Japanese

News provided by PR Newswire

  • Honorと組んだRedがインスタレーションアート「オーロラ」を制作
    【香港2018年11月21日PR Newswire=共同通信JBN】 *Artology: Explore Art & Technology with You(th)を発表 *リサイクルHonorスマートフォンの背面ガラス約2000片でできたこのインスタレーションは、この12月に香港のH Queen'sでデビュー 大手スマートフォンeブランドのHonorは19日、「Artology:Explore Art & Technology with You(th)」の展示とアジアアート界の大物ホン・イー氏(Red)とのコラボを発表した。型破りの素材を使ったアートを制作することで有名なRedは、Honorのフラッグシップコレクションのリサイクル背面ガラス約2000片でできた特異な作品を制作する。展示とインスタレーションは2018年12月10日、香港のオフィス・商店街セントラルにある建築学上の一流アイコン、アートスペースのH Queen'sで初お目見えする。 リサイクルHonorスマートフォンの背面ガラス約2000片でできたインスタレーションはこの12月に香港のH Queen'sでデビュー 「Aurora(オーロラ)」と題されたアート作品は、独創的で同時代のアート形式を生み出す新たな方法を定義したHonorとRedの前衛コラボを具象化している。インスタレーションは絶え間なく色が変わってオーロラの色合いがにじみ出る。それは光を反射、屈折させるHonor背面ガラスの各片内部に見られるナノ単位の皮膜層が可能にする。 Honorのジョージ・チャオ社長は「HonorとRedは異なる形だが、ともに重要アート作品を生むことを夢見ている。Redは受賞歴のある「絵筆なしに絵を描く」アーティストで、世界トップ級のアート請負人である。彼女は想像力と意外な手法で日常素材を傑作に転じる。Honorは若者が社会規範を破り、成功に向けて独自の道を切り開くことを奨励する。したがって、このインスタレーションをRedと共同制作することは、彼女のようなミレニアル世代を力づけるHonorのコミットメントを表すもう1つのデモンストレーションである」と語った。 Redことホン・イー氏は「これだけの規模のプロジェクトを委ねられて大変光栄に思う。スマートフォンの背面ガラスを初めて見たとき、表面から跳ね返る数々の色合いに魅了された。それは私にオーロラ現象を思い起こさせた。Honorはデザインに多くを投資しており、それはオーロラにヒントを得て、この巨大シャンデリアを作らせてくれた素材独特の品質である。最先端テクノロジーを使った現代アート制作の機会を持てたことを喜んでいる」と話した。 この展示は、世界のデジタルネイティブに向けたHonorの最新ブランドキャンペーンの一環で、今年初め英国のデジタルアーティスト、クララ・バクー氏が主役を演じたグローバルキャンペーンの成功に続くものである。2018年12月11日から23日まで一般公開され、入場無料である。 Honorはここ4年、世界展開を拡充しており、成長の勢いが世界中で感じられている。2018年8月現在、Honorは海外市場で150%の成長を達成し、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、トルコ、エジプトなどに参入した。 ▽Honorについて Honorは大手スマートフォンeブランドである。同ブランドは、「For the Brave(勇者のために)」というスローガンに従い、優れたユーザー体験を提供し、行動を促し、創造性を育成し、若者に夢をかなえる力を与えるインターネット最適化製品を通じて、デジタルネイティブのニーズを満たすために創設された。Honorはそのため、ほかと違うことを行い、最新技術、イノベーションの顧客提供に必要なステップを踏む勇気を示すことによって、他社と一線を画している。 詳細は、www.hihonor.com  でHonorを参照するか、以下のフォローを: https://www.facebook.com/honorglobal/https://twitter.com/Honorglobalhttps://www.instagram.com/honorglobal/ ▽ホン・イー氏(Red)について 「Red」としても知られるホン・イー氏は、物の蓄積によって日常素材を再解釈する作品に集中しているアーティストである。 Redはメルボルン大学とデルフト工科大学で学び、建築学の修士号を取得している。Redはオーストラリアの建築設計会社HASSELLのために上海で働く一方、週末に地元卸売市場で手に入る手ごろな各種素材を使ってインスタレーションを制作した。中国の著名人物の肖像を扱った彼女の作品は、ソーシャルメディアやウォールストリート・ジャーナル、タイム、ニューヨーク・タイムズ、CNBC、Fast Companyなどの出版メディアに広く流通している。RedはFacebook、Google、グッチ、JPモルガン・チェース、マンダリン・オリエンタルを含む各クライアントから注文を受け、その作品は世界経済フォーラム(ダボス)、アンカレジ・ミュージアム(アラスカ)、デザインマイアミ(マイアミ)、アジア美術館(サンフランシスコ)に展示されている。サザビーズ・インスティチュートは、2018年「11 art world entrepreneurs you should know(知っておくべき11人のアート界請負人)」の1人に彼女を選定した。 詳細はwww.redhongyi.com を参照するか、以下のフォローを: Facebook(https://www.facebook.com/redhongyi )Instagram(http://www.instagram.com/redhongyi) ▽H Queen'sについて H Queen'sは、セントラル中心部で文化的ダイナミクスを変革するまさに一流の地点、クイーンズロード・セントラル80に開発された24階建てのビルで、アートの推進とアートオーディエンスの拡大を目指す展示スペースを確保している。著名な建築家兼アーティストで、アジア有数の大手建築設計会社CL3の創業者兼マネジングディレクターでもあるウィリアム・リム氏が設計したこのビル独特の建築様式は、最大の柔軟性と環境にやさしい機能を提供している。H Queen'sのデザインは、広範囲の展示やエンターテインメントのニーズにこたえるため、多機能レイアウト、天井から床まで最適の高さ、開放的なバルコニーを誇っている。H Queen'sはまた、各ギャラリー階に設置された可動カーテンウォールを抜けて作品を納入できるゴンドラシステムなどの総合ビルメンテナンスユニットも備えている。セントラルの都市背景、類のない柔軟性、エネルギー効率を最大化する設計によって、H Queen'sは建築学上のアイコン、ライフスタイルのデスティネーションになる運命にある。Henderson Land Development Company Ltd.の完全子会社Henderson Leasing Agency Company Ltd.がH Queen'sビルのリース・販売代理店になっている。 ▽報道関係問い合わせ先 Peony TamBurson Cohn & Wolfee: peony.tam@cohnwolfe.como: +852 2963 6706 Tiffany WongBurson Cohn & Wolfee: tiffany.wong@cohnwolfe.como: +852 2963 6775 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181119/2304022-1 ソース:HonorRelated Links :http://www.hihonor.com
  • Banmaが「インターネット・コネクテッド車両の運用1年目を開始」
    自動車メーカーの営業利益は5年以内に、従来の自動車メーカーを超えないまでもそれに追いつく 【上海2018年11月21日 PR Newswire】 11月8日、Banma Technologiesのハオ・フェイ最高経営責任者(CEO)は、1カ月間のプロモーション「Hi Banma」の開会式で「Banmaは今日、インターネット・コネクテッド車両を運用する1年目を開始する」と述べた。 1カ月のプロモーション期間中、中国全土60万人のインターネット・コネクテッドカーのオーナーはインテリジェントパーキング、スマート給油、交通監視、マイカー旅行、イーコマースという5つの主要事業が提供する多くの便利なサービスを楽しめる。さらに、Banmaはインターネット・コネクテッドカープラットフォームに頼って、ドライバープロフィール、シナリオ・エンジン診断などの体系的管理ツールの完全セットを自動車メーカーに提供し、運用価値の向上に寄与する。 ハオ・フェイは「プロフィット・プールの転換に従って、自動車産業の利益の源泉が変わるだろう。自動車メーカーの営業利益は5年以内に、伝統的な利益モデルにおける営業利益を超えないまでもそれに追いつくだろう」と述べた。 「変革」が自動車産業のキーワードに China Passenger Car Associationの統計によると、10月最初のわずか3週間で中国の国内乗用車販売は前年比で23%下落した。中国の乗用車市場は今年、1990年以来で初めて年間売上高が減少すると業界では一般的に予想されている。 こうした状況を受け、「変革」は来年の自動車産業全体でのキーワードになるだろう。従来の自動車メーカーは以前、「旅行サービスプロバイダー」という似たような言葉を使って自社のリブランドを試みたが、その従来の自動車メーカーはドライバーとコネクトする方法について2、3の成功例を主張できるだけである。 ハオ・フェイ氏はこれについて「自動車メーカーは重点を売上高からアクティブユーザー数、ユーザー転換率その他の基準に転換し、インターネット・マインドを持つ必要がある」と述べた。同氏は、AliOSオペレーティングシステムを使うことで、Banmaは自動車メーカーのためにドライバーを理解し、ドライバーに注目し、ドライバーに仕え、ドライバー情報を活用するツールを構築でき、それにより自動車メーカーは新たな収入源を生みだすビジネスモデルを作ることができると述べた。 Banmaは新しい自動車エコロジーを構築してインターネット・コネクテッド車両の運用1年目を開始 AliOSに基づくBanmaオペレーションシステムは現在、Roewe、MG、Maxus、Dongfeng Citroen、フォード、Qorosといった多くの自動車メーカーに展開されている。Banmaは自動車ハードウエアのすべての仕様に対応する標準ソフトウエアプラットフォームも構築中である。オープンプラットフォームとしてのビジネスフォームやトップレベルのイノベーション能力、継続的な運用価値をもって、Banmaはこのほど最初の資金調達ラウンドで16億元以上(約2億3000万米ドル)を調達した。 Banmaはそのソフトウエアプラットフォームに基づいて、車両の運用管理に関係する各シナリオにおけるサービスを引き続き充実する。同社は2017年にスマート給油とインテリジェントパーキングなどのサービスを開始し、自動車産業を純粋な製造からドライバー中心の運用へ展開した。スマート給油は中国26の省と地域の102都市で2000以上のガソリンスタンドを設営し、インテリジェントパーキングは200都市の8000カ所以上でサービス展開構成へと統合された。Banmaは最近、Fliggy(アリババのオンライン旅行代理店)とともに「Future Scenic Spot」を開始し、3年以内にそうしたエリアを1000以上に増やす計画である。 また、BanmaはAliOSと提携して新しい自動車エコロジーを構築している。ハオ・フェイ氏は、次の段階では、双方が完全なテクノロジーオープンプラットフォームを提供し、より多くの外部エコロジーを導入するとともに、Banmaオペレーションシステムの軽量化と小型化を実現することにより、自動車メーカーがパーソナライズされた開発と独立したエコロジーの構築を行えると述べた。 (日本語リリース:クライアント提供)
  • First World Sensors Summit in 2018が鄭州で成功裏に閉幕
    【鄭州(中国)2018年11月21日PR Newswire】 *「鄭州コンセンサス」が中国のインテリジェントセンサー・バレー建設を後押し China Instrument and Control Society、Intelligent Sensor Innovation Alliance、鄭州市人民政府、Management Committee of Zhengzhou National High-tech Industrial Development Zone(鄭州国家ハイテク産業開発地区管理委員会)の共催による「First World Sensors Summit in 2018(初の2018年世界センサーサミット)」が11月12-14日、中国のZhengzhou International Convention and Exhibition(鄭州国際会議展示)センターで開催された。テーマは「Sense the World, Win the Future」で、35カ国・地域のセンサー・教育・研究・生産関係機関の代表約1500人が参加した。 出席した専門家や学者は:中村修二(カリフォルニア大学教授、2014年ノーベル物理学賞受賞)、ジン・グオファン(清華大学教授、中国工程院会員)、ユー・ジャン(清華大学副学長、中国工程院会員)、ジャン・ジュアンデ(西安交通大学教授)の各氏とセンサー業界の著名専門家ら。 リュー・ウェイ河南省人民政府副省長は「河南省はインテリジェントセンサーを省支援の戦略的新興産業と認めるだろう。われわれは特別な活動を策定し、政策的支援を強化する。われわれはインテリジェントセンサー産業チェーンと産業環境向上の相乗的アップグレードを重視する。インテリジェントセンサーの材料、設備、設計、製造、サブパッケージング、試験、産業チェーン全体の発展を促進し、「One Valley and Two Bases」の建設を推進することにさらに留意する。これは鄭州ハイテク地区内の中国インテリジェントセンサー・バレー、洛陽と新郷のセンシング基地である。われわれは3-5年の懸命な努力で国際的影響力のあるインテリジェントセンサーを研究、開発、製造する産業ハイランドの創出に取り組む」と語った。 サミットは「鄭州コンセンサス」を発表、世界、とりわけ中国でセンサー技術・産業の開発と革新を促進するため国際センサーサミットを2018年から3年連続で河南省鄭州市で開催すると宣言した。 サミット開催中、パナソニック、シーメンス、E+H、GE、エマソン(Emerson)、バイドゥなど280の有名企業がインテリジェントセンサーに関連した最新の技術と商品を披露した。輸送、環境、化学利用やエネルギー、インフラストラクチャー、農業での利用などセンサーの多様な側面に関する20のサブフォーラムも開かれた。 ソース: China Instrument and Control Society
  • MINISO名創優品が売れ筋製品の開発でパントンと協業
    【広州(中国)2018年11月20日 PR Newswire=共同通信JBN】MINISO名創優品はこのほど、同社が色彩の巨人・パントン(PANTONE)と協業することを発表した。パントンは世界で最も高名な色彩の権威として色彩の開発と研究に集中している。パントンが毎年発表するファッションカラーは長年にわたり、デザイン産業で一般的な基準であり、あらゆる職業および地位の人々にとって協力の対象にもなっている。衣類、建築から家庭用品、そして多様なファッション小物に至るまで、パントンはわれわれの人生の味わいとショッピングの方向性に極めて大きな影響を及ぼしている。 パントンの権威、色彩への執着、そしてその背後にある人間中心の精神により、多くのファッションブランドあるいは横断的業界のブランドさえもパントンと協力し、興味深い共同プロジェクトを行ってきた。 MINISO名創優品はパントンがもたらすビジネスチャンスを感じとったことから、一連の「MINISO名創優品カラー」を生みだす目的で今年、パントンと協力した。 MINISO名創優品は興味深い製品を生みだすためパントンと協力 パントンがその年の色彩を探すのは、多くの場合、その1年前あるいはもっと前から始まる。パントンのチームはインスピレーションを得るために世界中を見て回り、新しい年のファッショントレンドを表す色彩を使用する。 過去、色彩は一貫した美意識と基準を提示していたが、パントンは色彩の選択に幾つかの思慮、人生の味わい、人間中心の精神を加えた。それにより色彩は世界を変える力を持ち始め、人々の世界の感じ方に作用し、人々の内面的追求に影響した。現在でも、われわれは色彩の力を通して世界を変えることができる。 これは中国市場でMINISO名創優品とパントンが共同発表したMINISO名創優品 X パントン・シリーズの実例である。 ピンクと青の色調の携帯電話ケース、サーモカップ、携帯充電器、小さな鏡、メーキャップバッグ、野球帽、メモ帳、キャンバス地のバッグがMINISO名創優品 X パントン・カラーになっており、さらには男性用のディープブルーの事務用品セットもある。 こうした製品は発表されてから好評を維持し、人気のあるKOL(主要オピニオンリーダー)からも推薦されている。 MINISO名創優品は最近、数多くの有名「IP」と協業して越境マーケティングを開発し、パントンと共同ブランド製品を発表した。MINISO名創優品は消費者の好みを捉えることができる正確な商業的感性を示している。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181120/2305295-1 ソース:MINISO Japan
  • テンセントとブラジル国立博物館がデジタル博物館に関して協力
    【北京2018年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】"Rebirth of Luzia - The Digital National Museum of Brazil"(ルチアの再生-ブラジル・デジタル国立博物館)の調印式が、11月16日(現地時間)、北京のブラジル大使館で行われた。ブラジル大使館の創造産業部門代表のマルセロ・アゼベド氏、アレクサンダー・W・A・ケルナー・ブラジル国立博物館長や中国の大手インターネットサービスプロバイダーのテンセント(Tencent)モバイル閲覧製品担当副社長のイェ・ジュン氏が式に出席した。 「ルチアの再生-ブラジル・デジタル国立博物館」の調印式 テンセントは、デジタル情報に基づく文化遺物の再生産によって、火災被害に遭ったブラジル国立博物館の復旧に参加した。 博物館の現存するデジタル・コンテンツを基にテンセントは、そのQQ web browser(QQ ウエブ・ブラウザー)の画像認識フィーチャーを通じてオンライン博物館を構築する。ビジターは、フィーチャーまたは博物館のために個別に設計したテンセントのプログラムを利用して、文化遺物のデジタル版の保存記録に便利なアクセスをするために現存する写真または他のコンテンツをスキャンすることができる。また同プログラムを通して、ブラジル国立博物館に以前に展示されたアイテムのデジタル処理された音声に基づくガイドと画像にもアクセスできる。 さらにテンセントと同博物館は合同で、失われた文化財の修復を支援する活動として、ブラジル国立博物館を訪れたことのある中国人旅行者に画像と文書双方を含め、博物館の中で入手した画像またはビデオクリップをアップロードするよう呼び掛ける。テンセントは将来のいつか、パブリック・ビューイングのために利用できる価値あるコンテンツを作るだろう。 イェ氏は「ブラジル国立博物館は中南米で最も重要な文化遺産と文化財の保護者だ。われわれは火災による損失の結果を深く悲しんでいる。テンセントは高度な技術を使ってブラジルの国立博物館再建の支援に関与している。われわれはそのために力の限りあらゆることを行う」と語った。 ケルナー氏は「われわれは損失を最小限にするために全てのことを試している。より多くのデジタル記録の発見を助けてくれるテンセントの参加はわれわれにとって非常に意味がある」と述べた。 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20181120/2303868-1 ソース:Tencent
  • iChongqing:パブリックアートを生活に取り入れ、芸術を自然の中で生かす
    【重慶(中国)2018年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】 *この記事はiChongqingのためにルイ・フー氏が執筆した 2018年11月18日、signs, symbols, and reality(しるし、象徴と現実)をテーマにしたYuelai Public Art Exhibition(悦来パブリックアート展覧会)が重慶の悦来で開催された。これは山や川の中で芸術を生かし、パブリックアートを生活の中に導き入れることを目指した、大衆のための無料の常設展覧会だ。 重慶の思想家 展示会後に作品はChongqing International Expo Center(重慶国際博覧中心)に常設される。公共スペースで生きているこれらの芸術作品は同市に新鮮な活力をもたらすだろう。さらに、それは参加して文化と芸術の新たな感情体験と視角認知を創り出すよう地元市民を導くだろう。これらの10点の芸術作品は悦来の人間、自然、環境と調和している。 ▽悦来に芸術遺伝子を移植する 悦来は優れた自然の財産を持つ。前面に嘉陵江を有し、後背に緩い丘と美しい景観がある。この嘉陵江地区は、長江の雄大な激流とは異なり、穏やかで静かで美しい。Liangjiang New Area(両岸新地区)は悦来を、国際的な事業、会議や展示会、文化的な創造性と環境の快適さを持つ世界に向けた窓として売り出している。それと同時に、悦来はnational green ecological demonstration Area(国家グリーン環境デモンストレーション区域)の第1弾であり、将来の新都市建設のために必要な条件を備えたnational sponge city pilot areas(国家スポンジシティー・パイロット地区)の第1弾でもある。 ▽インタラクティブな物流基地 17世紀にパブリックアートは芸術の新しいコンセプトとしてドイツ人社会学者によって最初に提案された。それは、現代社会の発展から由来した芸術コンセプトで、公共スペースでの市民の自由意志の表現を強調している。パブリックアートは近年、特に活発だったco-construction(共同建設)の1様式だ。しかし、重慶はまだ大規模なパブリックアート計画を形成していない。 悦来は人間と情報のインタラクティブな物流基地の中心となった。 その結果、文化的な特質と芸術的な印象を持つ幾つかの空間が悦来の未来計画の重要な一部分となった。両岸新地区の中核的な建設区域として、悦来は外部向け展示のための窓である。芸術的な形式と芸術的な言語に関して、それは国際的で分かりやすい芸術作品であるとともに、芸術的な美学のコンセンサスを達成する必要がある。 詳細は http://www.ichongqing.info 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20181119/2304122-1 ソース:iChongqingRelated Links :http://www.ichongqing.info
  • 中国の品質サービス会社CCICが中国国際輸入博に参加
    【上海2018年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】 *品質サービス体験改善のコミットメントを確認 検査、検証、認証および試験サービスの提供を専門とする国有の認証・検査機関China Certification & Inspection Group(CCIC)はランドマークの中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)における計画および参加を成功裏に進めている。CCICは同博覧会で世界中からの訪問者に、品質の信頼できる保護者であり、認定・検査サービスの全面的な提供者であることを示した。 スー・ゼンデCCIC会長は「Big Import, New Ecosystem」Global Import Leadership Summitに招かれ、「Ecosystem Prosperity and Inclusive Trade」に関する円卓会議に参加した。参加者は、新時代の輸入、新しいリテールとグローバリゼーション、技術開発とグローバルサプライチェーン、並びに、国際貿易機関が国境を越えた電子商取引の促進をどのように支援することができるかなど、さまざまな話題について話し合った。 スー氏は円卓会議で「CCICは3つの方法で国境を越えた電子商取引をサポートする。第1に、CCICは国境を越えた電子商取引のための国家規格の普及を推進する。第2に、CCICは自社のサービスを改善し、革新する。世界中の主要な港湾、都市、貿易センターを網羅するビジネスネットワークを擁する同社は、グローバルリーチを継続的に拡大し、国境を越えた貿易を具体的な方法で促進するために、オフショア事前検査とトレーシングのサービスモデルを改善する。最後に、CCICは電子商取引プラットフォームとの協力を深化させる。例えば、健康製品や化粧品に焦点を当て、アリババのオンラインショップを介して販売されているより多くの商品カテゴリをカバーするサービスを拡大する」と語った。 リー・チョンバンCCIC社長はCIIE開幕式および虹橋国際経済貿易フォーラム(Hongqiao International Economic and Trade Forum)に参加した。「invigorating global trade and promoting win-win cooperation(世界貿易活性化、ウィンウィン協力促進)」をテーマとする同フォーラムは並行して開かれ、CIIEの主要構成要素を形成した。 さらにCCICはCIIEで十数件の調印式を行い、内外の権威ある企業や機関との提携を開始した。相手は、Malaysia External Trade Development Corporation(MATRADE)、カナダ企業のCAC Natural Foods、Arctica Food、Avalon Dairy Inc、オーストラリア企業のConway Country、Blend and Pack、Australia Postなどである。CCICはまた、ニュージーランド企業や、中国工商銀行(ICBC)、LINGANG Groupなどの中国企業と協力取り決めを結んだ。 CCICの合同ブースで、同社の品質検査専門家は、事前検査、グローバル品質トレーシング、インターネットベースのプラットフォームなど、同社の便利なサービスとソリューションを展示した。例えば、品質保証期間が15日間のニュージーランド産瓶入りミルクは、CCICのサービスを利用してわずか3日間で、中国のスーパーマーケットの棚に置くことができる。これまでは8日間かかっていた。 ▽CCICについて China Certification & Inspection Group(CCIC)は30年にわたり検査、検証、認証および試験サービスを提供してきた国有の認証検査機関である。CCICは、品質、安全、健康、環境保護の分野において国際的な顧客向けの総合的なワンストップサービス・プロバイダーとなっている。 ソース:China Certification & Inspection Group
  • Tencent Cloudが優れたゲームソリューションでG-STAR 2018に初登場
    【釜山(韓国)2018年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】大手インターネットサービスプロバイダー、テンセント(Tencent)が、釜山で11月15日から4日間開催されたG-STAR 2018に初登場した。この年1回のイベントで、Tencent Cloud(テンセントクラウド)はBTBホールにブースを設置し、クラウドサービス、およびゲームとソーシャルプラットフォームのユニークな連携を展示した。Tencent Cloudは、グローバルな成功事例と実際に試してみることができるインタラクティブ体験を展示することで、国際的なゲーム企業のグローバル展開を促進する同社の強みを見せた。 ▽優れたグローバル・クラウドインフラストラクチャーとソリューション Tencent Cloudは、グローバルな相互接続、先進的なセキュリティー保護、最先端のデータアクセス技術を活かし、あらゆるゲームシナリオで質の高いユーザー体験を保証する。Tencent Cloudには現在、世界25の地域で運営している49の利用可能ゾーンがあり、それぞれが4T保護帯域幅を提供する高速接続を備えている。利用可能ゾーン間の高速相互接続は、地域カバー遅延60ms未満を達成、上海とシリコンバレーの間の遅延は120ms未満である。ハイブリッドクラウドを採用している顧客は、クラウドエクスチェンジ(CloudExchange)を通じて8つの主要データセンターに容易にアクセスできる。さらにTencent Cloudは、ローカルアクセスをサポートする4T+ DDoS保護機能を備えた高水準のセキュリティーを提供している。 テンセントのG-STAR展示ブースで、Tencent Cloudは、クラウド・ゲーミングの最先端技術やGame Multimedia Engineの没入型3D音響効果など数々のインタラクティブ体験を実演、Tencent Cloudのリアルタイム音声サービスを際立たせた。 テンセントのゲーム部門での大規模な研究・開発と営業活動で蓄積された、豊富な自己革新技術によって、Tencent Cloudは近年、Game Multimedia Engine、Aegis Anti-DDoS Protection、WeTestといった企業とこうした製品やサービスの共有を始めており、これはゲームのライフサイクル全体をカバーしている。 さらにTencent Cloudは、QQ、WeChat、WeGame、Tencent App Store(Yingyongbao)や他のテンセントのデジタルプラットフォームとシームレスにつながっており、中国で事業を開始、拡大しようとするゲーム企業に多チャンネルベースのプロモーションリソースを提供している。 Globally Renowned Titles Use Tencent Cloud for Global Expansion ▽ゲーム企業のグローバル展開を支援 Tencent Cloudは、世界有数のクラウドインフラストラクチャーを活用して、世界中のゲーム企業がゲームをグローバルに展開するのを支援している。 PUBG Mobileは、Lightspeed & Quantum Studios GroupとPUBG Corp.によって開発され、テンセントとPUBG Corp.が共同で発表したPUBG Corp.公認のオリジナルPUBGモバイルゲームである。グローバルベータ版発表後、1周間で105カ国・地域でモバイルゲームチャートの1位になった。ダウンロードは1億回、日常的なアクティブユーザーは世界中で2000万人を超えた(中国、日本、韓国を除く)。 Tencent Cloudは数十の利用可能ゾーンを運営、5大陸をカバーし、ゲームを難なく展開できるようにしている。プレーヤーは、Tencent Aegis Anti-DDoS保護で安全が保証された最も近い場所にアクセスできる。一方、高速で安定したデータセンター相互接続により、地域サーバー間の効率的な通信が保証されている。サーバーから離れたプレーヤーは、近くのTencent Cloud POPノード(公衆ネットワーク)にアクセスし、それにより高速ネットワーク接続を介してTencent Cloudのデータセンターのゲームサービス(イントラネット)にトラフィックが転送されるため、プレーヤーとゲームサーバー間の接続が高速化され、世界中のプレーヤーに公正でスムーズなゲーム体験を提供することができる。 Tencent Cloudは、European Cloud Alliance(欧州クラウドアライアンス)の認定を受けた中国初のクラウドサービスプロバイダーとして、包括的なグローバルインフラストラクチャー、秀逸なネットワーク最適化、トップレベルのセキュリティー保護、あらゆる種類のサービスインターフェースを提供している。Tencent Cloudはさらに、同社の顧客、パートナーのグローバルな事業展開に協力していくことを目指している。 ▽G-Star 2018について G-STARは、世界の4大ゲーム展の1つとして、地域の業界協議会から、世界中のゲーム開発者、プレーヤーのための真の国際的祭典になった。 ▽テンセントについて テンセント(Tencent)はインターネットユーザーの生活を豊かにする技術を使用している。同社のソーシャル製品WeixinとQQは、ユーザーをゲーム、ビデオ、音楽、書籍などの豊富なデジタルコンテンツカタログにリンクさせている。同社独自のターゲティング技術は、広告主が中国の何億人もの消費者にアピールするのに役立っている。支払い、セキュリティー、クラウド、人工知能など同社のインフラストラクチャーサービスは、差別化されたサービスを生み出し、同社パートナーの事業の成長をサポートしている。テンセントは人とイノベーションに多大な投資をし、インターネットとともに進化できるようにしている。テンセントは1998年、中国深センで設立された。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181119/2304220-1 
  • 三亜がドイツの旅行代理店と手を組み、新たな観光商品を同国市場に導入
    【フランクフルト(ドイツ)2018年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】11月8-12日、Sanya Tourism Development Commission(三亜市観光発展委員会)とドイツ最大の海外旅行代理店のTUI Groupがドイツのフランクフルトとミュンヘンで宣伝イベントを共同開催し、三亜の観光商品をドイツの旅行代理店に紹介した。フランクフルトとミュンヘンの旅行代理店の代表者、中国・海南省の三亜からの代表団、ならびに100人以上のドイツ旅行業界幹部らが2つのイベントに出席し、ドイツ人ジャーナリストのヒルケ・マウンダー氏が1988年と30年後の2018年の2度の三亜滞在の体験談を共有した。「Amazing Changes in 30 Years(30年の驚嘆すべき変化)」と題されたストーリーのコレクションは、三亜の観光市場について知識を深めたいというドイツ旅行業者の意欲を刺激した。 ドイツ人ジャーナリストのヒルケ・マウンダー氏が1988年と2018年の旅行の体験談を共有 イベントで三亜は、ビデオ、写真ギャラリーおよびパワーポイントのプレゼンテーションによって三亜の沿革を紹介、同市の熱帯沿岸の風景と地元に居住する民族のリー(黎)族とミャオ(苗)族の文化的魅力を披露した。 TUI Chinaの最高経営責任者(CEO)であるグイード・ブレットシュナイダー博士は、三亜のドイツ市場向けに特別に開発された観光商品についてプレゼンテーションを行い、地域全般と提供可能なツアーに関する情報を提供した。 マウンダー氏は自身が目にした2つの滞在の相違点について語り、1988年と2018年に同氏が撮影した写真のコレクションをいくつか披露した。「Comparison of the Big Four Bay Areas, Then and Now(4大湾岸地区の比較、30年前と現在)」、「Small Fishing Boats Under Sanya Bridge Are Replaced by Luxury Yachts(三亜大橋下の小型漁船は豪華なヨットに取って代わられる)」、「Atlantis Sanya Is One of the Only Two Atlantis Hotels in the World(Atlantis Sanyaは世界に2つしかないAtlantis Hotelの1つ)」などがあった。 在フランクフルトアムマイン中国総領事館のチュー・ウェイガ経済商務領事はあいさつで、中国とドイツは長年にわたって友好的な交流を持ち、観光業での協力は両国民の相互理解と信頼を強化すると述べた。フランクフルトと三亜の観光市場には無限の潜在力と明るい展望がある。同領事は2都市間のより幅広くかつ深い協力を期待している。 三亜観光発展委員会は、三亜と地元旅行代理店のコミュニケーションと協力を強化し、ドイツ人旅行者に適した旅行パッケージを作成し、旅行商品をドイツの旅行代理店に入手可能にするために、TUI Groupとの共同プロモーションを開始した。ドイツの旅行業者らは、熱帯のビーチとエキゾチックな魅力を持つ三亜はドイツ人旅行者の関心を引くはずだと述べた。 三亜は欧州市場への拡大を加速してきている。今年7月に三亜-ロンドンの直行航空便が開設され、トーマス・クックと中国のコングロマリットFosun Internationalが創設したジョイント・ベンチャーの旅行代理店であるThomas Cook Sanya Branchが2018年10月15日、三亜に正式に設立された。三亜が位置する海南省は、三亜が国際的な旅行目的地へと変化していく順調な過程にある中、中国的特徴を持つ自由貿易試験区と自由貿易港を構築する最良の方法を検討中である。三亜市は、旅行代理店への紹介や他のプロモーションキャンペーンによって欧州市場への拡大を加速し続ける。 プロモーションイベントの会場   プロモーションイベント Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181113/2297947-1-aPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20181113/2297947-1-b Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181113/2297947-1-c ソース:Sanya Tourism Development Commission
  • 香港消費者委員会が洗浄製品を審査-最も低価格のMINISO名創優品が最高得点
    【香港2018年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】香港消費者委員会(Hong Kong Consumer Council)はこのほど、香港市場における洗浄製品の横断的審査を実施した。その結果、最も低価格(20香港ドル)のMINISO名創優品のRice Cleansing Foam(ライス・クレンジング・フォーム)が最も高価格(400香港ドル)のブランドの製品と同じ最高点の5点を獲得し、製品リストの中で最も費用対効果の高い製品となった。 MINISO名創優品のライス・クレンジング・フォームが審査で5点を獲得 香港消費者委員会は11月15日発行のChoice Magazine(チョイス・マガジン)最新号で、香港市場における60の洗浄製品の横断的審査を実施した。 9.9のpH値を持つMINISO名創優品のライス・クレンジング・フォームは検査済み保存料を含有していない。その結果、このライス・クレンジング・フォームは、MITとCMITの混合物、遊離ホルムアルデヒド、サリチル酸、イソプロピルアルコールの含有量がないことが分かり、このため、この側面での得点は5点満点中の5点、ラベルでは3.5点で、総合評価は5点満点中の5点だった。 香港消費者委員会が検査したMINISO名創優品のライス・クレンジング・フォームは、韓国のreBom Companyが製造している。 MINISO名創優品は、世界的な調達、サプライヤーの厳格な選択を通じて製品の品質をコントロールしており、一括購入、買い切り、粗利益のコントロールを通じ、消費者は高品質の製品を低価格で購入することができる。 写真 - https://photos.prnasia.com/prnh/20181116/2302644-1 ソース:MINISO Japan
  • 中国ナンバーワンのハイテク見本市CHTF 2018のハイライト
    【深セン(中国)2018年11月19日PR Newswire=共同通信JBN】第20回China Hi-tech Fair(中国ハイテク見本市、CHTF 2018)は11月14日から18日まで、「New Development Concept for High Quality Growth(質の高い成長のための新開発コンセプト)」のテーマでShenzhen Convention and Exhibition Center(深セン会展中心)において開催されている。今年のCHTFは展示会、フォーラム、専門会議、支援活動、人材交流会合、海外見本市で構成され、高度製造、次世代情報技術、AI、ライフサイエンス、新素材、新エネルギー、ならびに実体経済と未来産業との統合を呼び物にしている。 International and Belt & Road Pavilion in CHTF 2018 CHTF 2018のハイライトは以下の通り: ▽業界のホットスポットに焦点を当てたテーマエリア IT展示会は、AI、スマート製造、スマート自動車、スポーツ技術、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、IoTおよびブロックチェーンなどのテーマエリアを紹介する。環境展示会は、水管理のための新技術にハイライトを当てる。高度製造展示会には、レーザー展示、スマート製造、産業ロボットのための特別エリアがある ▽さまざまなシナリオでの革新的技術の利用 CHTF 2018は、AI顔認識システム、3D試着室、レベル4自動運転システム、AI早期学習ロボットや水中ドローンなど、ビジネスや日常生活、教育、エンターテインメントの各シナリオのための最もエキサイティングな新技術を展示する。 ▽中国のユニコーン企業 CHTF 2018は、マイクロソフト、テンセント、バイドゥなどの世界的な大手企業に加え、訪問客に「AI Technology Moment(AI 技術のモーメント)」を印象付けるため、Cambrian、ホライズン・ロボティクス、センスタイム、iQiyi、Royaleを含むAI産業の多くのユニコーン企業も集める。 ▽世界的な新興企業のためのプラットフォーム 見本市の期間中、技術新興企業とベンチャー投資機関との間のコミュニケーションと協力のプラットフォームを提供するため、技術新興企業展示会も開催されている。 さらに、China Hi-Tech Forum 2018(中国ハイテク・フォーラム2018)も同時に11月14-16日に開催されている。「イノベーションは品質開発を推進する」や「破壊的なイノベーション技術」、「科学・技術はより良い生活をリードする」に焦点を当てる同フォーラムは、技術革命、世界的な産業転換、量子通信、5G時代、自動運転などの未来を形成するさまざまな問題を討議するため、ノーベル賞受賞者から企業幹部や政府当局者に至るまで、多くの影響力のある人々を招待した。 詳細はhttp://www.chtf.com/english/Conferences/ChinaHTF/ を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181116/2302808-1  ソース:CHTF Organizing Committee OfficeRelated Links :http://www.chtf.com/english/
  • GAC Motorが新しい地域ショールームを開設、新モデル車種を発表し、新市場へ参入
    【広州(中国)2018年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手自動車メーカーGAC Motorはこの2週間、中東および東南アジア市場で活発な活動を展開した。10月31日にアラブ首長国連邦(UAE)で販売・サービスセンターを開設し、11月2日にクウェートでGAC Motor GS7を新発売し、さらに11月4日にサウジアラビアで、11月8日にフィリピンでそれぞれGAC Motorブランドをデビューさせた。 GAC MotorのUAE販売・サービスセンターは10月31日、ドバイでオープンした。開所式には著名なゲストが出席し、UAEで提供される最も魅力的なモデルであるGS7とGA8の2車種を公開した。GAC Motorは、UAEの有名企業Gargash Groupと戦略的協力協定を締結しており、UAE市場を共同で開拓する。 ドバイでの開所式 11月2日、GAC Motorはクウェート市場で同社のGS7を発売した。GAC Motorのスター製品の1つであるGS7は、その優れた品質によりクウェートの消費者のモバイルライフの要求に応え、価値への期待を上回っている。 GAC Motorはクウェートに進出して既に5年を経ており、クウェートのパートナーの支援を得て、その優れた品質、効果的な販売チャネルとアフターサービスネットワーク、多彩なマーケティングイベント、効率的なブランドプロモーションにより地元に根付いて成長し、今や市場シェアでトップの中国ブランドとなっている。 在クウェート中国大使館のチェン・ヨンルー経済商務参事官は記者会見で、クウェートで良い成果を上げている中国の製品がますます増えていることを非常に嬉しく思っていると述べた。GAC Motorはまた、中国の極めて優れた自動車メーカーとして、ブランド構築、製品品質、アフターサービスを重視していることも認識に値する。 クウェートでの記者会見 11月4日、GAC Motorはサウジアラビアでブランドを立ち上げ、同国に販売サービス・体験ショップを設立するとともに、サウジ市場に多数のスター車種を投入した。リヤド、ジッダ、ダンマンに計4つの販売ネットワークとサービスポイントを構築するための強力なサウジ・ディーラーAljomaih Automotive Company(AAC)との契約は、現地の業務運営をさらに拡大し、消費者のために現地市場の車種を増やし、行き届いたサービスを提供することになろう。 AACのシェイク・イブラヒム・アルジョマイ副会長兼最高経営責任者(CEO)はスピーチで、GAC Motorのサウジ市場への参入とGAC Motorの車が提供する品質と仕様の水準が中国車に関する人々の見方を変えるのに大きな役割を果たすだろうと指摘した。GAC Motorは、J.D.パワー・アジア・パシフィックのChina Initial Quality Study SM(IQS)で6年連続して中国ブランドのトップにランクされており、このことは、GAC Motorをサウジ市場における多くの有名国際ブランドの中で強力な競争相手にしている。 GAC Motorのユー・ジュン社長は「ちょうど私たちの祖先が何千年も前に最高の絹と磁器をもたらしたように、GAC Motorはサウジアラビアに高品質の製品であるGS8、GA8、GS4、GA3Sを導入した。これらのモデルは、スペース、パワー、信頼性、エアコン、スマートネットワーク接続に関して厳格な品質テストを経ており、この地域の顧客に最高の品質とサービスを提供するだろう」とコメントした。 サウジアラビアのGAC Motorのショールーム開所式で挨拶するGAC Motorのユー・ジュン社長 11月7日、GAC Motorはフィリピンでブランドリスティング・イベントを開催した。このブランド立ち上げイベントで、同社はGA4セダン、GS4 サブコンパクトSUV、GA8高級セダン、GM8プレミアム7人乗りミニバン、フラッグシップ製品のGS8大型SUVなど幅広い高級車を発表、紹介した。 数年間の開拓期間を経て、GAC Motorは中東で飛躍的な躍進を遂げた。現在、GAC Motorは8カ国で市場開拓に成功し、この地域で計21の販売サービスセンターを構築し、市場で中堅および高級ブランドイメージを確立することに成功した。今年、GAC Motorは東南アジア市場を開拓するためにフィリピンに参入した。GAC Motorは数多くの海外市場でポジティブな市場反応を受けており「ベスト中国車ブランド」として評価されている。 ▽GAC Motorについて 2008年に創設されたGuangzhou Automobile Group Motor CO., LTD(GAC Motor)は、Fortune Global 500で202位にランクされているGAC Groupの子会社である。同社は高品質の車両、エンジン、部品、自動車用アクセサリーを開発、製造している。GAC Motorは、J.D.パワー・アジア・パシフィックのChina Initial Quality Study SM(IQS)で6年連続して中国ブランドのトップにランクされ、革新的な研究開発(R&D)、製造からサプライチェーン、販売・サービスに至る同社の品質本位の戦略を実証した。 詳しい情報は以下を参照。 Facebook: https://www.facebook.com/GACMotor Instagram: https://www.instagram.com/gac_motor Twitter: https://www.twitter.com/gac_motor ▽メディア問い合わせ先 Sukie Wong+86-186-8058-2829 GACMotor@126.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2301229-1-aPhoto - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2301229-1-b Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2301229-1-c  ソース:GAC Motor
  • ハーバーシティでクリスマスの宝物
    【香港2018年11月16日 PR Newswire=共同通信JBN】ハーバーシティ(Harbour City)恒例の屋外クリスマスの照明ディスプレーは、香港の必見アトラクションの1つである。今年のテーマは「Christmas Treasures(クリスマスの宝物)」と名付けられ、訪問客に思い出に残るクリスマスを演出してもらうために、ハーバーシティを一連の華やかな写真スポットとアクティビティーのある「宝物の都市」へと変えることである。 The World's largest video kaleidoscope   Harbour City Christmas Treasures   Harbour City Christmas Lighting Ceremony 今年のハイライトは世界最大のビデオ万華鏡を立ち上げることである。訪問客は、三角鏡とLEDスクリーンウォールを通って屈折した雪の結晶、クリスマスツリー、星と虹のトンネルといったクリスマスがテーマのダイナミックな光景を見ながら、全長16メートル、高さ4.5メートル、幅4.5メートルの万華鏡を歩いて通り抜けることができる単に「The Hong Kong Blood Cancer Foundation(香港血液がん財団)」に寄付をすれば、この「自撮り」と動画撮影に適した写真スポットを訪問することができる。 日付:2018年11月14日-2019年1月1日 時間:正午-午後9時 登録場所:ハーバーシティ・オーシャンターミナル3階 各セッション時間:約10分 パスの償還方式:50香港ドルの寄付 この他、オーシャンターミナルの前庭には、これまでで最大の高さ60フィートのクリスマスツリー、全長40メートルのクリスマス・ラブロックブリッジ(Christmas Love Lock Bridge)がある。顧客は好みの色のラブロック(愛の錠、鍵はない)を選ぶことが可能。ラブロックの色はさまざまな願いを表しており、20香港ドルを寄付して橋のフェンスに施錠し、願いをかける。華やかな特別郵便局「Xmas Post(クリスマスポスト)」と「Santa Studio(サンタスタジオ)」も橋の下にオープンし、巨大な郵便ボックスとクリスマスの風景が描かれた数多くのユニークなはがきがある。 日付:2018年11月16日-2019年1月1日 時間:正午-午後9時 ▽華やかな音楽照明ショー 約20万個のLED照明がクリスマスブリッジ、巨大なクリスマスツリー、その他の華やかなインスタレーションを包み、目を見張るような異なる照明効果を演出する。さらに、オリジナル音楽の編成が照明ショー向けに作曲され、異なる色彩のロマンチックな光景にマッチする。このマルチメディアショーで港は燃え立ち、ハーバーシティの活気が溢れて魅惑的な夜の風景が展開される。 日付:2018年11月16日-2019年1月1日 時間:午後6時-同10時(各セッションは毎時ちょうどと毎時30分に開始) ▽クリスマスジョイ・メーカー ハーバーシティは英国の2人組デザイナーであるミラー・グッドマンを招き、古典作品「くるみ割り人形」から発想を得た、楽しく陽気な装飾を作り出す。それはモールのアトリウムを双方向的な物語の仕様に変え、参加者をストーリーテリングの一部であるかのような気持ちにする。 日付:2018年11月30日-2019年1月1日 時間:午前10時-午後10時 場所:ゲートウェーアーケードとオーシャンターミナルロビー YouTubeの動画:https://youtu.be/o9q6MbBLRj4 追加の写真: https://www.dropbox.com/sh/l9yzm8pkv7f6m2g/AAC_EBHdtCkw02J8obUOLmNna?dl=0 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181116/2302628-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181116/2302628-1-b Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181116/2302628-1-c Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20140721/8521404095LOGO ソース:Harbour City
  • Tencent Cloud Korea Conferenceが最新のゲーム・グローバリゼーション・ソリューションを展示
    【釜山(韓国)2018年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】大手インターネットサービスプロバイダーのテンセント(Tencent)は2018年11月14日、韓国の釜山でTencent Cloud Korea Conferenceを開催し、世界的なゲーム企業との広範囲なパートナーシップに基づいて開発された同社の最新のインダストリーソリューションを展示した。Tencent Cloudのダオ・フェン副社長とSKYのジョアニー・クワン最高経営責任者(CEO)は、同じく釜山で開かれるG-STAR 2018展示会に先立ってTencent Cloudのゲーミング能力およびサービスを紹介するイベントで、数百人の開発者やエグゼクティブを前に講演した。 Tencent Cloudのダオ・フェン副社長は「テンセントは、先端的で競争の激しいゲーム分野を持つ韓国を重要な市場と位置付けている。Tencent Cloudは、韓国や世界のゲーム開発者および出版社に対し、同社のゲーミング・ノウハウによって強化された優れたクラウドサービスを提供することにコミットしている」と語った。 Tencent Cloud Korea Conference  「Connecting Players Around the World(世界中のプレーヤーをコネクトする)」という展示会のテーマに沿って、Tencent Cloud Korea Conferenceは、Tencent Cloudのグローバルインフラストラクチャー、ネットワーク最適化、インターネット情報セキュリティー保護、サービスインタフェース、ゲーム会社のレーテンシーとネットワーク遅延に関する共通の課題に対処するのに開発されたGlobal Application Accelerate Platform(GAAP)を含む同社の世界的なサービスを紹介するため、幅広い機能と事例研究を公開した。 テンセントはまた、幅広いゲーミングエコシステムや、Tencent Cloudによってサポートされたゲーミングソリューションの主要機能など、ゲーム事業を開発、運用する上での経験を紹介した。Tencent Cloudの世界的な高速相互接続ネットワークは、世界中の大多数のプレーヤーをカバーし、24時間年中無休のFull Path Controlの顧客サービスを提供する。 Tencent Cloudの専門家は、サーバー、オブジェクトベースのストレージ、データベース、ビッグデータおよび、その他のTencent Cloudソリューションの間のシームレスな移行を可能にする信頼性の高いクラウド移行ソリューションなど、ゲームのための重要な優先事項について詳細に紹介した。 今回の会議では、同社のゲーム事業や国際的なゲーム企業のグローバル展開を強化する上でのTencent Cloudの強みが紹介された。Tencent Cloudは、グローバル市場における顧客およびパートナーネットワークの強化を目指している。 ▽テンセント(Tencent)について テンセントは技術を用いてインターネットユーザーの生活を豊かにする。同社のソーシャル製品WeixinとQQは、ユーザーをゲーム、ビデオ、音楽、書籍などの豊富なデジタルコンテンツカタログにつなげる。われわれの独自のターゲティング技術は、広告主が中国の何億人もの消費者に訴求するのに役立っている。決済、セキュリティー、クラウド、人工知能(AI)などのインフラストラクチャーサービスは、差別化されたサービスを提供し、パートナーのビジネス成長をサポートしている。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181116/2301626-1
  • Firefox Monitorが26言語展開、新デスクトップ・ブラウザー機能を追加
    【台北(台湾)2018年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】電子メールがデータ侵害に関係しているときに通知する無料のサービスFirefox Monitor(https://blog.mozilla.org/blog/2018/09/25/introducing-firefox-monitor-helping-people-take-control-after-a-data-breach/ )の提供が始まってから、多くの人が登録している。 Firefox でサイトにアクセスすると、データ漏えいの通知が表示される 世界中のオーディエンスからの期待に応え、Firefox Monitorは26以上の言語で利用できるようになった。当社はFirefox Monitor をユーザーに母国語で届け、データ漏えいの検知と自分自身を防御するための行動がより簡単になることに興奮している。 個人情報がデータ漏えいの危険にさらされる可能性がある場合、最も理解している言語でお知らせや情報を読むことができれば、より落ち着いていられる。Firefox Monitorは、アルバニア語、中国語繁体字と簡体字、チェコ語、オランダ語、 英語 (カナダ)、フランス語、フリジア語、ドイツ語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、マレー語、ポルトガル語 (ブラジル)、ポルトガル語(ポルトガル)、ロシア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語(アルゼンチン、メキシコ、スペイン)、スウェーデン語、トルコ語、ウクライナ語、ウェールズ語で提供される。 実現のために一緒に働いてくれた、素晴らしいMozillaコミュニティーのボランティアがいなければ、当社はこの偉業を達成できなかった。英語以外が母国語の25億人超にFirefox Monitorの提供を実現した彼らのサポートに感謝する。 ▽Firefox Monitorの通知について 当社はMonitorの複数言語での使用を可能にするとともに、Firefoxユーザー専用の新機能も今日、リリースする。具体的には、 Firefox Quantumブラウザーに、デスクトップユーザーが最近のデータ漏えいが報告されているサイトにアクセスしたときの、同ユーザーへのアラートを追加した。当社はこのようなプライバシーとセキュリティー中心の機能への関心が高まったとの認識に基づいて、この機能を Firefoxユーザーに提供することにした。この新しい機能は今後数週間で、段階的にFirefoxユーザーに提供される。 Firefox Quantumブラウザーを使用中、セキュリティー侵害のあったサイトを開くと通知が発せられる。アラートをクリックするとFirefox Monitorにアクセスし、電子メールをスキャンして、あなたがデータ漏えいに関係があったかどうかを確認できる。このアラートはサイトごとに最大でも1回、過去12カ月に報告されたデータ漏えいのみ表示される。ウェブサイト・オーナーは、ここで当社のデータ漏えい開示ポリシーについて知ることができる。これらのアラートをすべてのサイトで表示させたくない場合は、通知上のドロップダウンの矢印をクリックし、「Never show Firfox Monitor alerts(Firefox Monitor アラートを表示しない)」を選択する。 Firefox Monitorを利用したことのない方のための、Firefox Monitorがどのように機能するかについてステップ・バイ・ステップの使用ガイドは以下のとおり: ステップ1:monitor.firefox.com(https://monitor.firefox.com/ )を開き、電子メールが既知のデータ漏えいに関係しているか確認する 単に電子メールのアドレスを入力すれば、同アドレスは既知のデータ漏えいライブラリーとして機能するデータベースに参照されながらスキャンが行われる。 ステップ2:これからのデータ漏えいについて知る 電子メールアドレスをFirefox Monitor(https://monitor.firefox.com/  )に登録すれば、データ漏えいが判明した際に通知を受けられる。 ステップ3:Firefoxを使って自分の訪れた情報侵害のあったサイトに関して知る Firefoxブラウザーを使用中にデータ侵害のあったサイトに到達すると、データ漏えいに関係があるかFirefox Monitorでスキャンするように通知がある。 データ漏えいに関わるのは不愉快なことだ。当社はData Leeks(https://www.dataleeks.com/  )プロジェクトでアドバイスや救済方法を案内している。当社はデータ漏えいの影響を受けた人々の対処の手順や個人的な話を通して、オンライン・プライバシーについての認知度を高めている。 Firefox Monitor(http://monitor.firefox.com/  )を見て、データ漏えいに関係していたかどうかを確認し、次のデータ漏えいが発生したときのために登録して準備することをお勧めする。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2301225-1 ソース:Mozilla Taiwan
  • MakeblockがGratnells収納ソリューションと教育向けで提携
    【深セン(中国)2018年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】STEAM教育ソリューションの大手プロバーダーであるMakeblockは、最先端のSTEAM教育ソリューションを中国教育市場に供給するため、世界的に有名なクラスルーム収納システムのGratnellsとの共同事業を発表する。Makeblockは便利で先進的なSTEAMクラスルーム管理システムを提供し、生徒を引き付け、教材へのマネジドアクセスを可能にし、創造力を刺激するすばらしいクラスルームスペースを生み出すため、Gratnellsと協力する。 STEAMの教育ロボットキットとカリキュラム教材を組み合わせ、Makeblockは学校、教育機関と家庭に向けたSTEAM教育・娯楽市場を対象に技術と教育の緊密な融合を目指して、最も完備したハードウエア、ソフトウエア、コンテンツソリューション、グラフィックプログラミング、一級のロボットコンテストを提供する。 Makeblock’s STEAM Lab Makeblockの王建軍・創業者兼最高経営責任者(CEO)は「当社のGratnellsとの提携はどこの教育者にも熱狂的に歓迎されており、真にウィンウィンである。当社は子どもの教育向上を最優先するGratnellsのような同じ考えの企業との協業にいつも期待している」と語った。 Makeblockは500人以上を雇用し、米国、オランダ、日本、香港に子会社を持つ多国籍企業である。同社は1600を超えるグローバルチャネルパートナーと協力し、140カ国以上で事業を展開、マイクロソフトや日本のソフトバンク コマース&サービスなどの戦略的パートナーと協力してきた。世界中の2万以上の学校がMakeblockのSTEAMソリューションの恩恵を受けている。 Gratnellsコマーシャルディレクターのスペンサー・ランドン氏は「当社は教育環境全体に拡張を続けており、Makeblockとの提携は非常に喜ばしい。MakeblockをGratnellsとまとめることで、Makeblockの配置と収納はより効率的になり、教師は学習成果を向上させる目的で教えるという真に重要なことにもっと時間を費やせる」と述べた。 Gratnellsは過去40年、トレー収納システムを使った備品モデルを作り、商品化する国際的大手学校備品メーカーと提携してきた。Gratnellsのトレーは非常に評判がよく、今ではほとんどどこの教室でも見ることができる。 Gratnellsの国際的受賞歴のあるBSI認証のトレーは教育現場のヘビーユース用に設計されている。12色で4種の高さ(F1シャロートレーは深さ3インチ、F2ディープトレーは6インチ、F25エクストラディープ・トレーは9インチ、F3ジャンボトレーは12インチ)があり、教師はニーズに合った収納を選べる。Gratnellsのトレーはすべて長持ちするようにできているが、完全にリサイクル可能である。 詳細は次を参照:www.makeblock.com 、www.gratnells.com ▽Makeblockについて Makeblock Co., Ltd,は2013年創業で、STEAM教育ソリューションの大手プロバイダーである。その使命は、人々のアイデアの実現を手助けし、教育を次の段階に進めることである。使いやすいプログラム可能なロボットキット、電子ビルディングブロック・プラットフォーム、ロボティクスプラットフォームのMaker、コースとビジュアルプログラミング・アプリケーションを提供し、子供らの潜在力をフルに発揮させる手助けを目指している。これらのハードウエア、ソフトウエア商品を開発し、イベントを運営することにより、Makeblockは誰もがアイデアを実現でき、作り出す経験を楽しめるように、創造の敷居を大いに引き下げている。 ▽Gratnellsについて Gratnellsは学校収納ソリューションの世界的リーダーで、教育市場向けの受賞歴のある収納システムを設計、開発、製造している。学校収納設備が専門で、大手備品メーカーから先進的なSTEMキットのサプライヤーまで戦略的パートナーと協力し、Gratnellsのトレーは65カ国以上の学校や備品納入業者に選ばれ、採用される代表的な収納システムになった。Gratnellsはまた、主力と2次的な設備やカートの対象範囲を保育所や早期学習センターに拡大、病院や医療サービス事業者への主要サプライヤーの1つにもなった。 Photo  - https://photos.prnasia.com/prnh/20181114/2299726-1  Related Links :http://www.makeblock.com/
  • DCEXPO 2018で有望な韓国スマートコンテンツ企業が地元ビジター引き付ける
    【千葉2018年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】韓国の科学・情報通信技術(ICT)省と情報通信産業進興院(NIPA)は、デジタルコンテンツExpo(DCEXPO)2018に開設したスマートコンテンツパビリオンで、韓国の先進的なスマートコンテンツを成功裏に紹介できたと発表した。 日本の経済産業省とデジタルコンテンツ協会(DCAJ)が主催するDCEXPO(https://www.dcexpo.jp/exhibition )は2018年11月14-16日、千葉県にあるコンベンションセンター、幕張メッセで開催されている。 今年のイベントは、世界第3の国際放送機器展(Inter BEE)と並行して開催されているため、これまでに比べて規模が大きい。 パビリオンでは、拡張現実(AR)、ビッグデータ、プラットフォームなどスマートコンテンツ企業の新技術10種類が展示されている。 パビリオンは「Korean Smart Contents Everywhere(どこでも韓国スマートコンテンツ)」をテーマとして今年初めてDCEXPOに向けて準備され、韓国スマートコンテンツ産業の発展と国際市場参入を支援している。 DCEXPO期間中、ピッチイベントに参加した全ての企業が地元ビジターの関心を引き付けた。NIPAはまた、韓国の参加企業と、コンテンツ制作者、配給企業、広告代理店、通信企業を含む地元バイヤー、投資家とのビジネスミーティングを約100件予定している。NIPAは彼らの間で具体的な輸出契約や連携協定が結ばれると期待している。 ▽参加企業(企業名、ブランド、業種、URL) Starship Vending-Machine Corp.、PUFF、モバイル・ライブストリーミングのソーシャルプラットフォーム(http://www.insertcoin.me/ ) APPOSTER、MR.Time、スマートウオッチのデザインアプリ・プラットフォーム(http://www.mrtime.io/ ) Salin、Epic Live、VR放送プラットフォーム(http://www.salin.co.kr/ ) 3D MediVision、SURGFLIX、3Dミーディアル操作ビデオクリップ・コンテンツ(http://www.3dmedivision.com/ ) Pison Contents、MusicSpray、デジタル音楽を世界に配信するオンラインプラットフォーム(http://www.pisoncontents.com/ ) Holotive Global、Cheon Wol Jeon Gi、360度スクリーンホールとホログラムを使ったパフォーミングアーツ・コンバージェンス(http://www.holotive.co.kr/ ) POPSLine、MR Station/AR PICK、インタラクションデジタル看板&動作認識とミラー機能のあるQRコード(http://www.popsline.co.kr/ ) Sisto、Drive Analysis Drive Recorder、スマートフォンに接続された運転分析記録システム(http://www.sisto.co.kr/ ) Circus Company、circusARVR、ARとVRを利用した教育と旅行用コンテンツ(http://www.circuscompany.com/ ) Hanbitsoft、ThinkMath、数学の教育アプリ(http://www.thinkmath.co.kr/ ) Related Links :https://www.dcexpo.jp/exhibition
  • テンセントがG-STARゲームイベントで最適化されたクラウドサービスを展示へ
    【釜山(韓国)2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】 *テクノロジーリーダーがゲームのノウハウで強化されたクラウドサービスをデモ 大手インターネットサービスプロバイダーであるテンセント(Tencent)は、11月15日から18日まで韓国の釜山で開催されるG-STAR 2018展示会で、同社のクラウドサービスと独自のゲームやソーシャルプラットフォームとのリンケージを展示する。 このイベントは世界最大のゲーム展示会の1つで、同社も有名なゲーム開発者である中国のテクノロジー企業が得意の分野で運営する。 Tencent Cloud Korea Conference Tencent Cloudのジョン・ダオ副社長は「われわれはゲーム業界の友人とつながり、われわれのこの分野での経験にいかに助けられてTencent Cloudがゲーム開発者とパブリッシャーに選ばれるソリューションになったかを示すことを強く願っている」と語った。 Tencent Cloudには、世界各地の25地域で動作する49の可用性ゾーンがあり、それぞれが4T保護帯域幅を提供する高速接続を備えている。Tencent Cloud製品は、ゲーム開発と運営の全ライフサイクルとともに、その国際ビジネスの急速な発展をサポートしている。さらに、Tencent Cloudは、QQ、WeChat、WeGame、Tencent App Store、その他の同社のサービスとのシームレスな接続を提供し、豊富なチャンネルベースのプロモーションリソースを与え、中国市場への参入を目指す海外のゲーム会社の拡大を支援する。 イントロダクトリー・カンファレンスに加え、テンセントのG-STAR展示ブースでは、Tencent Cloudのサービスが展示される。クラウドゲームのデモンストレーションやGame Multimedia Engineの没入型3Dオーディオエフェクトなど、実際に数多くのインタラクティブな体験ができる。 ▽G-Star 2018について 世界の4大ゲーム展示会の1つであるG-STARは地域産業会議から世界のゲーム開発者やプレーヤーの正真正銘の国際的な祝典となった。 ▽テンセント(Tencent)について テンセントは技術を用いてインターネットユーザーの生活を豊かにする。当社のソーシャル製品WeixinとQQは、ユーザーをゲーム、ビデオ、音楽、書籍などの豊富なデジタルコンテンツカタログにつなげる。われわれの独自のターゲティング技術は、広告主が中国の何億人もの消費者に訴求するのに役立っている。決済、セキュリティー、クラウド、人工知能(AI)などのインフラストラクチャーサービスは、差別化されたサービスを提供し、パートナーのビジネス成長をサポートしている。テンセントはインターネットと共に進化していけるよう、人とイノベーションに重点的に投資している。 テンセントは1998年に中国の深セン市で創立された。テンセントの株式は主要企業が上場する香港証券取引所で取り引きされている。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2300015-1 ソース:Tencent Cloud
  • Suning、「独身の日」ショッピングフェスティバルのオムニチャネル売上高が132%増
    【南京(中国)2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】Suning Holdings Groupが保有するフォーチュン・グローバル500社リテール企業で中国最大のオンラインからオフライン(O2O)のスマートリテーラーであるSuning.com(以下、「同社」)は、11月11日の「独身の日」ショッピングフェスティバルを終え、オムニチャネル売上高が前年比132%増えた。この最大級のeコマースショッピングフェスティバルでSuning.comの公式リテールアプリのダウンロード数はプロモーション中に10日連続で首位を占めた。 Suning Holdings Groupのチャン・ジンドン会長は「今年の『独身の日』フェスティバルのテーマは『Shopping online, shopping offline, shopping with Suning』(ショッピング・オンライン、ショッピング・オフライン、Suningでショッピング)だった。純粋なオンラインeコマースは死んだ。Suningはスマートリテーラーとして、インテリジェントなソリューション、さまざまな消費シナリオのコネクション、オンライン・マーケティングとオフライン・マーケティングの組み合わせ、リテール体験強化を達成するための消費者イマージョンを通じた将来の小売りとライフスタイルの新しいコンセプトの促進にコミットしている。これは、このショッピングフェスティバルで満足のいく成果を達成するための堅実な基盤と戦略である」と語った。 ▽Suning.comの「独身の日」ショッピングフェスティバルでのハイライト: *11月11日、Suning所有の実店舗には5000万人超が訪れ、Suning CVSリテールサービスは500万人超の顧客にサービスを提供し、Suningシネマには20万人の観客が集まり、Suning Plazaでは1500万人が店舗を訪れた。 *商業地域の消費者市場を強化するSuning Retail Cloud Storesの数は1666に達し、売上高は前年比3308%の増加を記録した。 *Suning logisticsの20万人超の従業員が中国全土の顧客にサービスを提供し、Suningクーリエによる輸送距離は100万キロに達した。これは地球25周に相当する。 *CIIE(中国国際輸入博覧会)の影響により、Suning international(クロスボーダーショッピングを含む)は428%増えた。美容、母子関係、栄養補助食品が最も人気のあるカテゴリーのトップ3入りした。なかでも、家庭日用品カテゴリーは急速に成長し、売上高は前年同期比636%増加した。 *Suningの90年代以降生まれ消費者の数は42%を占め、80年代以降に生まれた消費者は38%を占めた。90年代以降の世代が消費数量で初めて80年代以降を上回った。 *11月1-11日、Suning Financial Servicesが処理したピーク注文数量は200%増えた。200万人超の人々がキャッシュボーナスとバンクディスカウントの提供を受けた。「Casual Loan」を申請した人数は150万人で、そのプレ・クレジットラインは合計6億。 Suningのスマートリテール戦略は新技術の進歩を活用し、さまざまな購入シナリオを融合して、消費者に革新的なオンラインからオフラインへの体験を創造し、目抜き通りを復活させ、ショッピングをより面白くて楽しいものにするという小売の将来に焦点を当てている。 「独身の日」フェスティバルの期間中、世界各地の5つの研究開発拠点、10の中核データセンター、4000以上のシステムおよび1万人超のエンジニアが完全に専念し、2億人超の消費者にSuningのすべてのサービスを提供した。 ▽Suningについて 1990年に創業したSuningは中国の大手商業企業で、中国と日本の上場企業2社を抱える。Suning Holdingsは2018年、中国の非国有企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は808億5000万米ドル(5578億8000万元)。「全ての人のために1流の質の生活を創造することにより、業界全体のエコシステムを主導する」との使命を持って、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Sports、Media & Entertainment、Investmentの8つの垂直事業を通じてコアビジネスを強化し、拡大している。このうちSuning.comは2017年と2018年にフォーチュン・グローバル500社リストに入った。 http://www.suningholdings.com/ ソース:Suning Holdings GroupRelated Links :http://www.suning.cn/
  • 創立20周年を迎えるCHTF 2018が11月14日深センで開幕
    【深セン(中国)2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】China Hi-tech Fair 2018(中国ハイテク見本市2018、CHTF)は、2018年11月14日から18日までShenzhen Convention and Exhibition Center(深セン会展中心)で「New Development Concept for High Quality Growth(高品質な成長のための新開発コンセプト)」のテーマの下に開催される。 China Hi-Tech Fair 2018 opens during November 14-18 in Shenzhen, China 「中国ナンバーワンのテクノロジー・ショー」として知られるCHTFは1999年の創設以来、中国ハイテクセクタ一の重要な窓口として、また最も効果的なハイテク交易のプラットホームとして成長してきた。CHTF は創立20周年記念に当たり、多様なプレゼンテーション手段を用い、その豊かな歴史を示す種々の展示物を集めた「Time Gallery」を準備し、世界のテクノロジーファンに向け、中国ハイテク業界の過去20年にわたる出来事や目覚ましい開発の歴史を紹介する。 CHTF 2018では各種の政府ハイテク展示、総合展示、さらに業界向けの展示が用意されている。中国ハイテク展示は各中央省庁が組織している。総合展示では企業、大学、科学研究所、イノベーションセンター、インキュベーションセンターなどの製品が展示される。業界展示ではIT、省エネルギー、環境保護、新エネルギー、グリーンビル、新素材、スマート医療&健康、航空宇宙科学と技術、光電気、スマートシティ、先端製造、軍民統合、センサー技術、IT応用例などがカバーされている。  1000を超える新製品と技術の展示の中には上海応用物理研究所(Shanghai Institute of Applied Physics)が製作したプロトン治療のデモ機器や世界最初のレーザ-・レーダーを利用した自動運転ソリューションが含まれる。 CHTF組織委員会の副主任のスー・ヤンウェイ氏は、CHTF 2018は12万平方メートル強の展示スペースを持ち、「一帯一路」36カ国を含め世界41カ国および国際組織から記録的な61の出展代表団と3000強の出展者を引き付ける予定だと述べた。今年は中南米およびカリブ海諸国が特に熱意を示しており、チリ、キューバ、ペルーは初展示となる。代表団を送り込む海外の業界出展者も多く、その中にはSino-German Industry 4.0 Alliance、日本貿易振興機構(JETRO)、韓国大田市の代表団が含まれる。 さらに、多くの政府関係者、有名専門家、学者、企業幹部が参加することになっており、その中にはアルゼンチン、ベルギー、スイス、ロシアの政府高官、マイクロソフト、Amazon、SAP、アクセンチュア、フィリップスの経営幹部、さらにノーベル賞受賞者、学界人、経済学者などが含まれる。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181115/2299815-1 ソース:CHTF Organizing Committee Office
  • AscendaとCapital Oneが提携、新たなマイル移行特典を開始
    【シンガポール2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】ロイヤルティーに関するテクノロジーとサービスの主要なグローバル・イノベーター企業であるAscendaとCapital One(NYSE:COF)は、米バージニア州マクリーンに本社を置く金融サービス企業であるCapital Oneのクレジットカードの特典プログラムと世界の主要なフリークエント・トラベラー特典プログラムを結びつけるパートナーシップを開始した。 2018年12月からAscendaの世界的ロイヤルティー通貨ネットワークであるTransferConnectにより、Capital Oneは同社のVenture(R)、VentureOne(R)、Spark(R)MilesおよびSpark(R)Miles Selectの各カード保有者が彼らのCapital Oneマイルを13のフリークエント・トラベラー・プログラムにシームレスに移行する柔軟性を提供することが可能になり、2019年には新たなプログラムの追加がある。 この提携は北米でのプレゼンス拡大によりAscendaのグローバルな活動範囲を強化し、世界をリードする金融サービスブランドが魅力的なプレミアム報奨および特典を展開することを可能にするという使命を果たす。フリークエント・トラベラー・プログラムの幅広いセレクション、リアルタイムの移行、および今後の新たな移行パートナーを直ちに有効化する能力を持つAscendaは、Capital Oneが報奨カードの保有者に対しより優れた選択肢と価値を提供することを可能にする。 Capital OneのRewards and Spend Strategy担当マネジングバイスプレジデントであるマナン・マハデビア氏は「当社のVentureおよび Sparkカード保有者にCapital Oneマイルを主要な旅行ブログラムに移行する柔軟性を与えるためにAscendaと提携することに胸を躍らせている。この提携は当社の拡大しつつある一連の旅行報奨カードと旅行特典を補完しさらに発展させ、それによって当社の製品の価値と柔軟性を一層高める。今後より多くの旅行パートナーを加えるためにAscendaと協力することも楽しみにしている」と語った。 Ascendaのカイル・アームストロング最高経営責任者(CEO)は「Capital Oneの市場をリードする旅行報奨サービスを強化するため、同社と提携できて嬉しい。申し分なくシンプルで柔軟性があり高価値な顧客提案を作り上げるためにテクノロジーを活用することに関して、われわれは共通の価値観を持っている」と述べた。 Ascendaが運営するTransferConnectは世界をリードするロイヤルティー通貨ネットワークで、全世界の主要な報奨プログラムを結びつけることに特化している。 ▽Ascendaについて Ascenda(旧称Kaligo Solutions)は革新的ロイヤルティー・ソリューションのグローバルプロバイダーであり、世界の主要な金融サービスおよび旅行ブランドに対しプレミアム報奨提案の運営を行っている。 ロイヤルティーを簡潔にするという使命を持ち、Ascnendaのソリューションは管理が容易であり迅速な展開が可能で、優れた顧客価値を提供するようデザインされている。エンドツーエンドのロイヤルティー管理から通貨ネットワークであるTransferConnectのようなモジュラー・ソリューション、償還機能、ロイヤルティー・マーケティングまで、Ascendaは世界をリードするロイヤルティー・プログラムが恒久的な顧客関係を築くことを強力に促進する。 より詳しい情報はwww.ascendaloyalty.com を参照。 ▽問い合わせ先: Valerie Perridonvalerie.perridon@ascendaloyalty.com ソース:AscendaRelated Links :http://www.ascendaloyalty.com
  • TappyがMoney20/20でExpresspay Cardと協力しウエアラブル決済ソリューションを展示
    【杭州(中国)2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】 *Tappyはウエアラブル・バイオメトリック決済デバイスを展示 先駆的なウエアラブル技術企業のTappy Technologiesは、11月14-16日にMoney20/20でExpresspay Cardと協力しウエアラブル決済ソリューションを展示する。TappyはExpresspay Cardに依拠し、顧客に多様なウエアラブル決済ソリューションを提供し、中国におけるTappyの製品開発とポートフォリオを大幅に促進する。 現在、中国・杭州で開催中のMoney20/20は中国市場を国際的な観点から詳細に観察し、共同ビジネスやビジネスチャンスを模索している大手の中国および国際的フィンテック企業向けにコミュニケーションの橋渡しを開いている。香港に本社を置き、ウエアラブル決済・アクセスデバイスの先駆的企業であるTappyは、この会議への参加を招請された。Tappyの革新的技術は、腕時計、チェーンブレスレット、ジュエリー、その他の種類のアクセサリーなどのフォームファクターに完全に統合され、「支払カードをあなたのお気に入りのウエアラブルにデジタル化」することで即座にこれらを決済・アクセスデバイスに変えることができる。同社の技術は参加者から大きな注目を集めた。 Biometric sensor sealed in Tappy's payment watch strap 注目すべきことに、TappyのパートナーであるExpresspay Cardは中国人民銀行の指導により設立された。この取り組みは機関投資を経由した中国銀行と中国銀聯(China UnionPay)により創設された合弁事業であり、また中国における唯一のUnionPay(銀聯)特別カード発行メンバー組織でもある。Expresspay Card保有者はUnionPayカードを受け入れるすべての加盟店でカードで支払うことができる。Tappy TechnologiesはExpresspay Cardと手を携え、顧客に独自の迅速で安全なフラッシュペイメント・サービスを提供する。その一方で、新たな事業の技術は、ビッグデータを通じ顧客の購買行動を理解するために展開され、その結果を購買経験の強化、顧客のロイヤリティー向上のために使い、同業者や同種の企業と協力しリソースやデータを共有するために使用することができる。ExpressPayカードに加え、英国のバークレイズやインドのAxis BankやICICI BankもTappy Technologiesの独自技術を選択し、顧客のモバイル決済経験を強化している。 Biometric enabled contactless payment method utilizing secondary authorization technology 現在、Tappy TechnologiesはTimex、GUESS、Suunto、Kronaby、Mondaineなどの世界をリードする時計ブランドのいくつかの製品にサービスを提供している。Tappy Technologiesのウェーン・リョン最高経営責任者(CEO)は「当社の顧客基盤には、多くのグローバル決済ネットワーク、銀行、時計ブランドが含まれている。高度に洗練されたアルゴリズムにより、独自のバイオメトリックセンサーがバッテリーなしで完璧に動作し、時計のデザインが審美的に快適であることが保証される。これはパートナーの時計ブランドにとって重要である」と語った。 Tappy TechnologiesとExpresspay Cardとの国境を越えた協力は技術面での先駆者と中国本土の時計、ブレスレット、ジュエリー、フィットネストラッカーのメーカーとの統合を推進することが見込まれる。彼らが共に手を携え、バイオメトリック技術の革新的なコンセプトを市場に展開し、ウエアラブル決済の分野に関係するすべての人々にとってのゲームのルールを変えることを目指しているからである。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181031/2284884-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181031/2284884-1-b ソース:Tappy Technologies
  • 世界最大級の高機能素材展が12月5日~ 7日 幕張メッセで開催
    【東京2018年11月15日PR Newswire】日本最大の見本市主催会社、リードエグジビションジャパンは12月5日~7日、幕張メッセにて高機能素材に特化した世界最大級の展示会「第9回 高機能素材Week」を開催する。(昨年まで毎年4月東京ビッグサイトで開催) Scene from the previous show 本展示会は、高機能フィルム、プラスティック、金属、セラミック、接着・接合、塗料・塗装に特化した6つの展示で構成される。業界からの要望に応え、今年から新たに「高機能塗料展」が加わる。同展では、塗料・コーティング剤や塗装機械・技術、各種検査機器、塗料製造装置に至るまで、建築・工業用のあらゆる製品・技術が一堂に集結する。 「高機能素材Week」は年々規模を拡大し、今年は前回比180社増の940社が出展。また、液晶・有機EL・センサ技術が集結する「第28回 ファインテック ジャパン」および光・レーザー技術に特化した「Photonix 2018」が同展示会場にて開催され、同時開催展8展で合計1,260社が出展、世界51カ国から6万5000人の来場者が訪れる見込みだ。 Exhibitors Number また展示会と並行し、基調講演・専門技術セミナー計90セッションが会期3日間で行なわれる。各講演では、業界トップが日本と世界の業界動向や未来の高機能素材における主要技術、新素材開発などについて語る。 セミナープログラムはこちら 今や高機能素材は、エレクトロニクス、自動車、航空宇宙、造船、医療、充電式バッテリー、再生可能エネルギー、ロボット、建築など、さまざまな分野で幅広く活用され、将来の技術革新にとって不可欠な存在である。本展「高機能素材Week」では、世界最先端の高機能素材や最新技術をいち早く、また最も効率的に発掘・調達できるため、事務局からは素材メーカーや、エレクトロニクス・自動車・医療機器・産業機械などの素材ユーザー企業の方々にぜひご来場いただきたいと呼びかけている。 展示会の詳細・来場登録はウェブサイトへ Business meetings at the show 高機能素材Week 2018 日時:2018年12月5日(水)~ 7日(金)会場:幕張メッセ主催者:リード エグジビション ジャパン株式会社出展社数:940社訪問者数:6万5000人(同時開催展含む)構成展示会:下記6展 第9回 高機能フィルム展出展製品:機能性フィルム、加飾フィルム、フレキシブル材料、成形・塗工機械、二次加工など 第7回 高機能プラスティック展出展製品:機能性樹脂、CFRP/CFRTP、樹脂原料、樹脂加工、コンパウンド装置など 第5回 高機能 金属展出展製品:高張力鋼、軽金属、機能性合金、検査システム、加工設備など 第3回 高機能セラミック展出展製品:機能性セラミックス、CMC(セラミックス基複合材)、セラミック原料、紛体技術、成形・焼成装置など 第2回 接着・接合 EXPO出展製品:異種材料接合、接着剤・粘着テープ、高性能溶接、ファスニング、表面処理など 第1回 高機能 塗料展出展製品:機能性塗料、コーティング機器、コーティング剤、塗装設備、塗装治具など 主催者: リード エグジビション ジャパン株式会社高機能素材Week事務局 Email:visitor-eng.material@reedexpo.co.jp (日本語リリース:クライアント提供) Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181112/2294191-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181112/2294191-1-b Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181112/2294191-1-c
  • ファーウェイがSmart City Expo World Congress 2018でスマートシティー向けのデジタルプラットフォームを発表
    【バルセロナ(スペイン)2018年11月15日PR Newswire=共同通信JBN】 優れた最新ICTに基づくファーウェイのデジタルプラットフォームはスマートシティー+を支援 ファーウェイは13日、Smart City Expo World Congress(SCEWC)2018で、人工知能(AI)、インターネット・オブ・シングス(IoT)、ビッグデータ、クラウドを含む優れた最新ICTに基づくデジタルプラットフォーム(Digital Platform)を発表した。このプラットフォームは、国際的なスマートシティー業界における都市全域にわたるインテリジェンス、持続可能な開発を実現する。ファーウェイとそのグローバルパートナーは、スマートトランスポーテーション、スマートガバメント、スマートエデュケーション、スマートアグリカルチャーをはじめ都市管理、公共安全、環境保護をカバーするこのプラットフォームに基づくソリューションをデモンストレーションした。これらのソリューションは都市管理を容易にし、公共サービスを向上させ、産業のイノベーションとベストプラクティスを実現するために設計されている。SCEWCの期間中、ファーウェイは「Digital Platform Empowers Smart City+」をテーマに掲げてGlobal Smart City Summit 2018を開催し、スマートシティー向けのデジタルプラットフォームを紹介した。このサミットで、TM ForumとEUROCITIESなどの著名な企業団体、シンガポール、ゲルゼンキルヒェン市、ヤンブー市、ジャンザン市の代表は世界の400以上の都市行政官とスマートシティー開発の考えや経験を共有した。 Smart City Expo World Congress(SCEWC)2018はスペインのバルセロナで開催され、ファーウェイはブースを開設 ▽スマートシティーを実現するデジタルプラットフォームを構築 デジタル技術は、都市管理、市民生活、公共安全、産業発展を含め今日の多数の都市のすべての分野に深く浸透している。その結果、成長するグローバルなデジタル経済によって推進されるスマートシティー開発競争が世界中で起きている。スマートシティーの採用は、データサイロを解体する第1段階、モバイルインターネット・アプリケーションが増大する第2段階、大量の都市データの収集のためのIoTを開発する第3段階を経てきた。現在は第4段階に差し掛かっており、都市はAI対応のデータマイニングを通じた管理能力を向上させ、デジタル技術と都市管理の統合を達成して、持続可能な都市開発を推進している。 ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのバイスプレジデントで、ファーウェイ・エンタープライズ・ビジネスグループのグローバル販売部門のプレジデントであるマー・ユエ氏は「スマートシティーの開発は極めて複雑なプロジェクトである。クラウド-パイプ-デバイス(cloud-pipe-device)の相乗効果を提供し世界をリードするICT製品・ソリューションプロバイダーであるファーウェイは、クラウド、IoT、ビデオ、エッジコンピューティングとAI技術の統合を実現し、「頭脳」(指令センター)、「中枢神経システム」(ネットワーク)、「末梢神経システム」(センサー)など、都市神経システム全体をコネクトすることができる。これはオープンな「+AIデジタルプラットフォーム」を構築し、将来の都市のデジタル変革を促進する。オペレーティングシステムと同様に、このプラットフォームはさまざまな都市センサーと互換性があり、都市のデジタルツインを構築し、さまざまな都市アプリケーションをサポートする。ファーウェイのデジタルプラットフォームは極めて効率的かつオープンであり、エコシステムパートナーとの協力を促進する。このプラットフォームは、効率に優れたスマートシティー開発に必要とされるトップレベルの設計、統合、運用、サービス利用、その他の能力も提供する。将来、ファーウェイの+AIデジタルプラットフォームはより多くの都市のスマートな基盤を形成し、世界中で持続可能な都市開発を推進する。われわれは顧客およびパートナーとともに、スマートシティーの基準を設定できることに期待している」と語った。 国際的なクロスボーダーのソートリーダーおよび都市行政官はグローバルなスマートシティー建設がプラットフォームベースの時代の到来を告げると確信している。 ファーウェイが同社の「プラットフォーム+エコシステム(Platform + Ecosystem)」戦略に基づくスマートシティー向けのデジタルプラットフォームを発表 ファーウェイは今回のサミットで、スマートシティー向けのデジタルプラットフォームを発表した。AIはIoT、ビッグデータ、地理情報システム(GIS)、ビデオクラウド、コンバージド通信リソースを統合するこのプラットフォームの中核である。このプラットフォームは従来の情報システムからの転換を明確にし、スマートシティー開発のための確固たる基盤を築く。ファーウェイはソフトウエアアプリケーション・パートナーにサービスを提供するミドルウエア・プラットフォームも開発した。これは、アプリケーションパートナーが迅速に上部レイヤー・アプリケーションを開発し、都市管理、都市サービス、業界発展における変革とイノベーションを促進することを支援するように設計されている。 スマートシティー向けのファーウェイのデジタルプラットフォームは数々の独自能力を活用している。1番目として、ファーウェイはクラウド-パイプ-デバイス技術をカバーするフルスタック・デジタルプラットフォームおよびプラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)を提供する業界初のベンダーである。2番目として、スマートシティー向けのデジタルプラットフォームはIoT、ビッグデータ、GIS、ビデオクラウド、コンバージド通信、AI、情報セキュリティーを含むPaaSレイヤーで総合的なコンポーネントおよび機能を完備している。このプラットフォームはこれらの能力を統合するインダストリー・イネーブルメント・プラットフォームを含んでいる。ファーウェイの持続可能な優位性は、顧客需要、一貫した研究開発投資によって推進された技術イノベーションを伴う自社開発のチップ、アルゴリズム、アーキテクチャー設計の成果である。 ファーウェイのスマートシティーソリューションは現在、40カ国以上160以上の都市で役立っている。例えば、ドイツのデュイスブルクやイタリアのサルデーニャでこのソリューションは新興企業の発展を促進し、両市の投資環境だけでなく市民の生活を向上させている。南アフリカのルステンンブルクやセルビアでは、デジタル技術は都市開発能力の向上を継続させている。一方、北大西洋諸島や天津の浜海新区で、AIはこれらの都市が市民を深く理解し、都市サービスの向上を図ることを可能にしている。 ファーウェイは世界中の都市と協力して、同社のデジタルプラットフォーム、エコシステムパートナーの統合ソリューション、すべての関係者の統合サポートに基づいてデジタル変革を探求している。将来、最新のAI技術を備えたファーウェイのデジタルプラットフォームはより多くのスマートシティーの基盤となり、完全にコネクテッドなインテリジェントな世界のために、あらゆる人、家庭、組織にデジタルをもたらすことになる。 Smart City Expo World Congress(SCEWC)2018は11月13日から15日まで、スペインのバルセロナで開催されている。ファーウェイのブースはGran Via 2展示ホール(ホール2)のB200に開設されている。SCEWCでのファーウェイの展示に関する詳細はウェブサイトhttp://e.huawei.com/topic/smartcity2018/en/index.html を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181113/2298393-1 ソース:Huawei
  • Honorの「独身の日」の売上記録がグローバルな成功を印し、世界的な景気低迷トレンドを打ち破る
    【深セン(中国)2018年11月14日PR Newswire=共同通信JBN】 *3年連続で中国の「独身の日」の売上チャンピオンに(注1) *インドの祝祭「ディワリ」期間中に100万台以上を販売 *西欧、東南アジア、ロシアでベストセラーに デジタルネイティブ(デジタル世代)向けの若く、革新的で、トレンドセッティングなスマートフォンeブランドのHonorは14日、同ブランドが中国の2大eコマースプラットフォームであるTmall.com とJD.comのスマートフォン部門の「独身の日」の売上高および収益でいずれもトップの成績を収めたと発表した。この成功は、Honorがこの祝祭シーズン期間中に3年連続で売り上げのトップとなったことを示している(注2)。 「独身の日」は、Honorが東南アジアへの影響力を拡大するのに役立った。インドネシアでは、Honorは80分以内に8000台以上を販売し、shopee.comの「モバイル部門」と「エレクトロニクス部門」でベストセラーとなった。 さらに、最近導入したHonor Magic2は新たな強力な販売実績を上げた。この製品はTmall.com およびJD.comの売上高および収益4000-5000人民元(約580-720米ドル)のスマートフォンでベストセラーのスマホとなった。 独身の日のHonor売り上げ 一方インドでは、「ディワリ」の販売促進期間中に100万台を超えるHonor 製品が販売され、2017年に比べ300%増となった。最も人気のある製品には、Flipkart's Big Billion Days(フリップカートのビッグビリオンデー)で「スター製品」となったHonor 9Nや、最近導入され、発売開始日にAmazon Indiaで「ベストセラー」となったHonor 8Xが含まれていた。 ディワリのHonor売り上げ 今年9月に発売開始されて以来、Honorの新製品Honor 8Xシリーズは世界中で600万台を販売した。この製品は以下の国または地域でベストセラーとなった。Amazon Germany(注3)、フランスのスマートフォン・オンライン販売(注4)、中東・北米・南アジア最大のテクノロジーショーであるGITEX。 Honorのジョージ・チャオ社長は「世界のスマートフォン業界にとって厳しい状況となっている中でさえ、Honorがこうした卓越した成果を達成したことをうれしく思う。2018年第3四半期の世界のスマートフォン出荷は前年同期比6%減少しており、中国のスマートフォン市場も、2018年上半期に11%減と低迷している。当社の戦略とR&Dにおけるたゆまぬ努力は、特にAI、GPU Turbo、スマートフォンデザインの卓越性などスマートフォンの技術革新の重要な分野において、この世界的な低迷トレンドに逆らい、打ち破った」と述べた。 ブラックフライデーとクリスマス・シーズンが近づけば、Honorは世界の市場でより販売促進的なお祭りセールを展開し、世界中のHonorのファンとその成功を分かち合う方針である。 ▽Honorについて Honorは、ファーウェイ・グループ傘下の大手スマートフォンeブランドである。同ブランドは、「For the Brave(勇者のために)」というスローガンに従い、優れたユーザー体験を提供し、行動を促し、創造性を育成し、若者に夢をかなえる力を与える、インターネットに最適化された製品を通じて、デジタルネイティブのニーズを満たすために作られた。そのためHonorは他と違う事をし、最新の技術とイノベーションを顧客に提供するのに必要なステップを踏むための勇気を示すことによって、他社とは一線を画している。 詳細は、www.hihonor.com でHonorを参照するか、以下をフォローを。 https://www.facebook.com/honorglobal/ https://twitter.com/Honorglobal https://www.instagram.com/honorglobal/ (注1)スマートフォン部門の売上高と収益に関するベストセラー (注2)スマートフォン部門の売上高と収益に関するベストセラー  (注3)「新たに導入されたスマートフォン部門」による.(注4) GFK report, W41 2018. による Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181114/2298255-1-a Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181114/2298255-1-b ソース:HonorRelated Links :http://www.hihonor.com/
  • パーフェクトワールドCEOのロバート・H・シャオ博士が2018 World Internet Conferenceに参加
    【烏鎮(中国)2018年11月14日PR Newswire=共同通信JBN】 *浙江省烏鎮で開催 *ロバート・H・シャオ博士はこのイベントでインターネットと文化交流に関する基調演説を行った。 第5回World Internet Conferenceが11月7-9日に中国浙江省烏鎮で開催された。このイベントには世界から1500人の著名人が集まり、世界のデジタル化の発展と持続可能なデジタル世界の創造を目指して、イノベーション、サイバーセキュリティー、文化交流の促進など、いくつかのテーマについて討議し、意見交換を行った。パーフェクトワールド(Perfect World)最高経営責任者(CEO)のロバート・H・シャオ博士は主催者の招きで、革新的中国企業の代表として会議に参加し、Cross-Strait & Hong Kong and Macao Internet Development Forum(両岸&香港・マカオ・インターネット発展フォーラム)で基調演説をし、インターネット時代における地域間文化交流促進に関する詳細なプレゼンテーションを行った。 ロバート・H・シャオ博士は演説で「インターネットは文化交流の最新の条件を創りだした。インターネット技術の発展は国際的な文化交流に新たな機会をもたらした」と述べ、「一方で、インターネットは文化交流の重要な媒体となっており、時間と空間の両方の限界を超えて、より速く、より広範かつより効率的な文化交流を可能にする。 インターネットの実現効果は極めて大きく、デジタル製品や技術を通じた文化のコミュニケーション改善に道を開いている。他方で、インターネットは、オンラインゲーム、文学、音楽、ビデオを含むインターネットの媒体に理想的な新しいインターネットベースの文化フォーマットの創造を促し、文化交流の範囲を大幅に拡大してきた」と語った。 ゲーム、映画、テレビ業界はここ数年で急速に成長し、インターネットの力を活用して国際的な文化交流を開拓している。パーフェクトワールドは、映画やゲームの事業セグメントを統合する最もアイコニックな中国企業であるだけでなく、世界市場に初めて進出した文化志向型産業における中国のイノベーション企業の1つである。注目すべきは、パーフェクトワールドが自社の国内市場を超えて拡大する企業として文化交流とイノベーションに従事するユニークな方法を模索してきたことである。ロバート・H・シャオ博士によると、パーフェクトワールドの制作したエンターテインメント製品は、技術とコンテンツに加え、伝統的なものと現代的なもの、またローカルなものと国際的な要素を完全に統合している。同社は、中国のストーリーを海外で伝えるだけでなく、世界が提供する最高のものを中国にもたらすという双方向戦略に焦点を当てて、グローバルなリソースを統合して世界的に普及したプレミアムエンターテインメント製品を作り出し、中国文化を世界に広め、異なる諸文明間の文化交流を促進する。その1例として、有名な中国の張芸謀監督の新作マーシャルアーツ映画「Shadow」は、伝統的な中国の水墨画、古典的な中国の美学、純粋な民俗音楽の構成、伝統的な陰陽2項対立の中国哲学など数多くの中国的要素が組み合わされている。さらに、「Shadow」は現代美学を統合することによって爽やかな視聴体験を提供する。その結果、この作品は今年のベネチア国際映画祭でデビューした直後に国際的映画評論家の間で絶賛された。この映画はまた、第55回金馬奨(Golden Horse Award)で12のノミネートを受けた。
  • 中国コンソーシアム・チェーンFISCO BCOSがシンガポール・フィンテックでデビュー
    【深セン(中国)、シンガポール2018年11月13日PR Newswire=共同通信JBN】 FISCO BCOSについての詳しい情報は前回のプレスリリースを参照 (https://www.prnewswire.com/news-releases/fisco-bcos-challenging-hyperledger-fabric-with-a-consortium-chain-from-china-300733474.html ) オープンソース・ブロックチェーン・プラットフォームのFISCO BCOS(以下BCOSと表記)が12日、「シンガポール・フィンテック・フェスティバル」で初展示された。中国のフィンテック革新者のコンソーシアムが開発したこの金融ブロックチェーン・インフラストラクチャー・プラットフォームは、グローバル市場に乗り出す態勢が整った。 シンガポール・フィンテック・フェスティバル2018でのFISCO BCOS BCOSの戦略パートナーの4社であるクラウドサービス・プロバイダーのTencent Cloudと世界的コンサルティング会社のEY(アーンスト・アンド・ヤング)、ITサービス・プロバイダーのForms Syntron、インターネットサービス・プロバイダーのAnne.Incは、シンガポールで11月12-13日開催の世界最大級のフィンテック大会で最新のビジネス展開と開発を共有する。 Tencent CloudはTBaaS(Tencent Blockchain as a Service)の構築法をBCOSとともに提示した。BCOSはTBaaSを通して中国の公的部門で多くの応用を切り開いた。 深セン上場のForms Syntronはこのブロックチェーン・プラットフォームを生かし、金融機関にいくつかの生産的システムを納入する。フェスティバルの期間中にForms Syntronは、仲介が不要なロイヤルティープログラムや住宅金融、サプライチェーン金融、銀行保証など多くの応用例を見せて、BCOSの強靭さを明らかにした。 Anne.Incは中国で著作権侵害を防ぐブロックチェーン・ソリューションを共有した。BCOSの進んだ技術によって同社は、GoogleやBaidu、WeChat、Toutiao.com、Sina Weiboなどの巨大インターネット企業の著作権委託取引サービスの提供に努めた。 EYはブロックチェーン・リサーチの大手コンサルティング会社。ブロックチェーンの分野で技術トレンドや技術ノウハウ、ビジネス応用を分かち合った。 深センを本拠とするコンソーシアムは12日、グローバル化の試みの一貫として、外国企業にオブザーバー会員資格を開放したと発表した。ブロックチェーン技術を活用して、それぞれの分野と市場に革新的ビジネスソリューションをもたらすことに特に関心が高い参加者に、この動きは概ね歓迎された。 ▽FISCO BCOS:オープン・コンソーシアム・チェーンのビルディングブロック FISCO BCOSは、Financial Blockchain Shenzhen Consortium(FISCO)タスクフォースチーム(優秀なチームメンバーにはWeBank、Tencent Cloud、Shenzhen Securities Communicationが含まれる)が構築した。 オープン・コンソーシアム・チェーンはWeBankによって導入されたコンセプト。単一のブロックチェーンではなく、一般へのサービス提供を目的としたブロックチェーン・アプリケーションの集合体となる新しいタイプのブロックチェーン・アプリケーション・エコシステムである。 FISCO BCOSはプラットフォーム設計とセキュリティー、規制サポートの幅広いアップグレードによって、金融業界のサービス需要に特に対応して構築された初めてのブロックチェーン・プラットフォームである。 BCOSとその実際の応用例についての詳細はここをクリック(http://www.fisco-bcos.org/ ) シンガポール・フィンテック・フェスティバルでのBCOSレビューのフォローは、オフィシャルTwitterアカウント@FiscoBcosで。 Photo  - https://photos.prnasia.com/prnh/20181112/2296598-1 ソース:FISCO BCOSRelated Links :http://www.fisco-bcos.org/
  • 主要旅行代理店がロンドンで中国の熱帯リゾート三亜について討議、宣伝
    【ロンドン2018年11月13日PR Newswire=共同通信JBN】 *沿岸都市が中国の熱帯観光の発展をリード Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan Province(海南省旅行・文化・ラジオ・テレビ・スポーツ局)が指導しSanya Tourism Development Commission(三亜市観光開発委員会)と世界的に有名なビジネス・金融ニュースのプラットフォームのCNBCが共催する三亜の観光をテーマとしたセミナー「Discover the Tropics of China(中国の熱帯を発見する)」が11月5日、ExCel London(エクセル展覧会センター)で開催されたWorld Travel Marketのアジア・エリアで行われた。トーマス・クックとTUI China、Ctripの幹部を含む主要な旅行代理店や専門業者が世界中から参集し、一連のテーマ別セミナーで、旅行目的地として三亜が提供可能なものに焦点を当て、中国の熱帯地区における観光発展の利点を話し合い、中国の熱帯観光の発展に関するトレンドを見極めた。 このセミナーのトピックには「三亜と他の東南アジアの都市との違いは何か」、「三亜は高級旅行目的地に発展するか」および「59カ国から三亜に入る滞在30日以内の観光客に対するビザ免除がどのような海外旅行の機会を提供できるか」が含まれた。 Department of Tourism, Culture, Radio, Television and Sports of Hainan ProvinceのInternational Marketing Divisionディレクターのワン・カー氏はインタビューで、中国共産党中央委員会の指導の下、省は海南島全体を自由貿易試験区に発展させることを提唱、自由貿易港の構築を段階的に検討し、着実に推進してきたと述べた。三亜は海外からの旅行者が地元で支出する金額において中国の他都市をリードしている。同市は三亜-ロンドン線など国外都市へ33の直行便を持つ。さらにAtlantis、マリオット、インターコンチネンタルを含む50以上の世界的ホテルブランドが既に三亜へ進出している。トマス・クックと中国のコングロマリットFosun Internationalが創設したジョイント・ベンチャーの旅行代理店であるThomas Cook Sanya Branchが2018年10月15日、三亜に正式に設立された。三亜が会議とパネルディスカッションを運営した目的は、同市の急成長部門である観光が主導する海南省の経済成長から得る恩恵を全世界と共有することだった。 このイベントで、業界専門家の中でもTUI Chinaの最高経営責任者(CEO)であるグイード・ブレットシュナイダー博士、Thomas Cook China のInbound & MICEディレクターのクリス・ファン・ゲーテム氏、Centre for International Business Development(CIBD)の共同創業者兼CEOのマギー・マー氏、Ctrip Customised TravelのCEOであるケイン・シュー氏およびShangri-La's Sanya Resort and Spaのゼネラル・マネジャーであるルドルフ・ギミ氏が基調講演を行った。また、ブレットシュナイダー博士、ファン・ゲーテム氏およびシュー氏は国内外の大手旅行サービス・プロバイダーを代表し、彼らのプラットフォーム上で三亜と海南省の他都市が提供する旅行オプションのうち最も検索されたものの人気に関するデータを共有した セミナーに出席した中国・海外の旅行サービス・プロバイダーや他のゲストは「Discover the Tropics of China」をテーマとするイベントでの討議を通じ、中国の熱帯観光モデルに強い関心を示した。中国で唯一の熱帯沿岸の旅行先である三亜は、欧州からの旅行者に人気の目的地となった。イベントに招かれた人々は総じて三亜の観光業の将来への確信を表明し、多くが三亜を複数のマーケティング・チャネルによって宣伝し、同市へのツアーを組織する計画を明らかにした。さらに、三亜はCNBCを含む主要なメディア・プラットフォームへの国際的な訪問者を対象とするキャンペーンの開始を計画し、選ばれるリゾート目的地として自らを位置付けることを目指している。 ソース:Sanya Tourism Development Commission
  • 成都クリエーティビティー・デザインウィークで数社間の正式な協業合意
    【成都(中国)2018年11月13日PR Newswire=共同通信JBN】第5回成都クリエーティビティー・デザインウィーク(Chengdu Creativity & Design Week)開催中の11月9日、Chengdu International Copyright Trading CenterとHengqin Intellectual Property Exchangeが正式な共同事業に合意した。Chengdu International Copyright Trading Centerは今後3年間、少なくとも1000の質の高い文化的でクリエーティブな知的財産(IP)と広東・香港・マカオ大湾岸圏で市販される製品に関して、Hengqin Intellectual Property Exchangeとライセンス協力を結ぶ。 成都クリエーティビティー・デザインウィークが正式な協業の機会を提供 クリエーティブデザイン作品の商業化の速度を上げるため、成都クリエーティビティー・デザインウィークはクリエーティブデザインのライセンス供与と取引方法を調査し、プロのバイヤーとデザイナーおよび国内外のデザイン事務所や企業間で大規模な対面式のコミュニケーションと交渉の会合を企画した。結果として、中国で初の金融革新IP交流プラットフォームであるHengqin Intellectual Property Exchangeは、広東・香港・マカオ大湾岸圏と世界中の国際的な国々と地域で製品の宣伝に活用することを狙いとし、具体的にパンダや現代アートなど多くの成都に関連した文化的象徴を求めた。 パンダは成都で最も際立った文化的でクリエーティブなIPの1つであり、このイベントで多くのプロのバイヤーに人気があった。北京、青島、マカオ、シンガポール、ヨルダンなどから訪れたプロのバイヤーは、あらゆる製品にパンダのIPを導入するためだけでなく、知的財産権のライセンス供与と取引を通してその商業的価値を増すため、成都でクリエーティブデザイン事務所と協力合意に達した。 一方、同イベントでは多数の海外の協力プロジェクトも達成された。Gaudi Asia-Pacific Research Institute(スペイン)は、Gaudi International IP芸術活動、研究プロジェクト、Gaudi Art Museumを扱う詳細な協力合意を成都のクリエーティブデザイン事務所と結んだ。さらに、エストニアのピアノメーカー、Estonia Piano Factoryは成都にピアノ博物館を建設する計画に関して、イベント中に成都の関連事務所と接触した。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181112/2296666-1 ソース:Chengdu Creativity & Design Week
  • 韓食振興院, 韓食の優秀さを積極的に広報するための韓食ドキュメンタリー「UHD韓食(多国語翻訳バージョン)」製作
    ソウル(韓国)、2018年11月13日/PRニュースワイヤー/ -- - 英語•中国語•日本語など6ヶ国語の字幕を追加し,海外への韓食広報を推進- ・韓食振興院(理事長ソンジェ)は、昨年韓国固有の韓食文化の歴史と韓国産の食材の優秀さを効果的に広めるために制作された韓食ドキュメンタリー「韓食、The Taste of Korea」(以下、UHD韓食)を多国語で翻訳し、今一度、韓食の価値を全世界に伝えるものとみられる。 ・「UHD韓食」は2017年に地上波ドキュメンタリー制作事業の一環として全30話の超高画質映像(UHD)で制作、韓食の振興およびグルメ観光の活性化事業に対する共感と支持の基盤を思案し、韓食の価値と哲学を伝えることを目的に企画された。 ・韓食の特性を表現した発酵食品である「醤類食品」など韓国固有の食文化と各種韓国産の食材の優秀さをテーマに全30話制作された「UHD韓食」は昨年、KBS1チャンネルの料理人類番組を通じて、最高視聴率8.0%を記録するなど話題になり、韓国国内の視聴者をはじめとする世間の注目を集めた。 ・このような世間からの関心と効果をもとに韓食振興院は韓食ドキュメンタリーを再度、広めるために今年の9月から11月まで英語、中国語、日本語、スペイン語、フランス語、アラビア語など6ヶ国語という多国語で字幕制作を行い、全180話の映像を公開する予定だ。 ・韓食振興院のソンジェマユル理事長は「今日、韓国の韓食は韓民族の固有な価値と伝統が収められている文化の試金石であり、歴史の証人となる韓国の韓食文化と韓国産の食材の優秀さを6つの言語で字幕制作された韓食ドキュメンタリーが海外へ向け広められることで全世界の人々が興味を抱き、共感できる良い機会になってほしい」と明かした。 ・一方、韓食振興院は6ヶ国語で字幕が制作された「UHD韓食」全180話を韓食ポータルサイト(www.hansik.or.kr)とソーシャルメディア(SNS)に掲載し、韓食専門ドキュメンタリーの持続的な広報に力を注ぐ予定だ。 (日本語リリース:クライアント提供)  Related Links :http://www.hansik.or.kr
  • セラフィムはベトナム80 MW太陽光発電所に高効率モジュールを提供する
    【常州(中国)2018年11月13日 PR Newswire】 Tier1太陽光モジュールメーカーである江蘇セラフィムソーラーシステム有限公司(「セラフィム」と略称)はベトナムで2つの太陽光発電所の供給協定に署名したことを発表しました。このプロジェクトはベトナムAMI Renewables とフィリピンAC Energyが共同開発、合計で80MW規模、2019年4月末までに系統連系の予定です。今回の締結はセラフィムにとって、またベトナム及び東南アジアにとっても、最エネ市場の更なる発展のマイルストーンとなる出来事です。 その中でも、Dak Lak州のKrong Pac区にある30MW(BMT Solar Farm Project)はすべてセラフィムの高効率モジュールを採用しています。Khanh Hoa省Cam Lam区にある50MW(KHSolar Farm Project)は同じく高効率モジュールを採用します。2つ案件の施工者はいずれもERS Energy Sdn Bhdであり,本社はマレーシアのクアラルンプールにあり、東南アジアの大手EPC請負業者の一つです。 「私たちはこの二つの大きなプロジェクトの唯一のモジュールサプライヤであり、これは凄く光栄だと感じています。セラフィム総経理李綱様は「これはセラフィムにおけるベトナムでの初めての案件で、今後のベトナム市場の開拓に対してはシンボリックな意義があると考えている」と述べています。「ベトナムは現在東南アジアで最も成長力と経済発展のポテンシャルがある市場の一つであり、セラフィム製品の優れたパフォーマンスは今後も同地区で太陽光発電プロジェクトの継続に寄与して行くだろう。」 「私たちは、セラフィムの協力に感謝しています。セラフィムは専門的なレベルのサポートと非常に前向きな開拓精神が印象的な企業です。」ERS Energy Sdn Bhd常務取締役のJonathan Kan氏は、「現在、ワールドワイドに6GWを超える太陽光モジュールを設置しており、ブランドの優位性が明らかになっています。私たちは、これからもセラフィムとの協力を重視していきます。これは、ERSエナジーの発展にとって非常に重要であり、ベトナム市場において、両社が活躍することができ、WinWinの関係の構築に期待しています。」 セラフィムについて セラフィムは2011年の設立以来、太陽光モジュール製造の世界的なリーダーとして急速に成長して来ました。現在、セラフィムは全世界の生産能力が3 GWに達して、ブルームバーグ新エネルギー・ファイナンスに、Tier1モジュールメーカーに認定されています、またDNV GLの認定を受けた「トップレベルモジュールメーカー」でもあり、セラフィムは自社開発した数十個に及び技術特許を有しており、卓越した製品品質、先進的な技術力と品質保証により、6GWを超える製品をワールドワイド、30国余りのエリアへ納入しています。 ERS Energyについて ERSエナジーは2009年設立のEPCCとシステムインテグレーション企業です。大規模な太陽光発電所プロジェクトから小型な太陽光システムまで様々な業務に携わっています。専門性の高いチームと急成長の実績は東南アジア地域では、高い知名度を誇っています。現在までに、300 MWの設置実績があり、マレーシア最大の太陽光発電所の建設実績もあります。ERS EnergyはASEAN国家の再生可能エネルギーのさらなる発展と促進に取り組んで行き企業です。 (日本語リリース:クライアント提供)
  • SundayTozが全世界で大人気のスヌーピーカジュアルゲームを本日より日本で配信スタート
    【ソウル(韓国)2018年11月13日PR Newswire】 *韓国の開発会社SundayToz(SundayToz Corp.)は、ピーナッツ(Peanuts)と提携し開発した【スヌーピーのまちがい探し】を、本日2018年11月13日(火)に日本で無料配信をスタートしたことを発表*【スヌーピーのまちがい探し】はAppleのApp StoreとGoogle Playで無料インストールが可能*日本でのリリースを祝し、インゲームイベントも開催 SundayToz(キム・ジョンソプ代表取締役)は2018年11月13日(火)、【スヌーピーのまちがい探し】の日本での配信開始を発表した。 SundayTozとピーナッツによる「スヌーピーのまちがい探し」 【スヌーピーのまちがい探し】は、スヌーピー、チャーリー・ブラウン、その他ピーナッツのおなじみキャラクターたちを使用して開発されたカジュアルゲームアプリである。 SundayTozは、アニメでも愛されている【ぼくらベアベアーズ】のカジュアルパズルゲーム【ぼくらベアベアーズMatch3 Repairs(We Bare Bears Match3 Repairs)】の成功に続く、カジュアルゲームとして、【スヌーピーのまちがい探し】を公開。 SundayTozは、「この度、多くのファンの方々に【スヌーピーのまちがい探し】を日本で公開できることを大変嬉しく思っています。」と伝えている。 【スヌーピーのまちがい探し】は、プレイヤーが画面上に出てくる2つのイラストを見比べ、異なる箇所を探すゲームアプリである。 このゲームでは、オリジナルの豊富なイラストとともに、スヌーピーをはじめとしたピーナッツのかわいいキャラクターたちの世界を楽しむことができる。 オリジナルの「まちがい探し」モードに加え、多数の異なるゲームモードとコンテンツを提供し、プレイヤーを夢中にさせ、世界中のスヌーピーファンが一番楽しめるカジュアルゲームではないかと期待されている。 【スヌーピーのまちがい探し】は全世界で配信を行っており、AppleのApp StoreとGoogle Playで無料インストールができる。日本でのサービス開始を祝した様々なインゲームイベントも開催される。 アプリ概要 【タイトル名】「スヌーピーのまちがい探し』【価格】基本プレイ無料、一部アプリ内課金【対応端末】Android 4.1 以上iOS 9.0 以上の iPhone、iPad、および iPod touch【配信地域】全世界(※中国と韓国を除く) 配信URLhttps://smart.link/5be258c70b24e ゲーム公式Twitterhttps://twitter.com/snoopy_find コピーライト(C) 2018 Peanuts Worldwide LLC *MEDIA CONTACTSFor inquiries, please contact our PR Team at pr1@sundaytoz.com / http://www.sundaytoz.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181102/2287972-1 (日本語リリース:クライアント提供)Related Links :http://www.sundaytoz.com
  • 第124回広州交易会は298億米ドル成約、7万人を超す新規バイヤーを迎える
    【広州(中国)2018年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】第124回中国輸出入商品交易会(広州交易会)(China Import and Export Fair(Canton Fair))は中国の一帯一路構想(BRI)諸国への輸出成約に著しい伸びを見せ、閉幕した。総輸出契約高は2065億元(298億米ドル)に達し、2.34%増となる7万7733人の新規バイヤーが交易会に出席し、BRI諸国・地域からのバイヤーは0.16%増の8万4578人だった。 124th Canton Fair Records US$29.8 billion In Turnover, Hosts More than 70,000 New Buyers 今回の交易会は215の国と地域から計18万9812人のバイヤーを迎え、トップ10人のうち7人がインド、ロシアなどのBRI諸国・地域のバイヤーだった。これらの国・地域からの輸出受注は2.7%増の96億3000万米ドルで総成約高の32.3%を占め、前年同期比2.7%の増加だった。 中国対外貿易センター次長のシュ・ビン氏は「広州交易会での開発途上国と新興国からのバイヤー数の増加は、構造の最適化とバイヤーの質の着実な向上を反映している」と述べた。多様な世界のバイヤーは企業が従来市場を効率よく統合し、新興・潜在市場を検討し、国際市場での展開を最適化するのに役立つ。 機械・エレクトロニクス製品の成約額は161億8700万米ドルに達し、軽工業製品の成約額は72億9900万米ドル、繊維・衣料の成約額は15億1400万米ドルだった。 エレクトロニクスおよび家電製品部門のバイヤーが全来場者の40.2%を占めた。消費財を求めるバイヤーは全体の31.3%を占め、家庭装飾、ギフト、機械のバイヤーはそれぞれ28.28%、26.82%、26.37%を占めた。 世界のトップ・リテーラー250社のうち110社が広州交易会に加わり、トップ10社のうちウォルマート、コストコ、Kroger、Schwartz、Carrefour、Home Depot、Wallgreens、AmazonおよびAldiの9社が参加した。多国籍企業ソーシング・サービスに参加したバイヤーにはUS Harbor Freight、Staples、Lifetime Brands、KESKO Group、Auchan、Lock & Lock Co., Ltd.が含まれた。 より詳細な情報は下記を参照: http://www.cantonfair.org.cn/en/index.aspx ▽広州交易会について 中国輸出入商品交易会(広州交易会)は毎年春と秋の2回、広州で開催される。1957年の開催以来、交易会は今や最も長い歴史、最高のレベル、最大のスケール、最多の製品数およびバイヤー出身地の最も広域な分布と中国最高の成約額を持つ総合的な展示会である。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181112/2296554-1 ソース:Canton Fair
  • iChongqing: China Yangtze River Three Gorges International Tourism Festivalが重慶で開催
    【重慶(中国)2018年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】コンサートが終了すると、万州の川岸の雰囲気は拍手喝采のうちにクライマックスに達した。そこではConcert of the World's Great Rivers(世界の大河コンサート)とBack to the Three Gorges(三峡に戻る)という2つの壮観なイベントが中国南西部の重慶直轄市で11月8日夕についに開かれた。第9回China Yangtze River Three Gorges International Tourism Festival(中国長江三峡国際観光祭り)の一連のイベントの内の2つである。 世界の観光客が招待され、再訪した Back to the Three Gorgesは重慶市文化観光開発委員会の主催イベントで、32カ国から約200人の観光客が招待された。1997年以前に三峡を訪れた人びとが、無料招待され再訪した。 Tourists visited Baidicheng, Fengjie, the Three Gorges on Nov. 9th, 2018 これらの観光客は、重慶で5つ星の長江ゴールド6クルーズに乗船し、長江下りをした。白帝城や瞿塘峡といった旅行プランにそった典型的な観光スポットに加えて、前回訪れた後に開発された新しい観光地も訪れた。 6カ国の楽団が大河をテーマに演奏 重慶市人民政府と湖北省人民政府主催のConcert of the World's Great Rivers(世界の大河コンサート)は、世界の合唱団とオーケストラが1つになった催しだった。戴玉強、呂薇らの中国人歌手だけでなくアヌーナ、マリアッチ・ディーヴァス、Volga Choir、アルバーノ・カリッジといった外国人アーティストもコンサートで歌った。 第9回China Yangtze River Three Gorges International Tourism Festivalの構成要素として、World's Great Rivers と Back to the Three Gorgesのコンサートはこの大規模イベントの期間で脚光を浴び、最新の三峡を世界に提示した。 The New Three Gorges forum was held in Chongqing, 8th Nov. 2018 2大イベントとは別に、三峡地域に沿った数百の珍味堪能や14地区の観光呼び物パレード、「新しい三峡:喜びは美しい景観から生まれ、よい環境は開発とともに」という題のフォーラムが催された。閉会式では、三峡地域の17の観光プロジェクトが、計画された総額575人民元(84億ドル)の投資で調印された。 三峡フェスティバルは重慶の万州で年に2回開かれる。万州は長江の上流にあり、南で湖北省と接している。 豊富な観光資源で急成長する都市 重慶は近年、観光で急成長を経験しており、今や世界中でかつてないほど認知されている。世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)が発表したCity Travel & Tourism Impact Report 2018(2018年都市旅行とツーリズムインパクト報告)によれば、重慶は旅行ツーリズムの国内総生産(GDP)への直接貢献で、過去10年で世界一速い成長都市だ。 山峡は重慶と中国の名刺だ。2018年5月、重慶は観光産業を向上させる計画を発表した。三峡は最優先事項と確認された。 詳細はwww.ichongqing.info/the-three-gorges/ ソース:iChongqing
  • TIENSグループ、グローバルな拡大を新しい小売業へ進める
    【天津(中国)2018年11月12日PR Newswire=共同通信JBN】大手ヘルスケア企業のTIENSグループは、中国で新しいTIENS体験ストア(TIENS Experience Store)をオープンし、グローバルな拡大を新小売市場へ進めると発表した。新店舗はTIENS国際ヘルス産業区に立地し、新たな小売業とマーケティングに技術面から迫り、オンラインとオフラインの顧客体験の統合を図る。 Free the dreams! Tiens Group celebrates a new era step in the new retail business Tiensの新しい電子財布アプリであるPointsWinが、ブロックチェーンに基づく顧客ネットワークをつなぐ核となる役割を果たす。消費者はこのアプリを利用すれば、TIENSバーナーのあるすべての事業で買い物をし、ポイントを得られる。こうしたサークルとしての技術革新は、グループが国際的地位の拡大を通して連結を模索してきたオンラインとオフラインの小売業の融合を可能にする。 TIENSは世界中に110の支社・支店を持つが、この新しい店はグループのグローバルな「一体多翼(One Body, Multiple Wings)」戦略の象徴になる。戦略には実物小売りから、eコマース、伝統中国医学(TCM)、医療施設のほか、教育、旅行、ホテル、ライフスタイル体験に広がる多様な総合的ヘルスケア・エコシステムの展開が含まれる。 TIENSグループ会長の李金元氏は「われわれはグローバルな展望から世界を考察し、絶えず展開を図ってきた。とりわけ中国の一帯一路構想に関わる地域ではそう言える」とし、TIENSの支社・支店のほとんどがこの構想地域に入っていると指摘した。 旗艦店はマーケティングへの体験型アプローチに力を入れ、顧客が自由に動いて独自の健康・美容製品を探し出せる没入型環境を提供する。 eコマース担当ゼネラルマネジャーで取締役のチェルシー・リー(リー・ユー・キ)氏は「体験型マーケティングは事業展開トレンドの最先端にある。私たちは顧客に細心の注意と気配り、美の直観的体験を与えようと心掛けている。TIENS体験ストアは、雰囲気へ静かに浸透する、落ち着いた水のような美的感覚で設計している」と述べ、「それぞれの訪問客の体験は発見の旅のようであり、彼らのために店内では細心の注意で製品を配置している」と付け加えた。 徹底した没入型顧客体験を通したこの最新の展開は、グループがブランド消費のコンセプトをもっと個人的な体験に変換させることを助ける。TIENSグループ体験営業部門ディレクターのペギー・リウ(リウ・ユー)氏は「TIENS体験ストアの多様なレイアウトは、一体多翼グローバル戦略の具体的な表れである」と話した。 詳しい情報は http://www.tiens.com/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=32&id=85 を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181109/2295327-1 ソース:TIENS
  • GCL-SIとDuPont Photovoltaic Solutionsが中国国際輸入博で戦略的協調協定を締結
    【上海2018年11月9日PRNewswire=共同通信JBN】ソーラープロジェクトで世界をリードするワンストップ・ソリューション・プロバイダーのGCL System Integration Technology Co., LTD.(SZ: 002506)(以下GCL-SI)は、上海で開かれた第1回中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)で、DuPont Photovoltaic Solutions(以下「デュポン」)との間で戦略的協調協定を結んだ。両社はイノベーションを通じて太陽光発電(PV)製品の品質を高めるために協力し、世界的に太陽光発電の採用をより広く受け入れてもらう。 GCL-SI and DuPont Photovoltaic Solutions Sign Strategic Collaboration Agreement At CIIE GCL-SIのシン・ルオ会長は「われわれはデュポンとの細部にわたる提携関係を固めることができて喜んでいる。DuPont(TM)Tedler(R)PVFフィルムは常に、当社モジュール製品のための第1選択肢であり、両社の協力関係は当社製品の質、性能そして信頼性をさらに強化することになる」と語った。 新しいエネルギー源に対する世界需要は引き続き伸びており、PV産業の科学的イノベーションは極めて重要になっている。DuPont Photovoltaic Solutionsのグローバルコマーシャルディレクターであるエリック・ワン氏によると、デュポンは過去50年にわたり、ソ―ラー・イノベーションの最前線に立ってきた。同氏は「われわれはCIIE会場で革新的な成果を展示し、GCL-SIとの戦略的結束を構築することに興奮している。イノベーションンに対する当社のコミットメントは、時の試練に耐えてPV産業の持続的成長を促進するPV材料の製造を支援してきた」と語った。 ワン氏によると、1975年以来設置された世界のソーラーパネルの半数以上は、デュポン製品を取り入れている。DuPont(TM)Tedler(R)のバックシートフィルムは、耐久性、信頼性を最大限高め、システムの欠陥を最小化する目的を持って全天候条件で30年余り、ソーラーパネルを保護することを実証した唯一のバックシート素材である。 PV製品製造からの収益はこの数年、市場が極めて厳格な業界基準のテストを受けないか不合格になったPVモジュールと製品であふれていることが理由で落ち込んでいる。過去25年のそれに対して投資収益を改善するとともに、総コストを削減することが、PV業界の共通の目標になっている。その意味で、PV素材の質が重要になっている。デュポンのようなパートナーとの協力によって、GCL-SIは新しいエネルギーシステムのための最高品質のPV製品と総体的ソリューションを供給することを目指している。GCL-SIは現在、世界に総出力6GWとなるPVモジュールを製造する6つのセンターを保有している。 ▽DowDuPont Specialty Products Divisionについて DowDuPont Specialty Products DivisionはDowDuPont(NYSE: DWDP)の1部門であり、産業と日常生活の変革を支援する技術主体の材料、素材、ソリューションを提供するグローバルイノベーションのリーダーである。同社従業員は、多様な科学と専門知識を適用して、エレクトロニクス、輸送、ビル建設、健康と福祉、食品と労働者の安全を含む主要な市場に欠かせないイノベーションを提供する。DowDuPontは、Specialty Products Divisionを分離して、DuPontと呼称する独立した株式公開企業にする意向である。 詳しい情報はwww.dow-dupont.com を参照。 ▽GCL-SIについて GCL System Integration Technology Co., LTD.(SZ: 002506)(GCL-SI)は、GOLDEN CONCORD Group(GCL)の一員である。GCL-SIは、ワンストップ、最先端の統合エネルギーシステムを提供しており、世界をリードする太陽エネルギー企業になることに取り組んでいる。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181109/2294121-1
  • CIIEでSuningが150億ユーロのグローバル調達額を発表
    【上海2018年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】 *Suningが中国国際輸入博覧会でGlobal Supply Chain Summitを開催 中国の非国有企業トップ500社の2位にランクされた主要商業企業のSuning Holdings Group(以下「Suning」)は同社のグローバル調達の規模が現段階で約150億ユーロに達したと発表した。 Suning.comのスン・ウェイミン副会長がサミットでスピーチを行った。 このマイルストーンは、上海で今週開催され、中国政府が初めて主催した輸入をテーマとする博覧会である中国国際輸入博覧会(China International Import Expo、CIIE)の期間中に明らかにされた。Suningはこの機会をとらえ、独自の「2018 Suning Global Supply Chain Summit(2018年Suning世界サプライチェーンサミット)を開催した。 11月6日に行われたSuningのサミットでは、輸入を押し上げようとする中国の動きがもたらす機会について小売業界の要人と政府が討論した。中国は今後5年間に10兆米ドル超の製品およびサービスを輸入する計画である。 Suningだけで今後数年間にさらに100億ユーロ相当の商品の輸入を計画している。事業見通しによれば、Suningのスマートリテール・プラットフォームとグローバル・サプライチェーンを通じて5000を超す海外ブランドが魅力的な国内市場に導入される。 Suning Holdings Groupのチャン・ジンドン会長は「ますます多くのグローバル事業パートナーと相互信頼に基づく互恵的かつ補完的な戦略的関係を構築することは当社の今後の発展に不可欠な道筋である」と述べた。 Suningは中国のリテールチャネルで最良のパートナーであると自ら位置付けている。グループのスマートリテール子会社であるSuning.comは、フォーチュン・グローバル500社(Fortune Global 500)のリストに入り中国最大のオンラインツーオフライン(O2O)リテール業者である。Suning.comは現在600以上の都市に1万を超す店舗を構え、そのブランド価値は2306億2800万人民元で、今年前半、中国のリテール業界で最も価値あるブランドに位置付けられた。 Suning.comのスン・ウェイミン副会長は聴衆に対し「中国の消費の格上げが世界の消費市場において成長の新たな推進力になりつつある。改革から40年を経て、海外からの供給を拡大し進化しつつある国内の消費トレンドに応じるため、中国はさらに市場を開放しつつある」と述べた。 Suningは500人余りの購買・調達チームをCIIEに投入し、欧州、日本、オーストラリアおよび北米の海外ブランドとの提携機会を探った。既存のパートナーのうち7社がCIIEにゲストとして出席した。それらはWhirlpool、A.O. Smith、リンナイ、ノーリツ、ANCO、Ariston、Metcashである。 Suningはまた、一般に「インテル」と呼ばれるイタリアのサッカークラブのインテルナツィオナーレ・ミラノと、日本最大規模の免税店運営企業ラオックスをCIIE出展者として招請した。Suningがオーナーとなった2016年以来、インテルはChina Unicom、Beko、Maotaiを含む複数の有力なブランドとパートナーシップを築き、地元市場のより多くの消費者ブランドおよびファンとつながることを目指している。 2018 Suning Global Supply Chain Summitの他の講演者には、中国商務部 Trade Development CouncilのDeputy Ministerであるジン・ホン氏、トルコ貿易庁のゴンカ・イルマツ・バツール副大臣、フィリピン貿易産業省のノラ・K・テラード副大臣、チリ貿易振興局のホルヘ・オライアン局長、BSH Home Applianceの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)のオッテンバーグ・カールステン氏、Nestle Great Chinaのレベッカ・ワン副社長、Bunge Limitedのアジア担当エグゼクティブ・ディレクターのロベルト・コビエッロ氏が含まれた。 今月、Suning.comは2018年第1-3四半期の事業収益が前年同期比31.15%増の1729億7000万人民元(247億9000万米ドル)に上ったことを明らかにした。Suning Groupの年間売上高は5579億人民元(約690億ユーロ)である。 ▽Suningについて 1990年に創設されたSuningは中国で有数の商業企業で、中国と日本に上場企業がある。Suning Holdingsは2018年、中国の非国有企業トップ500社の2位にランクされ、年間売上高は808億5000万米ドル(5578億8000万元)。「全ての人のために一流の質の生活を創造することにより、業界全体のエコシステムを主導する」との使命を持って、SuningはSuning.com、Logistics、Financial Services、Technology、Real Estate、Sports、Media & Entertainment、Investmentの8つの垂直事業を通じてコアビジネスを強化し、拡大している。このうちSuning.comは2017年と2018年にフォーチュン・グローバル500社リストに入った。 http://www.suningholdings.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2294060-1 Related Links :http://www.suningholdings.com
  • 日本のDCEXPO 2018で韓国のスマートコンテンツ紹介
    【ソウル、千葉2018年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】 *NIPAが韓国スマートコンテンツの日本市場参入を支援 韓国の科学・情報通信技術(ICT)省と情報通信産業進興院(NIPA)は、デジタルコンテンツExpo(DCEXPO)2018期間中開設されるスマートコンテンツパビリオンで、韓国の先進的なスマートコンテンツを紹介すると発表した。 恒例のデジタルコンテンツイベント、DCEXPO 2018(https://www.dcexpo.jp/exhibition )は2018年11月14-16日、千葉県のコンベンションセンター、幕張メッセで開催される。 拡張現実(AR)、ビッグデータなどの新技術に基づく10種類のスマートコンテンツ、プラットフォームがパビリオンで展示され、ビジターは実地体験を享受できる。 パビリオンは「Korean Smart Contents Everywhere(どこでも韓国スマートコンテンツ)」をテーマとして今年初めてDCEXPOに開設され、韓国スマートコンテンツ産業の発展と国際市場参入を支援する。 NIPAはExpo前に参加企業を1社ずつ訪問し、カスタマイズされたコンサルティングサービスを提供する。また、ビジネスマッチングのため、バイヤーとコンテンツ制作者、配給者、広報代理店、通信企業などのパートナー企業を選定する。 さらにNIPAは韓国―日本共同ビジネスイベントや交流会も開催し、参加企業の業績を向上させる専門通訳サービスも提供する。 韓国の参加企業と地元バイヤー、投資家のビジネスミーティングが約100件予定されており、NIPAは彼らの間で具体的な輸出契約や連携協定が結ばれると期待している。 日本の経済産業省とデジタルコンテンツ協会(DCAJ)が主催するDCEXPOは2008年に初めて開催され、今年は11回目を迎える。毎年、デジタルコンテンツ制作技術と製品を展示し、同時に「コンテンツ技術が私たちの生活を変える?!」と題するコンファレンスを開催する。 NIPAのパク・ヌンユン院長は「われわれはDCEXPO 2018に参加してDCAJと覚書を取り交わし、韓国のスマートコンテンツ企業向けに日本のバイヤーや投資家とのピッチイベントを開く。この機会をとらえて企業間の協力・交流を一層推進する」と語った。 ▽参加企業(企業名、ブランド、業種、URL) *Starship Vending-Machine Corp.、PUFF、モバイル・ライブストリーミングのソーシャルプラットフォーム(www.insertcoin.me ) *APPOSTER、MR.Time、スマートウオッチのデザインアプリ・プラットフォーム(www.mrtime.io ) *EpicLive Japan、Epic Live、VR放送のプラットフォーム(www.salin.co.kr ) *3D MediVision、SURGFLIX、教育用コンテンツの3Dミーディアル操作ビデオクリップ(www.3dmedivision.com ) *Pison Contents、MusicSpray、デジタル音楽を世界に配信するオンラインプラットフォーム(www.pisoncontents.com ) *Holotive Global、Cheon Wol Jeon Gi、360度スクリーンホールとホログラムを使った集中芸能(www.holotive.co.kr ) *POPSLine、MR Station/AR PICK、インタラクションデジタル看板&動作認識とミラー機能のあるQRコード(www.popsline.co.kr ) *Sisto、Drive Analysis Drive Recorder、スマートフォンに接続された運転分析記録システム(www.sisto.co.kr ) *Circus Company、circusARVR、ARとVRを利用した教育と旅行用コンテンツ(www.circuscompany.com ) *Hanbitsoft、ThinkMath、数学の教育アプリ(www.thinkmath.co.kr ) ソース:NIPA
  • 西安がGlobal Programmers' Festivalを主催、新たな未来をデジタル「シルクロード」にコーディング
    【西安(中国)2018年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】約20万人のプログラマーが本拠地とする陝西省の省都・西安は第2回Global Programmers' Festival(世界プログラマーズフェスティバル、以下「フェスティバル」)を主催し、デジタル経済がもたらす新たな機会と課題を歓迎した。 Coding New Future on The Digital "Silk Road", Xi'an Hosts Second Global Programmers' Festival. 世界各地からの産業リーダー、トッププログラマー、著名な専門家と科学者が「Coding the Society(社会をコーディングする)」をテーマにした2日間のフェスティバルに参加した。シリコンバレー、ベンガルール、北京、南京でも並行してセッションが開催され、「デジタル西安」の展望、そして未来の形成を支援するソフトウエアの役割についてプログラマーが討議した。 西安市党副書記で西安市長のシャンガン・ジーチン氏は、デジタル経済は世界経済の未来であり、西安はこの新たな時代に力を与えるテクノロジー開発の中心としてこの地を位置付ける歴史的な機会をつかもうとしていると言及した。同氏は「今日、西安はまったく新しいアルゴリズムを使い、われわれのデジタル経済の新たな未来をコーディングしている。エリートプログラマーと産業リーダーの西安への訪問、われわれの『システム』を『アップグレード』するための支援、そしてより良くより強い未来を形成することを、われわれは熱意と誠意をもって歓迎する」と述べた。 フェスティバルではプログラマーの「Walk of Fame(ウオークオブフェーム)」が披露された。そこには中国のソフトウエア産業に多大な貢献をしたワン・ヨンミン、ヤン・ユエンチャオ、ゴン・ミン、チゥ・ボジュン、レイ・ジュンの各氏などの手形が刻まれている。 さらに、西安はフェスティバルの開会式で「The Development Path of China's Software Industry(中国ソフトウエア産業の発展の道程)」と「Industrial Informatization Development Index of "Belt and Road" Countries(『一帯一路』諸国の産業情報化開発指数)」の2種類のリポートを発表した。 西安は情報技術と都市開発の統合を目標に掲げ、デジタル経済に向けて包括的エコシステムの確立を加速している。西安は新しいデジタル「シルクロード」を大規模に構築してこの地で働くプログラマーを引き付け、西安を中国トップのソフトウエア都市にするために、ソフトウエアとIT産業を急速に拡大している。 http://www.codingthefuture.com/ ▽Global Programmer's Festivalについて「Coding the Future(未来をコーディングする)」を恒久的なトピックとするGlobal Programmer's Festivalは国内外の産業界のリーダーとハイテク業界のエリートが西安に集結するよう招く。この祭典は、一連のフォーラムとコンテストを通じて、人材、資本投資およびイノベーションの構築をねらいとする。ハイテク産業のスケジュールにおいて主要な年次イベントであるGlobal Programmer's Festivalは、全世界からのプログラマーが情報交換し、アイデアを共有し、イノベーションを刺激し、共に成長するための国家的なプラットフォームを提供する。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2294051-1 ソース: Global Programmer's Festival Related Links :http://en.xixianxinqu.gov.cn/
  • LONGi SolarがPERCモジュールの変換効率20.83%達成、世界記録を更新
    【西安(中国)2018年11月9日PR Newswire =共同通信JBN】LONGi Solar(ロンジ・ソーラー)は11月8日、独立系の第三者試験機関であるTUV-SUDが実施したテストによって、LONGi Solarの60セルPERCモジュールの変換効率が20.83%に達し、単結晶PERCモジュールの変換効率の世界記録更新を実証したと発表しました。LONGi Solarが2018年にモジュール変換効率または出力の世界記録を更新したのは今回で4回目です。 モジュール変換効率は、太陽光発電のLCOE(均等化発電原価)削減に直接関係するため、太陽光発電の技術開発において注目されています。モジュール変換効率の改善はコスト削減につながります。最適なモジュール変換効率とシステム効率による顧客満足の実現は、高効率セル・モジュールの研究開発(R&D)で応えるべき重要なテーマになっています。 LONGi Solarは変換効率の向上に一貫して注力し、R&Dを強化、高効率製品の戦略的レイアウトと技術的な進歩で業界をリードしてきました。特に、その高効率セルとモジュールの技術は、新しい両面発電、ハーフカット、そしてシングルドセル(Shingled-cell)技術などのイノベーションと共に全盛期を迎えています。また、PERC技術に基づく3つの世代のHi-MO製品は2016年から2018年まで3年連続で発売され、業界におけるPERCの変換効率向上のトレンドをリードしてきました。 LONGi Solar副社長のDr.呂俊(リュ・ジュン)は「LONGi Solarはこの数年、PERC製品の価値を高め、コスト効率をさらに向上させるためにPERC技術の限界を押し上げる努力を続けてきました。そして、今回達成したモジュール変換効率の新たな成果は、PERCの開発の余地を実証しました。今後3年間、PERCがPVシステムの発電効率と信頼性を効果的に向上させ、LCOEを低減し、顧客に更なる大きな利益をもたらす、より大きな技術的な可能性があると我々は確信しています」とコメントしました。 高効率モジュールの成果は、高効率セルの技術と強く関係していますが、LONGi Solarは2017年4月から2018年2月まで、PERCセルの変換効率を5回にわたり向上させ、量産タイプでの変換効率は23%を超えています。現在、LONGi Solarの全てのセル生産ラインは、次世代高効率PERC製品に対する世界市場からの需要に全面的に応えるため、PERCにアップグレードされています。 Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20181108/2292512-1-LOGO