600', height: '338'}); 車載Ethernetインターフェースは、車載バスデータスピードの現在および将来のニーズに対処する最適なインターフェースである。自動車のデータスピードを速めるニーズは機能豊富なADASおよびコネクテッド車両データをサポートするために高まっている。2ワイヤー全二重100BASET1 PAM3信号伝達は、これらのニーズに応えるインターフェースバスである。Prodigy Technovationsは、パッシブタブによって車載バスにアクセスし、高解像度タイムスタンプのEthernetパケットを取得するPGY-100BASET1-PA (https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )車載Ethernetプロトコルアナライザーを開発した。PGY-100BASET1-PA(https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )は、設計およびバリデーション設計のエンジニアがマスター/スレーブECU間のタイミング問題を正確に把握することを可能にする。 PGY-100BASET1-PA(https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )車載Ethernetプロトコルアナライザーの主な特徴 100BaseT1 Busのプロトコル解読と分析 パッシブタッピングは100BaseT1 Busをモニターする非侵入型の方法を可能にする マスターおよびスレーブのT10スリープおよびウェークアップの解読 SSD/HDDのプロトコルアクティビティーの継続的なストリーミングはプロトコルデータの長期間の取得を可能にする 100BaseT1およびMDIO/MDCプロトコルアクティビティーの同時監視 詳細な製品情報についてはウェブサイトhttps://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ を参照。 Prodigy Technovationsの製品マネジメント担当ディレクターであるU. N. Vasudev氏は「車載Ethernet設計およびテスト担当のエンジニアは、信頼できるプロトコル分析のために100BaseT1バスをパッシブにタッピングする際、諸課題に直面している。PGY-100BASET1-PA (https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )は、100BaseT1バスを非侵入にタッピングすることによってこれらの問題を解決することに役立ち、長期間のデータ取得における正確なタイミングおよびプロトコル分析のために信頼できるデータ取得を提供する」と語った。 価格と販売 PGY-100BASET1-PA(https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )100BASET1車載Ethernetプロトコルアナライザーは現在オーダー可能である。製品は6-8週間で納品される。見積および価格については、contact@prodigytechno.com にメールを送っていただきたい。 ▽Prodigy Technovationsについて Prodigy Technovations(https://prodigytechno.com/device/prod-hapa-100base-t1-automotive-ethernet-protocol-analyzer/ )は、主流および新興テクノロジーを対象とする革新的なプロトコル分析ソリューションの大手プロバイダーである。同社はプロトコルデコードや、テスト・計測機器に関するPHYテストソリューションを提供している。Prodigy TechnovationsはOpen Alliance、MIPI、JEDEC、SD Association、PCIeアソシエーションズのメンバーである。同社は業界リーダーと緊密に協力し、主流および新興のインターフェース向けのプロトコル分析を再定義することに積極的に取り組んでいる。 ビデオ:https://mma.prnewswire.com/media/1274728/Prodigy_Tap_100BASE_T1.mp4    
  • Xinhua Silk Road:世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラムで安徽省のスマート製造を提示する特別企画がスタート
    【北京2020年9月16日PR Newswire=共同通信JBN】中国東部・安徽省のめざましいスマート製造産業の発展を集中的に提示する特別企画が9月12日、省都の合肥市で開催されたWorld Manufacturing Convention Jianghuai Online Economic Forum(世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラム)で公開された。 世界製造業会議江淮オンライン経済フォーラム=9月12日撮影 この企画は、投資環境の最適化という安徽省の実りある取り組みを具体化させた合肥における典型的なスマート製造の開発例、ならびに現地のスマート製造産業の産業配置で構成されている。 近年、合肥はスマート製造分野の開発に多大な努力をし、インターネット、ビッグデータ、人工知能(AI)開発を製造業分野と統合し、質の高い発展を推し進めてきた。 現在、安徽省は量子情報、新ディスプレー、スマートボイスとロボットといった一連の最先端スマート・ハイエンド製造産業を育成している。同省では産業用ロボットの生産高が1万ユニットを超え、新エネルギー車両の生産高と販売は全国合計の約13%を占めている。世界初の10.5世代生産ラインが導入され、世界で最も薄い0.12ミリメートルのセンサーガラスが生産されている。 これを背後で支えるのは、イノベーションを利用してスマート製造分野の開発を促進する安徽省の継続的な取り組みである。 今年の初めから現在までに、Hefei Comprehensive National Science Center(合肥総合国家科学センター)、Hefei Binhu Science City(合肥浜湖サイエンスシティー)、Hefei-Wuhu-Bengbu National Innovation Demonstration Zone(合肥・蕪湖・蚌埠国家イノベーション実証ゾーン)をはじめとする4つのイノベーション・マスタープラットフォームが形成された。また、安徽省はチップ製造、フラットパネルディスプレー、機器製造と産業用ロボット、AIと製造の統合に重点を置いた近代的産業システムの確率を加速している。 最も完全な産業チェーンを誇る中国有数の省として、安徽省には40の大規模産業分野があり、その多くは健全な支持および補助産業基盤を持っている。 安徽省は中国で家電を大規模に生産する省でもある。中国製の冷蔵庫3台、洗濯機4台、エアコン5台、タブレットコンピューター8台のうち、各1台は安徽省で生産されたものだ。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミック下にある現在の不確実なグローバル経済において、安徽省の有益なデジタルとインテリジェンスのサプライチェーン技術は、現地企業が成功裏にこの危機を乗り越えることに貢献している。 例えば、その多様化された航空、鉄道、海運の各物流システムは、現地メーカーが製品を全世界126の国と地域の270の主要都市に輸送することに寄与している。 オリジナルリンク: https://en.imsilkroad.com/p/316161.html  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200915/2917558-1?lang=0 ソース:Xinhua Silk Road
  • 「5000年前の良渚文化との対話」グローバルクリエーティブショートビデオコンテストが参加登録を開始
    【杭州(中国)2020年9月16日PR Newswire=共同通信JBN】秋の風が市の城壁を吹き抜け、古都の水田の上を吹き、莫角山の夕日に心地よく当たり、詩情を生み出し、良渚の5000年以上前の文化的、歴史的遺産に新たな活力を吹き込む。 今日の現代のオーディエンスと共鳴する方法で世界の文明の物語を伝えることの重要性がますます認識されるようになり、世界遺産の良渚古代遺跡は、中国文明の5000年の歴史を世界に展示できる聖地として機能している。良渚が中国文明や、世界の文明にさえもたらす価値について、世界中でどのように認識を高めることができるのだろうか?良渚文化の現代的な魅力をどのように示したらいいのか? さまざまなスタイルの参考になる短いビデオと、さまざまな表現形式の採用は、成功する方法であることが証明されている。www.zjol.com.cn、 tm.zjol.com.cnとHangzhou Liangzhu Archaeological Site Administrative District Management Committee(杭州良渚考古学遺跡管理区管理委員会)が共催し「A Dialogue with the 5,000-Year-Old Liangzhu Culture(5000年前の良渚文化との対話)」をテーマとするグローバルクリエーティブショートビデオコレクションイベントは8月20日、登録を開始し、世界中のクリエーティブな専門家を招き良渚文化を解釈するよう呼び掛けた。 このイベントは、使用されている撮影機器の種類、ないし採用された技術またはスタイルの制限なしに、世界中のクリエーターからそれぞれ3分未満(1分間のビデオが理想的な長さである)の100バーティカル(別名、ポートレートモード)のショートビデオを集めるよう設計された。機器の選択肢には、携帯電話、アマチュアカメラ、プロ用カメラが含まれ、形式はアニメーションビデオ、実写ドラマ、興味深いライブラップビデオ、ないし良渚の文化的遺物に自らを「語らせる」ことができる創造的な表現を与える作品とすることができる。唯一の要件は、ショートビデオが良渚文化をテーマにしたものであることである。 個人またはグループは、9月20日までlztsculture@163.com 経由で無制限の数のエントリーを行い、送信することができる。応募者は、名前と自分の作品の簡単な説明を含めるとともに、個人情報を電子メールで提供する必要がある。 最も独創的なショートビデオの上位100本が選ばれ、9月下旬に行われるその後のオンライン投票に参加する。クリエーターによるクリエーティブプロセスの共有と、対象分野の専門家による最終選考の後、受賞者は、主催者が9月末に良渚の考古学遺跡で開催する授賞式で表彰される。さらに、主催者は、中国文明・歴史の専門家が率いる円卓会議を開催し、良渚文化とその5000年の歴史の現代的魅力の探求に焦点を当てる。 最終選考に残った20人には、それぞれ現金の賞金と賞状が贈られる。1等賞受賞者には1万元(約1475米ドル)、2等賞受賞者3人にはそれぞれ5000元(約738米ドル)、3等賞受賞者5人」にはそれぞれ2000元(約295米ドル)が贈られ、11人の名誉ある賞の受賞者には、それぞれ1000元(約148米ドル)が授与される。賞金はすべて課税所得とみなされ、関連する税務当局がそれぞれの国の税法に従って主催者により源泉徴収される。 受賞したクリエーティブなショートビデオは、5000年にわたる良渚文化を体現する良渚古代都市の魅力とカリスマ性を明らかにするのに大いに役立つと期待されている。このコンテストの目的は、文化遺産をテーマにした作品を伝達手段として活用し、良渚文化の現代的な芸術的魅力を一般市民がより深く理解し、体験できるようにすることである。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200915/2917487-1?lang=0
  • VVDNがXilinx T1 Telco Accelerator Card向け5G IPソフトウエアを発表
    *より効率的なプラットフォームの実現に向けて、主要なIP、O-RANフロントホール、L1オフロードとともに5Gネットワークの導入が加速 ソフトウエア実装のみの10倍のパフォーマンス向上を実現(ソリューションコストを20倍超削減) Telcoグレードの信頼性に適応した設計   グルグラム(インド) 2020年9月16日 /PRNewswire/ --  Xilinx Incは16日、完成製品エンジニアリング・製造専門企業であるVVDN Technologiesが同社のソフトウエアをXilinx T1 Telco Accelerator Card上で使用し、5Gネットワークを簡素化および高速化すると発表した。 VVDNは、シングルスロットPCIeカードでO-RANフロントホールと5G NRレイヤー1アクセラレーションの両方を実行する多機能小型フォームファクターのPCIeカードであるXilinx T1をサポートする。高度なオフロード機能を備えたXilinx T1は、仮想化システムに必要なCPUコアの数を大幅に削減できる。 VVDNは、O-RANフロントホール(MPSoC ZU19EG上)および5G NRチャンネルコーディング機能(RFSoC ZU21DR上)向けのIPを開発し、これらはO-DUアクセラレーション用に設計されたT1カードにオフロードできる。 L1オフロード設計は、BBDEV標準APIを備えたVVDNから入手でき、準拠した5G L1ソフトウエアスタックと簡単に相互作用できる。 準拠した5G L1ソフトウエアスタックと相互作用するDPDK標準APIがあれば、VVDNからの2x25Gイーサーネット/eCPRIインターフェースを備えるO-RAN分割オプション7-2xフロントホールデザインが入手できる。 ソフトIPとハードウエアのこの統合により、VVDNは以下のことを実現する。 インターフェース設計の簡素化 トランスポート帯域幅のスケーラビリティー 相互運用性 O-RUの複雑さの軽減 業界標準のソフトウエアフレームワーク CAPEXと遅延の削減 VVDN Technologiesの北米地域販売担当副社長であるSaurav Gupta氏は「VVDNは5Gソリューションに多大な投資をしており、顧客のためにレイテンシーや電力消費といった課題の簡素化に取り組んでいる。XilinxのT1と当社のIPを使用することでさらに前進し、効率的な5Gインフラストラクチャーが可能になること期待している。われわれはIPとカスタムエンジニアリングサービスを、O-RANフロントホールとLayer 1オフロードの両方のために、XilinxのT1 Telco Accelerator Cardとともに提供する」と述べた。 Xilinxの有線・無線グループ担当副社長であるDan Mansur氏は「O-RANの将来はまさにここにあり、5Gソリューションの最大限の広域帯を可能にするため、VVDNなどのエコシステムパートナーと連携するプラットフォームを提供する。5Gベースバンド処理用のVVDNのIPソリューションとともに、MPSoCおよびRFSoC FPGAを備えたXilinxのT1カードは、電力とコストを大幅に節約するように設計されており、5Gインフラストラクチャーをグローバルに推進するための重要なメリットだ」と述べた。 ▽VVDN Technologiesについて VVDNはさまざまなテクノロジーバーティカル産業市場(5G、データセンター、ビジョン、ネットワーキング、Wi-Fi、IoT、防衛、クラウド&アプリ)のエンドツーエンド製品の設計・製造に注力する製品エンジニアリング・製造企業である。VVDNのインド本社はマネサールのGlobal Innovation Park、北米本社は米カリフォルニア州サンノゼにある。VVDNは米国、カナダ、欧州、インド、ベトナム、韓国、日本を含む世界のさまざまな地域の顧客にサービスを提供している。 詳細は、www.vvdntech.com を参照。 Logo: https://mma.prnasia.com/media2/811458/VVDN_Technologies_Logo.jpg?p=medium600 
  • 独立系調査会社がWiproをヘルスケア・ライフサイエンスにおけるロボティックプロセス自動化のリーダーに選出
    イーストブランズウィック(米ニュージャージー州)、ベンガルール(インド) 2020年9月16日 /PRNewswire/ -- 世界をリードする情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスサービス企業であるWipro Limited (NYSE: WIT)(BSE: 507685)(NSE: WIPRO)は15日、「The Forrester New Wave(TM): RPA Service Providers In Healthcare, Q3 2020(ヘルスケアにおけるRPAサービスプロバイダー、2020年第3四半期)」で同社がリーダー(Leader)に選出されたと発表した。 パンデミックにより、ヘルスケア&ライフサイエンス(HCLS)バリューチェーン全体で自動化の採用が加速している。Forresterは、HCLS業界で自動化プロジェクトがどのように展開されているかについてより深い知見を得るためにこの研究を開始した。同リポートでは、HCLSで最も重要な12のロボティックプロセス自動化(RPA)サービスプロバイダーの現在のサービス提供、市場プレゼンス、戦略を評価した。 Wiproはリーダーに選出されるだけでなく、インテリジェント自動化、attended(クライアントで実行を指示) 自動化、無人自動化、HCLS自動化、Knowledge Transfer(ナレッジ移転)、商用モデル基準で差別化された評価を受けた。Forresterのリポートによると、「(Forresterが)評価したすべてのベンダーの中で、WiproはHCLSクライアント用のボットを構築し、結果ベースの調達モデルの下でHCLSクライアントに自動化を提供した経験が最も豊富である」。リポートはまた、「クライアントは、Wiproは新しい人工知能(AI)テクノロジーと新たなガバナンスモデルに関する信頼できる戦略的アドバイザーであると述べた」とも指摘した。 Forrester Researchの上級アナリスト、Jeff Becker氏が執筆した同リポートは「COVID-19パンデミックにより、ヘルスケア組織(HCO)は、前例のない数の患者の世話をするために業務を拡大する必要に迫られている。ヘルスケアのバリューチェーン全体で、スループットを向上させ、コストを削減する機会が求められている。ライフサイエンス組織は、研究、製造、流通を加速する圧力に直面している。COVID-19は最終的には通り過ぎるが、今日展開されている自動化ツールと戦略は普及する」と指摘している。リポートはさらに、「Wiproは多目的サービスプロバイダーである。戦略的ガバナンスの助言を必要とする企業や、リスクを冒して取り組む意欲のあるボット開発者チームを必要とする企業に非常に適している」と述べている。 Wipro Limitedのヘルスビジネス部門担当上級副社長兼グローバル責任者であるBill Stith氏は「現在の課題に対処するにあたり、当社は引き続きクライアントとの共同イノベーションおよび拡張されたパートナーエコシステムに投資し、グローバルな医療従事者に力を与える。当社は、自動化アーキテクチャー、ガバナンスフレームワーク、機械学習ベースの意思決定管理を提供する。これらは迅速にスケーリングできるため、時間を解放してより大きな健康上の課題に対処することができる。当社は、臨床試験から医療提供、請求処理まで一連の医療全体にわたり、新しい自動化プロセスと直感的な人工知能介入の発見、分析、設計を継続し、これらを創造的なサービスモデルを通じて提供している。今回真価を認められたことは、デジタルヘルスのこの部門における市場リーダーシップを実証するものだと確信している」と語った。 同リポートの顧客版の閲覧はhttps://www.wipro.com/healthcare/form/wipro-positioned-as-a-leader-in-the-forrester-new-wave-rpa-service-providers-in-healthcare-q3-2020/ をクリック。 ▽Wipro Limitedについて Wipro Limited(NYSE: WIT)(BSE: 507685)(NSE: WIPRO)は世界をリードする情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスサービス企業である。当社は、コグニティブコンピューティング、ハイパーオートメーション、ロボット工学、クラウド、分析、新しいテクノロジーの力を利用し、クライアントがデジタル世界に適応し、成功することを支援する。包括的なサービスポートフォリオ、持続可能性への強いコミットメント、優れた企業シティズンシップで世界的に認められている企業である当社は、6大陸のクライアントにサービスを提供する18万人以上の専任従業員を擁している。われわれはともにアイデアを発見し、点をつないでより良い、大胆な新しい未来を築く。 ▽メディア関係問い合わせ先  Nisha Chandrasekaran Wipro Limited nisha.chandrasekaran@wipro.com  Logo: https://mma.prnasia.com/media2/1274636/Wipro_Limited_Logo.jpg?p=medium600  
  • タクタイル モビリティ、触覚センシング技術を車両に実装するため主要OEMとの契約を締結
    ―触覚データと仮想センシング技術の車両への導入を2021年に開始予定  ハイファ(イスラエル), 2020年9月15日 /PRNewswire/ -- タクタイル モビリティ は、同社のソフトウェア技術をBMWグループの次世代車両への実装を2021年に世界規模で開始するために、商業的提携契約を締結したことを今日発表しました。この画期的な共同事業は、触覚センシング技術およびデータのOEMによる初の商業的統合の取り組みのうちの1つで、触覚技術およびデータを運転性能と路面状況の検知を向上するために活用するものです。  タクタイル モビリティの先駆的なセンシングソフトウェアがBMWグループの車両モデルに統合されることは、自動車業界において、センシング技術に基づく革新の新たな時代の到来を意味します。この共同事業により、BMWグループの車両には、タイヤが接する路面の属性を解析する能力が備わります。それにより、路面状況の正確な検知に加え、過去に例をみない車両動態管理機能の実現により可用性と性能が向上されます。  タクタイル モビリティは、車両と道路の動態データを収集・解析する車両内蔵型の非視覚センサを活用したソフトウェアスイートを提供することにより、タイヤに接する路面の解析に加え、車両システム性能と路面状況のモデリングを行うスマートなコネクテッドカー(ネットワークへの常時接続機能を搭載した車両)を実現します。車両内のリアルタイムのデータは、車両・路面間のトラクションの特定の限度を示す利用可能グリップレベル等の属性を含みます。タクタイル モビリティのVehicleDNA™は、サスペンション、パワートレーン、ブレーキ効率性、タイヤ健全性等を含む各車両のシステム特性を匿名化して表示します。  SurfaceDNA™は、路面状況をより正確に予測して車両システムを事前設定するために、運転環境の詳細な表示を提供する路面属性、状況、摩耗のマッピングレイヤのバンドルです。BMWのソフトウェアスタックへのタクタイル モビリティのソフトウェアの統合は、触覚センシング技術およびデータが自動車業界にとって非常に有望なものであることが認められたことを示します。  「当社は、BMWグループとの提携により、BMWのスマートな未来型の自動化車両に『タッチ』の感覚を実装し、触覚センシング技術の商業的な実行可能性を実証できることを喜ばしく思います。」とタクタイル モビリティの共同創立者兼CTOのBoaz Mizrachi氏は述べています。  BMWグループとタクタイル モビリティの長期的な提携は、BMWグループのベンチャー顧客部門である「BMWスタートアップガレージ」を通じて始まりました。  「当社は、BMWスタートアップガレージ、ならびにBMWグループの皆様のご支援に感謝しています。今後、周囲の運転環境をより包括的に、新たな触覚の感覚も含んで可視化するスマートなコネクテッドカーを提供するために協力してまいります。」とタクタイル モビリティの取締役Rani Plaut氏は述べています。「当社の専門チームは、このような商業的統合を目指して何年にもわたり注力してきました。その努力により得られた結果が、今回BMWグループの各種車両において導入されることを大変嬉しく思います。」  タクタイル モビリティについて:  タクタイル モビリティは世界をリードする触覚仮想センシング技術およびデータの提供会社であり、自動化車両、自治体、及び運行管理者を対象とした予測用解析情報を実現しています。タクタイル モビリティの独自技術は、車両の非視覚型の既存センサによりリアルタイムで匿名化され生成された重要な「第1原理」データを収集し、傾斜・グリップ・曲率等の路面属性および重量・タイヤパラメータ等の車両属性に関する予測用解析情報に変換します。タクタイル モビリティが提供する解析情報は、車両のインテリジェンスおよび走行の安全性、効率性、体験を著しく向上します。また、従来に比べ価値が大幅に高まった新規データは、計画的保守の実施の改善とほぼリアルタイムでの危険の検知を図る自治体の当局者を支援します。タクタイル モビリティは2012年に共同創立者であるBoaz Mizrachi氏、Yossi Shiri氏およびAlex Ackerman氏により創業されました。イスラエルのハイファに本社を置き、ヨーロッパ、アメリカ、およびアジアでも活動を展開している当社は、すでに複数のOEM、道路当局、および自治体と提携しています。  タクタイル モビリティ プレスお問合せ先 Gavriella Weinreb Headline Media社  gavriella@headline.media +1 914 775 5135Related Links :https://tactilemobility.com
  • MicrolandとMicroshareがパンデミック中の安全な職場復帰を実現するスマート施設ソリューションのグローバル販売契約を締結
    フィラデルフィア 2020年9月15日 /PRNewswire/ -- ワークプレースとスマート施設データ機能のパイオニアであるMicroshare Inc.は、大手ITインフラストラクチャーサービス企業Microland Ltdと、グローバル販売とシステム統合提携の契約に署名した。この提携を通じてMicrolandは、世界的なパンデミックの中で安全な職場復帰を模索している企業や政府、その他機関にソリューションを提供する。 Microland この契約の下でMicrolandは、企業や政府の不動産ポートフォリオに復元力を構築する、Universal Contact Tracing(ユニバーサル接触追跡)、Occupancy Monitoring(占有率の監視)、Predictive Cleaning(予測的クリーニング)といった機能を含むMicroshareのインターネットオブシングス(IoT)「Clean = Safe」(清潔=安全)ソリューションを活用する世界の顧客にソリューションを提供する。 Microlandの上級副社長兼欧州・中東・アフリカ地域責任者であるKarthikeyan Krishnan氏は「前例のない時代において、企業は侵入されず、低コストで導入が容易なソリューションを求めている。Microshareと提携することで、従業員が確実に安全で快適な職場環境に復帰できることを待ち望む企業に、IoTと高度な分析を活用した非接触型スマートソリューションを提供できることを非常に嬉しく思う。Microlandはポストパンデミックの世界で、デジタルツインの『サービスとしてのセンシング』ソリューションによって世界最大の企業や公共機関の業務を変革したいと考えている」と述べた。 Microlandの上級副社長兼米国カスタマーサクセス兼産業用IoTグローバル責任者であるManjanath Nayak氏は「ポストコロナパンデミックにおいて、労働力と施設を安全に生産へと戻すには、包括的で大規模なアプローチが必要だ。この戦略的パートナーシップは、次世代テクノロジーを導入してワークスペースを再検討する共同ソリューションを生み出すだろう。MicrolandはMicroshareの機能をITインフラストラクチャーおよび産業用IoTの専門知識と組み合わせて、総合的なソリューションを同社の顧客に提供する予定だ」と述べた。 Microshareの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるRon Rock氏は「『ニューノーマル』が何をもたらすのか、誰も正確にはわからない。われわれが知っていることは、それがスタッフであれ、テナントであれ、居住者であれ、顧客であれ、人でいっぱいの施設を単に活気のない存在の場所として扱うことはもはや受け入れられない、ということだ。MicroshareとMicrolandは共同でこうした施設を、活発で生気があり、壁の内側で起きていることを施設の責任者に伝えるバイタルサインを備えた資産に変えるデータを創出する」と述べた。 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が発生した2020年第1四半期以降、従業員、顧客、テナントの安全を確保するのに役立つMicroshareのスマート施設ソリューションへの需要が急速に高まっている。MicroshareとMicrolandはともに、ウエルネスソリューションを構築する包括的なアプローチが、安全、義務、企業責任など自社の顧客の喫緊の不安に対処し、長期にわたって復元力と持続可能性を構築するのを支援する。 Rock氏は「現在、商業用不動産を運営している企業や政府などが直面する課題のグローバルな性質は、われわれが最大の規模を求め、Microshareとの商業上の関係に達すること要求する。当社は、業務用オフィス、大学のキャンパス、病院あるいは工場に関わらず、仕事への復帰を切望する世界のニーズに合わせるのが容易な、ディスラプティブで迅速に導入できるソリューションセットを最優先にしてきた。Microlandはこうした機能を世界中に展開するのを支援するのに完全にふさわしい立場にあるように思う」と述べた。 ▽Microlandについて Microlandのデジタル配信と「Making Digital Happen」(デジタル実現)は、技術の余地を広げ、侵入を抑制する。同社は企業が次世代のデジタルインフラを導入するのを容易にする。同社はクラウドおよびデータセンター、ネットワーク、デジタルワークプレース、サイバーセキュリティー、産業用IoTに関する同社の専門技術・知識を活用してこれを実現し、卓越した技術の導入が予測可能かつ信頼性と安定性が高いことを確かなものとする。詳細は、https://www.microland.com/ を参照 ▽Microshareについて Microshare(TM)とそのリセラーは、商業用不動産、医療、製造、その他セクターの多国籍の顧客に「Sensing-as-a-Service」(サービスとしてのセンシング)とDigital Twin(デジタルツイン)機能を提供している。当社のClean = Safe(清潔=安全)のスマート施設ソリューションスイートは、慎重にキュレーションされたIoTデータを使用して、顧客の設備の安全性、効率、持続可能性に関するこれまで隠されていたインサイトを明らかにする。Microshareは、LoRa Alliance(R)の名誉あるメンバーである。詳細は、https://www.microshare.io/ を参照。 Logo: https://mma.prnasia.com/media2/965328/microland.jpg?p=medium600 
  • 世界記録のパラシュートジャンプ、気候変動難民に役立つために
    【ブリスベン(オーストラリア)2020年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】記録破りのイベントであるJump for the Planetで、ポーランドの命知らずのTomasz Kozlowski氏がこれまでFelix BaumgartnerとAlan Eustace両氏が保持している最も高いパラシュートジャンプの現在の世界記録の更新に挑む。 2022年、Tomasz Kozlowski氏は気候変動難民のための資金集めと認識を高めるために「Jump For The Planet(地球のためにジャンプ)」へ ビデオと画像のマルチメディア・ニュースリリース:http://news.medianet.com.au/jumpfortheplanet/world-record-parachute/ja 最後に試みられてから7年後、この心理学者で山岳救助エキスパートは、気候変動難民のための資金調達と認識を高めるJump for the Planet運動の一環として、45キロメートル(14万8000フィート)の記録的な高度の成層圏からのフリーフォール(自由落下)により世界記録を破ることを計画している。 Oxfam(オックスファム)によると、気候変動によって引き起こされる自然災害により、人々は武力紛争の場合の3倍の比率で自分の家を放棄することを余儀なくされている。「気候変動難民」の数は、過去10年間で2億5000万人と推定されている。 2022ジャンプは、Kozlowski氏の衣服に装着されたカメラにから全世界にライブストリーミングされるが、同氏は史上最速のノンパワード(無動力)マンとなり、最終速度および音速を超え、時速1500キロメートル(時速930マイル)超に到達することに挑む。 Jump for the Planet運動には、モジュール(組立)式の建物のために資金を調達する一連の慈善活動が含まれている。このモジュール式建物は、大災害の被災地に容易に輸送でき、住宅、学校、寄宿舎などに組み立てることができる。各モジュール式住宅の80%はリサイクルの廃棄コンテナとプラスチック廃棄物で建造され、電力として再生可能エネルギーだけを利用している。 Jump for the Planetは、子供の健康を向上させ、夢を追うように刺激を与える方法として身体活動の促進に重点を置く非営利組織であるPho3nix Foundationの支援を受けている。 ▽Jump for the Planet創立者のTomasz Kozlowski氏について Kozlowski氏が記録を更新するのは初めてではない。2014年、同氏は欧州で最も高いパラシュートジャンプを記録した(1万735メートル)。その結果が宣伝となったのを受けて、同氏は単に記録のためだけでなく、それ以上のもののためにやることができると気付いた。 同氏は「もし私がもう一度ジャンプするなら、もし何か困難で極端なことをするとすれば、それを人々を支援することに利用しようと決意した」という。 2017年、同氏は1日に48回もジャンプし、ポーランドの重病を患う患者のための資金を調達した。2018年、Kozlowski氏は1日で100回のジャンプに成功し、困っている子供たちのために100台を超える特製車いすを購入するのに十分な資金を調達した。 Kozlowski氏の最新の慈善活動は、自身の子供たちの未来に対する恐れから生まれた。「20~30年のうちに気候は完全に変化する。われわれはこの地球に対して今何をしつつあるのかを知らないのだ」 画像リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=370938  画像添付リンク: Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371363 写真説明:2022年、Tomasz Kozlowski氏は気候変動難民のための資金集めと認識を高めるために「Jump For The Planet(地球のためにジャンプ)」へ Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200911/2914341-1?lang=0
  • HiPhi XがPMLとISDモジュール搭載のプログラム可能でカスタマイズ可能な初のマトリクス照明システムを発表
    【上海2020年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】Human Horizonの高級スマート全電動車両ブランドであるHiPhiは、HiPhi XがProgrammable Matrix Lighting(PML)とIntelligent Signal Display(ISD)パネルと搭載するデュアルコア照明モジュールで構成される世界初のプログラム可能かつカスタマイズ可能なマトリクス照明システムを搭載すると発表した。HiPhi Xは道路環境を検知し、それに従って自動的に適応する能力によって、現実の世界に応用できるように設計されている。 PMLは、テキスト、画像、ビデオ映像も投影できる。この投影は、フェスティバルのライトショー、カスタマイズ可能なユーザー画像、ムービーなどさまざまな形で使用可能である PMLは、ランプとそのマイクロミラーを直接コントロールできるチップセットが入った内蔵Electronic Control Unit(ECU)を装備する。赤外線カメラが歩行者ないしは車両を検知すると、ECUはインテリジェントアルゴリズムに基づいてミリセカンド以内にソリューションをコンピューターで算出する。照明の方向および照度は、マイクロミラーの角度を調整して変更されるので、結果として、より安全なドライビングのために事実上適切な照明を可能にする。HiPhi Xは、この方法で赤外線暗視テクノロジーとスマートヘッドランプを組み合わせた業界初のモデルである。強力な暗視能力によって、PMLは物体と人をより正確に検知し、照明がいっそう明るく照らすことが可能になる。HiPhi Xは夜間に400メートルの範囲で、歩行者や車両を含む最大6つの存在をリアルタイムで同時に検知できる。 HiPhi Xは画期的な液体冷却システムを活用し、異常高温を効果的に除去する。これによって、車両の照明システムは外部温度が低温でセ氏マイナス40℃から、高温で100℃でも正常に機能する 照明とミラーをコントロールするメカニズムは、従来の油圧ないしは機械方式ではなく、電圧を利用する。これによって、スピードと精度を大幅に向上させるとともに、サービスライフも向上させる。PMLは、テキスト、画像、ビデオ映像も投影できる。この投影は、フェスティバルのライトショー、カスタマイズ可能なユーザー画像、ムービーなどさまざまな形で使用可能である。 HiPhi Xは、独自のHuman Oriented Architecture(HOA)によって、ユーザーが照明をプログラムすることを可能にする。ユーザーは、編集インターフェースないしはモバイルアプリケーションを使って照明をカスタマイズできる。HOAはオーバー・ジ・エア(OTA)アップデートにも対応できる。 PMLは、車両スピードに基づいて照明を適応させることができる。すなわち、スタンダードロー、ウルトラハイ、スタンダードハイ、クラスターハイの4つのドライビングモードを自動的に切り替える。PMLは、ドライビングコンディションを検知し、車両追跡、軌道予測、車線逸脱警告、車線変更アラートなど6つの独自照明機能に適応する。 HiPhi Xは画期的な液体冷却システムを活用し、異常高温を効果的に除去する。これによって、車両の照明システムは外部温度が低温でセ氏マイナス40℃から高温で100℃まで、正常に機能する。 HiPhi Xは世界初の大量生産ISDも展開している。この車両は1712のLEDで構成される4つのLEDマトリクスを各コーナーに1個ずつ搭載している。ISDスマートインタラクティブライトは、前方衝突警告、後方衝突警告、Uターン方向指示、充電状況モニター、車両ロック注意喚起、リモートコントロール自動駐車モニター、歩行者優先注意喚起の7つの主要ドライビング状況のためにダイナミックなインタラクティブグラフィックスで設計されている。 HiPhi Xは北京で今月開催されるAuto Chinaで発表され、2020年末に生産開始予定で、2021年から発売される。 ▽HiPhiについて HiPhiはHuman Horizonsが創出し、同社のユーザーによって強化される高級ブランドである。HiPhi Xは軽量のハイブリッド・アルミニウム構造で、かつ持続可能な植物由来のレザーとリサイクル可能な素材を使用した電気自動車(EV)であり、持続可能性を高めている。 ▽Human Horizonsについて Human Horizonsは、革新的かつ最先端のインテリジェントモビリティー技術、ならびに未来志向のスマート車両の工業化を研究・開発する目的で設立された。さらに、Human Horizonsはスマート輸送技術を構築してスマートシティーの開発に貢献し、人間のモビリティーを再定義する。 ソース:HiPhi 画像添付リンク: Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371478 (画像説明:PMLは、テキスト、画像、ビデオ映像も投影できる。この投影は、フェスティバルのライトショー、カスタマイズ可能なユーザー画像、ムービーなどさまざまな形で使用可能である) Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=371480 (画像説明:HiPhi Xは画期的な液体冷却システムを活用し、異常高温を効果的に除去する。これによって、車両の照明システムは外部温度が低温でセ氏マイナス40℃から、高温で100℃でも正常に機能する) Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200914/2915696-1-a?lang=0Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200914/2915696-1-b?lang=0Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200713/2855724-1LOGO?lang=0
  • YuppTV、Dream 11インドプレミアリーグ2020の放映権取得
    動画配信サービス会社YuppTV、DREAM 11 インドプレミアリーグ2020の放映権を獲得  アトランタ 2020年9月15日 /PRNewswire/ -- 南アジアのコンテンツ事業者として世界有数のOTT(インターネットによるコンテンツ配信サービス)であるYuppTVは、Dream 11インドプレミアリーグ2020(インドのプロクリケットリーグ)の合計60試合の放映権を取得しました。YuppTVは10を超える連邦直轄領において同リーグの試合を生放送配信します。新型コロナウィルスによるロックダウンの中、多数のスポーツファンがDream 11インドプレミアリーグ(IPL)2020 の観戦を自宅からバーチャル体験します。Dream 11 IPL 2020の放映権がもたらすファン層拡大と莫大な視聴者数により、 YuppTVは、グローバルなターゲット視聴者層の間で破竹の勢いとなることが予想されます。 YuppTV Acquires Rights of Dream11 Indian Premier League 2020 YuppTVのOTTサービスによるDream11 IPL 2020の放映期間は、2020年9月19日から11月10日までです。ほかのクリケットのトーナメント戦と異なり、IPL のトゥエンティ20方式の試合は試合時間が約3時間のみと非常に短く、観客はその分手に汗握ります。プロモーションも大々的に展開されます。この機会を生かし、YuppTVはDream11 IPL 2020をオーストラリア、ヨーロッパ、マレーシア、東南アジア(シンガポール以外)、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ、中央アジア、中央・南アメリカでバーチャル生放送配信します。 この提携について、YuppTVの創立者兼CEO Uday Reddy氏 は、「IPLは過去数年の間にインドで最も愛されるクリケットトーナメントになりました。その試合は、ロックダウンの中、視聴者に新たな感動、希望、そして熱狂をもたらすことになります。スタジアムの人混みからではなく自宅で安全に観戦しながらも、IPLの生の雰囲気をリアルタイムでバーチャル体験できる独自のテクノロジーにより、今年のトーナメントはファンの皆様にとってもさらに熱い試合となります。同放映権は、YuppTVの視聴者数の著しい増加にもつながります。」と述べています。 YuppTVは、南アジア発のコンテンツを対象とする世界最大規模のインターネットテレビおよびオンデマンド配信サービスプロバイダであり、テレビチャンネル250以上、映画3000本以上、テレビ番組100本以上を14言語で提供しています。今回、Dream11 IPL 2020の放映権獲得により、視聴者数がさらに増えたYuppTVは、自宅にいてもあたかもスタジアムで観戦しているかのような、最高のバーチャル体験を実現します。 YuppTVについて  YuppTVは、南アジア発のコンテンツを対象とする世界最大級のインターネットテレビおよびオンデマンド配信サービスプロバイダであり、 テレビチャンネル250以上、映画3000本以上、テレビ番組100本以上を14言語で提供しています。YuppTVは、メディアおよびエンターテインメント業界への投資を目的とする主要グローバル投資企業であるKKRにより設立されアジア全域で事業を展開するエメラルドメディアから、YuppTVの相当数の少数株をエメラルドメディアが5000億米ドルで取得した取引において出資を受けました。エメラルドメディアは、業界屈指のベテランであるRajesh Kamat氏とPaul Aiello氏が、経験豊かな経営幹部とともに統率しています。YuppTV は、米国アラバマ州の先住民族ポーチクリーク部族よりシリーズAラウンドの出資を受けました。 YuppTVは現在、インド国外に居住するインド人視聴者をターゲットとするインターネット有料テレビサービスのトップ1位にランク付けされており、インドのプレミアムコンテンツを配信する最大のインターネットテレビプラットフォームです。 詳細については、 https://www.yupptv.com/cricket をご覧ください。 ロゴ: https://mma.prnasia.com/media2/839837/YuppTV_Logo.jpg?p=medium600 写真: https://mma.prnasia.com/media2/1273500/yupptv_dream11_ipl2020.jpg?p=medium600
  • コロナ関連で先進国国民からの投資を通じた移住への関心高まる
    ロンドン, 2020年9月15日 /PRNewswire/ -- COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によってもたらされた圧倒的な不安定性は、投資を通じた移住の安定した成長をオーバードライブの状態に追い込み、2020年6月までの6カ月間にパンデミックが世界中に広がる中で、全体の問い合わせ件数は、昨年同期に比べて約50%も増加した。インドやナイジェリアといった新興国の国民による関心の高まりはある程度予想可能だったが、事態の興味ある変化は、主要先進国の国民からの注目が高まっている点である。最も注目すべきは米国で、2020年1-6月の米国民からの問い合わせは2019年同期に比べて100%もの劇的な増加となり、カナダと英国の国民から寄せられている関心も大幅に増加している。 Henley & Partners(https://www.henleyglobal.com/  )最高経営責任者(CEO)の Juerg Steffen博士(https://www.henleyglobal.com/key-people-details/dr-juerg-steffen/ )は「Great Lockdown (大規模都市封鎖)期間を通じての予期しなかった休止など、2020年の嵐のような出来事は、人々に自らの生活をいかに過ごしたいかを考え直させ、また十分に幸運な人々には投資による移住を選択することによりどこに住みたいかを選ばせる結果となった。富とライフサイクルの両面での過酷な不安定性は、もう一つの居住地と市民権が世界の富裕層の投資家によっていかに認識されるかに関して重要な変化をもたらした」と語った。 2020年1-6月の問い合わせ合計件数で、インド国民が他国民を大きく引き離してトップとなった。Henley & Partnersが受け取った問い合わせで、インド国民からが2位だったナイジェリア国民よりも96.5%も多かった。これにパキスタン国民、それに驚くべきことに米国民からが続いた。 投資移住プログラムを実施しているいくつかの国は、2020 Global Peace Index (2020年度世界平和度指数、GPI)、World Bank 2020 Ease of Doing Business ranking(世界銀行2020年度ビジネスのしやすさ指数ランキング)、 Deep Knowledge AnalyticsによるCovid-19 Regional Safety Assessment ranking(新型コロナウイルス感染症地域安全度評価ランキング)などの有名指数で高位にランクされている。危機の時代にもう一つの居住地選択という快適さを追求する人にとって、ニュージーランド(https://www.henleyglobal.com/newzealand-overview/ ) が最上位につけ、GPI、Ease of Doing Business indexの双方で見事にトップにランクされたほか、Covid-19 Regional Safety Assessment rankingでも2位にランクされた。富裕層一族にとっての他の安全な選択肢として挙げられたのは、GPIで7位、Ease of Doing Business index,で2位、Covid-19 Regional Safety Assessment rankingで10位になったシンガポール(https://www.henleyglobal.com/residence-singapore-overview/ )と、各指数でそれぞれ13位、14位、6位となったオーストラリア(https://www.henleyglobal.com/residence-australia/ )である。 欧州におけるもう一つの市民権選択肢では、オーストリア(https://www.henleyglobal.com/citizenship-austria/ )がトップで、GPIで4位、Ease of Doing Business indexで27位、 Covid-19 Regional Safety Assessment indexで8位になった。一方、モンテネグロ(https://www.henleyglobal.com/citizenship-montenegro-overview/ )は、3指数でそれぞれ69位、50位、83位になった。GPIはカリブ海の小さな島国を除外しているが、セントルシア(https://www.henleyglobal.com/citizenship-stlucia-overview/ )が Ease of Doing Business indexで93位、 Covid-19 Regional Safety Assessment rankingで127位に入り、富裕層の人々が選ぶカリブ海地域における投資移住プログラムとなった。 Henley & Partners(https://www.henleyglobal.com/ )のセールス担当グループ責任者、Dominic Volek(https://www.henleyglobal.com/key-people-details/dominic-volek/ )氏は「旅行の自由度を高め、休暇やセカンドホームを提供した便宜性と特権を持った、かつての『持つ方がよい』資産は、21世紀に単に生存するためだけでなく、繁栄するためでもある『持たなければならない』資産に急速に変貌した」と述べた。同氏は、G20(20カ国・地域)のうちの19カ国が居住権の見返りとして対内投資を奨励する何らかの形の制度を提供していると指摘した。その20番目のメンバーはEU(欧州連合)であり、EU加盟国のうちの60%が投資による移住の選択肢を提供している。 ▽メディア問い合わせ先 Paddy Blewer paddy.blewer@henleyglobal.comRelated Links :https://www.henleyglobal.com
  • PwCは2030年までのネットゼロを世界にコミット
    【ロンドン2020年9月15日PR Newswire- *PwCはクライアント対応の刷新、出張の持続的削減、ゼロ炭素エネルギーの利用増大など業務とサプライチェーンの脱炭素化にコミット     *PwCは戦略から実施まで、クライアントとの仕事全般における気候変動やその他の環境、社会、企業統治(ESG)関連要因の含意を組み込む *PwCは引き続き、包括的な非財務報告プラクティスを支持する企業報告基準を促進 *PwCは企業、政策担当者、非政府組織を調査し協力する長期プログラムにコミットし続け、ネットゼロ経済への移行を加速 PwCは15日、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出のネットゼロを達成する世界的な科学に基づくコミットメントを表明する。この約束には、クライアント、およびPwCネットワークの業務やサプライヤーの排ガス削減支援が含まれる。 PwCは、出張フットプリントなど業務の脱炭素化、炭素除去プロジェクトへの投資による気候影響の中和にコミットし、サプライヤーも気候影響に取り組ませている。 PwCネットワーク(ネットワーク)はクライアントと協力して、ネットゼロの未来を全員のために実現する彼らの努力を支援する。PwCの各企業は2020会計年度(2019年7月―2020年6月)、フォーチュン・グローバル500社の84%、起業家および民間の企業10万社以上にサービスを提供した。PwCが世界的な低炭素経済への移行推進で不可欠な役割を果たせるのは、このような立場による。 ネットワークはこれらの努力を支援するため、国、地方、世界レベルのネットゼロを支援する公共政策発展に寄与し続ける。 PwCネットワークのBob Moritzグローバル会長は「企業と経済は迅速に進化して、われわれの社会と地球が直面する重大な課題に取り組む必要がある。ヒューマンニーズのレンズを通して見ても、資本配分の視点からでも、気候の大災害を回避し、グリーン成長の可能性を解き放つシステム変更は全員の利益になる」と語った。 「ネットゼロ世界は手の届くところにある。そこに行くには、革新、激務、協力、大胆な発想が必要だが、利益は莫大になる。経済界には行動する責任があり、われわれは業務とサプライチェーンだけでなく、次世代に向けて持続可能な世界をつくり出すようクライアントに助言して支援するやり方でも、役目を果たすつもりである」 ▽大志をさらに引き上げ、より速く ネットワークのネットゼロ目標は、セ氏1.5度の気温上昇軌道に沿う科学に基づく標的が含まれる。PwCは2030年までに、温室効果ガス総排出量を絶対的に50%削減することにコミットしている。これには、10年以内の全地域における100%再生可能電力への転換、オフィスのエネルギー効率改善、出張・宿泊関連の排出半減を含む。フライト関連排出だけで現在、ネットワークの炭素フットプリント総計の約85%を占めている。COVID-19パンデミックはリモートワークへのシフトを加速しており、PwCサービスの長期的転換の一環として、新しいクライアントサービス・モデルの実現可能性を示した。 PwCは、自然気候ソリューションなど炭素除去プロジェクトへの投資もしている。PwCは2030年までのネットゼロ気候影響の達成を目指して、排出する1トン(CO2換算)ごとに大気の二酸化炭素1トンを除去する。そのプロジェクトは品質基準、炭素削減影響の検証に基づいて選定され、より広い地元の経済社会発展の共通利益もサポートする。 ▽クライアントと協力してネットゼロ転換を加速 気候の課題に取り組むためには、グローバル経済のあらゆる部門、世界の全地域の抜本的変革が必要である。 157カ国、各業界範囲、「戦略と転換の再構築から、取引、報告、監査、税務まで」の各段階でクライアントを支援する28万4000人に展開するPwCネットワークはクライアントと協力して、ネットゼロ未来への移行を加速する極めて大きな機会に恵まれている。 ネットワークは、各組織がネットゼロに到達する具体的計画を開発、実行することをサポートする。これには企業戦略、人々と人材、企業統治と説明責任、運用モデル、革新、研究開発(R&D)、税戦略と報告、企業とサプライチェーン転換の再調整が含まれる。ほかの分野は、パートナーシップと提携、総務と規制関与などである。 PwCは持続可能性とネットゼロ転換に関する既存のクライアント業務に基づいて、科学主導の気候分析をサービス対象に取り込む。例えば、そのアドバイザリープラクティスは気候リスクを関連業務に統合し、クライアントに気候リスク・機会の知見を提供し、彼らのビジネスプロセス変革を助ける。もう1つの主な重点分野は気候関連、その他ESG関連の要因を主流の企業情報開示と企業統治に統合し、そこでPwCのアシュアランスプラクティスが高品質のアラインされた情報開示と測定基準の開発をサポートし、クライアントが報告と統治にこれらを組み込むことをサポートする。PwCはタックスプラクティス全体で、ネットゼロ転換が税戦略、透明性、順守義務、補助金とインセンティブ機会にどのような影響を与えるか、また、官民両組織に与える収益への影響について、クライアントが理解する手助けをする。 PwCはこれらの分野でクライアント支援能力をさらに拡大するため、新しい世界の環境、社会、企業統治(ESG)プラクティスを率いるPeter Gassmann氏を任命した。また、クライアントが企業報告の非財務開示を組み込むネットワークのサポートを推進するPwCの新グローバル報告リーダーにNadja Picard氏を任命した。 ▽グローバルな気候および政策アジェンダの形成と促進を支援 PwCは、利害関係者のニーズを市場経済の中心に据え、目標、行動、結果を長期的な持続可能性を加速する望ましい社会的、経済的結果に結びつける改革をサポートしている。ネットゼロへの移行を支援することは、このプロセスの重要な一部である。 利害関係者の期待が高まる中で、各組織はその環境および社会への影響について報告し、進展を実証する必要性が一段と強まっている。その結果、投資家やその他の利害関係者が、企業が組織や社会のためにどのように長期的な価値を生み出しているかを明確に把握できるようにするため、一貫性のある比較可能なESG基準の必要性がますます高まっている。PwCは、透明性のある確固としたESG報告の枠組みと基準を開発するグローバルな取り組みを支援しており、これらには、World Economic Forum International Business Council、Financial Stability Board's Task Force on Climate-related Financial Disclosures(TCFD)、International Integrated Reporting Council(IIRC)、Global Reporting Initiative(GRI)、Sustainability Accounting Standards Board(SASB)との連携が含まれる。 PwCはネットゼロを達成する方法についての幅広い理解にも貢献する意向である。PwCは近く、すべてのセクターと規模の企業がネットゼロの公約から全面的なビジネス転換へと移行するのを支援するための企業幹部を対象とした実用的なガイドである「Building Blocks for Net Zero Business Transformation(ネットゼロ・ビジネス変革の構成要素)」を発表する。このリサーチは、最近立ち上げたCEO主導によるTransform to Zero(ゼロへの転換)(https://transformtonetzero.org/ )イニシアチブへの貢献として、PwCがネットゼロ変革(https://www.pwc.co.uk/services/sustainability-climate-change/insights/accelerating-the-journey-to-net-zero.html )で助言するマイクロソフトと共同で作成された。 2030年のネットゼロ目標を達成し、顧客とサプライヤーをサポートし、グローバルな気候変動に関する議論を前進させるこのネットワークの計画の詳細は今後数か月にわたり共有される。 Bob Moritz氏は以下のように付言した。 「COVID-19の重要な教訓は、人々はどうしても必要な時には不可能なことも実行する方法を見つけることができるということであり、われわれはその精神の一部をグローバルな気候変動危機に対する取り組みに取り入れている。われわれがやる必要のある変化は容易ではないが、暴走する気候変動が社会に与える損害に比較できるものは何もない。われわれは、顧客、パートナー、そしてすべての利害関係者と協力して、目標を達成し、より持続可能で公正な世界のために気候変動の影響に対処するのに役立つグローバルな取り組みをサポートするために自らの役割を演じることに興奮している」 編集者注 ▽PwCについて PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することを存在意義としている。世界157カ国に及ぶネットワークに28万4000人以上のスタッフを擁し、高品質な保証、助言、税務の提供にコミットしている。詳細およびPwCへの要望については、ウェブサイト(www.pwc.com/ )を参照。 PwCは、PwCネットワークおよび/または別個の法人である1社あるいはそれ以上のメンバーファームを意味している。詳細はwww.pwc.com/structure を参照。 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1121790/PWC_Logo.jpg?p=medium600 ▽問い合わせ先 Andrea Plasschaert, PwC Tel: +41 79 599 9567 Email: andrea.plasschaert@ch.pwc.com 詳細はretweet: @pwc をフォローを        
  • Concept Medicalがシロリムスコーティング・バルーン使用の浅大腿動脈(SFA)の末梢動脈疾患治療で世界初の無作為化対照試験の最初の患者登録を発表
    シンガポール 2020年9月15日 /PRNewswire/ --  血管インターベンション薬剤送達デバイス専門企業Concept Medical Inc.(https://www.conceptmedical.com/ )は、FUTURE SFA(浅大腿動脈と膝窩動脈の閉塞治療におけるシロリムスコーティング・バルーンと標準的バルーン血管形成術の初の無作為化対照試験)の最初の患者の登録を発表した。 Enrolment of the first patient in the FUTURE SFA by Dr. Edward Choke and his team at Sengkang General Hospital Singapore. 最初の患者は9月11日にシンガポールで登録された。 FUTURE SFA(https://www.conceptmedical.com/press-release/future-sfa-enrolment/ )は、浅大腿動脈と膝窩動脈の閉塞治療で、標準的な経皮経管的血管形成術に対するMagicTouch PTA(https://www.conceptmedical.com/product/magic-touch-pta/ )シロリムスコーティング・バルーンの有効性を確認するための無作為化・二重盲検・プラセボ対照・多施設試験である。 末梢動脈疾患(PAD)の負担は世界的に大きい。年齢や糖尿病などの主要なリスク要因の増加傾向を考えると、今後数年間でその負担はさらに大きくなり得る。最も進行した病期の患者は重症下肢虚血(CLI)を発症、多くは下肢切断に至る。 重度のPADに対する現在の標準治療は血行再建術で、その大部分はバルーン血管形成術により血管の閉塞を解除し、脚への血流を回復させるものである。しかし、こうした血管は再閉塞を起こすことが多く、潜在的に危険で、下肢あるいは生命さえも失う可能性のある治療が繰り返されることになる。 血管形成術中に薬剤コーティング・バルーン(DCB)(https://www.conceptmedical.com/product/magic-touch-pta/ )を使用し局所薬剤送達を行えば、血管をより長く開いた状態に保っておけるよう、抗増殖薬を動脈の病変にうまく送達できる。シロリムスコーティング・バルーンは次世代のDCBになると考えられており、この新しいMagicTouch PTA(https://www.conceptmedical.com/product/magic-touch-pta/ )シロリムスコーティング・バルーン(SCB)は、病変動脈の再狭窄を防止する上で最も有望な経カテーテル技術の1つに浮上している。 FUTURE-SFAの治験責任医師は、シンガポールのセンカン総合病院一般外科(血管外科)のEdward Choke准教授である。 Edward Choke准教授は「MagicTouch PTAシロリムスコーティング・バルーンのNanolute技術(https://www.conceptmedical.com/technology/nanolute/ )の大胆かつ想像力に富む、未来的なコンセプトに触発された。現行の他の技術とは対照的に、MagicTouch PTAは、シロリムスの血管壁への送達と吸収の両方を最適化するソリューションを提供する」と語った。 准教授は「XTOSIを使用した初のヒト臨床試験で、MagicTouch PTAは血管をより長期間開いた状態に保ち、血管形成治療を繰り返す必要性を減らすことで、PAD患者に効果的な血行再建術を提供できることが示された。Magic Touch PTAシロリムスコーティング・バルーンがPAD患者の大腿動脈や膝窩動脈の開存性を改善できるかどうかをテストする今回のFUTURE-SFA無作為化対照試験に期待している。SCBがPADの治療法に衝撃を与える新たな標準治療になるのかどうかが確認できると考えている」と付け加えた。 臨床試験では、Rutherford分類のクラス3-6のPAD患者153人を登録する。被験者は、2:1の割合でMagic Touch PTAまたは標準的なバルーン血管形成術を受ける群に無作為に振り分けられる。 主要転帰は、duplex法による収縮期最高血流速度比(PSVR)2.4以下と定義した6カ月後の初期開存性である。 臨床試験は、バイアスを最小限にするため、厳密な盲検プロトコルに従い設計されている。患者、医療提供者、治験責任医師、duplex超音波検査を行う血管技師を含む転帰評価者は、治療の振り分けを知らされない。患者は2年間、経過観察される。 (NCT04511234 - 浅大腿動脈と膝窩動脈の閉塞治療におけるシロリムスコーティング・バルーンと標準的バルーン血管形成術の初の無作為化対照試験(FUTURE-SFA)) http://www.conceptmedical.com    Photo:https://mma.prnasia.com/media2/1273493/future_sfa_enrollment.jpg?p=medium600  Logo:https://mma.prnasia.com/media2/1244676/Concept_Medical_Logo.jpg?p=medium600     
  • MAGHREB PHARMA Expo、2025年までに50億米ドルの国産医薬品を輸出しアルジェリアに貢献
    アルジェ(アルジェリア), 2020年9月15日 /PRNewswire/ -- MAGHREB PHARMA Expoの主催者、Easyfairs Northeral氏はこのほど、北アフリカ地域で毎年開かれる医薬品業界向けの国際産業見本市の新たな日程を発表した。これに関連してアルジェリアのLotfi Benbahmed医薬品産業相はアルジェで8月末、アルジェリアが50億ドル相当の国産医薬品の輸出を計画していることを発表した。これは国内メーカーおよびアルジェリアに進出している外国医薬品企業をも基礎にしたアプローチであり、同医薬品産業相は「アルジェリアは2025年までに、国内の医薬品業界の生産能力によって、現在輸入しているのに相当する量の医薬品を輸出し、収支バランスを取り戻すことを計画している」と述べた。 アフリカで最大の医薬品技術見本市であるMAGHREB PHARMA Expoは、2021年2月9日から11日までAlgiers International Conference Center(アルジェ国際会議センター)で開催される。この見本市には25カ国から200を超す国際的な出展者が参加し、原料、パッケージング、生産ライン、クリーンルーム、ターンキープロジェクト、研究所用装置のあらゆるサプライヤーが一堂に会し、地元の生産能力の加速化に寄与する。 MAGHREB PHARMA Expoの主催者、Olivier-Hicham Allard氏は、「この大きな使命を持ったイベントは、これまで8年間にわたって北アフリカ地域で現地の医薬品生産能力の発展を支援し、医薬品輸入コストを現地の生産投資に切り替えるように積極的に貢献してきた。われわれは、当初は純粋なジェネリック製品に集中していた地元メーカーが現在は、バイオテクノロジー生産装置やOTC製品原料、食品サプリメント成分、革新的なパッケージング、医療用機器、さらにはダーマコスメティックに至る分野にまで研究に乗り出して自らのポートフォリオをますます拡大しているという素晴らしい進化を目の当たりにしている。われわれは、アルジェリアと全マグレブ地域がアフリカと欧州の間にあるという戦略的位置のおかげで、世界最大の医薬品生産拠点の1つになることができると確信している。このイベントの主催者としてのわれわれの使命は、この目標を達成するため、われわれができうる限り地元の医薬品産業界を支援することである」と説明した。 MAGHREB PHARMA Expoは2021年2月9日から11日までAlgiers International Conference Center で開催される。北アフリカ地域から2800人以上の専門家や意志決定者が9000平方メートルの会場で200以上の出展者と接触し、30を超す会議に出席することが可能である。このイベントに関する詳しい情報や、オンライン登録をするにはwww.maghrebpharma.com を参照。 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1252194/MAGHREB_PHARMA_Expo_Logo.jpg?p=medium600Related Links :https://www.maghrebpharma.com
  • StandigmがExcelraと提携しGOSTARのAI主導創薬プロセスを強化
    ハイデラバード(インド)、ソウル(韓国) 2020年9月15日 /PRNewswire/ -- グローバルなデータサイエンス・データ分析企業Excelra(https://www.excelra.com/ )は15日、人工知能(AI)技術を使った創薬・医薬品開発企業Standigm Inc.との提携を発表した。 契約に基づき、Excelraは小分子医薬品化学インテリジェンスプラットフォームGOSTAR (https://www.excelra.com/discovery/#gostar )をStandigm Inc.に提供する。GOSTARは、300万の特許と20万の専門誌の論文から手作業で収集した800万を超える化合物の包括的情報を提供する。このデータベースには、2800万を超える構造活性相関(SAR)関連データポイントが含まれている。よく構造化されたリレーショナルデータベースは、創薬・医薬品開発ライフサイクルの様々な段階における多様なアプリケーションに利用可能で、標的検証、ヒットの同定、リード化合物の早期同定と最適化に役立つ。 Standigm Inc.のHanjo Kimプラットフォームチームリーダーは「AIベースの創薬企業にとって、質の高いSARデータは非常に重要だ。当社のプラットフォーム技術、Standigm BEST(TM)、Standigm ASK(TM)、Standigm Insight(TM)は、大量のデータを取り込み、新規標的の発見、予測モデルの開発、一連の新規リード化合物の設計など、革新的なアイデアを生み出す。GOSTARがこのプロセスの役に立つことを期待している」と語った。 ExcelraのRaveendra Dayam化学サービス部長は「GOSTARは、数百万の小分子と、ほとんどの潜在的薬剤標的との相互作用を実験で確認した最大の情報源だ。このプラットフォームは、化学構造を生物学的、薬理学的、治療学的活性と結び付ける、何百万もの化合物の包括的概観を提供してくれる。こうしたデータセットは、新たな医薬品候補の迅速な発見をサポートするAI/MLを駆使した創薬プログラムの核心だ」と語った。 ▽Standigmについて Standigm Inc.は、人工知能(AI)を駆使した創薬企業である。Standigm Inc.は、独自の革新的AIを現実世界に適用し、創薬プロセスの不確実性を排除し、成功の蓋然性の高い治療薬候補を開発している。フルスタックでAI主導の創薬工業化を追求するStandigm Inc.は、分子設計ワークフローの自動化を実現(Dark MolFactory(TM))しており、自動化の取り組みは、Standigm ASK(TM)(標的発見)、Standigm BEST(TM)(リード選択)、Standigm Insight(TM)(薬物転用)など、Standigm AIプラットフォームをベースとする創薬プロセス全体に拡大している。www.standigm.com を参照。 ▽問い合わせ先 business@standigm.com  ▽Excelraについて Excelraのデータサイエンスおよびデータ分析ソリューションは、ライフサイエンスのイノベーションを後押ししている。専有データ資産、ドメインの専門知識、データサイエンスのシームレスな融合から生まれるExcelra Edgeは、創薬と医薬品開発を加速している。www.excelra.com  ▽メディア問い合わせ先 Dorothy PaulDirector Marketing Email: dorothy.paul@excelra.com ロゴ: https://mma.prnasia.com/media2/692189/Excelra_Logo.jpg?p=medium600
  • LaserficheとFujitsu Australiaがデジタルワークプレース・ソリューションバンドルで登録NGO、政府、教育、ヘルスケア組織を支援
    *COVID-19期間中の支援 【シドニー2020年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】 インテリジェントなコンテンツ管理とビジネスプロセス自動化で世界をリードするプロバイダーであるLaserfiche((Laserfiche )は15日、オーストラリアと近隣市場で最大級の情報通信技術(ICT)ソリューションプロバイダーであるFujitsu Australia Limitedとの独占的ソリューションバンドルを発表した。これによりオセアニアの登録NGOおよび政府、教育、ヘルスケア組織のデジタル変革への取り組みをサポートする。同地域の適格申請者は2020年12月31日まで、Fujitsu Image Scanner fi-800Rにバンドルされている3カ月のLaserfiche Cloud(の使用)を無料で申し込むことができる。 LaserficheのSean Tang国際事業担当副社長は「COVID-19パンデミックにより、地域全体の公共サービスとコミュニティーサービスは大規模な混乱に見舞われた。LaserficheはFujitsuと協力して受益者、市民、学生、および患者のニーズに効果的に対処しつつ、今回の危機の最前線にいる組織の運用上の負担軽減および、事業継続性とリモートワーク機能の実現を支援することにコミットしている」と語った。 ユーザーはLaserfiche Cloud(Laserfiche Cloud )とFujitsu Image Scanner fi-800Rをエンドツーエンドのソリューションパッケージとして活用し、ソフトウエアとハードウエアのバンドルを実装して、組織全体のさまざまなドキュメント管理プロセスを最適化することができる。バンドルは、社会的距離と在宅勤務指示の期間をナビゲートしつつ、主要プロセスを最適化、合理化できるようにするもので、オセアニアと北米のLaserficheとFujitsuが推進する他のCOVID-19救援イニシアチブの延長である。 Fujitsu Productsのポートフォリオ責任者、Peter Uher氏は「地域全体の国々がパンデミックの最新の波と戦っている中で、当社は組織がクライアントやコミュニティーとデジタル接続し、この前例のない時期に彼らのニーズに対応するのに役立つツールを提供することを強く望んでいる。当社はLaserficheと協力し、これらの必要な公共サービスを実施する組織をサポートすることに専念している」と語った。 オセアニアの登録NGOおよび政府、教育、ヘルスケア組織向けLaserfiche Cloud-Fujitsu fi-800R Bundleに関する詳しい情報はclick here をクリック。 ▽Laserficheについて Laserfiche(Laserfiche )はインテリジェントなコンテンツ管理とビジネスプロセス自動化(business process automation )で世界をリードするプロバイダーである。Laserfiche(R)プラットフォームは強力なワークフロー、電子フォーム、ドキュメント管理・分析により、手動プロセスを除去し、反復的なタスクを自動化して、ビジネスの遂行を加速する。 Laserficheは30年以上にわたりエンタープライズコンテンツ管理(enterprise content management )でペーパーレスオフィスを開発した。今日、Laserficheは、80カ国以上の組織がデジタルビジネスへの変革を実現するため、クラウド、機械学習、AIでイノベーションを続けている。政府、教育、金融サービス、製造業を含むあらゆる分野の顧客は、Laserficheを使用して生産性を高め、ビジネスを拡大し、デジタルファーストの顧客体験を提供している。 世界中のオフィスにいるLaserficheの従業員は、顧客に力を与え、人々がテクノロジーによって生活をどのように変革できるかを再考するように促すという同社のビジョンにコミットしている。 Laserficheとつながろう: Laserfiche Blog(Laserfiche Blog ) Twitter(Twitter ) LinkedIn(LinkedIn ) Facebook(Facebook ) Logo - https://mma.prnasia.com/media2/626076/Laserfiche_Logo.jpg?p=medium600 Related Links :http://www.laserfiche.com
  • 5年間、5億米ドル、約1000人:Cytivaが世界規模の製造力拡大に投資
    【アマーシャム(英国)2020年9月14日PR Newswire=共同通信JBN】 製造能力を拡大するために今後5年間で総額約5億米ドルを投資する計画 高まる業界需要と新規市場機会に応えるために、製造力の拡大の継続的な長期戦略 Cytivaはオーストリア、中国、シンガポール、スウェーデン、スイス、米国で約1000人を雇用 新しい生産ライン、年中無休のシフトパターン、拡大したオートメーションは追加の生産能力を提供 ライフサイエンスのグローバルリーダーであるCytivaは、主要部門の生産能力を拡大し、人材を採用して、バイオテクノロジー業界の長期的な成長をサポートする。 Cytiva's global network CytivaのEmmanuel Ligner社長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは、可用性とリードタイムは品質に次いで最も重視すべき事項であることを顧客から学んだ。Cytivaの長期的なコミットメントは、最高の医薬品を適切な時点に提供し、当社の顧客を専門的知識で支援することである。この業界は急成長しており、COVID-19によってそれが加速している。この投資を加速することは、これらのコミットメントを強化する」と語った。 COVID-19パンデミックは短期的な需要を増大させており、バイオ製剤業界はこれまで、現時点から2025年までに2ケタの成長を予測してきた(注1)。Cytivaの世界規模の医薬品製造と流通ネットワークは、アジア、米州、欧州の13カ所に及んでいる。総額約5億米ドルに上る今回の投資は、地域内および地域に向けた需要に応え、二元的な製造を通じて供給の安全を強化し、主要医薬品分野の世界全体の能力を向上させる。 Cytivaは人材にも投資し、世界で約1000人を採用する。Ligner氏は「われわれは長期にわたり顧客によりよいサービスを提供するために、販売から生産ラインまで当社事業の各分野で人材を確保している」と語った。 シングルユーステクノロジーは、プレコマーシャルおよび臨床製造ラインで生物薬剤の85%を製造するために現在使用されている。規制当局の許可があれば、製造規模でシングルユース医薬品の需要が大幅に伸びると予測される。複数個所での追加の設備とインフラストラクチャーを通じて、シングルユース製品を製造するCytivaの能力は2倍以上に向上する。 アジア太平洋におけるシングルユース能力は、中国最大のヘルスケアテクノロジーサプライヤーの1つであるWegoとの提携を通じて3倍になる。Wegoはすでに同地域でCytivaの顧客向けに消耗品を製造している。 細胞培地製造は、ユタ州ローガンの新規製造ラインとクリーンルームスペースと、追加の交代制勤務および人員のおかげで増加する。シンガポールとオーストリア・パシング工場はより多くの人員および追加の交代制勤務によって製造を増やしている。これは、2018年に発表された粉末細胞培地製造を10倍増にすることに次ぐものである。 CytivaのMabSelectおよびCaptoクロマトグラフィー製造プラットフォームの製造能力は倍増し、その一部は、スウェーデンのウプサラでの年間7000万米ドル(2017-2022年)に上る製造力増強と施設近代化プログラムである。現在、そのプラントは継続製造を可能にする最新テクノロジーで完全自動化されている。その他の要素には、セファデックスレジン、自社製造のための追加施設の開設、オートメーションおよびデジタル化インフラストラクチャーの開発が含まれている。 Cytivaは、スイスのグランの新規施設への投資を通じて、急拡大する細胞および遺伝子治療市場を実現し、同社のSepaxおよびSefia細胞プロセッシングシステム向けのシングルユースキットを製造している。 Cytivaは長期かつ総合的なSecutiry of Supplyプログラムを実施し、製造生産高を市場需要に対応するようにするとともに、運用およびサービス能力が安全に継続することを保証する。一部の製造ラインとって、その解決策の一端は顧客に提供できる複数のサイトを保有することである。 Ligner氏は「二元的な製造は、1カ所が容量制約を受けても、われわれはいつでも稼働できる多数のバックアップを所有していることを顧客に確約する」と語った。 ▽Cytivaについて Cytivaは、40カ国で約7000人の従業員を擁し、治療法を前進させ加速することに献身しているライフサイエンスのグローバル企業である。多岐にわたる規模と領域の顧客にとっての信頼あるパートナーとしてCytivaは、研究・製造ワークフローへのスピード、効率、機能を提供し、これにより患者に対して斬新な医薬品の開発や製造、提供を可能にする。 (注1)BioPlan's 2020 Report and Survey of Biopharmaceutical Manufacturing Capacity and Production, p 29 (注2)BioPlan's 2020 Report and Survey of Biopharmaceutical Manufacturing Capacity and Production, p 58 Photo - https://mma.prnasia.com/media2/1252653/cytiva_capacity_expansion.jpg?p=medium600 Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1138636/cytiva_Logo.jpg?p=medium600 Related Links :https://cytiva.com
%d bloggers like this: