Japanese

News provided by PR Newswire

  • Nexteerが2年連続でイノベーション・テクノロジー賞を受賞
    【上海2019年12月5日PR Newswire=共同通信JBN】 *NexteerのQuiet Wheel(TM)SteeringとStowable Steering ColumnがInternational Automotive Congressで評価される Nexteer Automotiveは、2019 International Automotive Congress(2019年国際自動車会議)から、Quiet Wheel(TM)SteeringとStowable Steering Columnといった同社の革新的なステアリング技術に関して「Automotive Innovation Technology Award(自動車イノベーション・テクノロジー賞)」を受賞した。Nexteerがこの栄誉を受けるのは2年連続で、2018年はNexteerのHigh Availability Electric Power Steering(EPS)が受賞した。 Nexteer Automotiveの最高技術責任者兼最高戦略責任者、ロビン・ミラベク上級副社長は「高名な研究機関のトップの専門家、ならびに自動車産業の上級編集者から、2年連続して当社の革新的なステアリング技術が評価されたことを名誉に思う。当社のグローバルチームは絶え間ないイノベーションにコミットしており、当社のQuiet Wheel(TM)SteeringとStowable Steering Columnの両技術はNexteeerのステアリングソリューションが将来のモビリティーに向けた『運転体験』を再構築しながら先端の安全性と性能を提供する方法を示している」と述べた。 ▽NexteerのQuiet Wheel(TM)SteeringとStowable Steering Columnについて NexteerのQuiet Wheel(TM)SteeringとStowable Steering Columnはステアバイワイヤを軸とする同社の先端ステアリング技術の包括的スイートの一環である。ステアバイワイヤによって、アルゴリズム、エレクトロニクス、アクチュエーターが車輪とハンドル間の機械的ステアリングコネクションに取って代わることで、Quiet Wheel(TM)SteeringとStowable Steering Columnのような先端の安全性と快適性を実現する。 Quiet Wheel(TM)Steeringは自動運転モードで車両が方向転換中でも、ステアリングホイールの静止を可能にする。Quiet Wheel(TM)Steeringは手放し運転中に運転者の前で急回転するステアリングホイールの潜在的な注意散漫や危険を除外し、安全性と車内のやすらぎを高める。 Quiet Wheel(TM)Steeringを装備した車両は自動運転中にダッシュボードに引っ込むStowable Steering Columnを装着することが可能で、ドライバーの快適性とその他の活動に使えるスペースを増大する。 こうした革新的なステアリング技術などによって、Nexteerは安全性と性能の新時代を実現する直感的モーションコントロールによって、モビリティーの未来を強化している。 ▽Automotive Innovation Technology Awardについて 年次イベントであるAutomotive Innovation Technology Awardは大手業界メディア、自動車産業が国内外でトップの研究機関と協力して開催されている。その目的は業界の技術的発展を促進して多大な貢献をした自動車イノベーション技術を評価することである。 ▽NEXTEERについて 直感的モーションコントロールの世界的リーダーであるNexteer Automotive(HK 1316)は数十億ドル規模の世界的なステアリングおよびドライブライン企業であり、電動・油圧式パワーステアリングシステム、ステアリングコラム、ドライブラインシステム、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転技術を相手先ブランドによる製造業者(OEM)に供給している。同社は北米、南米、欧州、アジア、アフリカに28の製造工場、3つの技術センター、14の顧客サービスセンターを戦略的に配置している。同社はBMW、フィアット・クライスラー、フォード、GM、PSAグループ、トヨタ自動車、フォルクスワーゲン、ならびにインドと中国の自動車メーカーを含む世界のあらゆる主要地域の60以上の顧客に納品している。www.nexteer.com ソース:Nexteer Automotive
  • UNDONE × バットマン生誕80周年コレクション:バットマンよ、永久にー。
    【プレスリリース - 12月5日から配信】 1939年に登場して以降、常に進化し愛され続けてきたバットマン。 The UNDONE x BATMAN 80th Anniversary Collection pays homage to perhaps two of the most definitive eras in Batman’s evolution; The Caped Crusader and The Dark Knight.   腕時計カスタマイズブランド UNDONE(アンダーン)は、バットマン生誕80周年という特別な機会を記念し「UNDONE×バットマン生誕80周年コレクション」を、2019年12月5日(木)に発売いたします。 UNDONEとしては初となるチタンモデルを採用し、ゴッサム・シティを守ってきたバットマンの歴史と、彼が持つ2つのアイデンティティを、2種類のモデルで表現しました。 「The Caped Crusader」モデル 高い強度を誇るチタンをケース素材として初めて採用。クラシカルな形のクッションケースに収められたリューズとプッシャーは軽量かつサビにも強く、マット仕上げが施されたサイド部分がバットモービルの姿を連想させます。「80」の数字を黄色にカラーリングすることで生誕80周年を演出。サブダイヤルには「バットラング」を象った特別な形の針を採用し、蓄光によって盤面のスコープとバットシグナルが暗闇の中で浮かび上がります。 「The Caped Crusader」モデルは、バットマンを愛する全ての人に向けたスペシャルデザインとなっています。 「The Dark Knight」モデル 「The Caped Crusader」モデルと同様に高い強度を誇るチタンを採用。「The Caped Crusader」モデルと異なり、2011年のコミック「NEW 52」に初登場した新たなバットシグナルがサブダイアルに。それが蓄光によって浮かび上がる様子はまさに"闇の騎士(ダークナイト)"です。マットグレーのクッションケースに昼夜で別の顔を持つダイアルは、ブルース・ウェインとバットマンの2面性を表したこだわりのデザインです。 時計全体がモノクロ映画のようなノワール調の雰囲気でまとめられており、そのシックなフォルムから「The Dark Knight」モデルは間違いなく、どのようなシーンにおいてもブルース・ ウェインのように格好良く身に着けられる、普段使いにもオススメできるデザインとなっています。 双方のモデルともにケースバックはガラス仕様となっており、「バットマン生誕80周年特別記念ロゴ」がプリントされています。また、専用のパッケージには、バットマンのエンブレムがデザインされた特別仕様に。どの世代のファンにとっても、共に時を刻む最高のパートナーとなってくれることでしょう。 「UNDONE×バットマン生誕80周年コレクション」は2019年12月5日(木)にリリース予定です。 【To The Hero In Real Life】 UNDONEはこのプロジェクトの売り上げの一部を、病を抱える子どもたちとその家族をサポートするため活動している団体「Hope for Henry Foundation」へ寄付します。このパートナーシップに関する詳細は追って発表致します。 【技術仕様】 「The Caped Crusader / The Dark Knight」両モデルともに、高い強度を誇るチタンをケース素材を初めて採用し、全く新しいフレームデザインとなっています。従来の当社製品(URBANシリーズ)と比べて25%軽く、0.5mm薄くなっています。 (直径:40mm / 高さ:48mm / ラグ幅:20mm) 【希望小売価格】 43,000円(税込) ▼プレスキット・追加資料は以下のリンクを参照▼ https://www.dropbox.com/sh/td7yftkk847s6lr/AACgoUUhSb8_szayfTkayZrca?dl=0 《UNDONEについて》 UNDONE(アンダーン)は世界にひとつのオリジナル時計が作れるカスタマイズウォッチブランドです。2014年に香港で創業し、2017年に日本へ上陸。ブランド名である「UNDONE」は「未完成」を意味し「最後に完成させるのはあなた自身」という思いが込められています。 ベルトや文字盤だけでなく、ケースや針、さらに色や形といったあらゆるパーツを自由に選び組み合わせることで、あなた好みのオリジナルウォッチを作り上げる事が出来ます。デザインバリエーションはまさに無限大。あなただけの腕時計をぜひ。 オフィシャルサイト:https://undone.co.jp/ お問い合わせ先:support@undone.co.jp(UNDONE JAPANサポートセンター) About Warner Bros. Consumer Products Warner Bros. Consumer Products (WBCP), a Warner Bros. Entertainment Company, extends the Studio's powerful portfolio of entertainment brands and franchises into the lives of fans around the world. WBCP partners with best-in-class licensees globally on an award-winning range of toys, fashion, home décor, and publishing inspired by franchises and properties such as DC, the Wizarding   World, Looney Tunes and Hanna-Barbera. The division's successful global themed entertainment business includes groundbreaking experiences such as The Wizarding World of Harry Potter and Warner Bros. World Abu Dhabi. With innovative global licensing and merchandising programs, retail initiatives, promotional partnerships and themed experiences, WBCP is one of the leading licensing and retail merchandising organizations in the world. About DC DC is one of the largest English-language publishers of comics and graphic novels in the world and home to some of the most iconic and recognizable characters ever created. As a creative unit of WarnerMedia, DC is charged with strategically integrating its stories and characters across film, television, consumer products, home entertainment, interactive games and the DC Universe subscription streaming service. For more information visit dccomics.com. About Hope for Henry Hope for Henry is reinventing how hospitals care for seriously ill children and their families through innovative programs that entertain, reduce stress, and empower children to be active participants in their own care. Founded in 2003 and led by social innovator, patient advocate, and author, Laurie Strongin, Hope for Henry has served more than 45,000 of the sickest children in hospitals around the country. (日本語リリース:クライアント提供) Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191125/2648853-1?lang=0Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191125/2648853-1LOGO?lang=0Related Links :https://www.undone.com
  • Xinhua Silk Road:Fblifeが第1回中国・タイ・ラリーレースを開きヒーローカルチャーを促進
    【北京2019年12月5日PR Newswire=共同通信JBN】国内SUVおよびオフロード愛好家のための中国の大手クラブプラットフォームであるFblifeは1日、中国・貴州省の黔南プイ族ミャオ族自治州の興義市で第1回China-Thailand Rally Racing(中国・タイ・ラリーレース、CTRR)を開催した。 Sinocloud Centre Companyおよび北京に本社を置くFblife.comの会長であるチァン・ダイ氏によると、興義で行われた最初のCTRRは、興義の優れた山岳アウトドアスポーツリソースをFblifeのポジティブなヒーローカルチャーと統合することを目的としており、Fblifeが公共の福祉と環境保護への熱意を伝える最新のイベントである。 Sinocloud Centre Companyおよび北京に本社を置くFblife.comの会長であるチァン・ダイ氏はCTRR出発式で、Fblifeは設立以来、自然とアウトドアスポーツを愛し、公共の福祉に熱意を持ち、環境保護、公共の福祉、災害救援に積極的に参加する膨大な数のメンバーを育成してきたと語った。 チァン氏は「Fblifeメンバーは、人生の力を手渡し、大きな情熱を持ってポジティブなヒーローと健康文化を促進している」と語った。 チァン氏によると、Fblifeは四川大地震の救援など、中国であらゆる災害が発生した際に、多くのFblife救助チームを組織した。 Fblifeは、Beijing Ci'ai Charity Foundation(北京慈愛公益基金会、CACF)と共同で、2014年9月に公的基金を立ち上げ、さまざまな形態の文化交流、教育、災害救援、環境保護など、多くの慈善プロジェクトに資金を提供してきた。 CTRRは、全国の20以上の省および都市から50超の車両グループを集め、興義から出発し、中国南西部雲南省のシーサンパンナ・タイ族自治州のモハン港を経由して中国を出て、12月3日にラオスを通過する。それからタイ北部の山岳地帯から南部の沿岸都市まで走行する。約3000キロの全行程は14日間続く。 チァン氏は、CTRRが貴州でクロスカントリーラリー開発の新しい章を開いたと述べ、このクロスカントリーラリーレースがここからASEAN(東南アジア諸国連合)、アフリカ、欧州に至るとの期待を表明した。 オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309712.html を参照。 ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • 根彫り芸術文化フェスティバルが中国・開化県で開幕し、中国文化が「世界に向かう」
    【衢州(中国)2019年12月5日PR Newswire=共同通信JBN】第8回China(Kaihua)Root Carving Art and Culture Festival(中国(開化)根彫り芸術・文化フェスティバル)と第3回「Belt and Road」International Root Carving Cultural Exchange Week(「一帯一路」世界根彫り文化交流ウイーク)が12月2日、中国浙江省の開化県で開催された。このフェスティバルはChinese Arts and Crafts Institute(中国美術工芸インスティテュート)、International Wood Culture Society(国際木文化学会)、開化県人民政府が後援し、根彫り文化の国際交流の舞台構築に尽力して「平和的な協力、開放的で寛容、交互学習、相互利益とウィンウィン」を支持する。 The 8th China (Kaihua) Root Carving Art and Culture Festival and the 3rd "Belt and Road" International Root Carving Cultural Exchange Week 開化根彫りは「中国で最高の根彫り」の名声を誇っている。とりわけイベント会場であるRoot Palace Buddhist Cultural Tourism Zone(根宮仏国文化観光区)は世界で唯一の大規模な根文化のテーマパークであるばかりでなく、伝統工芸を文化観光と一体化した成功例である。近年、開化は根彫り芸術を利用して、「世界に向かう」戦略と「迎え入れる」戦略を組み合わせ、良好な結果を達成している。 交流ウイークを通して中国と外国の根芸術名人が集結し、根芸術文化と伝統的中国文化の継承と発展について討論し、最高の国際水準を持ち、シルクロード、国際的な要素、文化観光の統合に重点を置く芸術の祝典であるこの専門的な文化行事を協力して促進した。スロバキア出身の女性芸術家、ミリアム・バイカ氏も初めて開化を訪れた。バイカ氏はこれまで多くの素材で作品を彫ってきたが、中国の根彫りの美しさに感動したとし、「芸術に国境はない。将来、中国でさらに多くのことを学びたい」と述べた。 Chinese Arts and Crafts Instituteのワン・ジージエ副会長はスピーチで、このイベントを通して根彫り芸術が人々の芸術的共感を呼び起こし、美的能力を強化し、芸術の美が日々の仕事ならびに生活と一体化し、中国の文化産業の繁栄を促進する願いを表明した。 開化は文化交流によってそのブランドの影響力を引き続き拡大し、「世界に向かう」戦略と「迎え入れる」戦略の形式を強化する。この地域は根彫り芸術を発展させ、根彫り文化を広め、ブランドイメージを向上させ、根彫り産業を拡大するだろう。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191204/2660553-1?lang=0 ソース:People's Government of Kaihua County
  • GF Securities(Hong Kong)がION Fidessa Equity Trading Platformを採用
    【香港2019年12月5日PR Newswire=共同通信JBN】 *この有力な中国証券集会業者はION Fidessaソリューションを使用して海外の資本市場クライアントをサポートする 資本市場、商品、資金管理向けのトレーディング、分析、リスク管理ソリューションの世界最大のプロバイダー、ION(ION, )は5日、香港の有力中国証券仲介業者のGF Securities (Hong Kong) Brokerage Limited(GF Securities)が拡大する同社の機関投資家ベースをサポートするためION Fidessa Equity Trading Platformを採用したと発表した。 GF Securitiesは、最高品質の機関投資家向け仲介業務を同社の海外顧客に提供することにコミットしている。ION Fidessa Equity Trading Platformは、高度なプログラム取引、ロータッチワークフロー、アルゴリズム取引、ダイレクトマーケットアクセスを提供する。このプラットフォームによって、GF Securitiesは同社の証券取引を自動化し、それを海外に拡大することができる。 GF Securitiesの機関投資家事業責任者であるリュウ・フェン・コン氏は「当社のクライアントは、海外の資本市場へのより迅速で信頼できるアクセスを求めている。われわれがION Fidessaソリューションを採用したのは、当社が必要とする高度取引ワークフロー、ハイパフォーマンス、信頼性を大規模で実現することを可能にするからである」と語った。 IONのマーケット最高執行責任者(COO)であるドーナル・マコーマック氏は「GF Securitiesが当社のソリューションをコア取引プラットフォームとして選んだことをうれしく思う。われわれは中国の企業が海外での事業展開を拡大する際に同企業をサポートすることにコミットしている。われわれは世界市場展開と地域の専門的な知見を組み合わせることで、取引テクノロジーサービスを香港の仲介企業に提供する有力なプロバイダーなった」と語った。 2019年のION Fidessaに対する賞および表彰には、FOWのEquity Trading System of the Year、Global Investor Asia Capital Markets Awardsなどがある。同社はまた、Intelligent Trading Technology AwardsおよびMarkets Media Markets Choice AwardsでBest Sell-Side OMSにも選ばれた。 ▽GF Securities (Hong Kong) Brokerage Limitedについて2006年創業のGF Securities (Hong Kong) Brokerage LimitedはGF Holdings (Hong Kong) Co., Ltd.が全額出資する子会社であり、国内、国外のクライアントに多様な地域および世界の証券商品およびサービスを提供している。詳細はウェブサイトwww.gfgroup.com.hk を参照。 ▽ION GroupについてIONはミッションクリティカルな取引およびオートメーションソフトウエアソリューションを金融機関、中央銀行、政府、企業に提供する。詳細はウェブサイトwww.iongroup.com を参照。 このリリースの製品および企業名はすべて登録所有者の商標の可能性がある。Related Links :http://www.iongroup.com
  • 「21st DigiCon6 ASIA Awards - Hong Kong」と「21st DigiCon6 ASIA Awards」の授賞式が成功裏に閉幕
    【香港2019年12月5日PR Newswire=共同通信JBN】香港デジタルエンターテインメント協会(Hong Kong Digital Entertainment Association、HKDEA)は株式会社TBSテレビ(TBS)と協力し、香港特別行政区(HKSAR)政府のCreate Hong Kongの後援を受けて2019年11月30日、香港の大館で「21st(第21回)DigiCon6 ASIA Awards – Hong Kong」と「21st DigiCon6 ASIA Awards」の授賞式を主催した。「DigiCon6 Asia Awards」はアジアの栄誉ある年次デジタルコンテンツ・コンペティションである。今年で21年目を迎えた「DigiCon6 ASIA Awards」にとっては、日本以外で初めての開催となる授賞式である。 「21st DigiCon6 ASIA Awards - Hong Kong」と「21st DigiCon6 ASIA Awards」の授賞式が成功裏に閉幕 HKSAR政府の貿易経済発展局次官で法務官のチァン・パク・リ・バーナード博士は「21st DigiCon6 ASIA Awards」の授賞式と関連行事を香港で共同開催することに対し、HKDEAとTBSに感謝の意を表明した。 HKDEAのガブリエル・パン会長は「香港にとって、授賞式を主催することは名誉である。これは香港がアジアにおけるアニメの主要な原動力として評価されていることを証明するものだ」とコメントした。 Digicon6 ASIA本部海外アライアンス(Digicon6 ASIA Headquarters International Alliance)担当の結城崇史氏は「DigiCon6 ASIA Awardのイベントを香港で開催することはTBSとHKDEAにとって10年来の夢だった。HKSAR政府ならびに様々な関係者から力強いサポートを受けて喜んでいる」と付け加えた。 「21st DigiCon6 ASIA Awards」受賞者 Digicon6 ASIA Awards 地域受賞者作品 *Gold–Grand Prize 香港Point Five CreationsAnother world *GoldウズベキスタンShokir HolikovTea *Silver–Asian Perspective中国本土Liu MaoningMe and my magnet and my dead friend *Silver–Splendid Technique香港Spicy Banana CreationsLionverse *Silver–Innovative Art日本副島しのぶ鬼とやなり(House Rattler) *Next GenerationウズベキスタンAskaraliyeva MakhliyoThe Gift *EntertainmentインドネシアPercolate GalacticTerrorvision3000 *Tai Kwun香港Vivi Studio"The So Sad Show" - from Six Paths of Samsara *Marunouchi(三菱地所)シンガポールRaymond Limantara SutisnaBalance *Special MentionイランAmir Houshang MoeinAm I a wolf Asian Master Summit、Gold受賞作品の上映、「21st DigiCon6 ASIA Awards Hong Kong」、「21st DigiCon6 Asia Awards」授賞式は11月28日から30日まで、香港の大館で開催された。 ソース:The Hong Kong Digital Entertainment Association  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191202/2657864-1?lang=0
  • ファーウェイとPCLがCloud Brain IIを構築し、1000 PFLOPS規模でのAIクラスターの新章へと歩みだす
    【深セン(中国)2019年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】 *PCLがHuawei Atlas 900 AIクラスターを選択し、Kunpengコンピューティング業界支援態勢を強める ファーウェイ(Huawei、華為技術)とPeng Cheng Laboratory(PCL)は2019年11月29日、共同でPeng Cheng Cloud Brain II Phase 1をリリースし、1000 petaFLOPS(PFLOPS)規模でのAIクラスターへの旅を正式に開始した。これは、Kunpengコンピューティング業界の科学研究分野における新たなマイルストーンを記すものである。Cloud Brain IIの基盤で動作しているのは、Huawei KunpengおよびAscendプロセッサーで動作するHuawei Atlas 900 AIクラスターである。Atlas 900は、堅ろうなコンピューティングパワーをCloud Brain IIに注ぎ込み、コンピュータービジョン、自然言語、自動運転、スマート輸送、スマートヘルスケアなど、AI分野の基礎研究と探査をサポートする。Peng Cheng Cloud Brainのコンピューティングパワーは現在100 PFLOPSであり、来年には1000 PFLOPS以上に拡張する予定である。 正式開始式でのファーウェイ上級バイスプレジデント兼ファーウェイ・クラウド& AIプロダクト&サービス・プレジデントであるホウ・ジンロン氏(左)とPeng Cheng Labディレクターのガオ・ウエン氏(右) ファーウェイ上級バイスプレジデント兼ファーウェイ・クラウド& AIプロダクト&サービス・プレジデントであるホウ・ジンロン氏は「今年9月、ファーウェイはKunpeng + Ascendデュアルエンジン・コンピューティング戦略を開始した。この戦略に触発され、当社は世界に究極のコンピューティングパワーを提供することにコミットしている。また、世界最速のAIトレーニングクラスターであるAtlas 900もリリースした」と語った。 ホウ氏は「今日、Atlas 900がPeng Cheng Cloud Brain IIプロジェクトに選ばれたことを誇りに思う。それはCloud Brain IIの基礎を築く。Cloud Brain IIは、業界をリードするAI研究プラットフォームである。PCLは多くの学者とAI研究人材を結集してきた。ファーウェイはPCLと共同で、インテリジェントな世界のための最先端の科学研究で先頭に立つ」と付言した。 ホウ氏はまた、「現在、われわれはCloud Brain IIフェーズ1を構築しつつある。私は、共同の取り組みにより、近い将来1000 PFLOPS規模のCloud Brain IIへの道が開かれると信じている。われわれはそれが世界をリードするAI研究プラットフォームになると確信している」と語った。 ファーウェイ・インテリジェントコンピューティング・ビジネスデパートメント・プレジデントであるマイケル・マー氏は「ファーウェイは、AscendプロセッサーをベースにAtlas AIコンピューティングプラットフォームを構築し、モジュール、カード、エッジステーション、AIサーバー、クラスターの幅広いポートフォリオを提供している。当社のすべてのシナリオのAIインフラストラクチャーはクラウドエッジデバイスをカバーし、深層学習のためのフルパイプラインの推論とトレーニングをサポートしている」と語った。 マー氏は「当社主力製品のAtlas製品であるAtlas 900は、世界のAIコンピューティングの最高峰である。Atlas 900とCloud Brain IIの結合は、1000 PFLOPS規模のAIクラスターの新しい章に乗り出し、優れたコンピューティングパワーを解き放ち、業界全体でより迅速でインテリジェントな変革を推進する」と語った。 Atlas 900を紹介するファーウェイ・インテリジェントコンピューティング・ビジネスデパートメント・プレジデントであるマイケル・マー氏 Peng Cheng Cloud Brainは、AIの分野における重要なテクノロジー施設である。それはAIテクノロジーの最前線を探求するための基本的な研究プラットフォームである。現在、AIは100 PFLOPSのAIコンピューティングパワーを誇り、来年のCloud Brain IIプロジェクトで1000 PFLOPS規模に達すると見込まれている。 Cloud Brain IIは、PCLとファーウェイにより共同で構築されている。Huawei KunpengおよびAscendプロセッサーで実行されるAtlas 900 AIクラスターは、優れたコンピューティングパワーを提供する。PCLは、1000 PFLOPSでのCloud Brainテクノロジーを開発している。 Atlas 900 AIクラスターは、10年以上にわたるファーウェイの技術ノウハウを継承してきた。数千のAscend 910 AIプロセッサーで構成されるAtlas 900は、ResNet画像分類モデルのトレーニングを59.8秒で完了する。これは、これまでの同じ精度での世界記録よりも10秒速い。Atlas 900の強力なコンピューティング能力は、天文探査、天気予報、自動運転、石油探査などの科学研究と技術革新に変化をもたらしている。Atlas 900のハイライトは以下の通り: *強力なコンピューティング:数千のAscend 910 AIプロセッサーを統合したAtlas 900は半分の精度(FP16)で256 - 1024 PFLOPSをもたらす。これはパソコン50万台のコンピューティングパワーに等しい。SoC設計は、AIコンピューティング、汎用コンピューティング、およびI/O機能を統合して、トレーニングの効率を効果的に向上させる。 *高速クラスターネットワーク:Huawei Cache Coherence System (HCCS)、PCIe 4.0、100G RoCEの3つのタイプの高速ネットワークインターフェースをサポートして、グラディエント同期レイテンシーを10%から70%削減し、モデルトレーニングの効率性を飛躍的に高める。革新的なiLosslessインテリジェントスイッチングアルゴリズムを活用して、ネットワーク全体のトラフィックのリアルタイム学習とトレーニングを実現し、パケット損失ゼロとマイクロ秒のエンドツーエンド・レイテンシーを達成する。 *究極の放熱:Atlas 900は、キャビネットレベルの断熱システムを使用して、95%を超える液体冷却率と1.1未満のシステム電力使用効率(PUE)を実現する(理想的なPUEは1.0)。 これまでファーウェイは、Ascend 910および310 AIプロセッサーをベースとしてAtlas 900 AIクラスター、Atlas 800 AIサーバー、Atlas 500 AIエッジステーション、Atlas 300 AIアクセラレーターカード、およびAtlas 200 AIアクセラレータモジュールを発売してきた。この全体的なAtlasポートフォリオは、クラウドエッジデバイス全体のすべてのシナリオでトレーニングと推論のための強力なコンピューティングを提供する。 今後、ファーウェイはKunpengコンピューティング業界向けのプロセッサー、オペレーティングシステム、データベースなどのインフラストラクチャーへの投資とイノベーションの強化を継続し、Peng Cheng Cloud BrainにAIコンピューティングを提供し、AIテクノロジーをより広い範囲のアプリケーションでより速く実現していく。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191203/2659308-1-a?lang=0Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191203/2659308-1-b?lang=0
  • AntWorksのAI業界への影響力は2019年も引き続き増勢、ANTstein SQUAREの発売が拍車
    【シンガポール2019年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】 *2019年は、製品の革新、オフィスの拡張、そして業界初の年となった フラクタル科学を活用した人工知能とインテリジェントオートメーションソリューションのグローバルプロバイダー、AntWorks(TM)にとって、今年は節目の年となった。中でも注目すべきは、AntWorksが、企業がエンドツーエンドのビジネスプロセスを迅速、簡単かつ拡張可能な方法で自動化できるようにするフルスタック統合自動化プラットフォーム(IAP)、ANTstein(TM)SQUARE(https://www.ant.works/ )の機能拡張版を新たに発表したことである。成長を支え、加速するため、AntWorksは地理的フットプリントとグローバルな人員を大幅に増やし、最先端かつ業界を破壊するテクノロジーで広く認知された。 AntWorksの共同創業者兼グループ最高経営責任者(CEO)であるアシーシュ・メーラ氏は「今年は、AntWorksにとって記録と初物づくしの年だった。当社は4年前、最初で唯一の本物のIAPをあらゆるセクターの機敏かつ先進的な企業に提供することで、AI業界を破壊するという野心的な目標を掲げてスタートした。今や、当社は常に身の丈以上の相手と戦っており、業界歴が遥かに長い競合他社のベンチマークにされている。当社は2019年、主要市場でグローバルプレゼンスを拡大し、戦略的パートナーシップを広げ、包括的かつ協調的なカルチャーを育み続け、同部門で最も革新的な製品を発表した。当社は常に、クライアントとAntWorks従業員に最大価値をもたらしつつ、AIに倫理的力を発揮させるというミッションによって方向づけられている。AntWorks共同体が成し遂げてきた全てを、この上なく誇りに思っている」と語った。 グローバル展開と人材獲得: 拡大する顧客基盤に対応するため、AntWorksはオーストラリア、カナダ、ドバイ、フランス、インド(ベンガルール、チェンナイ、ムンバイ)、日本、フィリピン、シンガポール、英国、米国で過去12カ月間にグローバルプレゼンスを高めてきた。AntWorksは現在、500人以上の共同体を擁しており、2018年からその数はほぼ3倍になり、主要な戦略的成長分野に人材を投入している。AntWorksはオンラインチャネルでの影響力も拡大、ソーシャルメディアプラットフォーム全体で4万人以上のフォロワーのいるコミュニティーは拡大を続けている。 継続的な製品イノベーション: AntWorksは5月、業界初のIAP、ANTstein SQUAREを発売した。このユニークなマルチテナンシーソリューションは、ボットの最大限の活用を可能にし、あらゆるタイプのデータを理解して、データのキュレーションと、AI対応デジタル労働力の構築、展開、管理のためのワンストップソリューションを顧客に提供する。 JVとパートナーの拡大: AntWorksは、SBIネオファイナンシャルサービシーズとの合弁事業という素晴らしいマイルストーンを達成、日本にSBI Antworks Asiaを設立して東アジアや東南アジア市場にインテリジェントオートメーションソリューションを提供している。さらに、湾岸協力会議(GCC)地域でのAIの早期採用を可能にするため、AntWorksは近頃、SEED Groupとの提携を発表した。 受賞: *共同創業者兼グループCEOのアシーシュ・メーラ氏が2019 Innovator of the Yearに選出-Singapore Business Review Management Excellence Awards(シンガポールビジネスレビュー・マネジメントエクセレンスアワード)のテクノロジー賞(https://sbr.com.sg/co-written-partner/more-news/antworks-garners-innovator-year-technology-sbr-management-excellence-aw )。同賞は、その優れたイニシアチブがビジネスに具体的な貢献と成功をもたらした先駆的イノベーターを表彰するものである。 *AntWorksは、フロスト&サリバンのIntelligent Automation Software Technology Innovation Award(インテリジェントオートメーション・ソフトウエア技術イノベーション賞)(https://www.ant.works/fs-ia-award )を受賞した。同調査会社は、AntWorksのインテリジェントオートメーションソフトウエアは文書のデータを簡単かつ迅速に処理できるようにすると説明。AntWorksが非構造化データを分析できる認知機械読解を使用していることに感心したとして、ANTsteinには比較的小さいデータセットで同エンジンを教え込む能力があると指摘。非技術系ユーザーでも、AntWorksを使用してエンドツーエンドのビジネスプロセスを自動化できると付言した。 *AntWorksは451 Research-Firestarter award(https://451research.com/451-research-announces-q2-2019-451-firestarter-awardees )も受賞。同賞は、その卓越した革新性と市場ビジョンに対して贈られる。451 Researchは同賞を発表する際、AntWorksのフルスタックプラットフォームを他のサプライヤーのポイントソリューションと比較、ANTsteinはその差別化されたアプローチにより、競合他社のソリューションより幅広い問題に対処できることを確認した。 *The Hackett Group Digital Awards(https://www.thehackettgroup.com/news/the-hackett-group-names-bayer-and-ibm-2019-digital-award-winners/ )のファイナリストとして、AntWorksはそのクライアントであるIndecomm Global Servicesと共に、住宅ローン処理を再定義したと認められた。 *AntWorksは、アドビ(Adobe)が贈るL&D World Awards(https://www.lndworld.com/ )の受賞者にも選ばれた。学習におけるテクノロジーの最適な使用が認められた。 業界の認識: *AntWorksはNelsonHallのIntelligent Automation Platforms NEAT Research(https://www.ant.works/NH-IAP-NEAT )でリーダーにランクされ、AntWorksの技術は「最先端」で、認知自動化で最も「魅力ある競争相手」の1つと評価された。 *Everest Groupは、AntWorksをIntelligent Document Processing(IDP)PEAK Matrix(https://www.newswire.ca/news-releases/everest-group-names-antworks-tm-as-a-leader-in-intelligent-document-processing-idp-peak-matrix-tm-assessment-2019-848590265.html )のリーダーと認め、AntWorksをRPA製品PEAK Matrixの主要な競争相手でスターパフォーマーだと呼んだ(https://www.ant.works/Intelligent-data-processing-peakmatrix )。 *IDC(注1)(http://www.ant.works/Bringing-cognitive-machine )とOvum(https://www.ant.works/Ovum-on-the-radar )は、組織がエンドツーエンド自動化の恩恵を受けられるようにするデータ主導のアプローチに注目し、AntWorksの差別化を紹介した。 *AvasantのIntelligent Automation Tools RadarView(https://avasant.com/ia-tools-2019/#download )は、インテリジェントオートメーションへのデータ中心のアプローチにより、AntWorksをイノベーターと認定した。 *AntWorksはRPAのConstellation ShortList(TM)(https://www.linkedin.com/posts/antworksglobal_rpa-integratedautomationplatform-iap-activity-6572462753729077248-byXi )で3回連続で言及された。 *AntWorksは、Gartner Peer Insights(注2)の独立系バイヤーのフィードバックが付けた2019年10月30日時点の36の評価に基づき、Robotic Process Automation Softwareで5ポイント中4.7ポイントの総合評価を得た(https://www.gartner.com/reviews/market/robotic-process-automation-software/vendor/antworks/product/antstein )。 AntWorksの2019年の成功について、HFS Researchのフィル・ファーシュト創業者兼CEO(https://www.horsesforsources.com/antworks_030619 )は「AntWorksは、フルスタックを採用する企業に統合インテリジェントオートメーション化の道を提供している。大規模な資金調達をもう1回行えば、その影響力は現実のものになるだろう」とコメントした。 (注1)IDC Market Note: AntWorks Bringing Cognitive Machine Reading to the Intelligent Automation Party, Pushkaraksh Shanbhag, Mar 2019 Doc #AP44907219 (注2)Gartner Peer Insightsのレビューは、個々のエンドユーザーの経験に基づく主観的な意見であり、Gartnerまたはその関連会社の見解を表すものではない。 ▽AntWorksについて AntWorks(TM)は、デジタル化、自動化、エンタープライズインテリジェンスを通じてデータに新たな可能性をもたらす、人工知能とインテリジェントオートメーションのグローバル企業である。フラクタル科学の原理とあらゆるデータタイプを理解するパターン認識を搭載した世界初で唯一の統合オートメーションプラットフォーム(IAP)であるANTstein(TM)SQUAREは、様々な業界のあらゆる情報をデジタル化する。複雑なビジネスプロセスをエンドツーエンドで自動化することで企業を強化するには、www.ant.works を参照。 Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190814/2551620-1LOGO?lang=0 Related Links :https://www.ant.works/
  • TIENSグループがニューヨーク・タイムズスクエアのNASDAQスクリーンに登場
    【天津(中国)2019年12月4日 PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードするヘルスケア企業の1つであるTIENSグループが2019年11月18日、ニューヨークのタイムズスクエアにあるNASDAQ(ナスダック)スクリーンに登場し、中国企業の魅力を世界に示した。 TIENSグループがニューヨーク・タイムズスクエアのNASDAQスクリーンに登場 タイムズスクエアはマンハッタンの世界で最も人気のある場所の1つで、「世界の交差点」として知られている。大きな注目を集めるNASDAQスクリーンは「世界でナンバーワンのスクリーン」として有名である。P&Gやアボットといった多くの有名ブランドもNASDAQスクリーンを利用して優位性やイメージを世界に伝えている。今回、TIENSグループも同社のブランド使命とイメージを世界に示すために同じことを行った。 1995年に創立したTIENSグループは2020年に25周年を迎える。李金元会長のリーダーシップの下、TIENSグループは医療・ヘルスケア産業に立脚した固有のグローバルな事業プラットフォームを構築した。190カ国超に及んで事業を展開するTIENSグループは、優れた栄養製品、世界をリードするヘルスケア管理とサービス、最先端の生命科学技術と高品質な製品を提供することにより、全世界の約4000万の家庭に良質の生活をもたらし、世界中の消費者から幅広い称賛を勝ち得ている。 近年、TIENSグループは世界的な事業開発への投資とブランド活性化の願望から、海外リテール事業のアップグレードを開始した。同ブランドは元からの事業優位性も維持している。新しい「TIENS Experience Stores(TIENS体験ストア)」がロシア、カザフスタン、日本など世界中で開店している。このストアはインタラクティブなディスプレーや未来的テクノロジーを備えた最先端のショッピング体験を創出し、幅広い年齢層の消費者ニーズに応えている。 TIENSグループは今後も「Global Great-Health Development(優良な健康をグローバルに開発)」戦略を実施し、世界的な存在感を拡大し、その企業使命である「人々の健康で成功した生活を支援することで社会に奉仕する」ことを促進する。 ソース:TIENS Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191204/2660567-1?lang=0
  • ロッテアライリゾートで2019-2020年スキーシーズン開幕
    【ソウル(韓国)2019年12月4日PR Newswire】 素晴しい日本の雪山でプライベートスキースロープ! 今年のスキーシーズンにどこへ行くか決めていない日本のスキーヤーにとって、ロッテアライリゾートはスキーヤーの天国だ。 ロッテアライリゾート ロッテホテル&リゾート(LOTTE HOTELS & RESORTS)が運営するロッテアライリゾート(LOTTE Arai Resort)は2019-2020年のスキーシーズンを2019年12月14日に開幕する。新潟県妙高市で2017年12月にオープン以来、ロッテアライリゾートは3年連続で、国際スキー連盟(FIS)の FIS Cup 2020(2020年FISカップ)、Freeride World Qualifier(FWQ)(フリーライドワールド(ツアー)出場者決定戦)、Snowboard Masters(SBM)(スノーボードマスターズ)を開催した。アライリゾートは「日本の最高スキーリゾート」を含め2019 Ski Asia Awards(2019年スキーアジア賞)の4つの部門でトップにランクインした。昨シーズンは5万人以上のスキーヤーがアライリゾートを訪れ、アジアの高級アドベンチャーリゾートであることを証明した。 Ski-In, Ski-Out Resort(スキーイン、スキーアウトリゾート)のおかげで、訪問客は簡単にホテルとスキースロープの間を移動できる。アライリゾートは1,570万㎡以上のスキー場を保有する。最長のスキースロープは5.2kmの長さだ。アライリゾートの15のコースは難易度の異なるコースを提供するよう設計され、初心者とプロの双方がスキーを楽しむことができる。またアライリゾートはバック・カントリー・スキーも楽しめる素晴らしい場所であり、山の80%は手付かずの雪で覆われている。またアライリゾートは英語でのスノースポーツ教室を運営する。オーストラリア国家代表出身の講師が務めるこのスノースポーツ教室は、すでにスキーアジアから「日本最高のスノースポーツスクール」としてその優秀性を認められている。 アライリゾートの星空温泉は静かな休息のパラダイスを提供する。温泉水は1,570万㎡の地から引かれる。今シーズンに新規オープンする「SPA MANNA」は、リゾートに囲まれた自然の癒しを十二分に活かし、森林浴、ヨガ、ピラテスなどを組み合わせたヒーリングプログラムを提供する予定だ。 3回目のスキーシーズン開幕を記念して、2019年12月21日から2020年3月15日までSki Mania package(スキーマニアパッケージ)が特別に提供される。このパッケージは1泊滞在に大人用スキーリフト1日券と星空温泉の無料利用が含まれる。1人2万4000円(税別)で提供。 *予約はロッテアライリゾート(https://www.lottehotel.com/arai-resort/ja.html )へ。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191129/2656960-1?lang=0 (日本語リリース:クライアント提供)Related Links :http://www.lottehotel.com
  • MQDC、タイ国政府観光庁、RSTAがまばゆいほどの「ビューティフル・バンコク2020」年末豪華ショーを共催
    【バンコク2019年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】 *より華やかな3年目のイベントは新たなシティーセンター・カウントダウン・デスティネーションを創出へ *ラチャプラソンのトップ・ランドマークの1つであるマグノリアス・ラチャダムリ・ブールバード上の素晴らしい光と音の豪華ショーはバンコクのスカイラインをライトアップし、祝祭シーズンを祝賀する タイの大手不動産開発企業であるMagnolia Quality Development Corporation Limited(MQDC)、タイ国政府観光庁(TAT)、およびラチャプラソン地区商業協会(RSTA)は3日、「Beautiful Bangkok 2020: A Blossom of Happiness(ビューティフル・バンコク2020:幸福の花)」を共催すると発表した。まばゆいほどの光と音の豪華ショーはランドマークのマグノリアス・ラチャダムリ・ブールバードの塔を素晴らしいアトラクションに変え、ホリデーシーズン中のバンコクのスカイラインをライトアップし、新年のカウントダウンディスプレーでクライマックスに達する。 タイ国政府観光庁とRSTAにMQDCが加わり、「ビューティフル・バンコク2020」年末豪華ショーを共催 この毎年恒例の「Beautiful Bangkok」ディスプレーは3年目となる。今年は、マグノリアス・ラチャダムリ・ブールバード前広場でさまざまなアクティビティーが行われる「Wonder Flower Land(ワンダーフラワーランド)」でイベントが拡大した。 「Beautiful Bangkok 2020: A Blossom of Happiness」の幕開けは2019年12月16日月曜日午後6時から午後9時の間に行われる。マグノリアス・ラチャダムリ・ブールバード前広場でのアクティビティーは2019年12月17日から31日まで、午後6時から午後11時まで一般公開される。 このイベントの目的は、ラチャプラソンでのホリデーシーズンをタイ人だけでなく海外からの観光客向けに充実させ、バンコクをエキサイティングなデスティネーションとして強化し、世界中の人々の心をつかむことである。 Magnolia Quality Development Corporation Limited(MQDC)のビシット・マレシリラト最高経営責任者(CEO)は「Beautiful Bangkok 2020は、すべての人々に幸福と友好を広め、バンコクとタイの観光産業を強化するように工夫されている。今年のイベントをこれまで以上に大規模で壮大なものにするために多額の投資を行っており、マグノリアス・ラチャダムリ・ブールバード前広場に『Wonder Flower Land(ワンダーフラワーランド)』を創出している」と語った。 「高度なAI技術と日本からの非常に創造的なチームにより、センセーショナルな光と音のショーをデザインして実行することができた。マグノリアス・ラチャダムリ・ブールバードに画像を投影する。このマグノリアス・ラチャダムリ・ブールバードは、60階建ての超高級住宅コンプレックスと、マグノリアの花びらに触発された独特のデザインの印象的なラチャプラソンのランドマークである」 このイベントのハイライトには、個々の観客のハートビートに合わせてライトショーをパーソナライズするインタラクティブ機能もある。 MQDCは、ラチャダムリ、ラマ4世、およびサイアムスクエアに沿って運行する「Beautiful Bangkok Free Shuttle(美しいバンコク無料シャトル)」サービスを組織し、祝祭シーズンを通してさらなる利便性を提供する。 写真コンテストでは、「Beautiful Bangkok 2020:A Blossom of Happiness」の最高の画像を選び出す。総合優勝者にはライカカメラが贈られる。他の入賞者の画像は、TATにより観光を促進するためのポストカードとして複製される。TATとMQDCが、構図、美しさ、エネルギー、創造性の観点から受賞作品を選定する。 タイ国政府観光庁のユササク・スパソーン長官は「バンコクとタイは、ライフスタイルや興味に関わりなく、あらゆるタイプの観光客にアピールする多様な観光名所のため、世界的に好まれているデスティネーションである。『Beautiful Bangkok 2020:A Blossom of Happiness』は、街の魅力をさらに高める普遍的な魅力と視覚的な豊かさを備えたもう1つの主要なイベントである」と語った。 RSTAのチャイ・スリビコーン会長は「ラチャプラソン広場は重要なシティーセンター観光、ビジネス、商業地区であり、毎日60万人以上が訪れ、ハイシーズンには90万人に増大する。これまでの2回のBeautiful Bangkokイベントは、タイ人と外国人訪問者にとって大きな魅力だった。この地域のビジネスオーナーは、すべての人々を喜ばせ、楽しませて、地域トップのショッピングおよびライフスタイルのデスティネーションであるラチャプラソンの地位を強化するための共同の取り組みで幅広い活動を準備してきた」と語った。 Beautiful Bangkok 2020: A Blossom of Happinessの開演時間および写真コンテスト規約については、www.mqdc.com ないしhttps://www.facebook.com/mqdcforallwellbeing/ を参照。 Magnolia Quality Development Corporation Limited(MQDC)は、Magnolias、Whizdom、The Aspen Tree、Mulberry Grove、The Forestiasなどのブランドのプレミアム国際標準に合わせて、住宅、複合用途、および「テーマ」プロジェクトを開発、投資、運営している。同社は「すべての人々の幸福のために」のコンセプトの下で経営されており、持続可能性と社会的責任に対する強いコミットメントを有している。詳細な情報はwww.mqdc.com を参照。 タイ国政府観光庁(TAT)は持続可能な方法でタイを好ましいデスティネーションにするべく取り組んでおり、すべてのステークホルダーがタイの観光業を促進する方向を設定する道を先導する。持続可能な方法でタイを好ましいデスティネーションにすることは、タイを観光客に選ばれる世界のトップのデスティネーションの1つにし、経済的、社会的、環境的責任のバランスをとるプラクティスを促進することを意味している。TATは、タイの観光サービスの魅力を紹介し、観光バリューチェーンにおける持続可能な収入分配を促進するマーケティングおよび広報活動を実施している。 ラチャプラソン地区商業協会(RSTA)はチャイ・スリビコーン現会長が率いるラチャプラソン広場地区のビジネスオーナーの団体である。同協会は、世界有数のビジネス、ショッピング、観光地の1つとして、ラチャプラソン広場エリアを強化することを目指している。広さは102万平方メートルで、ラチャプラソン広場エリアの23棟の建物を結ぶ高架式ラチャプラソンウォークでつながっており、1キロ以上の距離をカバーしている。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191203/2659172-1?lang=0 ソース:Magnolia Quality Development Corporation Limited (MQDC) 画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352722
  • Xinhua Silk Road:ハイアールがスマート家電をパキスタンの消費者に提供
    【北京2019年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】中国家電の巨人・ハイアールは11月16日、ラホール中心街の同社スマート家電店舗で無料のオンサイト(現地)サービスキャンペーンを開始した。この店舗を当日に訪れた顧客には、ハイアールのオンサイトサービスが無料で提供された。 4月に事業を開始した230平方メートルのHaier Smart Homeは、パキスタンで同社が設立したその種の施設では初めてのものである。高級スマート家電を展示するほか、店舗ではスマートキッチンやスマートリビングルームといったインタラクティブな形態も展示している。 Haier Smart Homeのマネジャー、アブドル・ワヒド氏によると、ハイアールはSmart Homeを設立することで、人と機械の相互交流を通してパキスタンの顧客の生活をよりスマートに、より良くすることを目指している。 Haier Pakistan(Pvt)Limited(Haier Pakistan)はスマート家電事業に向けた変革を2018年に開始した。同社ディレクターのシャー・ファイサル・アフリディ氏は、現在までに同社がスマートエアコン、スマートテレビといったスマート製品を発売し、パキスタンの家電市場で30%のシェアを占めてブランディングならびに製品で大きな実績があると述べた。 Haier Pakistanのマーケティング業務責任者、チョウ・ジエンイン氏によると、Haier Pakistanは2020年に4つのHaier Smart Homesを現地に設立し、300のハイアール・スマートサービスセンターをアップグレードして、顧客にさらに進んだ固有のスマートな体験を提供する。 ハイアールはパキスタン市場に参入した最初の中国家電ブランドの1つで、2001年にはパキスタンで初の工場を設立した。ハイアールは長年にわたってパキスタンで5億米ドルの投資を行い、1000万ユニットの製品を製造・販売し、現地の人々に毎年1万以上の仕事を創出している。アフリディ氏は、パキスタンの家電市場でハイアールはナンバーワンのブランドに成長したと述べた。 アフリディ氏は、Haier Pakistanは事業の成功以上のことを探求し、パキスタンの家電産業をアップグレードし、発展させる取り組みを推進していると付け加えた。例えばハイアールは現地産業の全体的な管理レベルの向上に役立つ管理方法を導入しながら、パキスタンの家電産業で環境に優しい技術の採用を促進している。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309715.html   ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • 水素モビリティーに関する国際展示会・会議H2 Mobility+ Energy Show 2020が韓国で来年3月開催へ
    展示会は2020年3月18日水曜日から2020年3月20日金曜日まで京畿道高陽市にあるKINTEXで開催 韓国に水素産業インフラを確立し、世界に貢献する方法を模索へ 【ソウル(韓国)2019年12月4日PR Newswire=共同通信JBN】 H2 Mobility+ Energy Show Organizing Committee(H2 Mobility+エネルギーショー組織委員会)が、同組織委員会会長でKAMA (Korea Automobile Manufacturers Association、韓国自動車製造業者協会)会長であるマーンキ・チョン氏の指揮の下で、H2 Mobility + Energy Show 2020を2020年3月18日水曜日から2020年3月20日金曜日まで京畿道高陽市にあるKINTEXで開催する。 H2 Mobility+ Energy Showキービジュアル H2 Mobility+ Energy Show 2020は韓国の水素産業にとり最大の展示会兼会議であり、KAMA(隔年のSeoul Motor Showも主催)、H2KOREA(韓国の水素産業を管理・推進する)、Hydrogen Energy Network(HyNet、水素補給ステーション建設のために組織された特別目的会社(SPC))により共催される。 このイベントのスポンサーは、貿易省、産業エネルギー省、国土交通省、環境省、科学技術情報通信省、中小ベンチャー企業省、外務省、National Assembly Hydrogen Economy Forumとなる。 このイベントの目標は、韓国の潜在的成長エンジンとしての水素産業の基盤を準備し、ひいては韓国がこの分野で世界的に貢献できるようにすることである。KOTRA(韓国貿易投資振興庁)の積極的支援により、多くの海外バイヤーが招待され、B2Bカウンセリングセッションが準備される。 韓国最大の完成車企業、Hyundai Motor Group(現代自動車グループ)はこのイベントに参加し、伝えられるところによれば、同社は水素乗用車(NEXO)、新しいバス路線、新しいトラックなどの新しい多様な技術を紹介する準備を行ってきた。またHyundaiは、Hyundai Mobisの燃料電池技術と、Hyundai Rotemが製造する水素トラムを紹介する予定である。 また、韓国電力公社(KEPCO)や韓国ガス公社(KOGAS)などのエネルギー企業、京畿道、安山市、平沢市、華城市などの行政機関も参加する。これらの地方自治体は、水素に優しい都市になるための準備を進めており、水素バスの拡大、水素補給ステーションの設置、水素燃料電池発電所の建設などの取り組みを促進するための政策を導入する。また、米国、英国、カナダ、オーストラリア、中国の海外企業の参加も予定されている。 マーンキ・チョン組織委員会会長は「韓国最大の水素産業展示会として、水素産業の最先端、新製品、新技術に関する情報が提供される。われわれは、最新の製品とテクノロジーが脚光を浴び、企業が集まり、世界中のカウンターパートの間で自社および潜在的なビジネスのプロモーションを行うことができるマーケティングの機会を提供するよう努める」と語った。 詳細な情報はhttp://www.h2mobility.kr/html/en/main.php を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656430-1?lang=0 ソース:The H2 Mobility+ Energy Show Organizing Committee
  • Next Story GroupがInk Hotelsブランドを開業
    【メルボルン2019年12月3日PR Newswire】 *Ink Hotel Melbourne Southbankはメルボルンで新たな体験とつながりを探索するようゲストをいざなう 国際的なホスピタリティー企業のNext Story GroupがInk Hotel Melbourne Southbankを開業し、同社のブランドポートフォリオにInk Hotelsを加えた。メルボルンのホットなウオーターフロント拠点の中心地にある167 City Roadにある最近取得された新築ホテルは、新たなInk Hotelsブランドの折り紙付きである。同ブランドは2021年のシンガポールでの第2のホテル開業に向けて順調に進んでいる。 Next Hotels & Resortsのダレン・エドモンストーン最高経営責任者(CEO)は「Ink HotelsはZ世代のマインドセットを持つ旅行者に共感する抗しがたいほど魅力的なブランドである。Next Story Groupのブランドポートフォリオを強化する素晴らしい追加であり、当社の拡大計画を強く推進するだろう。当社の差別化されたブランドポートフォリオは、適切なロケーションに適切なブランドを配し、当社が強力な戦略的成長の推進を続けているオーストラリアと東南アジアを含む重要な市場で重要なセグメントを獲得することを可能にする」と述べた。 Ink Hotelsブランドは、枠にとらわれず、異なる方法を取ることで人生をより良いものにすることができると信じている。Ink Hotelsは、滞在し地元の人々や旅行者と時間を過ごすための活気に満ち、遊び心のある快適な場所である。それらは、新たな体験で成長する好奇心旺盛でデジタル世界に生きる探索者らの新たな一団をもてなし、接続し、刺激するようデザインされている。環境と社会に配慮するInkブランドは包摂的な共用エリアの周りに構築された型破りなデザインを重視する。そのサービスの雰囲気は個性豊かで、熱心なホストのチームにより提供される。Inkは本物の価値を提供し、本当に重要な事柄についてゲストは卓越した品質を期待することができる。 Ink Hotelsブランドの特徴は: *ゲストがリラックスし、飲食し、働き、仲間の旅行者と時間を過ごすための社交的な公共スペースであるUrban Commons *リラックスしたサービスとデザインでゲストをくつろがせるSuper Comfy Vibes *ゲストにとって最も重要な事柄について良心的な価格と優れた品質を提供するValue Where It Counts *われわれが個性とスタイルが豊かで、異なる方法を取っていることを証明するFunked-up Eccentrics Ink Hotel Melbourne Southbankは15階建て162室のホテルで、サウスバンク地区に理想的に位置する。年間を通して社会的、スポーツアートおよび文化イベントのスケジュールを提供するメルボルン市とつながり、楽しむ機会をゲストに提供する。メルボルンの中心商業地区(CBD)に近く、Melbourne Convention Centreやサウスバンクのレストラン、アートギャラリー、エンターテインメントとスポーツの会場も徒歩圏内にある。 ホテルの呼び物は、面白く遊び心のあるデザインで、ゲストにInstagram向けの瞬間を多数創出する。目を引くロビーのアート作品はBlender Studioの制作によるもので、色彩豊かでファンキーな壁画を披露する。この壁画を背景に、包摂的でカジュアルな社交スペースがあり、ゲストはここに来てくつろぎ、働き、仲間の旅行者や地元の人々とつながることができる。ゲストルームの壁は、ニューヨークを拠点とするオーストラリア人アーティストのブロルガ氏のデザインとカスタマイズによるアートで装飾されている。 Ink Hotel Melbourne Southbankはそのゲストと同様、環境と社会に配慮している。ゲスト向けのアメニティーに持続可能なアプローチを取っている。オーストラリア製のMetisのバスルーム・アメニティーには補充可能なポンプ式ボトルが含まれ、使い切りのトイレタリ―製品の必要を排除している。公共スペースにある炭酸水と普通の水のディスペンサーで、ゲストは出発時に再利用可能なボトルに水を補充することができ、プラスチックボトルの使用を削減する。同ホテルはStreatコーヒーを提供し、コーヒー1杯1杯の売上げは、恵まれない若者を支援するStreatが組織する訓練と教育のプログラムに充てられる。 ゲストがメルボルン内で、またメルボルンとの有意義なつながりを持つことを確かなものとするため、ホテルの熱心で親しみやすいホストが常に身近に控え、彼らの体験とお薦めを共有する。ホテルに滞在しながら、ゲストは美味しい食事、素晴らしいビクトリアワインおよびビール、カクテルをホテルのKitchen & Barで楽しむことができる。Grab & Goのスナックのセレクションは1日24時間・週7日利用可能である。 Ink Hotel Melbourne Southbankの開業を祝い、2020年6月30日までの滞在を現在から2020年1月31日までに予約したゲストには、オープニング特別レートである119豪ドル(84米ドル)からのレートが適用される。www.inkhotels.com  から直接予約が可能。 ▽Next Story Groupについて Next Story Groupは、接続し有意義なつながりを刺激するスペースを創出、変換し、特徴的で抗しがたい魅力を持つホスピタリティーとライフスタイルのブランドの差別化されたポートフォリオを提供する。Groupは20のホテルとリゾートを所有、運営、フランチャイズし、Next、Sage、Inkなどのブランドを擁する。またメンバーが滞在し、働き、学び、つながるための優れたデザインを持つスペースを提供する5件のKafnu物件を運営している。シンガポールに本社があり、シドニーとベンガルールにリージョナル・オフィスを置く。詳細は http://www.nextstory.com  を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190214/2375429-1LOGO-a?lang=0 ソース:Next Story Group
  • Xinhua Silk Road: 2019年中国の農村再生と第1回一帯一路構想農業・農村開発フォーラム開催
      【杭州(中国)2019年12月3日PR Newswire】「Chinese Rural Revitalizing 2019(2019年中国の農村再生)」、と第1回「Forum on Belt & Road Initiative Agricultural and Rural Development(一帯一路構想農業・農村開発に関するフォーラム)」が12月1日、中国東部・浙江省の省都、杭州で開催された。 国連食糧農業機関(FAO)、National Agricultural Science & Technology Innovation Alliance(国家農業科学技術革新連合)、新華社通信の中国経済情報社(China Economic Information Service、CEIS)、浙江大学の2学術研究所が共催するフォーラムは一帯一路(B&R)諸国から300人超の農業専門家やビジネスリーダーを集め、「農村改革」、「デジタル農業」、「包括的財政」などを含むトピックで、農村再生と一帯一路構想(BRI)の下での開発経路の選択について議論した。 フォーラムは、中国の農村地域における産業統合と質の高い開発の促進についてCEISが提供したリポートをリリースした。リポートは、中国の農村地域における産業統合の最近の進展を述べ、現在の農産業統合を抑制する要因を分析している。 リポートはまた、農村産業統合の推進は、近代的な産業開発の概念と組織パターンを農業部門に導入し、農村地域の産業統合を促進して、農村ビジネスの繁栄のための強固な基盤を築くことであると指摘している。 CEISのシー・ユーチャン会長兼社長は、このリポートはCEISが農村の再生と開発に長期的に焦点を当てた結果であると語った。同氏はまた、CEISが国家戦略の実施と地域の経済社会開発にサービスを提供するだけでなく、今後も農村の再生と繁栄により注意を払い、支援することを明らかにした。 China Society of Cooperative Economics (CSCE、中国協同組合経済協会)の会長であるスン・チョンフア会長によると、協同組合は農村再生に不可欠な力であり、新しい農業事業体の育成と規模に応じた多様な事業の発展は中国が農業近代化を実現するための避けられない道である。 フォーラムに参加した専門家によると、政府と企業の協力は農村開発を効果的に強化するだろう。たとえば、浙江省の企業は、運用と管理をクラウドプラットフォームに統合し、農村部の家庭廃棄物分類をインテリジェントに、かつ標準化することにより、農村部の家庭廃棄物の分類を促進した。 オリジナルリンクは https://en.imsilkroad.com/p/309709.html  を参照。 ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • Xinhua Silk Road:第1回中国・タイ・ラリーレースが中国南西部の貴州省で開幕
    【貴陽(中国)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】第1回China-Thailand Rally Racing(中国・タイ・ラリーレース、CTRR)が1日、中国南西部・貴州省の黔南プイ族ミャオ族自治州の州都・興義市で開幕した。 全国20以上の省や都市から集まった50を超える自動車チームが興義をスタートし、中国南西部・雲南省のシーサンパンナタイ族自治州を通って中国を離れ、ラオスを12月3日に通過する。その後、レースはタイ北部の山岳地帯を通って南部の沿岸都市に達し、全行程3000キロのレースは14日間続く。 興義市のティアン・タオ市長はラリーの出発式で、第1回となるCTRRの目的は、興義の優れた山岳アウトドアスポーツの資源をクロスカントリー・ラリーファンが抱く挑戦への自由と尊重の精神と一体化し、興義の山岳観光とアウトドアスポーツ産業の開発を加速することであると述べた。 黔南プイ族ミャオ族自治州は、同州の山岳資源とカラフルな民族文化における優位性を十分に発揮することで、山岳アウトドアスポーツを観光産業変革の原動力にしている。 黔南プイ族ミャオ族自治州ではサイクリング、ロッククライミング、ハイキング、キャンピング、熱気球といったアウトドア・レジャースポーツの開発が活発である。 優れた山岳観光資源を豊かに持つ貴州省は国家スポーツ観光実証区を積極的に建設している。CTRRは山岳観光とアウトドアスポーツ産業の発展を探る新たな方法であり、貴州省文化観光局の当局者であるシ・ジンイ氏によると、それは文化、スポーツ、観光を確実に促進するだろう。 北京に本社を置くFblife.comのチァン・ダイ会長は、第1回CTRRは貴州省のクロスカントリーラリーの発展の新しい章を開いたとし、このクロスカントリーラリーがこの地から東南アジア諸国連盟(ASEAN)、アフリカ、欧州へと延伸することを願っている。 2018年に貴州省には9億6900万人の旅行者が訪れ、同省GDPの約11.3%に当たる9400億元の観光総収入を達成したことも注目に値する。 2019年には、貴州省の観光総収入と同省を訪れる観光客数がそれぞれ30%以上増えると予想されている。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309698.html  ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • CB Insightsが中国でDeepTechと提携し世界展開を加速
    【ニューヨーク2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】企業の先端技術発見を支援するマーケット・インテリジェンス・プラットフォームのCB Insights(CB Insights )は、中国での事業拡大を目指して、北京に本社を置くメディア・イベント・コンテンツ企業のDeepTech(DeepTech )との提携を発表する。 CB Insightsをアナンド・サンワル最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「われわれは長年、中国の新興企業やベンチャーキャピタルのデータと中国に関する調査発刊物を集めている。DeepTechとの提携でこうした努力が促進され、中国市場向けにさらに多くのデータと調査、イベントを提供できることをうれしく思う。今回の提携によってわれわれはもっと多くのデータと、急成長する革新的な中国の先端技術市場で何が起きているのかについての鋭い調査見識を出し、中国内外のクライアントを支援できる」と述べた。 DeepTechのブランドン・チョウ創業者兼CEOは「DeepTechは先端技術関連のコンテンツとサービスを専門とし、国際的な著名組織と提携している。今回の提携は地元の顧客に、価値の高い見識とグローバルな視野とともに、豊かで専門的なコンテンツとサービスをもたらすと確信している」と語った。 DeepTechは国際的パートナーにコンテンツと調査で支援するほかに、一流の技術者やCEO、創業者、研究者を集めて先端技術をテーマにした有名イベントを主催して成功している。 CB Insightsは先端の技術と市場への対処法の発見、策定、管理で世界の最重要企業を支援するという目標を共有するパートナーとしてDeepTechを喜んで迎え入れる。 ▽CB InsightsについてCB Insightsは、企業が意見ではなくデータでデジタルな戦略と転換の加速を支援する。同社の機械学習プラットフォームは、数百万件もの非体系的文書を解析し、創造破壊的なスタートアップと先端技術への対応を発見、策定、管理することを手助けしている。 ▽DeepTechについてDeepTechは3-5年内に商業化できる先端技術に特化した中核技術サービスプロバイダーである。2016年に創業して中国でトップの先端技術メディア企業となり、オンラインとオフラインで400万のサブスクライバーを持つ。MIT Technology ReviewやIEEE Computer、 CoinDeskと独占提携するDeepTechは現在、中国市場に参入する世界的な有名技術メディアが真っ先に提携相手に選んでいる。  Related Links :http://www.cbinsights.com
  • 2019年MakeX Robotics Competitionに60カ国450チームが参加、世界トップ3のSTEAMコンペに
    【広州(中国)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】2019年Makeblock MakeX Robotics Competitionの世界チャンピオン大会が、Guangzhou Asian Games Town Gymnasium(広州アジア大会体育館)で開催された。11月29日から12月1日まで、60カ国から450チーム、すなわち2500人の教師と生徒がそれぞれのロボットで戦い、総額7万米ドル超の最終賞金を勝ち取るために競った。2018年の3倍となった参加国数は記録を破り、MakeXは世界のトップ3のSTEAMコンペとなった。 MakeX Robotics Competitionの公式ポスター 詳細はMakeX Robotics Competition(http://bit.ly/35L9kOu )を参照。 2020年シーズンのMakeXコンペのプログラムが開会式で発表された。2020年シーズンのテーマは「未来のビジョン」で、コンペは年齢別に5つのプログラムに分けられる。MakeX Inspire、MakeX Spark-Future Home、MakeX Starter-Smart Links、MakeX Challenge-Intelligent innovator、MakeX Premier-Ultimate Warriorだ。新しいプログラムMakeX Inspireは4-7歳の子供を対象とし、MakeX Premierは大学生をカバーしてシステムに組み込む。 過去1年間でMakeX Robotics Competitionは6大陸の60カ国・150都市に広まり、コンペに登録する1万超のチームを呼び込んだ。決勝戦は3万平方メートルのスタジアムでAIをテーマにしたセッティングを採用し、スタジアム外のAI Carnivalスペースは技術愛好家が何時間も過ごすことができる別の魅力的なスポットだった。 学習とトレーニングを積んできたあるベトナムの出場者はチームメートのクオリティーの高さに気付き始めた。「意見の違いはまだ残っているが、より良いものにしようといつも互いの意見に耳を傾けている」。チリの出場者が言った通り「笑い、学び、悩み、そして素晴らしい時間を過ごした!」 MakeX Robotics Competitionは3年間の急速な成長により、出場者がアイデアや高度な技術を交換し、コンペやチームワークを通じてコミュニケーションし、創造性を発揮できる国際的に有名な異文化プラットフォームになりつつある。MakeXはこの勢いを維持し、今後何年間も世界中のより多くの出場者に大きなステージを提供するために成長するだろう。 ▽MakeX Robotics Competitionについて MakeXはロボティクス・イベントの国際的なコンペプラットフォームであり、Robotics CompetitionやSTEAM Carnivalなどのイベントを通じて、世の中の創作・探索・共有への情熱を刺激することが目的だ。中国で生まれたMakeXは、STEAM教育、ロボティクス・コンペのカルチャーを推進し、世界中の若者をコンペに招いてきた。 ウェブサイト:www.makex.io/ Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191202/2657622-1?lang=0  ソース:Makeblock 画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352597 Related Links :http://www.makex.io
  • PUBG MOBILE Club Open 2019 Fall Split Global Finalsで究極のゲーミングツール Vivo NEX 3
    【クアラルンプール(マレーシア)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】 *NEX 3はゲーマーがバトルに勝てるようにする究極のマルチターボエンジンとターボモードを搭載 PUBG MOBILE Club Open 2019 Fall Split Global Finalsの公式タイトルスポンサーであるVivoは、マレーシアのクアラルンプールで2019年11月29日から12月1日まで開催された大会期間中、ゲーマーを支援した。この大手テクノロジー企業は今回、同社の高性能スマートフォンをフィーチャー。NEX 3は、総額250万米ドルの賞金の争奪戦を繰り広げた上位16チームを支援するスムーズなゲームプレーを提供した。 NEX 3は、VivoのプレミアムフラッグシップNEXシリーズの最新モデルで、革新的なデザインとテクノロジーに対する同ブランドのひたむきさがはっきり分かるよう設計されており、モバイルゲームを最も集中してプレーしている間でもゲーマーのパフォーマンスを向上させてくれる。NEX 3には、ゲーマーの能力を上げる最新のゲーム最適化機能とアップグレードが備わっている。 vivo was the official title sponsor for the PUBG MOBILE Club Open 2019 Fall Split Global Finals ▽ゲーマーが究極のチキンディナーを手にできるよう設計されたゲーム機能 NEX 3は、ゲームターボ、センターターボ、クーリングターボ、AIターボを組み合わせたマルチターボエンジンなどの強力な機能でゲーム機能をアップグレードし、ゲーマーに極めて没入感の高いゲーム体験を提供する。 NEX 3はPUBG MOBILE専用のターボモードを備えている。この機能をオンにすると、HDR + extremeをサポートし、安定した高フレームレートを実現する最適化機能が発揮される。これは、VivoとPUBG MOBILE Club Open 2019のパートナーシップから生まれた専用機能でもある。 このスマートフォンには、メッセージや警告をオフにするウルトラゲームモードも搭載されており、ゲーマーは勝つことに集中することができる。 ▽画期的なモバイル視聴とプレミアムな写真体験のためのトリプルカメラ構成 NEX 3は優れたゲーム機能に加え、ノッチのないWaterfall FullView(TM)Displayと99.6%の画面占有率で、ベゼルレスの夢も実現した。これで、ゲーマーにより優れた視聴体験がもたらされる。 NEX 3は、1300万画素の広角カメラと1300万画素の望遠カメラを備えた6400万画素のメーンカメラにより、写真でも優位性を発揮する。この驚くべきカメラ機能で、HD画質の標準写真が簡単に撮影できる。 64MP Main Camera, which comes with a 13MP Wide-Angle Camera and a 13MP Telescopic Camera ▽デュアルバンドWi-Fiネットワークがよりスムーズなゲーム体験を実現 NEX 3のデュアルWLANアクセラレーションテクノロジーは、デュアルバンドWiFiネットワークへの同時接続でネットワーク速度を上げ、ジッターや遅延のないよりスムーズなパフォーマンスを実現する。これはゲーマーにとって、とりわけPUBG Mobileをプレーする際に不可欠である。 NEX 3は2.4GHzと5GHz WiFiに接続し、高度なアルゴリズムを使用してネットワークステータスをインテリジェントに評価、モバイルネットワークの遅延を減らし、ダウンロード速度を向上させる。デュアルWLANアクセラレーションテクノロジーを有効にすると、ゲーム環境が大幅に改善される。 Dual Wi-Fi signal networks ▽モバイル体験をサポートする強力なハードウエア NEX 3はダウンロード速度を最大1500+Mbpsに、アップロード速度を140+Mbpsに引き上げる。ラボテストによると、平均遅延ドロップ率は25%で、よりスムーズなゲーム体験を可能にする。 Snapdragon 855 PlusとUFS 3.0高速フラッシュメモリーを搭載したNEX 3は、最高レベルの計算能力とスムーズなマルチタスク機能を提供、読み込みと書き込みの速度をUFS2.1より79%アップできる。NEX 3には8GB+256GBのストレージも搭載されている。 NEX 3は4500mAhのバッテリーを内蔵、22.5W Vivo FlashChargeとC-DRX省電力テクノロジーをサポートしており、デバイスの総合的なバッテリー寿命を大幅に向上させ、ユーザーの短時間での充電を可能にした。 高解像度画像リンク:https://edelmanftp.boxcn.net/s/v636nwte4pg8d5y8x70v10i6w5w9vw19 ▽Vivoについて Vivoは、トレンドを決めるスマートモバイル製品とサービスづくりに取り組んでいる世界をリードするテクノロジー企業である。Vivoは活気に満ちたモバイルインターネットエコシステムづくりに力を注いでおり、現在、サンディエゴ、深セン、南京、北京、杭州、台北に研究・開発センターを置き、広範な研究業務ネットワークを所有、運営している。これらのセンターは、5G、AI、モバイル写真、次世代スマートフォンの設計など、最先端の消費者向け技術の開発に重点を置いている。Vivoはまた、中国、南アジア、東南アジアの世界各地に5つの製造拠点を設けている。 Vivoのモバイル製品とサービスを楽しむユーザーは世界中で2億人を超える。Vivoには全世界の1000を超える都市にオフライン小売店がある。 ▽PUBG MOBILEについて PUBG MOBILEは、2017年にインタラクティブエンターテインメント界を席巻した現象、PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)をベースにしている。最大100人のプレーヤーが離島にパラシュートで降り立ち、最後の1人になるまで戦い抜く。プレーヤーは自分の武器、乗り物、消耗品を探し回り、プレーゾーンが次第に狭くなっていく視覚的および戦術的に多彩な戦場で、全てのプレーヤーを倒さなければならない。 詳細はFacebook、Twitter、YouTubeの公式PUBG MOBILEアカウントを参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191202/2657719-1-a?lang=0 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191202/2657719-1-b?lang=0 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191202/2657719-1-c?lang=0
  • ベトナムのバンドン国際空港に「2019年の世界の一流新空港」の栄誉
    【マスカット(オマーン)2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】オマーンのマスカットで開かれた第26回年次World Travel Awards(WTA)で、ベトナム北東部のバンドン国際空港が「World's Leading New Airport 2019(2019年の世界の一流新空港)」に指名された。 WTAがこの部門の賞を授与してわずか2年目。総体的な設計、サービスの質と乗客の満足感、そして新たな技術の採用を通していかに全体的な乗客体験が称賛されたかに基づいて新空港の出来栄えを評価する。 ユネスコ(UNESCO、国連教育科学文化機関)の世界自然遺産ハロン湾の本拠地クアンニン省でSun Groupが開発したバンドン国際空港は今年、厳しい競争をくぐり抜けて「World's Leading New Airport 2019」のタイトルを勝ち取った。 jwplayer.key="3Fznr2BGJZtpwZmA+81lm048ks6+0NjLXyDdsO2YkfE="   jwplayer('myplayer1').setup({file: 'https://cdn4.prnasia.com/002071/mnr/video/20191202_SunGroup_2.mp4', image: 'http://www.prnasia.com/video_capture/2853210_JA53210_1.jpg', autostart:'false', aspectratio: '16:9', stretching : 'fill', width: '512', height: '288'});  ハロン湾の自然美から着想を得たバンドン国際空港ターミナルの美しいデザインが空港のグリーンスペースの調和的な活用とともに旅行客に強い印象を与えたのは間違いない。 2018年12月30日に営業を開始して以来、ベトナムで初の民営空港であるバンドン国際空港は、高水準のサービスで世界クラスの顧客体験の提供を重視してきた。同空港はまた顧客サービスの優れた質をさらに確保するために航空会社とさまざまな航空サービスの品質義務協定を結んだ。 Sun Group 代表がWTA 2019で「World's Leading New Airport 2019」賞を受け取った 開発者のSun Group も、バンドン国際空港が空港設計の世界の主要ブランドにより設計された最も最新のモダンな設備が特徴であることを保証した。それら全ては乗客が順調で快適な空港体験を満喫できることを意味する。 バンドン国際空港ディレクターのファム・ゴクサウ氏は「われわれは『World's Leading New Airport 2019』に選ばれて光栄で感謝している。この賞はわれわれにとって強力な刺激であり、われわれは毎日発着する全ての乗客に優秀な模範サービスを届けるための努力を続ける」と述べた。 最初の11カ月の営業で、バンドン国際空港は117本の国際便を含む総計1796本のフライトを受け入れ、1万人の外国人を含む23万5000人近い乗客を迎えた。 現在、同空港は中国、韓国からの4国際線と、ホーチミン市とベトナム中部のダナン市からの2国内線を持つ。2019年末までにさらに中国、日本とタイからのフライトが追加され、他の省や都市からのフライトが増えるため国内線業務も拡大を予定している。 Video - https://cdn4.prnasia.com/002071/mnr/video/20191202_SunGroup_2.mp4Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191202/2657653-1?lang=0    ソース:Sun Group
  • AUBとLiquid Groupの提携でシンガポール・フィリピン間クロスボーダーQR決済が可能に
    【シンガポール2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】 *Liquid Groupは、ユニバーサルバンキングステータスを持つフィリピンで最も急成長している上場銀行の1つ、Asia United Bank(AUB)との戦略的コラボレーションを通じて、クロスボーダーQR決済ネットワークをフィリピンに拡大する。 *この提携は、AUBの取引先がLiquid GroupとそのパートナーのQR決済アプリに対応できるようにすることでクロスボーダーQR決済の採用を加速する。 *このイニシアチブはまた、シンガポールからフィリピンに旅行する消費者の決済ジャーニーを大幅に向上させ、国内の好きなQR決済アプリを使って海外で買い物ができるようになる。 シンガポールに本社を置く地域のモバイル決済サービスグループであるLiquid Groupはこのほど、シンガポールとフィリピン間のQR決済に道を開くため、フィリピンで最も急成長している上場銀行の1つであるAsia United Bank(AUB)と提携した。この戦略的パートナーシップの目的は、国内の取引先がLiquid GroupとそのパートナーのQR決済アプリに対応できるようにし、モバイルアプリ、ウェブポータル、API経由でeウォレット決済を処理するオールインワンのレジツール、AUB PayMateアプリを使用して、自営、中小事業者、大規模小売チェーンなど様々な決済対応環境で事業を行っている取引先にAUBがサービスを提供できるようにすることである。 Liquid GroupのクロスボーダーQR決済プラットフォームの展開は、マニラやフィリピンの他の観光地の小売店、飲食店、エンターテイメント、アトラクションなど幅広い取引先が対象となる。このパートナーシップは、Liquid Groupとそのパートナーの国際的な取引先網を拡大するだけでなく、AUBとその取引先にこの新たな観光市場に金融サービスを提供する機会を与えることにもなる。 AUBのマニュエル・A・ゴメス頭取は「Liquid Groupとのパートナーシップは、フィリピン国内でのAUB PayMateの設備を通じた中国人観光客のWeChat Pay、Alipay、UnionPayのQR決済への対応を始めたことに続く、シンガポール人観光客のQR決済に対応するための革新的手段だ。Liquidのプラットフォームによってeウォレットを使用する他のアジア人観光客もQR決済ができるようになるため、AUBはこのコラボレーションで、将来のクロスボーダーQR決済で強力な加盟店管理会社の立場に立つことになる」と語った。 加盟している取引先は、観光客から迅速で簡単なモバイル支払いを受けられる利便性を享受し、観光支出の増加で追加収入も得られる。後者は、フィリピンを訪れる人が増えるというだけでなく、観光客の購買力が大きくなることが要因となるかもしれない。購買力は、所持する現金の額ではなく、預金やクレジットカードの口座に紐付けされているウォレットの利用可能残高によって決まるようになるからである。 逆にシンガポールからフィリピンに旅行する消費者は、フィリピンのどこででもキャッシュレス決済に好きなシンガポールのQRアプリを使い、シームレスなクロスボーダー決済ジャーニー、最大限の利便性、強化されたセキュリティーを享受できるようになる。支払いステータスのリアルタイム通知や取引履歴がオンラインで確認できることで、全てのQR決済取引にさらなる安心を与えてくれる。 今年4月、シンガポールのチャンギ空港で世界初の総合決済・マーケティングインフラを立ち上げたのに加え、Liquid Groupはシンガポール-香港、シンガポール-インドネシア、そして直近ではシンガポール-フィリピン間のQR決済に向けた一連の戦略的パートナーシップにより、クロスボーダーQR決済採用の最前線で先導役を果し続けてきた。 海外のQR決済アプリのシンガポールでの採用の加速に加え、Liquid Groupは国内のQR決済アプリの海外での受け入れも推進している。統一されたQR決済プラットフォームを国際展開することにより、Liquid Groupは、パートナーが付加価値サービスを顧客に提供するのに役立つ、より革新的なソリューションを提供するための基盤を築いていく。 Liquid Groupのジェレミー・タン創業者兼最高経営責任者(CEO)は「シンガポールのチャンギ空港での立ち上げを皮切りに、われわれは域内旅行でのクロスボーダーQR決済の採用加速に全力で取り組んできた。フィリピンの国内銀行の中でQR加盟店管理のパイオニアであるAUBと、当社の最も新しい戦略的パートナーシップを締結したと発表することを喜んでいる。AUBは国内市場では主要QRブランドのオンボーディングで実績があり、われわれは当社の地域ネットワークの拡大と、あらゆる規模の加盟店に当社のプラットフォームを通じた国際市場へのアクセスの機会を提供できるのを楽しみにしている」と語った。 ▽Asia United Bankについて Asia United Bank(AUB)は、1997年のアジア金融危機の最中にフルブランチの商業銀行免許を付与された、フィリピンで最も急成長している上場銀行の1つである。AUBは2013年に上場し、ユニバーサルバンキングライセンスを取得、証券の引受や取引、ローンシンジケート、投資顧問、債券や株式の私募、プロジェクトファイナンス、直接株式投資、系列企業や非系列企業への投資などの投資銀行業務に手を広げることが可能になった。 ▽Liquid Groupについて Liquid Groupは、シンガポールに本社を置き、アジア太平洋全域に拠点のある大手QR決済サービスグループである。同グループは、域内の複数の市場にまたがる銀行およびノンバンクのQR決済アプリのクロスボーダー受け入れを可能にするオープンAPIベースのQR決済対応ネットワークを運営している。最大のクロスボーダー相互運用フレームワークを先導することで、Liquid Groupは、全ての人にとってよりコネクトされた堅牢なモバイル決済エコシステムづくりで業界をリードしている。 ソース:Singapore, Liquid Group Pte Ltd
  • Syloのユーザー数が10万人を突破し、世界で最も人気のある最高のDAppへ
    オークランド、ニュージーランド, 2019年12月3日 /PRNewswire/ -- Sylo Smart Walletアプリはアプリストアにリリースされてわずか二ヶ月でダウンロード数が10万を超えました。 分散型の領域で前例のないほどの急速な人気上昇は、ニュージーランドを拠点とするテクノロジースタジオが提供しなければならないものを、世界市場が求めていることを明らかにしています。 Sylo Smart Walletは四半期未満で一般公開され、すでに40カ国以上にユーザーベースが広がっています。 「すでにさまざまな地域や関心のあるグループで急速に採用されていることがわかりました。これは、Syloを実現するために私たちのチームが行ってきた素晴らしい努力を証明するものです。」 Syloの共同設立者兼ビジネスディレクターであるDorian Johannink氏は述べています。 世界初のスマートウォレットは、同社のデザイナーが、デジタル資産のウォレットと次世代のプライベートメッセンジャーを巧みに組み合わせたものです。 このアプリを使用すると、ユーザーはチャットでデジタル資産を送受信し、音声通話やビデオ通話を行い、イーサリアムなどのERC-20互換トークンを非カストディアルウォレットに保存し、他の複数のデジタルウォレットをインポートおよび管理できます。 「われわれはSyloを世界に送り出すことに興奮しています。私たちのデザイナーや開発者から多くのきつい仕事が入ってきていますが、今ご覧いただいているのは、私たちが今後1年間に展開する計画の始まりにすぎません。」とSyloの協同設立者で製品責任者のBen Jordanは言う。 Syloは、Bitcoinの統合と複数言語のサポートがクリスマス前にはアプリに登場する予定であり、速いペースが続くだろう。 また、2020年初めには、ユーザーが独自の動的なデジタル資産(DDA)を作成できるようになります。 — Google PlayまたはApple App storeからダウンロードして、今すぐSylo DAppを体験してください。  詳細については、SyloのTwitterアカウント、Mediumをフォローするか、www.sylo.io.をご覧ください。Related Links :http://www.sylo.io
  • Jiuye SCMがWISE 2019の「King of Smart Logistics」を受賞
    【北京2019年12月2日PR Newswire=共同通信JBN】 *ワンストップのグローバルコールドチェーンサービス「Shared Service Center」で 中国の大手フレッシュサプライチェーン・サービスプロバイダーであるJiuye Supply Chain Management(以下、「Jiuye SCM」または「同社」)は、2019年にナスダックに上場した中国の大手技術・ビジネスニュースポータルが11月26日から27日まで北京で開催したWISE 2019で「King of Smart Logistics」を受賞した。Jiuye SCMのチャン・ビン創業者兼最高経営責任者(CEO)は同会議でスピーチを行い、グローバルなワンサイトプラットフォームと「Shared Service Center(共同サービスセンター)」を構築、同社のフレッシュコールドチェーン管理ソリューションを一元化、効率化して、グローバルサプライヤーが中国全土の家庭や食卓に配送できるようにする計画を発表した。 36kr主催のWISE 2019でスピーチするJiuye SCMのチャン・ビン創業者兼CEO チャン氏は、中国のコールドチェーンサプライヤーは旧態然としてまとまりがないとの知見を披歴した。中国のコールドチェーンはかつて、個々のコールドチェーン企業が特定のエリアだけを受け持つ、従来型のサプライチェーン配送モデルに基づいて構築されていた。 しかし、新しい小売業の出現は、生鮮食品のサプライチェーンエコシステム全体に変化をもたらした、とチャン氏は語った。より多くの商品が世界中の原産地から最終小売業者と消費者に直接届けられるようになり、従来型のコールドチェーン物流システムのほとんどは不要になった。コールドチェーン配送と総合的付加価値サービスを提供する健全なITシステムを欠いていることが多いからである。 チャン氏は、「コールドチェーン崩壊」の問題は、企業がコールドチェーン配送の効果的な管理を採用しなかった場合にしばしば起きると語った。 Jiuye SCMは、グローバルサプライチェーンシステムの再編に乗り出した。チャン氏は「流通業者を通さずに最終消費者に直接商品を販売できる、用途の広いコールドサプライサービスを求める生鮮食品会社が、世界中でますます増えている。生鮮食品の安全で効率的な冷蔵輸送と貯蔵に対する需要は、消費者の健康志向でさらに大きくなっている」と語った。 同社は、スマート倉庫、スマート生鮮・コールドチェーン物流、オンラインマーケティングなどのサービスを提供するエコシステム「Shared Service Center」を広げてきた。海外から調達したものを中国全土の家庭や食卓に配送するグローバルサプライヤーをサポートするJiuyeは、サプライヤーの干渉を排除し新鮮で安全な配送を保証することで、グローバル調達を円滑化している。 より多くのオンラインマーケティングリソースをJiuye SCMの定評あるサプライチェーンサービスに統合するため、同社はオンラインとオフラインのチャネルを組み合わせたグローバルな生鮮食品サービスプラットフォーム「Freshcn」を立ち上げた。Freshcnは、通関、コールドチェーン配送、ローカライズされたオンラインマーケティングをカバーし、商品を宣伝してくれるオンラインインフルエンサーを呼び込む、ワンストップサービスソリューションを提供する。 最先端技術を備えたJiuye SCMのサービスで、同社はB2Bビジネス、B2Cビジネスの両方で第一の選択肢となっている。チャン氏は「企業には様々な役割があるが、プラットフォーム運営企業は、ルールをつくり、ツールを提供し、点と線を一致させる顔のようなものだ。そうした企業が、市場に情報を与え、市場プレーヤーに成長のスリルを体験させるリスクと責任を負っていくことになるだろう」と語った。 チャン氏は、Jiuye SCMの価値は同社のグローバルコールドチェーン物流ネットワークだけでなく、同社がサプライヤーとサプライチェーン・サービスプロバイダーの双方に利益をもたらすセンターをつくったことにもあると付け加えた。 ▽Jiuye SCMについて 2014年創業のJiuye Supply Chain Managementは、最先端の技術を統合して増大する消費者の需要に応える、中国の大手ワンストップ・コールドチェーン・フレッシュサービスプラットフォームである。Jiuyeのクラウドプラットフォームは、サプライチェーンの全関係者をリアルタイムでつなぎ、流通と協業の様子が見て分かるようにしている。http://www.jiuyescm.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191129/2657006-1?lang=0 Related Links :http://www.jiuyescm.com
  • Xinhua Silk Road:中国のDongfeng Motorが世界展開へ向け前進
    【北京2019年12月2日PR Newswire=共同通信JBN】中国の自動車メーカー、Dongfeng Motor Corporation(DFM)はこのほどペルーの首都リマで、Dongfeng Brand Night and AX4, AX7 and SX6 Launch Ceremony(DongfengブランドナイトとAX4、AX7およびSX6の販売開始式典)のイベントを行った。 ペルーで最近開催されたDongfeng Brand Night Dongfeng Motorはペルーでのイベントで、あらゆる種類の代表的な乗用車モデルで統一したブランドイメージを展示し、その場で注文を受けた。このイベントの機会を利用してDongfeng Motorは、海外地域のマーケティングを強化することが期待される主要市場統合とブランドの宣伝に重点を置いた。 Dongfeng Motorは50年の歴史を持つ優秀なブランドとして中国でよく知られた自動車メーカーで、Fortune Global 500の1つであり、国内外で高いブランド認知と評判を享受している。 自動車産業の最近の急速な販売不振の中で、Dongfeng Motorは2019年1-9月に257万2000台の自動車を販売し、5万5380台の自動車を輸出した。この数字は概して中国の自動車市場をしのいだ。Dongfeng Motorはこれまで80超の国・地域に輸出し、その輸出台数は年々増加している。 近年、Dongfeng Motorは「一帯一路」建設に積極的に参加し、同社の世界市場戦略の指導の下に新たな海外市場を開拓してきた。世界的に「一帯一路」構想を実践するよく知られた中国自動車ブランドとして、Dongfeng Motorは多くの世界のパートナーからの反応を引き寄せ、中国自動車産業の世界的な影響力と評判を包括的に促進した。 2018年6月、Dongfengチームはオランダでの2017-2018 Volvo Ocean Race(2017-2018年ボルボ・オーシャンレース)チャンピオンシップで優勝した。それに続く「Belt and Road, with You"(あなたと共に、一帯一路)」をテーマにした記者会見でDongfengはベルギーの協力パートナーSMTに自動車を引き渡した。 2019 Shanghai International Automobile Industry Exhibition (2019年上海国際自動車産業展示会)で、Dongfeng Motorは上海で「Drive Your Dream(あなたの夢を推進しよう)」をテーマにしたOverseas Distributors Conference 2019(2019年海外代理店会議)を開催した。会議で発表されたDongfeng Motorの新海外中期営業計画・地域マーケティング計画によると、同社は海外売上台数30万台の達成、5つの海外自動車組み立て基地の設立、2023年までに海外スター製品をさらに生み出すこと、という3つの目標を設定した。 オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309647.html を参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191129/2656943-1?lang=0Related Links :https://en.imsilkroad.com
  • Xinhua Silk Road:中国中部の武漢と日本を結ぶコンテナ直航ルートが28日オープン
    【武漢(中国)2019年12月2日PR Newswire=共同通信JBN】中国中部・湖北省の省都、武漢と大阪、神戸、名古屋など日本の都市を結ぶコンテナ直航ルートが11月28日、正式に開通した。 この河川・海洋コンテナ航路は従来のルートより約2日間短縮でき、貨物が武漢市から上記の日本の港に到着するのに5日しかかからない。 このコンテナ航路は物流コストの大幅削減になるだけでなく、武漢を積み替え地とする日本・欧州間の鉄道・水路共同輸送チャネル拡大にも役立つ。 武漢新港管理委員会の張林・主任は、2隻の船が交互に運航する週1回のコンテナ直航サービスが提供されると明らかにした。 張氏によると、同航路が将来、安定運航されるようになれば、サービスをコンテナ船4隻の交代制で週2回に増やし、日本の寄港地も増やしていくという。 同航路は2020年4月までに武漢の中国・欧州貨物列車ルートとつながり、市内で積み替えを行うマルチモデル国際輸送が実現する予定。 この閉ループ国際物流チャネルで、商品を日本から中央アジア、中東、欧州といった地域に配送できるようになる。 近年、外国貿易の急成長が続く武漢の輸出商品の80%は船舶で輸出されており、国際直航ルートに対する需要が極めて大きくなってきている。 2018年、日本は中国・湖北省の4番目に大きい貿易相手国、武漢の2番目に大きい貿易相手国となり、湖北省との年間貿易額は前年比18.5%増の274億元に達した。 コンテナ直航ルートの開設は、武漢と日本の経済補完性を引き出すのに役立つだろう。武漢の中国・欧州貨物列車ルートと一体化すれば、武漢と日本の企業が中央アジア、中東、欧州のサードパーティー市場を共同で開拓していくのに好都合だ、と業界関係者は語った。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309673.html ソース:Xinhua Silk Road Information ServiceRelated Links :https://en.imsilkroad.com
  • Untitled
    【ソウル(韓国)2019年12月2日PR Newswire】美しくなるためだけではない、機能的改善効果も期待できる二重整形は一般的にもよく知られた手術の一つだ。二重整形はほかの手術に比べて一般的であるのには変わらないが一人ひとり目の形や手術目的が違うためその人に一番似合う手術方法で行うことが大切だ。 NANA美容外科 目の手術の目的によって手術方法も変わってくる。眼瞼下垂によって目を開けるのが困難な場合、また目を開けづらいという場合は目つき矯正手術がお勧め。小さな目を長く大きくしたい場合は目頭切開, 目尻切開, 垂れ目切開手術で美しく大きなはっきりとした目元を作ることができる。瞼が垂れて視野を遮ったり目を開ける際おでこの筋肉を使ってしまうという場合は上瞼・下瞼手術などを行うことで解決できる。 また、二重手術の方法は二重埋没, 二重切開, 部分切開等たくさんある。最近では自然な目元のための自然癒着二重埋没手術方式が人気がある。自然癒着二重埋没とは、従来の埋没法とは違い5~7か所に小さな穴をあけそこから組織を除去して自然に癒着するよう誘導するという方法だ。だが、 二重埋没法は手術目的に沿わない場合十分な結果を期待できない。よって、韓国整形 『NANA美容外科』では、1:1の専門家によるカウンセリングを受けた後手術方法を選択できるシステムで非常に理想的である。  [NANA美容外科]は多くの患者様の悩みを解決するため、12月7,8日東京にて現地相談会を開催することになった。目整形・鼻整形・胸整形等韓国整形の専門家たちにカウンセリングを受けられる機会が用意される予定だ。下記情報確認の上、相談会にはだれでも参加可能である。 韓国整形[NANA美容外科]12月日本相談会開催 ■相談会のご案内 1. 東京相談会日時:2019年12月7日・8日(土・日) 2. 場所:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル 6階 3. 手術項目 : 目整形・鼻整形・豊胸・輪郭・体型など 4. 電話相談 : +81-10-9253-6601 ■韓国整形外科『NANA美容外科』公式相談センター[日本語可能] 「NANA美容外科」は日本語専門の人材がメッセンジャーやメールで個別1次相談を行っており、写真を用いて施術費用の問い合わせも可能。 このような公式相談センターは無料で行われているため、気軽に相談ができ、公式ブログとホームページをご覧いただければより詳しい内容の確認も可能だ。  無料相談Line ID:@nanahospital.jp 日本語公式ブログ:https://ameblo.jp/nanahospital ホームページ:https://jp.nanahospital.com/ 所在地:韓国ソウル特別市江南区 論ヒョン洞165-8 HMタワー3~6階 交通:地下鉄9号線論ヒョン駅3番出口 / 地下鉄7号線論ヒョン駅2番出口 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191129/2656896-1?lang=0 SOURCE: NANA美容外科
  • Xinhua Silk Road:中国中部の武漢が日本向けコンテナ直航サービスを開始
    【武漢(中国)2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】武漢-日本コンテナ直航航路に合わせて建造された500-TEUの船舶、「Central China Logistics Hanya 1」が28日朝、中国中部・湖北省の省都、武漢の陽邏港を出港し、日本に向かった。 同船は5日間、長江沿いを東に向かって航行し、日本の大阪港に到着、武漢と日本を結ぶ河川・海洋コンテナ直航航路の正式運航を印す。 Wuhan Port and Shipping Development Group当局者は、この武漢-日本航路は「ポイントツーポイント」輸送モードを採用していると語った。このモードでは、関連するコンテナ船が武漢の陽邏港を出港し、大阪、神戸、名古屋などの日本の港に停泊する。 これまで武漢から日本へのコンテナ船は上海での積み替えが必要であり、海上交通と天候条件の不確実性にしばしば悩まされ、関連企業の物流サイクルとコストを直接増加させた。 Wuhan New Port Administration Committeeのディレクター、チャン・リン氏は、積替えが必要だったこれまでの河川・海洋共同輸送と比較して、新しいコンテナ直航サービスは、1000キロメートル以上の輸送距離と約2日間の輸送時間を節約すると語った。同氏は、これは管理概念、船舶利用、貨物ソース組織、および輸送サービスにおいて、過去の航行航路とは異なっていると述べた。 チャン氏は、同航路の運用は武漢が日本との物流貿易を直接行うことができることを意味し、新航路は中国・日本間の経済・貿易協力を促進するための重要な架け橋となる可能性が強いと語った。 チャン氏と同様、日本企業は中国内陸部における日中経済貿易協力を新たな高みに導くために、同航路をうまく活用することが期待されている。 武漢市はまた28日、中国・武漢と日本間の河川海洋直接輸送および国際共同輸送プロジェクトを開始した。このプログラムの下で新たに開始された直接コンテナ輸送航路は、武漢の中国・欧州貨物列車ルートに接続され、日本の港、湖北省武漢、中東、中央アジア、欧州を結ぶ新しい国際貿易チャンネルを構築する。 それまでに、日本からの貨物は武漢での積み替えを介して欧州および中東に輸送することができ、日欧間の既存の海上輸送ルートに比べて10日以上を節約できる。 オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309674.html を参照。
  • Xinhua Silk Road:MGの自動車が2019年広州国際自動車展示会で輝く
    【広州(中国)2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】100年の歴史を持つ自動車ブランドのMGは、22日に中国南部の広州で開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)で、同社のプラグインハイブリッドSUV、MG eHSを出展した。初の左ハンドル車であるMGのクラシックカーTD、そしてMG 6シリーズも展示された。 MGの自動車が2019年広州国際自動車展示会で輝く SAIC Motorのシニアマネジャー、ルー・シュン氏は新華社とのインタビューで、MG eHSは中国市場で初のプラグインハイブリッドSUVであり、欧州経済委員会(ECE)、化学物質の登録、評価、認可および制限(REACH)、型式認証マーク(E-MARK)といった欧州連合(EU)の規制を満たし、間もなく英国とシンガポールの市場で発表されて世界の消費者に高級車の性能を操ることを提供すると述べた。 SAIC Motorは英国バーミンガムのロングブリッジに本社を置き、2007年からMG Motorを所有している。 ルー氏によると、SAIC Groupは国際的な競争力とブランドの影響力を備えた世界的に有名な自動車会社の設立に懸命に取り組んでいて、グローバル化を急速に加速している。その一方、MGは新車種を継続的に発表し、それぞれの車種は全世界で等しく高品質である。 ルー氏は、今年のはじめにMG初の完全電動SUVで世界基準を満たすMG EZSがタイ、英国、オランダ、その他の国で発表され、今後はフランス、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、ベルギー、その他の国にも参入する予定であると述べた。さらに同氏は、MGには中国と海外市場からの高いニーズがあることから、グローバルな展開地域をさらに広げるチャンスをつかむ強さがあると付け加えた。 ルー氏によると、MGは若年層の消費者も意識し、最高のスポーツ体験を創出することにコミットしている。11月上旬にMG 6 XPOWER TCRは第1回FIA World Motorsport Gamesに参加して、そのレーシング・ワールドカップで中国代表チームと英国代表チームに代わって4位を獲得した。 中国の自動車産業は統合と変革の重要な時期にある。MGの願いはグローバル品質を備えた自動車をさらに生産し、消費者のニーズに基づく自動車市場の健全で長期的な発展を主導することである。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309620.html?from=groupmessage&isappinstalled=0 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2655405-1?lang=0 ソース:Xinhua Silk Road Information Service 添付画像リンク先: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352367 Related Links :https://en.imsilkroad.com
  • Xinhua Silk Road:SERES SF5モデルが2019 Guangzhou Int'l Auto Exhibitionでデビュー
    【北京2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】中国のEV新興企業SERESは、11月22日に開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)にスポーツカーの性能を備えた最新の電動SUVであるSF5の2モデルを公開した。 第17回Guangzhou International Automobile ExhibitionのSERESの展示スタンド 同社は同展示会で、SF5の完全電動バージョンと電動航続距離延長バージョンを公開し、両モデルとも同社開発の高効率な航続距離延長ジェネレーター、シャーシ、バッテリーパックを搭載している。 SF5完全電動バージョンは、90kWhバッテリーパックで駆動され、行動半径は500キロ以上に及ぶ。35kWhバッテリーパックを搭載する航続距離延長バージョンは、150キロの完全電動可能な航続距離を実現し、レンジエクステンダーが稼働すると充電および燃料補給が可能となり、ドライバーは長距離の航続を心配する必要がなくなる。 このほか、SERES SF5はスポーツカーと同等の性能を誇っている。同社開発の電動ドライブシステムで駆動されるSF5は最大出力510kw、最大トルク1040 Nmを達成し、航続距離延長バージョンは0-100km/hを4.8秒以内で達成する。両バージョンは前輪駆動と全輪駆動のモデルがある。 SERESによると、SF5は中国西部の四川、チベット、新疆の極端な気象条件下で約1万キロのドライビング体験を完了し、その技術的信頼性と製品品質を実証した。 2018年末から、同社は、ニュージーランドと、牙克石市、黒河市、トルファン市、三亜市などの中国都市で、500万キロにおよぶ運転試験を行ってきた。 SERESのシュウ・チェンチャオ執行副ゼネラルマネージャーは、自社開発のコアテクノロジーおよび製品改良によって、SERESは持続可能な開発を実現して、中国をリードする完全電動テクノロジーとインテリジェントな航続距離延長テクノロジーを保有し、これが同社の中核を成す競争力になっていると語った。 シュウ氏は外国ブランドとの競争に直面する新エネルギー車両企業について、重慶市を本拠とするこの中国EV企業は今後も、コアテクノロジーを開発基盤とし、顧客を製品製造の中心に据えていくと語った。 オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/309648.html である。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656493-1?lang=0 ソース:Xinhua Silk Road Information Service 写真添付リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=352353 Related Links :https://en.imsilkroad.com
  • Xinhua Silk Road:Cheryの新コンセプトSUV、Tiggo 7が広州国際自動車展示会でデビュー
    【北京2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】中国の自動車メーカーCheryは、11月22日に広州で開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)で新コンセプトのSUVであるTiggo 7を初披露した。 Cheryの新コンセプトSUV、Tiggo 7が広州国際自動車展示会でデビュー 「ミッドナイトブルー」フィニッシュの、この新しい大量生産型コンセプトSUVはCheryの設計コンセプトであるLife in Motion 3.0の進化を表している。それは東と西の様式のエッセンスを統合しただけでなく、現在のグローバルデザインの潮流を行くものだ。 この新型SUVは1.6TGDI+7DCTの動力コンビネーションを搭載する。これは中国ブランド向けの個別的知的資産権が付された初の1.6TGDIエンジンである。 その一方、Cheryは2つの基幹シリーズから、新世代のTiggo8とAriza GXをはじめとする8台の自動車を展示した。 さらにCheryは連続可変トランスミッションのCVT25、DHTハイブリッドトランスミッション、そして今年のトップ10エンジンとして「中国の心」の称号を得た第3世代のターボ付き筒内直噴エンジンACTECO 1.6TGDIといった最新技術の成果である3つの製品も展示した。 Cheryのパワートレーン技術センターのディレクター、グ・チュンシャン氏は記者会見で、Cheryは将来、3つの動力ソリューションを発表すると明らかにした。それは1.5t+フィーブルハイブリッド48V、新世代型2.0TGDIエンジン、ハイブリッド版1.5TGDI+ハイブリッドギアボックスDHTである。 Cheryは2019年1月から10月までに合計57万7000台の車両を販売し、独自開発モデルの販売は前年比で6.7%増加している。10月のTiggo8の販売は1万3152ユニットに達した。これは月間で10.6%増、年間で80.2%増である。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309646.html Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656500-1?lang=0 ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • Xinhua Silk Road:FISUサッカー選手らが晋江で中国ビン南語文化を体験
    【福州(中国)2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】競技大会の組織委員会は26日(火)、文化交流活動を実施し、外国サッカー選手とコーチらをMinnan(ビン南語)文化の体験に招待した。 FISU(国際大学スポーツ連盟)サッカー選手らが晋江で中国ビン南語文化を体験 晋江市の路上で外国人らはビン南語の独特のGaojia Opera(高甲劇)に引き付けられた。ブラジルのパウリスタ大学からの2人のサッカー選手は舞台に上がり、演技者につき従って覚えたばかりのパフォーマンスを観客に披露した。 古代の建築物を訪れた時、ブラジル人たちは手拍子を打ち、「晋江、愛している!晋江、愛している!」と歌った。彼らはまたエチオピアの選手らと出会い、一緒に踊った。 日中、Jinjiang Nanyin Art Troupe(晋江南音芸術隊)はこれらの外国人たちに素晴らしい演奏をプレゼントした。 演奏に先立ち、芸術隊のガイドは彼らに伝統的な楽器を披露、紹介した。ドイツのユリウス・マクシミリアン大学ビュルツブルク(JMU)の1人のサッカー選手は音楽演奏の後でもう一度聴きたいと述べた。 伝統的な家屋で選手たちは人形劇を見て、どうやって操るかを学んだ。「左右、上下にスイングさせて」。すると、本来動かない「小さな獅子たち」が彼らの手の中で生き返った。 JMUサッカーチームのキャプテン、ステファン・ワッセルさんは「これはとても面白い。われわれにはすべて初めてのことばかりだ。本物の中国を見ることは素晴らしい体験だ」と述べた。 また、「中国はさまざまな顔を持つ国だ。私は中国が近代的な顔を持っているのを見た。そして、まったく古くて興味深い中国のこの顔がある。しかし、総じて中国人はとても友好的で、とてもつつましいと言えるだろう」と付け加えた サッカー競技は2019年11月21日から12月1日まで開催される。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309654.html  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656533-1?lang=0
  • Zoomlionが3D建設印刷専用の最新モルタルミキサー、Duo-mixを発表
    【上海2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】Zoomlionの完全子会社であるm-tecは11月5日、中国の上海で最新のモルタルミキサー、Duo-mixを初めて公開した。2週間で60m2の2階建ての家を建てることを可能にするこの新しいソリューションは、アジア、欧州、北米の100カ国以上で購入できる。 Zoomlionが3D建設印刷専用の最新モルタルミキサー、Duo-mixを発表   Duo-mixで混合されたモルタルをプリントしたテーブルと椅子のセットが大きな注目を集める 適応性のあるDuo-mixは、3D建設印刷で使用されるモルタル専用に設計されている。袋詰め材料またはサイロ材料から最大4mm粒度のバケットコート材料に至るまで、全ての標準的な乾燥モルタル製品を処理できる。 Duo-mixは3D印刷用のバックエンドロボットと接続でき、圧縮強度の高い高性能コンクリートを製造できる。また、プロジェクトのニーズに応じて建設速度を正確に調整し、モルタルの各層の強度を確保しつつ、高湿度条件下でも最高の接着力を維持できる。 Duo-mixは、展示場、テーマパーク、会議場など、低予算で時間の制約がある建設プロジェクトに最も適している。さらにこの装置は、より高いレベルで総合的な自動化を行うためのモバイルアプリを介した外部制御も可能である。 幅60m、高さ30mまでのプロジェクトに自動搬送・スプレー技術を使用することにより、建設の質と建設現場の環境を改善し、労働力不足の問題を解決することもできる。 Zoomlion m-tecのゼネラルマネジャーであるメイディン博士は「人々が生活の質を向上させようとするにつれ、質の高い建設とより優れた、より安全な建設現場に対する需要が高まっている。Zoomlionは、絶えずより革新的な建設技術を推進し、世界中の人々の生活水準の向上を支援していく」と語った。 ▽Zoomlionについて 1992年に設立されたZoomlion Heavy Industry Science & Technology Co., Ltd.(01157.HK)は、エンジニアリング機械、農業機械、金融サービスを統合するハイエンド機器製造企業である。同社は現在、10の主要カテゴリーをカバーする55の製品ラインから460以上の最先端製品を販売している。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656421-1-a?lang=0 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191128/2656421-1-b?lang=0 ソース:ZoomlionRelated Links :www.zoomlion.com
  • OPPO インドで新開発の「ColorOS 7」の発表会を開催
    【ニューデリー2019年11月29日PR Newswire】世界をリードするスマートデバイス・ブランドOPPOは11月26日(現地時間)インドのニューデリーで、同社が新たに開発しした「ColorOS 7」の発表会を開催しました。これは中国以外でAndroidベースのカスタム・オペレーティングシステム(OS)の初めての発表となります。今回のイベントは「スムーズで快適」を新しいスローガンに掲げ、ColorOSのInfinite Design(無限のデザイン性)のコンセプトをはじめ、ユーザー中心の優れた体験を提供する一連のテクノロジーソリューションや新鮮でローカライズされた機能を公開しました。 Martin Liu, Senior Strategy Manager of OPPO ColorOS OPPOのColorOS担当のマーチン・リュー上級戦略マネジャーは以下の様に述べています。「OPPOはColorOSを徹底的に最適化することに努め、世界の3億以上のユーザーのためにColorOSをより迅速かつスムーズにしてきました。今回のアップデートはシステム設計を再定義するだけでなく、オーディオビジュアルおよびゲーミング体験を強化するものです。さらに、われわれはインドのユーザーの独自のニーズを満たすために多数のローカライズされた機能を提供しましたが、今後もこれらのローカリゼーションの取り組みを拡大してまいります。」 ▽シンプルで軽量なInfinite Designがユーザー体験をリフレッシュ Infinite Designによって、ColorOS 7はUIを簡略化した軽量なビジュアルアプローチを採用し、ユーザーがコンテンツに集中できるようにしています。全面的なアイコンのカスタマイズのほかに、Dark Modeでは1日のすべての条件下で優れた表示能力を提供し、ユーザーがより集中し、バッテリー消費を軽減できることをサポートします。 OPPOとコラボレーションする世界でも有名なデザインエージェンシーのPentagramのパートナーであるエディ・オパラ氏は以下のように述べています。「新しいColorOS 7はOPPOの特徴となるブランドアイデンティティーを完全に継続するものです。サウンド、ビジュアルからユーザー体験、感情の関わりまで、あらゆる面でOPPOの優美で流動的、かつスマートなブランド美を明確に示しています。」 ▽より優れたユーザー中心の操作性とサウンドのアップデート ColorOS 7は、より直感的な操作を可能にしています。新しい全天候対応のアラームはアラームサウンドを天候状態に合わせ自動的に適応しています。新しいArtist Wallpaper Projectに加え、ユーザーは時間やスワイプ操作によって躍動的に変化する一連のダイナミックなウォールペーパーを楽しめます。同時に、アップデートされたタッチデザインは、より明確できびきびとした応答音と、よりリアルなタッチ体験を提供することに役立ちます。また、充電、天候、アプリ削除のために、よりシャープで新しいアニメーションも用意されています。さらに、ColorOSはデンマークのオーディオデザイン企業Epic Soundと提携し、サウンドシステム全体をアップグレードしました。自然から着想を得た新しいサウンドエフェクトは、システムコントロールだけでなく着信音、通知などで、より快適なリスニング体験を提供します。 ▽これまで以上に迅速かつスムーズに UIファーストのコンセプトを追求するColorOSは、oFas、oMem、oSenseを開発し、ユーザーが実感できるスムーズで迅速な体験を保証します。oFasはキャッシュ・プリロードのメカニズムで、コールドスタートをウォームスタートと同様にしアプリがすぐに起動し、より迅速にアプリを始められます。同時に、oMemはユーザーの利用習慣に適応し、システムリソースをそれに応じて効率的に切り替え、配分します。このテクノロジーにより、RAMの利用効率が40%増大します。複数のアプリを動作させても、システムレスポンスは30%高まります。さらに、フロントエンドおよびユーザー関連のスレッドを優先するスケージューリング・メカニズムであるoSenseは、タッチレスポンスとフレームレートを最適化し、ゲーミングをかつてないほどにスムーズにします。激しいバトルゲームをプレーする際、タッチレススポンスは21.6%向上し、フレームレートも38%向上します。 ▽強化されたプライバシー保護 OPPOはプライバシー保護がこれまで以上に重要になっていることを捉え、利用ユーザーのデータを安全に保護することを目指しており、ColorOS7の個人情報保護の機能では、ユーザー情報を第3者のアプリから保護します。Private Safeは写真、動画、音声、その他のドキュメントをストレージフォルダーにあるセキュア「ゾーン」に移動し、アプリによるアクセスをブロックします。 ▽イメージングおよびビデオを向上させる新しい機能 OPPOはこれまで映像能力に優れていることで知られていましたが、ColorOS 7はこれを次のレベルにまで押し上げています。AI Beautification 2.0は環境を識別し、それに応じて明るさを計測し、ユーザーの肌の色合いにマッチさせ、顔の細部が明確になることによって、ColorOS 7は最も自然で素晴らしい容貌を撮影できます。 ウルトラナイトモードは極めて優れた夜間での撮影機能を提供し、撮影時に発生するノイズを軽減してキャンドルライト下でのディナーや夜のマーケットなどでの撮影の瞬間を、より高い明瞭度、輝度、色彩で記録することができる。OPPOのスマートビデオエディターであるSoloopは、動画撮影と編集を簡略化するので、初心者でも美しいビデオを作成し、シングルタップでビデオを共有することができます。 ▽提供について OPPO最大のアップデートとなるColorOS 7は、Reno、Find、F、K、Aシリーズを含め20以上のモデルがあり、中国、南アジア、東南アジア、欧州、アジア太平洋、中東の地域で提供されます。11月26日から、この地域のユーザーはトライアルバージョンを体験することができる。ColorOSの機能についての詳細はウェブサイトhttps://drive.google.com/open?id=1ZI43CfnpbKU0YEVhfCuXW7vhv83FNBzq を参照ください。 ▽ColorOSについて ColorOSは、高度にカスタマイズされた効率的でインテリジェント、かつリッチな設計のAndroidベースのモバイルOSです。世界で3億以上のユーザーがおり、ColorOS 7は英語、ヒンディー語、タイ語、インドネシア語を含む80の言語をサポートします。 ▽OPPOについて OPPOは世界をリードするスマートデバイス・ブランドである。現在、OPPOはFindおよびRenoシリーズ、ColorOSオペレーティングシステム、OPPO CloudやOPPO+などのインターネットサービスをはじめ、幅広いスマートデバイスを顧客に提供しています。OPPOは40以上の国・地域で事業展開し、世界に6カ所の研究機関と4カ所の研究開発センターを擁している。OPPOの4万人を超える従業員は、世界中の顧客の生活を向上させることに取り組んでいます。 ▽問い合わせ先 ColorOS International PR TeamE-mail: riccahuang@oppo.com Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191126/2654356-1?lang=0   ソース:OPPO (日本語リリース:クライアント提供)
  • AirCUVEがインテリジェントWi-Fi認証とスマート多要素認証プラットフォームを発表
    【ソウル(韓国)2019年11月29日PR Newswire=共同通信JBN】AirCUVEが、セキュリティーインシデント防止のための強力なID検証ソリューションをグローバル市場に提供する。 AirCUVEは、強力でインテリジェントなWi-Fiワイヤレス認証ソリューションで有名で、過去17年間、ネットワークアクセス認証専用ソリューションをグローバル市場に提供してきた。AirCUVE AirFRONTは、ワイヤレス認証にセキュリティーを提供するソリューションである。このソリューションは既に、公共、軍事、金融、企業、教育、通信、その他の業界を含むグローバル市場に提供されている。ユーザーの安全な識別は、もはやほとんどの人にとって選択肢ではなくなっており、AirFRONTはシンプルだが強力な認証ソリューションを提供する。 AirCUVEは、有線・無線セキュリティー認証ソリューションとIoTセキュリティー機能を組み合わせたSaaS製品を間もなくリリースする。IoT市場は成長が見込まれており、AirCUVEはソリューションの提供に力を注いでいる。IoTハッキング事例のほとんどは、製品自体の脆弱性が原因ではなく、セキュリティーインシデントにつながるオープンネットワーク接続の脆弱性が原因である。従業員、来訪者、下請業者など様々なユーザー、および機密情報を管理する部門やIT・サーバーマネジャーといった多様な形態の作業環境では、社内情報を適切に保護する細分化されたポリシーが必要である。 AirCUVE V-FRONTは強力な多要素認証(MFA)ツールで、多様かつシンプルな認証方法を提供する。適切な認証トークンを適用し、SMS、電子メール、モバイルOTP、HWトークン(カードタイプ)、QRコード、アプリのプッシュ通知、YubiKey、指紋を利用することでビジネスをサポートする。このソリューションは、ユーザーが個人情報と認証を管理するためのより良い環境を提供する。 AirCUVEは認証ソフトウエア開発の専門企業で、17年にわたり数千の様々なリファレンスを獲得、革新的なソリューションは東南アジア、中国、日本、米国の銀行(DBP Bank)、通信(Eastern Telecon)、航空会社(フィリピン航空)に提供されてきた。AirCUVEの様々な認証製品の需要は、毎年増加している。 AirCUVEのエグゼクティブバイスプレジデント兼海外部門ゼネラルマネージャーのGS・アン氏は「個人情報保護の履行が世界中で厳格化される中、政府機関、企業、教育機関、研究機関におけるネットワークアクセス認証の重要性は高まっている。AirCUVEは、Wi-Fiアクセス、多要素認証分野で主要プレーヤーの地位を占める用意ができており、中東、東南アジア、日本市場への事業拡大を積極的に進めていく方針だ」と強調した。 ソース:AirCUVE
  • BICSが2020 年の東京大会に向け日本でのフットプリントを倍増
    【ブリュッセル2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】 *ネットワークの拡張により、予想されるモバイルローミング・トラフィックの急増に備えて容量を10倍に増加 大手国際通信イネーブラーであるBICS(https://bics.com/)は28日、日本でのバックボーンの大幅なアップグレードと拡張を発表した。リモートピアリング、クラウド接続、キャリアイーサーネットなどのローミングおよびIPベースサービスの需要増をサポートするため容量を10倍に増やす。この動きは、2020年に予想される日本国内および海外を旅行する国内外のモバイル契約者数の増加に先だって行われ、アジア太平洋地域と世界のその他の地域間で保証された大容量コネクティビティーへの高まる需要に対応する。 今回の拡張には、BICSのIPベースサービス向けのローカルインターネット中継点に接続する東京で2番目のポイントオブプレゼンス(PoP)の導入が含まれる。これにより、レイテンシーが削減され、エンドツーエンドの品質が向上すると同時に、ローカルの顧客がBICSのグローバルネットワーク・インフラストラクチャーに直接接続される。また、PoP導入は、地域内のコネクティビティーを最適化することにより、BICSの顧客のコストを最小限に抑える。 また、BICSは地域内の既存のネットワークインフラストラクチャーを、香港から日本、日本からロサンゼルスの新しいルートによって拡大した。その結果、コネクティビティーは10倍に増え、レイテンシーは大幅に削減された。 BICSのアジア太平洋地域担当マネジングディレクターであるマルコム・チャン氏は「日本は、5Gの導入を主導してインターネット・オブ・シングスのエコシステムを成長させているアジアのいくつかの地域の1つだ。この開発には、信頼性が高く、高品質で低レイテンシーのコネクティビティーと、セルラートラフィックとデバイス数の大幅な増加をサポートできるサービスが必要となる。したがって、この地域で当社のバックボーンを拡大することは、とりわけ来年の東京大会のため予測される日本への旅行者数という観点から見ると、将来の需要を満たすための重要なステップだった」と述べた。 さらにチャン氏は「海底システムを介してのみアクセスできる日本のような国々を世界の他の国々と結ぶ場合、特に容量、コスト、品質の面でなお課題がある。アジア太平洋地域と世界のインフラストラクチャーにおけるBICSの積極的なフットプリントによって、当社は日本での容量とコネクティビティーをアップグレードし、競争力のある価格でより高品質のサービスを提供することができている。現在サービスが稼働していることで、すでに事業者、加入者、IoTビジネスによってそのメリットは認められ、こうした人々は当社のグローバルネットワークが自身の将来のコネクティビティーのニーズもサポートするだろうと確信している」と語った。 BICSについて 大手国際通信イネーブラーであるBICSは、いつでもどこでも信頼性の高い安全なモバイル体験を創出することで世界をつないでいる。BICSはグローバルな音声通信事業者であり、世界中のモバイルデータサービスの大手プロバイダーだ。BICSのソリューションは、グローバルなモバイルコネクティビティー、シームレスなローミング体験、そして詐欺防止と認証から、グローバルなメッセージングやインターネット・オブ・シングスに至るまで、今日のデバイスへの欲求が高い消費者の現代的なライフスタイルをサポートするために不可欠だ。当社はブリュッセルに本社を置き、アフリカ、米州、アジア、欧州、中東に強力なプレゼンスを有している。 詳細は、www.bics.com を参照およびtwitterをフォロー。@BICS_SA(http://twitter.com/BICS_SA)Related Links :http://www.bics.com
  • Seamaster T2ダイヤモンド2019シンガポールは中国の許昕と孫穎莎に栄冠
    【シンガポール2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】マレーシア大会のチャンピオン、林昀儒(台湾)が準優勝して総合チャンピオンになり、日本のトップシード伊藤美誠は準優勝にとどまった。 Seamaster T2ダイヤモンド2019シンガポール(Seamaster T2 Diamond 2019 Singapore)はOur Tampines Hubで、対照的な形の男女決勝によってスリリングな結末を迎えた。ともに負けられない女子決勝では、孫穎莎(中国)が伊藤美誠の激しい反撃をしのいだ。男子決勝では、許昕(中国)が完璧なゲームプランを実行して、台湾のセンセーション、若い林昀儒の素早い出足を止め、徐々に無力化していった。王曼昱(中国)は、田志希(韓国)にとって手を焼く相手だった。25日にオーストリアでうれしい電話を受け、最終段階の交代でシンガポール入りした彼女は1万2000米ドルを手にした。そして、張本智和は引き続き、日本の代表的な選手としての地位を固め、男子の3位決定戦で林高遠(中国)を破った。 林昀儒と王曼昱は各賞に加え、Seamaster T2ダイヤモンド2019のマレーシア、シンガポール両大会の卓越した成績によって、総合チャンピオンのトロフィーを持ち帰った。 T2創設者のフランク・ジー氏とシンガポール卓球協会(STTA)のエレン・リー会長が勝者を表彰し、賞金を贈呈した。 ジー氏は「Seamaster T2ダイヤモンド2019リーグのフィナーレは刺激的なものであり、Our Tampines Hubに足を運んで世界トップ級の卓球の試合を観戦した熱心なファン全員に感謝したい。われわれは来年も、最高の卓球を世界にお見せしたい」と語った。 ▽T2 Diamond Table Tennis League(T2ダイヤモンド、T2 Diamond)について 卓球のまったく新しいグランドスラムであるT2ダイヤモンドは、国際卓球連盟と共同で開催される最も権威のある毎年恒例のプロトーナメントである。T2ダイヤモンド2019は、2020年の東京五輪出場資格への道を戦う中で、総額150万米ドルの賞金とITTF世界ランキングのボーナスポイントを獲得するため、世界最高の男女選手32人が3つのトーナメントで競うことを特色とする。この革命的なトーナメントは、卓球を真に観客を楽しませるスポーツに押し上げるユニークな競技形式などさまざまなイノベーションを採用している。
  • Luxasiaに2019年アジアeコマース賞の最優秀eコマース顧客サービス賞と2ブロンズ賞
    Luxasiaが最優秀eコマース顧客サービス賞のゴールド賞を獲得 【シンガポール2019年11月28日 PR Newswire=共同通信JBN】 ラグジュアリー・ビューティーブランドでアジア太平洋のオムニチャンネルのリーダーであるLuxasia は先週開催されたアジアeコマース賞(Asia eCommerce Awards)の式典で最優秀eコマース顧客サービス(Best eCommerce Customer Service)のゴールド賞と、最優秀eコマース・フルフィルメント賞(Best eCommerce Fulfilment)ならびに健康とビューティーの最優秀eテーラー賞(Best E-tailer for Health and Beauty)で2つのブロンズ賞を獲得した。これらの賞は、世界のラグジュアリー・ビューティーブランドのeコマースでの事業展開の可能性を実現したLuxasiaの業界をリードする取り組みを評価したものである。 Luxasiaが最優秀eコマース顧客サービス賞を獲得 この賞はマーケティング誌が主催して経験を積んだマーケッターと業界専門家で構成される独立したパネルが審査し、eコマースでの卓越性を評価して南アジア、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドのブランド、eリテーラー、代理店、イネブラーの中のベストを紹介する。 Luxasiaのeコマース担当地域ゼネラルマネジャー、マンビ・カスリア氏は「3つの分野すべてで当社が獲得した誇るべき評価は、eコマースの事業展開可能性におけるLuxasiaの卓越性を明確に確認するものである。顧客中心主義を貫いてインマーケットの煩雑な直接取引のかじ取りをする当社の能力は重要な差別化要因である。こうした稀な能力は、世界のラグジュアリー・ビューティーブランドが理想的なeコマースのパートナーを選ぶ際に、とりわけ関心を払うところである。当社はこうした点において、常に期待を上回っていることを誇りに思う」と述べた。 現在、Luxasiaは150超のブランドに、アジア太平洋最大のリテールとeコマースネットワークへのワンストップアクセスを提供している。Luxasiaはラグジュアリーリテールでの従来の強さにとどまらず、50人以上のeコマース専門家がインマーケット・ブランドのマーケティングチームと提携し、280ブランドを超えるeストアが揃ったオンラインコマースのラグジュアリーブランドを獲得する。例えば中国では、ピータートーマスロス(Peter Thomas Roth)とドクターブラント(Dr. Brandt)といったスキンケアブランドの成功を加速するためにオンライン販売を成功裏に実行し、ソーシャルメディアで2億を超えるインプレッション、160万のエンゲージメントを1年で発生させ、中国でのブランド販売と認知を拡大した。LuxasiaはTMall、Little Red Book、JD.com、Sephora.comのような中国で人気のマーケットプレースのブランドをメニューに加えるだけでなく、Weibo、Douyin、Wechatの有名人や主要オピニオンリーダー(KOLs)を引き込み、中国人消費者に対するブランドのリーチと共感を増大させている。 Luxasiaのグループ最高経営責任者ウルフガング・ベーヤー博士は「われわれはアジア太平洋をリードするオムニチャンネルのビューティーパートナーになるため、この3年間、eコマースへの戦略的投資を行ってきた。そして2016年以来、eコマースで30倍以上の成長を達成するという極めて優れた結果を得た。Luxasiaは2020年に、インドで2番目に大手のeコマースであるPurplleとの合弁事業を通して当社と当社のブランドパートナーに大規模なインド亜大陸への参入を解放し、当社のeコマースの成功を増強する予定である」と述べた。 Luxasiaはそのオンライン空間で60以上のグローバル・ビューティーブランドの代理店を務めることに加え、eコマースの他のブランドパートナーにはSafilo Group、ディズニー、レゴがある。 Luxasia、同社のリテールとeコマースネットワーク、同社がアジア太平洋でラグジュアリー・ビューティーブランドの成功を可能にした方法についてはwww.luxasia.com を参照。 ソース: Luxasia Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191127/2655602-1?lang=0Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191127/2655602-1LOGO?lang=0Related Links :http://www.luxasia.com
  • Hikvisionがモスクワ動物園にパンダ観察のための高解像度カメラを寄贈
    【杭州(中国)2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】革新的なビデオセキュリティー製品・ソリューションで世界をリードするサプライヤーであるHikvisionは、ジャイアントパンダの観察と研究のためのカメラ20台をモスクワ動物園(Moscow Zoo)に提供した。贈呈式は11月21日にモスクワ動物園で行われた。同園のスベトラーナ・アクロワ園長とHikvision Russia & CISのリッボ・フェン社長が記者会見に出席し、パンダ舎を訪れた。 パンダのバナー 6カ月前、「ディンディン」と「ルーイー」は中国からモスクワ動物園にやって来た。現在、2頭のパンダはすくすくと成長を続け、新しい住居にもすっかり順応している。彼らは飼育担当者の世話を受けただけでなく、何千人ものロシア人に愛されている。毎日多数の来園者がパンダを見に来る。パンダ愛好家のため、モスクワ動物園はパンダを見るためのオンライン放送も開始した。 スベトラーナ・アクロワ氏は「7月に開始したオンライン放送の視聴者は約100万人に達し、閲覧数は日々増え続けている。しかし、パンダ舎に設置されていた従来のカメラは、夜間に高解像度動画とカラー画像を提供することができなかった。現在、Hikvisionの仲間のおかげでこのような機会が得られた。数台の古いカメラは既に現代的なカメラに取り換え済みで、今ではモスクワ動物園の来園者のみならず世界中のインターネット視聴者がわれわれの素晴らしい子供たちであるディンディンとルーイーを夜間でも見ることができる。この機会を与えてくれた中国のパートナーに感謝する」とコメントした。 アクロワ氏によれば、新しいカメラによって動物学者が夜間にパンダを観察し、パンダの行動のいかなる変化も記録することが可能になり、このユニークな種の研究、保護と繁殖に大きな重要性を持つ。 贈呈式の一環として、飼育担当者によるパンダの検査の様子が新しいカメラで撮影され、ライブ放送された。世界中の人々はルーイーがコミカルに体重計によじ登り、身体検査のために歯をむき出し、恐れることなく足を伸ばし血液採取に備える様子を見ることができた。これらの素晴らしい映像はオンラインでも視聴可能である。 リッボ・フェン氏は「ジャイアントパンダは非常に人懐っこく温和な動物で、中国の主要なシンボルであり、しばしば信頼、優しさ、調和を連想させるものだ。Hikvisionはこれらの価値観を事業において発展させることにコミットしている。放送の手配を助けるクラウドサービスプロバイダーのTrassir協力し、多数の人々がルーイーとディンディンを詳しく知る機会を得られるようにし、当社の業界をリードする技術によって2頭の保護を確かなものとする助けとなれることをうれしく思う」と述べた。 設置されたカメラに最先端のColorVuカメラが含まれることは言及に値する。革新的技術のおかげで、世界中のパンダ愛好家はオンライン、高解像度、カラーでパンダたちを1日24時間見ることができる! 現在、来園者はパンダの夜間の活動についてさらに知ることも可能である。 Hikvisionは環境保護にコミットし、希少動物を保護するための国際的なプロジェクトとイニシアチブを積極的に支援している。Hikvisionは環境研究と環境イニシアチブ、豊かな生物多様性を支援するために革新的な製品とソリューションを活用する。今年アムール州で、Hikvisionのカメラが極東ロシアの希少鳥類の1種であるコウノトリ(https://www.hikvision.com/en/newsroom/latest-news/2019/hikvision-cameras-help-wwf-russia-observe-the-hatching-of-endang0/ )の巣の中に設置された。カメラの助けを借りて、複数の鳥類学者とオンライン視聴者は14羽のふ化とその初飛行の瞬間を目撃した。 ▽Hikvisionについて Hikvisionはセキュリティー製品・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。豊富で高度なスキルを持った研究開発陣を擁するHikvisionは、幅広い分野の垂直市場向けに包括的な製品とソリューションのフルスイートを製造している。Hikvisionは長期的ビジョン達成のため、セキュリティー業界に加え、スマートホーム・テクノロジー、産業オートメーション、自動車エレクトロニクス業界にその範囲を広げている。Hikvision製品はエンドユーザーに強力なビジネスインテリジェンスも提供する。これにより、より効率的な運用とより大きな商業的成功が可能となる。製品の最高の品質と安全性にコミットするHikvisionは、パートナーがHikvision Cybersecurity Centreを含むHikvisionが提供する多くのサイバーセキュリティーリソースを利用することを奨励している。詳細はwww.hikvision.comを参照。 Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191127/2655522-1?lang=0
  • 広州国際自動車展示会でGeely車が大人気
    【広州(中国)2019年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】中国の自動車メーカーGeelyは、11月22日から12月1日まで中国南部の広州市で開催されている第17回China Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)で最新モデルを展示、一般の大きな関心を集めた。 Geely ICONが第17回中国広州国際自動車展示会に登場 モデルの1つであるGeely ICONは、同グループ2番目のB-Segment Modular Architecture(BMA)ベースのSUVである。Geelyの前衛的デザインが特徴で、コンセプトICONで示されていた機能の90%近くを搭載している。 別のモデルであるLynk & Co 01HEVは22日に同展示会で発表された。Geely Auto Group副社長兼Geely Sales Companyのゼネラルマネジャーであるリン・ジエ氏は、20万元以下の高性能ハイブリッドSUVである同モデルは、ハイブリッド車や省エネ車を購入するユーザーに新しい選択肢を提供すると述べた。 この2モデルは、競争の激しい自動車市場で勝つというGeelyの自信の証である。リン氏によると、数年前に開始した技術への前向きな投資により、同社はコストを抑えつつ新製品を迅速に発表できるようになり、結果的に全体的な競争力が高まった。 同社は2018年に総売上高の6.4%に相当する約210億元を研究・開発(R&D)に投資、過去10年間のR&D投資は計約1000億元に上る。中国の杭州と寧波に加え、イエーテボリ、コベントリー、フランクフルトに計5つのエンジニアリングR&Dセンターを開設したと述べた。 さらにGeelyは、自動車の製造からモビリティー旅行サービス提供への転換に取り組んできた。例えば、環境に優しいモビリティーソリューションを市場に提供するため、Cao Cao配車サービスを開始。現在、中国の30以上の都市で4万台以上のCao Cao電気自動車が稼働している。 Geelyは自動車と部品の製造・販売、および旅行サービス、技術革新、金融サービス、教育、スポーツなどさまざまなビジネスに従事する国際的グループになった、とリン氏は語った。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309634.html  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191127/2655413-1?lang=0 ソース:Xinhua Silk Road Information Service
  • Xinhua Silk Road:Hongqiが広州国際自動車展示会で新モデルのE115を発表
    【広州(中国)2019年11月27日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手自動車メーカーFAW GroupのブランドであるHongqi(紅旗)は11月22日に広州で開幕した第17回Guangzhou International Automobile Exhibition(広州国際自動車展示会)で新モデルのHongqi E115を発表した。 第17回広州国際自動車展示会で披露されたHongqi E115 Hongqi E115はHongqiが製造した初のフルサイズでインテリジェントな完全電動SUVフラッグシップで、新エネルギー車両(NEV)とインテリジェント・コネクテッド車両(ICV)技術における同社最新の研究開発の成果を示すものだ。 Hongqi E-HS3の後、この新モデルは新エネルギー分野での同社の絶え間ない探究を再び示す。その革新的な設計により、新モデルはHongqiのブランドイメージの活力を高めるだろう。 E115、Hongqi HS7、Hongqi HS5など、Hongqiブランドの7車種の合計13台の車両がこの自動車展示会で展示された。 新ブランド戦略の指針により、Hongqiは過去2年間でブランド構築と製品開発といった多くの面で素晴らしい成果を達成した。 Hongqiは2019年に全世界からの注目を浴びた。Hongqiが初参加した今年のConsumer Electronics Show(CES)からShanghai International Automobile Industry Exhibition(上海国際自動車産業展示会)、フランクフルトで開催の2019年フランクフルトモーターショー(IAA)、そしてGuangzhou International Automobile Exhibitionまで、Hongqiは次第にその影響を世界に広げ、国際化への道を着実に歩んでいる。 Hongqiは製品の展開を絶え間なく改善することで、旅行エコロジーで高品質な発展を達成して消費者により多くの、より良いソリューションを提供するために、将来的にはイノベーションに駆動される会社になると予想されている。 オリジナルリンク:https://en.imsilkroad.com/p/309631.html?from=singlemessage  Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191127/2655403-1?lang=0 ソース:Xinhua Silk Road Information Service
%d bloggers like this: